1. TOP
  2. オーストラリア 宗教
  3. オーストラリアの宗教、寛大な政策により信仰の自由が保障され宗教間の軋轢がない
Sponsored Link

オーストラリアの宗教、寛大な政策により信仰の自由が保障され宗教間の軋轢がない

イギリス人が入植し開拓を行ったオーストラリアでは、最も信者の多い宗教はキリスト教ですが、最近では移民の増加に伴いイスラム教や仏教などの信者も増えています。

その他、先住民であるアボリジニの宗教もオーストラリアの文化を形成する要素になっています。

オーストラリア政府の宗教政策や各宗教の特色やなど詳しい内容をお伝えします。

Sponsored Link

 

オーストラリア政府の宗教政策

オーストラリアの宗教政策は、多文化主義の下、すべての宗教に門戸を開いていることが特徴です。

そうした政策については憲法の第116条で決められています。

第116条の内容は次のようになっています。

“連邦政府はいかなる宗教の設立、いかなる宗教的な遵守の強制、またいかなる宗教の自由な慣行を規制するような法律を制定しない。また、いかなる職場や連邦政府の公共機関のための資格として宗教的検査を実施しない。”

 

新興宗教サイエントロジー教会を巡る論議

近年の宗教をめぐる議論として世界的に信者を増やしているオーストラリアのサイエントロジー教会を宗教として認めるかどうかという問題がありました。

初期の頃は宗教として認められないとして禁止されましたが、政府により認められた宗教団体なら税金を払わなくてもよいという法律があり、この税金を払わされていたサイエントロジー協会はこれを不服として最高裁判所に訴え、1983年に時の裁判官により正式な宗教として認められました。

Sponsored Link

 

オーストラリアの宗教の比率

オーストラリアの宗教では、イギリスの影響でキリスト教が最も大きな勢力になっており、オーストラリアの人口の52%を占めています。

キリスト教の宗派で最も多いのがカトリック教で22.6%です。

キリスト教の次に多いのがイスラム教の2.6%、続いて仏教の2.4%となっています。

また、全体としての信者の数はまだ少ないですが、近年増えているのがヒンズー教です。

その他、先住民であるアボリジニが信仰する「ドリームタイム」という神話があり、これがアボリジニの宗教として、口頭で伝えられてきました。

このようにキリスト教の勢力が強いのですが、信者の数はこの50年間で30%減っています。

それと並行して増えているのが無神論者の数で、割合としては30%を占めています。

無神論者の中では18歳から34歳の年齢層が最も多くなっています。

 

オーストラリアの各宗教の特徴

オーストラリアの最大の宗教はキリスト教で、次がイスラム教そして仏教と続きます。

各宗教の特徴に関して詳しい内容をお伝えします。

 

キリスト教

オーストラリアのキリスト教の中でもっとも信者が多いのはカトリック、次が聖公会(アングリカン)、そして合同教会の順になっています。

その他にも少数ですがギリシャ正教大司教区やヒルソングなどの宗派があります。

オーストラリアの中でキリスト教徒が最も多いのはクィーンズランド州で次がニューサウスウェールズ州です。

反対にキリスト教徒が最も少ないのは北部準州です。

Sponsored Link

 

キリスト教の宗派

オーストラリアにあるキリスト教の宗派には主なものとして、ローマンカトリック教会、聖公会、合同教会、新教などがあります。

 

ローマンカトリック教会

オーストラリアのローマンカトリック教会は、イギリス人がオーストラリアに入植した当時に、主にアイルランド人によって開かれた宗派です。

信者の数でもオーストラリアにおけるキリスト教の宗派の中で最も多くなっています。

ただ、近年では聖職者による男児性的虐待事件が相次いで報道されるなど、カトリック教会を取り巻く社会的な見方には厳しい面があります。

こうした報道に対し、カトリック教会側は、「告白という行為が持つ神聖性を保持する必要がある」として、報道の内容を否定しています。

さらには、2018年にオーストラリアで国民投票により認められた「同性愛者の結婚」にもカトリックの信者である元総理大臣のトニーアボット氏などが強く反対し話題になりました。

