1. TOP
  2. タイ 観光
  3. タイの夜!気温や治安、おすすめの観光/娯楽スポットなど詳しくご紹介!
Sponsored Link

タイの夜!気温や治安、おすすめの観光/娯楽スポットなど詳しくご紹介!

タイ 観光   387 Views

観光大国であるタイには、実にさまざまな観光・娯楽スポットが存在し、朝から深夜まで、ほぼ一日中遊ぶことができます。

タイでの夜を存分に満喫するためには、どのような観光・娯楽スポットがあるのかを、事前にしっかりと把握しておくことが大切。

また、安全対策の仕方はもちろん、交通機関についても知っておくようにしましょう。

当ページで、タイの夜の気温や適切な服装、治安・安全対策、夜に利用できる交通機関、夜に楽しめるおすすめスポットなどについて詳しくご紹介します。

 

Contents

タイの夜の気温

まずは、タイの夜を快適に過ごすために、気候・気温について知っておきましょう。

タイの気候は熱帯モンスーン気候に属し、年間の平均気温は29℃と日本の夏のような気候が一年を通して続きます。

しかし、タイにも大まかに「乾季(11〜5月)」と「雨季(6〜10月)」の2シーズンがあって、それぞれで雨量が大きく異なるほか、気温も異なります。

月別

気温

最高気温

最低気温

1月

35℃

17℃

2月

35.5℃

27℃

3月

36℃

25℃

4月

38℃

25℃

5月

39℃

24℃

6月

37.5℃

24.5℃

7月

37℃

24.5℃

8月

37℃

24.5℃

9月

36℃

24.5℃

10月

35℃

24℃

11月

36℃

23.5℃

12月

36℃

20℃

上表は、タイの首都であるバンコクの年間平均気温のデータです。

シーズンに関わらず、最高気温はほとんど変動しませんが、日本の冬にあたる12月と1月はタイで最も気温の低い時期になります。

また、日中は暑いものの、日が沈む夕方あたりから少しずつ気温が低下し、朝方頃に最も気温が下がります。

12月では日中と夜でかなり気温差がありますので、体調管理はもちろん、服装にもしっかりと気をつけなければなりません。

 

タイで夜に外出する際の服装

上述のように、タイは一年を通して暑いものの、時期によっては夜にかなり冷えます。

12月と1月が最も寒い時期ではありますが、他の時期でも日中と夜の気温差が10℃ほど開くことがあります。

また、夜に外出する際にどこかのお店に入ることがあると思いますが、店内ではクーラーがついていることが多いので、夜に遊ぶ時には防寒対策が必要です。

防寒着としては、ジャンバーやパーカーなど簡単に着脱できる服装がおすすめ。

北部のチェンマイや高原リゾート地のカオヤイなど、気温の低い地域で夜に遊ぶ場合は、厚手の上着を持参するようにしましょう。

また、夜に外を歩いていると蒸し暑く汗をかくこともありますので、日や時期に関わらず、常にTシャツなど着替え用の服を持参しておくと安心です。

 

タイで夜に外出する際は蚊対策を忘れずに

タイで恐れられているデング熱は、デングウイルスを持つ蚊を媒体とする病気で、この蚊は主に日中に活動します。

夜に活動する蚊というのは、主にウイルスを持っていない普通の蚊になりますが、外には蚊が非常に多いので、蚊対策として長袖の服装を着用することを検討しておきましょう。

なお、体感としては足元(くるぶし)あたりを狙ってくる蚊が多いように感じます。

しっかりと蚊対策をするならば、長袖に加えて長ズボンを着用するのがおすすめです。

少なからず露出している部分においては、虫よけスプレーをかけておくようにしましょう。

 

Sponsored Link

タイの夜の治安

タイの治安は比較的良く、しっかりと安全対策をとっていれば、そうそうに犯罪に巻き込まれません。

ただし、日中よりも夜の方が危険で、特に一人で行動している場合はターゲットにされやすくなります。

タイの夜を安全に楽しむために、万全に安全対策・危機管理を行うことを強くおすすめします。

また、タイでは突発的にデモやテロが起きていますので、渡航の際はニュースや公的機関のホームページなどで、しっかりと情報収集しておきましょう。

 

タイで夜の外出時に注意すべきこと

安全対策のために、夜の外出に関して注意すべきことがいくつかあります。

まず前提として、昼間よりも夜、さらに言えば0時以降の深夜の犯罪発生数が多く、特に一人行動の人が狙われるケースが多いのが実情です。

そのため、「深夜に一人で行動するのは避ける」のが得策で、ナイトクラブや繁華街などに出る際は、誰かと一緒に行く、一人で行くなら早めに帰宅するようにしましょう。

また、タイにはソイと呼ばれる脇道がたくさんありますが、脇道の多くが細く暗く、人通りが少ないので、人目につきにくく犯罪に遭う可能性が高まります。

夜に外出する際には、少し遠回りになっても必ず「主要道路を通る」か、公共交通機関を利用するようにしましょう。

ほかにも、「荷物・貴重品の管理を徹底する」「多額の現金を持ち歩かない」「小奇麗な恰好を避ける」「女性は一人でタクシーに乗らない」ようにしましょう。

詳細は「タイの治安・安全性と日本人被害の多い犯罪・トラブルについて」をご参照ください。

 

クーデターによる夜間外出禁止令

タイでは、政治混乱の影響から、クーデター(暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変)が起きることがあります。

近年でいうと2014年にタイ軍によるクーデターが起こり、その影響で「夜間外出禁止令」が出されました。

タイは政治混乱が続いていることで、2014年以前にも10回以上のクーデターが起きていて、夜間外出禁止令のように収拾のための施策が講じられることがあります。

クーデターに加えて、デモやテロも起きていますので、タイへ渡航する前や滞在中には、外務省の海外安全ホームページなどで情報を確認しておいてください。

 

Sponsored Link

タイで夜に利用できる交通機関

タイで夜に利用できる交通機関は、市内だと「バイタク」「トゥクトゥク」「タクシー」「電車」、他都市への移動手段としては「鉄道(列車)」「夜行バス」「飛行機」があります。

タイは広く、徒歩での移動はかなり疲れますし、夜は日中よりも犯罪被害に遭いやすくなりますので、これらの交通機関を積極的に利用すると良いでしょう。

 

