ピックアップ記事 & 世界のニュース
オーストラリアの電圧とプラグの形状

オーストラリアの電圧は日本とは異なり240Vです。ただ情報によっては220Vになっていたり230Vになっていたりと混乱する場合があります。

ここではオーストラリアの電圧についての詳細をお伝えします。

 

はっきりしないオーストラリアの電圧事情

ある知人から聞いた話ですが、その人は成田空港からオーストラリアに渡航する際に空港内の免税店で炊飯器を買おうとしたのですが、その時は店内に230Vの電圧用の炊飯器しかなく店員さんにオーストラリアでは使えないと言われたそうです。

ところが実際にはオーストラリアで使われている電圧は230Vですから、販売されていた炊飯器で問題なかったのです。

確かにオーストラリア国内でも電圧と言えば240Vを使うのが一般的ですからその店員さんがオーストラリアでは240V以外は使えないと思いこんでいたのも無理もない話かもしれません。

実際にはオーストラリアで使える電圧は220V~240Vの範囲なのです。ちなみに周波数は50Hzです。

 

オーストラリアで使用しているプラグの形状

オーストラリアではこのように高い電圧を使っているため、プラグにはアースの役割を果たす3つ目のピンが使われています。O型プラグと呼ばれています。

ただ電気機器によっては3つ目のピンがなく「ハ」の形をした2つのピンだけの場合もあります。

ピンが2本だけでも良いのは、絶縁が2重になっているなど他の安全基準に適っている場合のみです。

それ以外のプラグは必ずアースピンを取り付けることが要求されます。

ピンはどれも日本のプラグと同じで平らになっています(丸くない)。

 

オーストラリアに日本の電気器具を持って行って使う場合のアダプターに関しては「オーストラリアの電源とアダプターについて」で詳しい内容をお伝えしています。

オーストラリアに日本の電気器具を持って行って使う場合の電圧変換に関しては、「オーストラリアのコンセントとプラグの形状及び変換方法」で詳しい内容をお伝えしています。

 

まとめ

オーストラリアの電圧は日本とは異なり240Vですが、インターネット上の情報では220Vだったり230Vと明記されていることもあり、混乱を招きかねません。

実際にはオーストラリアの電圧は220~240Vの間で使用可能です。

オーストラリアではこのように高い電圧を使っているため、プラグにはアースの役割を果たす3つ目のピンが付いています。