こうした反社会的または時勢に合わない問題もありますが、その一方でカトリック教徒による献身的な奉仕活動も広く認められています。

特に家庭内暴力や身体障碍者を持つ家庭に対し相談に乗ったり援助するなどの活動をしています。

 

聖公会(アングリカン教会)

聖公会(アングリカン教会とも言われる)はオーストラリアで2番目に信者の多いキリスト教の宗派です。

(イギリス人が入植したころはキリスト教の宗派の中で最も信者が多かったのですが、イタリアやギリシャなどから移民が増えると、ローマンカトリックの信者の数が増え、そのため現在の信者数は2番目になっています。)

1788年にオーストラリアに初めて到着したイギリスの艦隊の中にリチャード・ジョンストという聖公会の牧師が乗船しており、シドニー到着後オーストラリアで教会を創立しました。

ところが入植当時は食料の調達や住居を確保するための労働力が必要であったため、教会の建設は後回しにされ、しばらくは、教会のミサなどは野外で行われました。

オーストラリアの聖公会は教育と福利厚生に力を入れてきました。

オーストラリア全国で聖公会の学校が140以上あり、10万人以上の生徒が通っています。

Sponsored Link

 

合同教会 (ユナイティング教会)

オーストラリアの合同教会は信者数が24万人以上おり、オーストラリアで3番目に大きなキリスト教の宗派です。

1977年に、組合教会派、メソジスト教会、プレスビテリアン教会の3つが合同し結成されました。

合同教会はオーストラリア全国に400以上の支部を持ち、オーストラリア最も活発に社会福祉活動をしている団体です。

活動分野は、高齢者ケア、病院、未成年者、家庭、身体障碍者、就業など多岐に渡ります。

特に最近では若者のホームレス問題や自殺の問題などに取り組んでいます。

 

新教(プロテスタント)

新教(プロテスタント)は救世軍(Salvation Army)という教会を持ち、広く奉仕活動をすることで知られています。

一番主な仕事が中古品のショップを運営しそこであがった利益を恵まれない人のために使うことです。

このショップは大抵の町にあり、物をリサイクルする上でも重要な役割を果たしています。

 

キリスト教関係の祝祭日

オーストラリアでキリスト教関係の主な祝祭日としてはイースターとクリスマスがあります。

 

イースターとクリスマスに関しては、「オーストラリアの生活、特有の習慣や決まりを知って快適な滞在を!」で詳しい内容をお伝えしています。

 

オーストラリアの有名なキリスト教の建造物

 

シドニー

 

聖パトリック教会(St Patrick’s Church)

1840年代にシドニーの「ロックス」に建てられたカトリック教の教会 141 Harrington St
Sydney New South Wales 2000

http://stpatschurchhill.org/

 

聖アンドリュース大聖堂 (St Andrew’s Cathedral)

1868年に奉献したシドニータウンホールの隣にある大聖堂

Cnr George & Bathurst Sts
Sydney New South Wales 2000

http://www.sydneycathedral.com/  

 

聖メリー大聖堂(St Mary’s Cathedral)

1860年代に建てられたステンドグラスやモザイクなど高いレベルの美術品が飾られたカトリック教の教会。規模ではオーストラリア一。

St Marys Rd, Sydney New South Wales 2000

https://www.stmaryscathedral.org.au/

 

聖ジェームス教会( St James Church)

1824年に奉献したシドニーで最も古いアングリカンの教会。 173 King St
Sydney New South Wales 2000 http://sjks.org.au/  

 

聖ステファン合同教会( St Stephen’s Uniting Church)

1840年代に建てられたシドニーの統一教会 197 Macquarie St
Sydney New South Wales 2000 http://www.ssms.org.au/     【

Sponsored Link

 

メルボルン 

 

 聖ポール大聖堂( St. Paul’s Cathedral)

メルボルンのフリンダース通り駅の対角線上にあるアングリカンの教会

Cnr Swanston St & Flinders St, Melbourne Victoria 3000

https://cathedral.org.au/  

 

聖フランシス教会( St. Francis Church)

1840年代に建てられたカトリック教の教会

326 Lonsdale St, Melbourne Victoria 3000

http://www.stfrancismelbourne.com/      

 

聖パトリック大聖堂( St. Patrick’s Cathedral)