タイの夜の交通機関① バイタク

バイタクは「バイクタクシー」の略で、いわゆるバイクで移動する交通機関になります。

基本的には1人乗りとなりますが、渋滞が起きてもスムーズに移動できますし、格安で利用できるので、非常に便利な移動手段です。

また、日中はもちろん夜遅くにも利用できますので、夜に一人で外出する方で、格安に移動したいという場合には、バイタクを積極的に使うと良いでしょう。

 

タイの夜の交通機関② トゥクトゥク

トゥクトゥクは、東南アジアを代表する三輪自動車で、運転部分はバイクとなりますが、後部に座席がついていて、2〜3人乗車することができます。

バイタクよりもやや乗車料が高いものの、日本の路上での交通機関と比べると遥かに安く、10kmでも200B以下で利用可能です。バーツ/円の最新為替レート

深夜にも利用できますし、快適に移動できるので、夜に複数人で外出する場合で格安に抑えたいなら、トゥクトゥクが第一選択となるでしょう。

ただし、トゥクトゥクの料金は完全に交渉性で、ほとんどの運転手が最初に高額な料金を提示してきます。

安く抑えるためには、最初の提示額を鵜呑みにせずに、しっかりと値段交渉をすることが大切です。

 

タイの夜の交通機関③ タクシー

タイのタクシーは日本のタクシーと同じですが、タイでは会社タクシーだけでなく、個人タクシーが多いのが特徴です。

基本的にバイタクやトゥクトゥクよりも割高になりますが、雨風をしのげるだけでなく、揺れが少ないので、路上の交通機関としては最も快適です。

夜にも捕まえやすいため、少し割高となっても快適に移動したいという方には、タクシーが最もおすすめの移動手段と言えるでしょう。

ただし、タクシーは密室であるということから、女性お一人で乗車するのはおすすめできません。

夜にタクシーを利用する際には、できる限り複数人で乗るようにしてください。

また、中には故意にメーターをつけない運転手がいます。

メーターをつけないと適正料金とならず、運転手の言い分が通ってしまいますので、乗車時には必ずメーターをつけるよう促してください。

 

タイの夜の交通機関④ 電車

バンコクには、高架を走る「スカイトレイン(BTS)」、地下を走る「地下鉄(MRT)」など、さまざまな電車が運行しています。

BTSであれば、1駅16B、5駅33B、8駅以上44Bと格安で、どの区間でも基本的に乗車率が低いので、バンコク中心部を移動する際に便利です。

なお、終電は日本と同じように、おおむね0時頃となります。

 

タイの夜の交通機関⑤ 鉄道(夜行列車)

また、タイには鉄道(夜行列車)もあり、バンコクを中心として、東西南北のさまざまな都市へ路線が敷かれています。

夜の運行時間は、最終がおおむね22時台と早いものの、寝台を利用すれば、寝ながらにして他都市へ快適に移動することができます。

運賃はバンコクからチェンマイであれば、2等クラス(オープン型)の寝台で751〜821B。(運賃の検索はCheck Timetable & Faresからできます)

同区間の所要時間が14時間で少し移動に時間がかかりますが、横になって寝ることができるので、夜間に他都市へ快適に移動したい方は、夜行列車の利用がおすすめです。

 

タイの夜の交通機関⑥ 夜行バス

夜間の他都市への移動手段としては夜行バスが定番で、タイのあらゆる都市間の移動に利用できます。

等級は高い方から「VIP「1等」「2等」「普通」の4つがありますが、バンコクーチェンマイ間など長距離移動であれば最も快適なVIPがおすすめ。

会社によって運賃が異なるものの、同区間のVIPなら750〜900B、1等なら600〜700Bほどで、全体的にみると夜行列車よりもやや割安です。

それでいて同区間の所要時間が10時間と夜行列車よりも4時間ほど早いので、格安に早く移動したいという方は、夜行バスを利用するのが良いでしょう。

なお、夜行バスにおける乗車時間の最終はおおむね23時頃となります。

会社や区間によっては19時最終とかもありますので、事前に乗車時間を確認しておくと安心です。

 

タイの夜の交通機関⑦ 飛行機

日本ほど国内線の区間・本数は充実していませんが、バンコクやチェンマイ、プーケット、ハジャイなどの主要都市間での移動なら、飛行機を利用するという手もあります。

利用できる会社は、タイ国際航空やタイ・スマイル航空、バンコク・エアウェイズ、エアアジア、ノックエアー、ライオンエアーなど多数。

直行便であれば22時台が最終で、所要時間はバンコクーチェンマイ間なら1時間10分〜20分(比較:夜行列車14時間、夜行バス10時間)となります。

会社や時期によって料金は異なるものの、同区間の安い便では1,000〜1,500 Bほどで利用でき、空港までの移動費を加味しても1,500〜2,000Bしかかかりません。

夜行列車や夜行バスと比較すると割高ではありますが、かなり早く移動できるので、旅行日数が短い方は、他都市への移動に飛行機をメインで利用するのがおすすめです。

 

Sponsored Link

タイで夜遊ぶ際にかかる費用

タイは日本よりも遥かに物価が安く、贅沢をしなければ1週間の旅行で10〜15万円(航空費などすべて込み)ほどしかかかりません。

ただし、日本と同様に日中の娯楽よりも夜の娯楽の方が高くなる傾向にありますので、タイで夜に活動的に遊ぼうとお考えなら、少し予算に余裕を持っておくようにしましょう。

タイでの夜の主な娯楽

費用の目安

ショー(鑑賞のみ)

ムエタイショー

1,000〜2,000B

ニューハーフショー

1,000〜1,500B

古典舞踊ショー

1,000〜1,500B

クルージング(ディナー込み)

2,000〜3,000B

ゴルフ

3,000〜5,000B

夜遊び

ナイトクラブ

入場料:300〜400B

ドリンク:100〜200B

ゴーゴーバー

入場料:無料

ドリンク:100〜200B

ペイパー:500〜1,000B

※ペイバーとは、ダンサーや従業員を外に連れ出す際にお店側に払う費用のこと

上表は、タイで夜に楽しめる主な娯楽の料金になります。バーツ/円の最新為替レート

この中でも最も人気なのがナイトクラブやゴーゴーバーなどの夜遊びスポットで、日本よりも格安ではありますが、遊び方次第でそれなりに費用がかかります。

タイの夜を存分に満喫するなら、夜だけで最低でも1,000〜2,000Bほど使うと考えておきましょう。

なお、各娯楽の詳細は後項で詳しくご説明します。

 

