1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポールでのビジネスと「ACRA(シンガポール企業会計規制庁)」
Sponsored Link

シンガポールでのビジネスと「ACRA(シンガポール企業会計規制庁)」

シンガポールで会社を設立し、ビジネスを展開していく場合に、

ACRA(シンガポール企業会計規制庁)と何度も関わりを持つことになります。

シンガポール企業会計規制庁とはどのような機関なのか、

またシンガポールでの会社設立やビジネスにどのようにかかわるのかを

見ていきましょう。

 

Sponsored Link




シンガポール企業会計規制庁とは?

シンガポール企業会計規制庁は、

シンガポールの法律「会社法」や「事業登記法」「会計基準法」などを

統括する監督官庁です。

これらにかかわる登記を行い、必要な情報を公開し、

登記が適切かを監督します。

 

それ以外にも、シンガポールの会社や外国会社、また支店の設立、

それらの閉鎖にかかわる承認などの業務も行います。

 

シンガポールに会社設立を行う際の関わり

シンガポールに会社を設立、もしくは支店として設立する際に、

初めにかかわる行政機関がこの「シンガポール企業会計規制庁」です

設立後も、毎年シンガポールの法律によって要求される

決算書などの情報の登記も、

この「シンガポール企業会計規制庁」で行います。

 

Sponsored Link




オンライン化されたシンガポール企業会計規制庁

シンガポール企業会計規制庁はオンライン化が進んでいますので、

会社設立の申請から、決算書の登記に至るまで

全てオンラインで行うことができます。

 

これらに必要な書類なども

全てシンガポール企業会計規制庁のホームページから

ダウンロードにより入手できますので、

手続きにかかる手間や時間を節約することもできるのです。

 

シンガポールに会社を設立する際、また会社設立後、

そして会社を清算するときにも大きくかかわるのが

「シンガポール企業会計規制庁」なのです

 

シンガポール企業会計規制庁に納める登記料

シンガポールに会社を設立する際、

シンガポール企業会計規制庁に登記料を納める必要があります。

シンガポールに法人を設立する場合も、支店を設立する場合も、

登記料は一律300シンガポールドルと定められていますが、

会社の資本金がないままで設立する場合には、

1,200シンガポールドルを登記料として納める必要があります。

 

シンガポール企業会計規制庁に申告する事柄

シンガポールに会社を設立する場合だけでなく、

会社の住所が変更されたり、営業時間が変更したり、

取締役や会計監査人などが変更した場合にも、

それぞれの所定の期間内にシンガポール企業会計規制庁に

申告する必要があります。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールビジネスにおける「ファンドを設立」するメリット

  • シンガポールでオフィスを構える「IT企業と飲食店の場合」

  • シンガポールでの駐在生活 「現物給与」について

  • シンガポールでの会社設立における「第三者割当による資金調達」

  • シンガポールへのビジネス進出「支店設立までの流れ」

  • シンガポールで駐在員事務所を設置する!