タイで夜に利用できる両替所

タイで夜に遊んでいる際に、手持ちのお金(バーツ)がなくなることがあるかもしれません。

また、深夜着の便でタイに渡航して、到着後すぐに両替を必要とする場合もあるでしょう。

基本的にATMは24時間利用できるので、VisaやMastercardなど、海外での引き落とし可能なデビットカード・クレジットカードをお持ちなら、ATMの利用が便利です。

ただし、手数料が多くかかる場合がありますので、手数料を抑えるなら両替所で円→バーツに換金するのが良いでしょう。

なお、空港内には24時間営業の両替所がありますので、深夜着でも心配はありませんが、市内の両替所の営業時間は一般的に9〜18時で、夜間に営業している両替所はそれほど多くありません。

バンコクを例にとると、スーパーリッチが20時まで、THANIYA SPIRIT(タニヤ・スピリット)が21時30分まで、PURPLE DRUGSが1時まで利用可能。

市内に24時間営業の両替所はないため、必ずATM出金ができるカード(複数枚)を持参しておくようにしましょう。

 

Sponsored Link

タイで夜に楽しめる観光・娯楽の種類

観光産業を主な収入源とするタイは、世界屈指の観光大国であることから、日中はもちろん、夜にも楽しめる観光・娯楽スポットがたくさんあります。

主な観光・娯楽の種類は、「ショッピング」「ショー鑑賞」「クルージング」「ゴルフ」「マッサージ・スパ」「グルメ」「夜遊び(繁華街)」など。

営業時間が22時くらいまでのところが多いものの、マッサージ・スパやグルメ、夜遊びにおいては深夜でも営業しているので、時間帯に関わらず存分に楽しめます。

各観光・娯楽にどのような種類があるのか、以下で詳しくご説明します。

 

タイの夜の観光・娯楽スポット① ショッピング

タイで夜にショッピングができるのは、大きく分けて「デパート(ショッピングモール)」「ナイトマーケット(夜市)」「水上マーケット」の3つ。

ナイトマーケットとは、屋台(出店)が多く集まるマーケットで、そこではタイの伝統工芸品から日用品まで、さまざまな製品を取り扱うお店のほか、飲食店も軒を連ねています。

水上マーケットとは、運河や水路に商品を載せた商売船が往来し、舟同士や舟と岸辺で商品を売り買いする市場のこと。

タイにある多くの水上マーケットが早朝から夕方頃までの営業となりますが、中には20時・21時まで営業しているところもあります。

 

デパート(ショッピングモール)

タイのデパートでは、ブランドのアパレル品やコスメを中心に、高品質の製品が売られています。

また、日用品や書籍、食材なども販売され、イメージとしては日本のデパートや百貨店と変わりありません。

同じブランド品でも日本より格安に購入できますし、タイ発のブランドも数多く販売されているので、ショッピングを楽しむならデパートに必ず立ち寄っておきましょう。

人気のデパートとしては、バンコクであれば「サイアムパラゴン」「MBKセンター」、チェンマイなら「セントラル フェスティバル」、プーケットなら「ジャンクセイロン」。

MBKセンターは、旅行者向けの他のデパートとは違い、タイ人やタイ在住の外国人御用達のデパートで、ローカルな雰囲気を味わうことができるため特におすすめです。

なお、タイにあるデパートの営業時間は、おおむね10時〜22時となります。

 

ナイトマーケット(夜市)

ナイトマーケットでは、主にタイの工芸品や服飾品、日用品が販売されていて、デパートとは異なり、タイを感じることができるローカル品が多いのが特徴です。

また、デパートよりも遥かに低価格で購入できるので、滞在中の生活用品を揃えたり、自分への旅の思い出品やご家族・友人へのお土産探しにもピッタリです。

マーケット全体の雰囲気が良いことから、買い物だけでなく、観光として立ち寄るのも良いでしょう。

数あるナイトマーケットの中でも、バンコクなら「アジアティーク ザ リバーフロント」、チェンマイなら「ナイトバザール」、プーケットなら「ナカ・マーケット」が特に有名。

ナイトマーケットの多くが夜遅く(22〜24時)まで営業しています。

 

水上マーケット

陸地と水上という観点から雰囲気は異なりますが、販売されている製品は、ナイトマーケットと水上マーケットでさほど違いはありません。

しいて言うなら、水上マーケットの方が食料品が多く、食べ物をつまみながらショッピングを楽しめるというのが大きな魅力と言えるでしょう。

交通の利便性などから、ショッピングというよりは観光に適したスポットなので、観光を目的として訪れるのが良いかと思います。

ほとんどの水上マーケットが夕方頃で閉まるものの、バンコク近隣の「アンパワー水上マーケット」なら21時まで、パタヤにある「パタヤ水上マーケット」なら20時まで利用可能。

アンパワーにはホタルが生息し、ほぼ一年中(5〜10月が最も多い)、夜にホタルを鑑賞することができるため、アンパワーに行くなら日中ではなく夜がおすすめです。

 

Sponsored Link

タイの夜の観光・娯楽スポット② ショー鑑賞

タイで夜に楽しめる観光・娯楽の2つ目はショー鑑賞で、有名なものでは「ムエタイショー」「ニューハーフショー」「古典舞踊ショー」があります。

いずれもタイならでのショーになりますので、タイの伝統や文化を味わうために、一度は鑑賞しておきたいものです。

特にニューハーフショーは必見で、中でも豪華絢爛な「カリプソ・キャバレー」はぜひとも鑑賞しておきましょう。

 

ムエタイショー

タイの国技であるムエタイは、タイ人から絶大な人気を誇る格闘技であり、開催されるスタジアムにはタイ人から外国人まで、常に多くの人で賑わっています。

外国人観光客から人気のムエタイショーは、「ラジャダムナン・スタジアム」や「ルンピニー・スタジアム」などで開催され、いずれもバンコク近隣にあります。

格闘技が好きな方はもちろん、白熱した雰囲気が好きな方も、バンコク観光の合間にスタジアムでムエタイショーを鑑賞してみてはいかがでしょうか。

なお、ムエタイショーはおおむね16時頃から始まり、22時頃まで開催されています。

 

ニューハーフショー

タイという言葉を聞いた時、真っ先にニューハーフを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

それほどまで知名度が高まったきっかけの一つが、豪華絢爛なニューハーフショーと言えるかもしれません。

タイには、ニューハーフショーが開催されるショーハウスが数多く存在しますが、中でも高い人気を得ているのがバンコクにある「カリプソ・キャバレー」です。

ニューハーフの方々が美しいのはもちろんのこと、ショー自体のクオリティが非常に高く、大人も子供も楽しめるショーハウスとして、ダントツの人気を誇っています。

また、バンコクの「マンボー・キャバレー」、チェンマイの「Chiang Mai Cabaret Show」、プーケットの「サイモンキャバレー」もおすすめ。

ショーハウスによって開催時間は違いますが、だいたい18時〜22時の間に3回行われ、1回のショーは約1時間となります。

ショー鑑賞のみだけでなく、ディナーとセットのプランも用意されているので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

古典舞踊ショー

古典舞踊ショーでは、かつて王宮だけで披露されていた神聖な舞や、地域特有の民族舞踊を鑑賞することができます。

言葉が分からなくても動きだけでストーリーが想像できるので、古典といっても堅苦しく考えずに、大人から子供まで幅広く楽しめるはず。

数ある古典舞踊ショーの中で最も人気なのが、150人以上が出演する世界トップクラスの規模を誇る「サイアムニラミット」です。

サイアムニラミットは、バンコクのタイ文化センター駅(MRT)近くとアクセスの良い立地にあるので、バンコク旅行のプランの一つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

タイの夜の観光・娯楽スポット③ クルージング

カップルやご夫婦でタイに旅行される方には、ロマンティックな雰囲気の中でディナーを楽しめる「ナイトクルーズ」がおすすめです。

人気のナイトクルーズは、主にバンコクのチャオプラヤー川沿岸から出航し、ライトアップされたワット・アルンをはじめ、バンコクの煌びやかな夜景を楽しむことができます。

中でも高い人気を得るのが、「ホライゾン号」「マノーラ号」「グランドパール号」の3隻。

ほかにもさまざまな客船がありますが、失敗なく満喫したいなら、この3隻から選びと良いでしょう。

乗船時間は多くの客船で19:30〜21:30、約2時間のクルージングとなります。

乗船にはドレスコードが定められていて、スマートカジュアルの服装が必須になるので、利用の際は服装に注意しておきましょう。

 

Sponsored Link

タイの夜の観光・娯楽スポット④ ゴルフ

タイには150を超えるゴルフ場が点在し、仕事・プライベートに関わらず、タイ人から外国人まで多くの人が利用しています。

ゴルフというと基本的には日中に楽しむものですが、ナイター設備を備えたゴルフ場もいくつかあるため、夕方〜夜の涼しい時間帯にプレイするのも良いでしょう。

ナイター設備を備えたゴルフ場の中では、バンコク近隣の「サミット・ウィンドミル」、チェンマイの「サミット グリーン バレー」が人気。

後者は夕方までとなりますが、前者は夜20時(月曜は定休日)まで営業しているので、夜にゴルフを楽しみたい場合は、サミット・ウィンドミルを利用しましょう。

 

タイの夜の観光・娯楽スポット⑤ マッサージ・スパ

観光の疲れを癒せるマッサージやスパは、外国人旅行者から最も人気のある娯楽と言えるかもしれません。

ほとんどのお店が夜遅く(22時〜24時)まで営業していることから、日中での観光の合間はもちろん、夜に立ち寄って癒してもらうのも良いでしょう。

主要都市から地方都市、リゾート地、孤島に至るまで、タイのさまざまな地域にマッサージ店・スパ店が所狭しと軒を連ねています。

外国人旅行者から知名度の高いお店もありますが、知名度が高いからと言って必ずしも満足のいく施術を受けられるとは限りません。

人によって施術が合う合わないということがありますので、知名度の高いお店に行くのも良いと思いますが、見つけたお店にふらりと立ち寄るのもおすすめです。

 

タイの夜の観光・娯楽スポット⑥ グルメ(ディナー)

タイの夜を満喫するためには、「グルメ(ディナー)」は外せません。

タイでディナーが楽しめるのは、大きく分けて「屋台(露店)」「レストラン(室内)」「ルーフトップバー(屋外)」の3種類です。

屋台は路面店もありますが、ナイトマーケットでも営業しているので、ナイトマーケットに訪れる際に買い物と合わせてディナーを楽しむのが良いかと思います。

ルーフトップバーとは、天井のない開放的な空間で夜景を楽しみながら食事ができる、タイで非常に人気の高いディナースポットです。

お一人でも楽しめますが、特にカップルやご夫婦の旅行者にうってつけと言えるでしょう。

 

 屋台(露店)

タイのグルメと言えば、真っ先に屋台(露店)を思い浮かべる方が多いはず。

ガパオやパッタイなどの定番料理が格安で食べられることから、タイ人から外国人旅行者まで、老若男女を問わず幅広い人に支持されています。

しかし、近年では観光化の推進を受けて、タイの名物と言える屋台街が次々と撤去を余儀なくされ、今や一昔前のような賑やかな屋台街の光景はありません。

一部でまだひっそりと営業している屋台街はありますが、特にバンコクにおいてはかなり少なくなっていますので、屋台を楽しむならナイトマーケットに行くのが良いでしょう。

バンコクのナイトマーケットであれば、「ロットファイ ラチャダー」がおすすめです。

 

レストラン(室内)

夜に室内でゆっくりとディナーを楽しむなら、「レストラン」を利用しましょう。

同じアジアということもあって、タイ人と日本人の味覚が似ていることから、日本人ならタイのレストランの味に満足できるはずです。

タイには、タイ料理からフランス料理、カリブ料理など、多種多様なレストランが存在しますが、せっかくのタイ旅行ですから、タイ料理のレストランがおすすめ。

バンコクなら「Supanniga Eating Room」や「バーン カニタ」、チェンマイなら「The Whole Earth」など、まずは失敗のない有名店に行ってみてください。

ほとんどのレストランが22時・23時まで営業しています。

 

ルーフトップバー(屋外)

ルーフトップバーは、タイで最も人気の高い夜の娯楽の一つです。

夜景を見ながらのんびりと食事やお酒を楽しむことができ、ロマンティックな雰囲気を堪能できることから、特にカップルやご夫婦にうってつけです。

特にバンコクに多くの店舗がありますし、タイの数ある都市の中でもバンコクの夜景が最も美しいので、バンコクでは必ず一度は利用しておきましょう。

バンコクなら「スカイバー」や「Vertigo Bar」、チェンマイなら「Xanadu Pub & Restaurant」、プーケットなら「Baba Nest」などが特におすすめです。

いずれも0時や1時など夜遅くまで営業しています。

 

Sponsored Link

タイの夜の観光・娯楽スポット⑦ 夜遊び

タイは、バンコクやパタヤを中心に夜遊びスポットが数多く存在することから、世界屈指の夜遊び大国と言われています。

夜遊びの種類は、日本でもお馴染みの「ナイトクラブ」をはじめ、「バービア(ビアバー)」や「カラオケバー」、「ゴーゴーバー」など多種多様。

中でもゴーゴーバーが人気で、タイを旅行するなら必ず立ち寄っておきたい夜遊びスポットとなります。

 

ナイトクラブ

ナイトクラブは、日本と同様に音楽を聴きながらお酒を飲んだり、踊ったりできる場です。

タイのナイトクラブは非常に充実していて、最新の機器を設備しているところや有名なDJを雇用しているところも多く、常に多くの人で賑わっています。

バンコクなら「KU DE TA」「Route66」「Levels Club & Lounge」、チェンマイなら「Warm Up Café」「SPICY CLUB」、プーケットなら「Illusion」などが有名。

ほとんどのナイトバーが1時・2時頃まで営業していますので、夜遅くから深夜にかけて遊ぶなら、ナイトクラブを利用してみてはいかがでしょうか。

飲酒量で費用は大きく変わってきますが、だいたい500B〜1,000Bもあれば十分に楽しめます。

 

バービア(ビアバー)

バービア(ビアバー)とは、カウンター形式のオープンバーのことで、日本で言うところのガールズバーに似ています。

一人や友人と一緒にお酒を飲むのもよし、気に入った女の子がいれば席についてもらい、一緒に飲むこともできます。

女の子に席についてもらう場合には、ドリンクをご馳走するのがマナー。

一緒に楽しく過ごせたならチップ(50Bほど)を渡すとスマートです。

バービアは特にパタヤが充実していて、パタヤ屈指の繁華街である「ウォーキングストリート」沿いに店舗が所狭しと軒を連ねています。

バンコクやチェンマイ、プーケットなどの主要都市にもありますが、バービアをメインとして夜遊びするならパタヤがおすすめです。

なお、パタヤのバービアの多くが2時や4時まで営業しているので、深夜まで遊びたいという方に最適な夜遊びスポットと言えるでしょう。

 

カラオケバー

カラオケバーとは、その名の通りカラオケを楽しめるバーのことで、小さなキャバクラと考えて頂くと分かりやすいかと思います。

一般的なカラオケ店とは違い、カラオケバーではホステスの方々に席についてもらい、一緒にお酒を飲みながらカラオケを楽しむことができます。

ほとんどの店舗で飲み放題プランが用意されていて、店舗によりますが、基本料金は1時間の飲み放題プランで500〜1,000Bほど。

ホステスに席についてもらう場合には、それぞれに最低1杯のドリンクを注文する必要があります。

なお、日本人向けのカラオケバーは、バンコクのサラデーン駅(MRT)またはシーロム駅(MRT)近くの「タニヤ通り」に密集しています。

カラオケバーで遊びたいという方は、タニヤ通りに立ち寄ってみましょう。

 

ゴーゴーバー

ゴーゴーバーは、ステージの上で水着や裸の女性が踊っている姿を見ながら、お酒を楽しめる場です。

基本的には男性向けの夜遊びスポットとなりますが、女性向けの「ゴーゴーボーイ」もありますので、女性の方でも楽しむことができます。

ゴーゴーバーでは、入場料が無料でドリンク1杯100〜200Bしかかからず、ダンサーを見ながらお酒を楽しむだけなら安く遊べます。

ダンサーや従業員を席についてもらうことも可能で、その場合にはドリンク一杯をおごるのがマナー。

意気投合して同意があれば、お店側にベイパー(500〜1,000B)を支払うと、女の子を店外に連れ出すことも可能です。

タイの主要都市に店舗が多くありますが、バンコクが最も活気づいていて、「ソイカウボーイ」「ナナプラザ」「パッポン通り」に集まっています。

女性向けのゴーゴーボーイは「パッポン通り」に集中し、ほとんどの店舗が2時頃まで営業しています。

 

Sponsored Link

タイ主要都市のおすすめ観光・娯楽スポット

このように、「ショッピング」「ショー鑑賞」「クルージング」「ゴルフ」「マッサージ・スパ」「グルメ」「夜遊び」など、タイには夜に楽しめる観光・娯楽が数多くあります。

当項では、各観光・娯楽のおすすめスポットを、「バンコク」「チェンマイ」「プーケット」「パタヤ」の4都市に分けてご紹介しますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

バンコクの夜のおすすめスポット

まずはバンコクの夜のおすすめスポットをご紹介します。

バンコクには楽しめるスポットが非常に多く、また0時以降の深夜に営業している店もたくさんあることから、夜遅くまで遊ぶことができます。

しっとりと楽しむならクルージングやゴルフ、マッサージ・スパ、刺激的に楽しむならショー鑑賞やナイトクラブ、ゴーゴーバーなど、目的に応じて選択してみてください。

 

<ショッピング>

サイアムパラゴン

10:00~22:00(毎日)

MBKセンター

10:00~22:00(毎日)

セントラルワールド・プラザ

10:00~22:00(毎日)

アジアティーク ザ リバーフロント

17:00~00:00(毎日)

ロットファイ ラチャダー

17:00~1:00(火〜日)

アンパワー水上 マーケット

15:00〜21:00(金土日)

 

<ショー鑑賞>

ラジャダムナン・スタジアム

17:00〜22:00(月水木日)

ルンピニー・スタジアム

18:30〜22:30(火金)

16:00〜22:30(土)

カリプソ・キャバレー

20:15、21:45(毎日)

マンボー・キャバレー

19:15、20:30、22:00(毎日)

サイアムニラミット

20:00(毎日)

 

<クルージング>

ホライゾン号

19:30〜21:30(毎日)

マノーラ号

19:30~21:30(毎日)

グランドパール号

19:30~21:30(毎日)

 

<ゴルフ>

サミット・ウィンドミル

日中:6:00〜14:00(月〜金)

日中:6:00〜13:04(土日)

夜間:16:00〜20:00(火〜金)

夜間:17:30〜20:00(土日)

パンヤインドラ

6:00〜22:00(火〜日)

 

<マッサージ・スパ>

ワット・ポーマッサージ直営店39

9:00〜22:30(月〜木)

9:00〜23:00(金土日)

MAY Massage

9:00〜0:00(毎日)

Perception Blind Massage

10:00〜22:00(毎日)

Oasis Spa

10:00〜22:00(毎日)

MY SPA

9:00〜22:00(毎日)

Health Land Spa & Massage

9:00〜23:00(毎日)

Asia Herb Association

9:00〜2:00(毎日)

 

<グルメ>

Supanniga Eating Room

11:30~14:30、17:30~23:00(毎日)

Issaya Siamese Club

11:30~14:30、18:00~23:00(毎日)

Bo.Lan

18:00~22:30(火〜金)

12:00~14:30、18:00~22:30(土日)

バーン カニタ

11:00~23:00(毎日)

スカイバー

18:00〜1:00(毎日)

Vertigo Bar

17:00〜1:00(毎日)

Octave Rooftop Lounge & Bar

17:00〜2:00(毎日)

 

<夜遊び(ナイトクラブ)>

KU DE TA BANGKOK

21:00~2:00(水〜日)

Route66

20:00~2:00(毎日)

Levels Club & Lounge

21:00~3:30(毎日)

 

<夜遊び(繁華街)>

ソイカウボーイ

17:00~2:00(店舗による)

ナナプラザ

17:00~2:00(店舗による)

パッポン通り

17:00~2:00(店舗による)

タニヤ通り

18:00〜1:00(店舗による)

詳細は、「バンコクの観光を夜楽しむおすすめのスポット完全ガイド!」でご確認ください。

 

Sponsored Link

チェンマイの夜のおすすめスポット

バンコクよりも数は少ないものの、ショッピングやマッサージ・スパ、グルメなど、お一人からご家族まで、老若男女を問わず誰でも楽しめる観光・娯楽が充実しています。

ナイトクラブやゴーゴーバーなどの夜遊びスポットは、バンコクよりも落ち着いた雰囲気があるので、慣れていない方はチェンマイの方が合うかもしれません。

 

<ショッピング>

セントラル フェスティバル(デパート)

住所

74-75, Wichitsongkram Road, Wichit, Phuket Town, Phuket 83000

営業時間

11:00〜21:30(月〜金)

10:00〜22:00(土日)

Central Kad Suan Kaew(デパート)

住所

21 Huay Kaew Road AMPHUR Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200

営業時間

11:00〜21:00(月〜金)

10:00〜21:00(土日)

ナイトバザール(ナイトマーケット)

住所

104-1 Chang Klan Road | intersection of Tha Pae and Chang Klang Roads, Chiang Mai 50100

営業時間

15:00〜0:00(毎日)

アヌサーン・マーケット(ナイトマーケット)

住所

149/24, 149/27-28 Chang Khlan Road, Chiang Mai

営業時間

18:00〜23:30(毎日)

 

<ショー鑑賞>

Thaphae Boxing Stadium(ムエタイ)

住所

Thapae Gate, Chiang Mai

ショータイム

21:00~23:30(月〜土)

Chiang Mai Cabaret Show(ニューハーフショー)

住所

Anusan Market, Chiang Mai

ショータイム

21:30(毎日)

オールド・チェンマイ・カルチャーセンター(古典舞踊ショー)

住所

185/3 Wualai Rd | T. Hai Ya a. Muang, Chiang Mai 50100

ショータイム

19:00~22:00(毎日)

 

<ゴルフ>

サミット グリーン バレー

住所

186 Moo. 1 Chotana Rd, Mae-Sa, Mae Rim, 50180

営業時間

6:00~17:00(毎日)

 

<マッサージ・スパ>

Fah Lanna Massage(マッサージ)

住所

Wiang Kaew Rd, Tambon Si Phum, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200

営業時間

10:00~22:00(毎日)

White Orchid Massage(マッサージ)

住所

10 Loi Kroh Rd, Tambon Chang Khlan, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50100

営業時間

9:00~0:00(毎日)

Choeng Doi Massage And Spa(マッサージ)

住所

Nimmanhaemin Road, Soi 6 | Prasert Land Kad Choengdoi, Chiang Mai 52000

営業時間

10:30~23:00(毎日)

Zabai Thai Massage & Spa(スパ)

住所

Thapae Rd Lane 1, Thesaban Nakhon Chiang Mai, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50100

営業時間

10:00~22:00(毎日)

Sense Massage and Spa(スパ)

住所

23/ Amphoe Mueang Arak Rd, Sriphum Chiang Mai 50200

営業時間

13:00~22:00(毎日)

RarinJinda Wellness Spa Resort‎(スパ)

住所

14 Charoenraj Road, T.Watkate, Muang, Chiang Mai 50000

営業時間

10:00~0:00(毎日)

 

<グルメ>

The Whole Earth(レストラン)

住所

88 Th Si Donchai, Chiang Mai 50100

営業時間

11:00~22:00(毎日)

Ginger & Kafe(レストラン)

住所

199, Moonmuang Road, Tambon Si Phum, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chiang Mai, 50200

営業時間

10:00~23:00(毎日)

Woo Cafe(カフェ&レストラン)

住所

80 Charoenrat Road, Watgate, MuangChiangmai, Chiang Mai 50000

営業時間

10:00~22:00(毎日)

Paak Dang Restaurant(レストラン)

住所

46/1 Wang Sing Kham Road, Mueang Chiang Mai 50300

営業時間

17:00~22:30(毎日)

Xanadu Pub & Restaurant(ルーフトップバー)

住所

Huai Kaew Road, Chang Phueak Subdistrict, Mueang 54 1st Floor, 7 Hotel Furama

営業時間

18:00~0:00(毎日)

Myst MAYA(ルーフトップバー)

住所

55 Huaykaew Rd, Tambon Chang Phueak, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300

営業時間

18:00~0:00(毎日)

Rise Rooftop Bar(ルーフトップバー)

住所

22/2 Nimmana Haeminda Rd Lane 9, Su Thep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200

営業時間

15:00~1:00(毎日)

 

<夜遊び(ナイトクラブ)>

Warm Up Cafe

住所

40 Nimman Hemin Road, Suthep Subdistrict, Mueang Chiang Mai

営業時間

19:00~1:00(毎日)

SPICY CLUB

住所

Chang Moi, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai, Tambon Si Phum, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300

営業時間

20:00~1:00(毎日)

 

<夜遊び(繁華街)>

ロイ・クロー通り

住所

Loi Kroh Rd, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50100

営業時間

18:00~2:30(店舗による)

スリドンチャイ通り

住所

Sridonchai Rd, Tambon Chang Khlan, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 5010

営業時間

18:00~1:00(店舗による)

 

Sponsored Link

プーケットの夜のおすすめスポット

プーケットは、タイ屈指のリゾート都市ということもあって、外国人旅行者向けのお店が多いのが特徴です。

中でもグルメが充実していて、レストランやバーなどで、リゾートの雰囲気を味わいながら、アンダマン海の新鮮な魚を食べるのは格別です。

夕方頃であれば、海を満喫した後にビーチにあるお店でバーベキューをするのもおすすめです。

 

<ショッピング>

ジャンクセイロン(デパート)

住所

181 Rat-U-Thit 200 Pee Rd., T. Patong, A. Kathu, Phuket

営業時間

11:00~22:00(毎日)

セントラルフェスティバル(デパート)

住所

74-75, Wichitsongkram Road, Wichit, Phuket Town, Phuket 83000

営業時間

10:30~22:00(毎日)

インディー・マーケット(ナイトマーケット)

住所

Dee Book Tad Mai Road, Phuket Town, Phuket

営業時間

16:00~22:00(水木金)

ナカ・マーケット(ナイトマーケット)

住所

Chao Fa West Road, Phuket Town, Phuket 83000

営業時間

16:00~23:00(土日)

ラードヤイ・マーケット(ナイトマーケット)

住所

Thalang Road, Phuket Town, Phuket 83000, Thailand

営業時間

16:00~0:00(日)

 

<ショー鑑賞>

パトン・ボクシング・スタジアム(ムエタイ)

住所

2/59 Sai Nam Yen Rd., Patong Beach Amphur Kathu Phuket

ショータイム

21:00~23:55(月木土)

サイモンキャバレー(ニューハーフショー)

住所

24/129 Sirirat Rd, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Chang Wat Phuket 83150

ショータイム

18:00、19:45、21:30(毎日)

Siam Niramit Phuket(古典舞踊ショー)

住所

55/81 Moo 5, Chalermprakiet Road | Rassada, Phuket Town, Phuket 83000

ショータイム

17:00~23:00(水〜月)

 

<マッサージ・スパ>

Kim’s Massage & Spa(マッサージ)

住所

Phuket, 131 Phangnga Road, Taladyai, Muang Phuket 83000, Mueang Phuket District, Phuket 83000

営業時間

10:30~22:30(毎日)

Sweet Lemongrass Massage(マッサージ)

住所

162/5 Nanai soi 8, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Chang Wat Phuket 83150

営業時間

10:00~22:00(毎日)

Healthland Massage Patong(マッサージ)

住所

5/53-54 Haad Patong Road Aroonsom Square Pa Tong, Kathu District, 83150

営業時間

9:00~23:00(毎日)

Oasis Royal Thai Spa(スパ)

住所

128 Moo 3, Kamala, Kathu Phuket 83150

営業時間

10:00~22:00(毎日)

Oasis Spa(スパ)

住所

47 Moo1 Srisoonthorn Road Cherngtalay Thalang Phuket 83110

営業時間

10:00~22:00(毎日)

Let’s Relax Spa(スパ)

住所

184/14 Pangmuang Sai Kor Rd. Pathong, Krathu, Phuket 83150

営業時間

10:00~0:00(毎日)

 

<グルメ>

Thong Dee The Kathu Brasserie(レストラン)

住所

Soi Bangthong 110/25, Kathu, Phuket 83120

営業時間

16:00~22:00(火〜土)

12:00〜22:00(日)

The Corner Restaurant(レストラン)

住所

118/1 Bandon-Cherngtalay Road, Choeng Thale, Phuket 83110

営業時間

9:00~22:30(毎日)

Palm seaside(レストラン)

住所

110/2 Moo 3, Cherng Talay, Thalang 300m. Pass Amanpuri on BangTao Beach

営業時間

16:00~0:00(毎日)

CUT Grill & Lounge Phuket(レストラン)

住所

Soi 4 Srissoonthorn Road Thalang Moo 1 Cherngtalay Chang Wat Phuket 83110

営業時間

11:00~23:30(毎日)

Baba Nest, Sri Panwa Phuket(ルーフトップバー)

住所

88/5 Sakdidej Rd, Tambon Wichit, Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket 83000

営業時間

17:00~21:00(毎日)

Baba pool club(ルーフトップバー)

住所

88/2 Moo 8, Sakdidej Rd., Tambon Vichit Amphoe Muang Phuket 83000

営業時間

11:30~22:00(毎日)

KEE Sky Lounge & Restaurant(ルーフトップバー)

住所

152/1 Thaweewong Rd., Patong Beach, Kathu, Phuket 83150

営業時間

17:30~0:00(毎日)

 

<夜遊び(ナイトクラブ)>

Illusion

住所

Thanon Bangla, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Chang Wat Phuket 83150

営業時間

22:00~4:00(毎日)

Tiger Night Club

住所

49 Bangla Road, Patong, Kathu, Phuket 83150

営業時間

20:00~3:30(火〜日)

Seduction Nightclub

住所

70/3 Bangla Rd., Patong, Kathu, Phuket 83150

営業時間

22:00~4:00(毎日)

 

<夜遊び(繁華街)>

バングラ通り

住所

Thanon Bangla, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Chang Wat Phuket 83150

営業時間

店舗による

 

Sponsored Link

パタヤの夜のおすすめスポット

パタヤでおすすめなのが、「マッサージ・スパ」と「夜遊び」となります。

パタヤのマッサージ・スパのレベルが全体的に高く、それでいて格安で利用できるので、必ずどこかのお店に一度は立ち寄っておきたいところです。

夜遊びにおいては、海沿いを南北にのびるウォーキングストリートに、ナイトクラブやバービア、ゴーゴーバーなどの店舗が集まっています。

夜遅くまで外国人観光客で賑わっているので、ウォーキングストリートにもぜひ足を運んでみてください。

 

<ショッピング>

セントラルフェスティバル(デパート)

住所

Pattaya Beach 333/99 M.9 Banglamung, Chonburi, 20260

営業時間

10:00~23:00(毎日)

ロイヤルガーデンプラザ(デパート)

住所

218 moo 10 Beach St, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150

営業時間

11:00~23:00(毎日)

タラート・テパシット(ナイトマーケット)

住所

Thep Prasit Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150

営業時間

17:00~23:00(金土日)

パタヤ水上マーケット

住所

451/304 Moo 12, Sukhumvi Road | Nongprue, Banglamung, Pattaya 20150

営業時間

9:00~20:00(毎日)

 

<ショー鑑賞>

Tiffany’s Show(ニューハーフショー)

住所

464 M.9, Pattaya 2nd Road, Pattaya 20260

営業時間

9:00~23:00(毎日)

ALCAZAR(ニューハーフショー)

住所

78/14, 2nd Pattaya Road, Pattaya

営業時間

18:30、20:00、21:30(毎日)

 

<マッサージ・スパ>

Pattaya Massage Poo&Na(マッサージ)

住所

62/36 Moo 9, Soi Buakhao, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20160

営業時間

10:00〜23:00(毎日)

Savanna Massage Therapy(マッサージ)

住所

104 Pattayasaisong Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150

営業時間

10:00〜23:00(毎日)

7 Spa Luxury Pattaya(スパ)

住所

7 Moo 12 Tappraya Soi 10,Tappraya Rd | Behide Citrus Parc Hotel, Pattaya 20150

営業時間

10:00〜23:00(毎日)

ヘルスランド(スパ)

住所

159/555 Moo 5, Pattaya Nua Rd., Naklua, Banglamung, Chonburi

営業時間

10:00〜23:00(毎日)

 

<グルメ>

Mantra Restaurant(レストラン)

住所

Beach Rd, Pattaya, Banglamung, 20150

営業時間

17:00〜1:00(月〜土)

11:00〜1:00(日)

Patrick’s Belgian Restaurant(レストラン)

住所

216/51-52, Moo 10, off 2nd Road, Pattaya, 20150

営業時間

12:00〜23:00(水〜月)

Cherry’s Restaurant Pattaya(レストラン)

住所

394/122 M. 9 Pattaya 3rd Road, Nongprue, Banglamung, Pattaya City, Chon Buri 20150

営業時間

14:00〜23:30(毎日)

Hard Rock Cafe(カフェ&レストラン)

住所

429 Moo 9, Pattaya Beach Road | Nongprue, Pattaya 20150

営業時間

12:00〜1:00(日〜木)

12:00〜2:00(金土)

Horizon(ルーフトップバー)

住所

333/101 Moo 9 Bang Lamung District, Chon Buri 20260

営業時間

10:00〜23:00(毎日)

Sky Bar(ルーフトップバー)

住所

Pattaya Soi 6, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150

営業時間

13:00〜1:00(月〜土)

13:00〜0:00(火)

 

Sponsored Link

<夜遊び(ナイトクラブ)>

Insomnia

住所

110/1 Walking Street, South Pattaya, Pattaya, Bang Lamung District, Chon Buri 20150

営業時間

20:00〜4:00(毎日)

808 Night Club

住所

Walking St, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150

営業時間

20:00〜2:00(毎日)

The Nashaa Club

住所

147/1 Moo 10 Walking Street, South Pattaya, Pattaya City, Chon Buri 20150

営業時間

22:00〜1:30(毎日)

 

<夜遊び(繁華街)>

ウォーキングストリート

住所

Walking St, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150

営業時間

店舗による

 

Sponsored Link

タイにおける夜のお酒の販売規制

タイでお酒の購入・飲酒が可能な年齢は、日本と同じく20歳からとなります。

また、タイはお酒に対する考え方が厳しく、特定の日時において、お酒に販売規制がかけられています。

年間を通してお酒の販売が許可されているのは、「11〜14時」「17〜24時」で、それ以外の時間帯においてはコンビニはもちろん、レストランでもお酒が飲めません。

また、選挙の前日・当日、宗教上の理由からブッダ(仏教)に関する日、王族・高僧に関する日(葬儀など)には、一日中お酒を飲むこと(買うこと)ができません。

仏教に関する日

3

マカブーチャ(万仏祭)

5

ヴィサカブーチャ(仏誕節)

7

アサラハブーチャ(三宝節)

7

カオパンサー(入安居)

10

オーク・パンサー(出安居)

タイには、お酒を楽しめるお店が数多く点在していますが、お酒が飲めない日もあるので、事前に規制の有無を把握しておきましょう。

 

タイの夜に関するまとめ

タイには、夜に楽しめる観光・娯楽が充実していることから、“夜に暇になる”ことはなく、むしろ人によっては日中よりも夜の方が楽しめるかもしれません。

夜の遊びは全般的に費用が高く、お金がかかってしまいますが、せっかくのタイ旅行ですから、思い出作りのためにも、お金を気にせず存分に遊びましょう。

なお、夜は日中よりも犯罪の発生数が多いので、しっかりと安全対策を行ってください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

担当

その他の記事  記事一覧

  • タイの電源・プラグ・コンセント事情と変換プラグ・変圧器の必要性

  • タイのタクシー!色の違いや料金相場、乗り方、安全性など完全解説!

  • タイでの食事!文化やおすすめの店、マナー・注意点など全てをご紹介!

  • バンコクでの食事!おすすめエリアや人気店、相場など詳しくご紹介!

関連記事

  • タイの観光名所!バンコク・チェンマイ・アユタヤなど各地の名所を完全網羅!

  • バンコクの観光地!定番・穴場・おすすめ・行き方・人気スポットを徹底解説!

  • バンコク一人旅!治安や予算、ホテル、食事スポットなど完全網羅!

  • タイの観光地!人気・有名な観光地から穴場のビーチ・島まで完全網羅!

  • バンコクの名所!定番から穴場まで絶対に訪れるべき観光地を一挙にご紹介!

  • タイひとり旅!危険性や費用・予算、男性・女性おすすめの観光地など徹底解説!