メルボルンの観光スポットの一つにもなっているカトリック教の大聖堂

1 Cathedral Pl, East Melbourne Victoria 3002

http://www.cam.org.au/cathedral  

 

聖オーグスティン教会( St. Augustine Church)

631 Bourke St, Melbourne Victoria 3000

http://www.cam.org.au/melbournebourkest/  

 

アングリカン教会のオーストラリアメルボルン教区( Anglican Church of Australia Diocese of Melbourne)

1a Pakington St, Kew Victoria 3101  

Sponsored Link

 

イスラム教

オーストラリアにおけるイスラム教は人口の割合では2.6%に過ぎませんが、オーストラリア全国でキリスト教の次に大きな宗教になっています。

 

オーストラリア政府のイスラム教への対応 

世界的にイスラム教への非難や批判が高まる中で、オーストラリア政府は宗教の自由を尊重し、一つの認められた宗教としてイスラム教の寺院や学校を立てることを認めています。

さらには、女性が肌を見せてはいけないという風習や一夫多妻制度などのイスラム教の慣行に対しても容認しています。

そのため、街頭にはイスラムの民族衣装に身を包んだ人も普通に歩いて入るし、公共のプールでもそうした衣装をつけたまま泳いでいる人もいます。

イスラム教の伝統として知られているのが一日に5回行われる祈りの時間ですが、これに対しても、イスラム教徒が多い職場には、祈りの場が設置されています。

もう一つの伝統であるラーマダンも最近ではオーストラリア全国で広く認知されるようになっています。

 

イスラム教の寺院

 

シドニー

 

アル・ザハラ寺院(Al-Zahra Mosque)

オーストラリアで最初に建てられたイスラム教の寺院。

1 Wollongong Rd, Arncliffe NSW 2205

https://www.facebook.com/Masjid.AlZahraa/

 

オーバン・ガリポリ寺院(Auburn Gallipoli Mosque)

トルコのオスマン文化の要素を取り入れた寺院

15-19 Gelibolu Pde, Auburn NSW 2144

https://www.gallipolimosque.org.au/

 

レイケンバ寺院(Lakemba Mosque)

レバノンのイスラム教徒のために作られた寺院。オーストラリアで最大。

71-75 Wangee Road, Lakemba NSW 2195

http://lma.org.au/mosque-locations

 

メルボルン

 

サンシャイン寺院(Sunshine Mosque)

トルコのオスマン文化の要素を取り入れた寺院

618 Ballarat Road, Ardeer, VIC  3022

https://sunshinemosque.com.au/

 

プレストン寺院(Preston Mosque)

ビクトリア州のイスラム教協会が運営する寺院

90 Cramer Street, Preston, Preston, Victoria, Australia 3072

http://isv.org.au/

Sponsored Link

 

仏教/道教

オーストラリアでイスラム教の次に信者が多いのが仏教で、人口の2.4%を占めています。

 

オーストラリアへの仏教の伝達

仏教が初めてオーストラリアに入って来たのは1850年代にゴールドラッシュが始まり、その時に金採掘の労働力として雇われた中国人が多数移住してきたときでした。

1856年にはメルボルンに最初の寺が作られましたが、そのころは仏教だけでなく道教と儒教の寺としても利用されていました。

ただ、正式な聖職者がいなかったため、寺としての活動も停滞し、20世紀の終わりには寺そのものがなくなってしまいました。

さらにはオーストラリアで取られていた白豪主義のために仏教徒の数は劇的に減ってしまいました。

 

オーストラリアにおける仏教の近況

1970年代にベトナム戦争が終了すると多数の難民がオーストラリアに移住するようになり、仏教はこの頃から本格的に広まるようになりました。

仏教の宗派としては、インドに起源を発する大乗仏教だけでなくラマが広めたチベット仏教への関心も高まり、アジア系のオーストラリア人だけでなく欧米系のオーストラリア人の間でも信者が増えるようになりました。

実際、1996年から2001年の5年間で仏教徒の数は79%の増加を見せています。

 

オーストラリアにある仏教の寺

オーストラリア仏教ビハラ・カトゥンバ寺(Australian Buddhist Vihara – Katoomba Temple)

43 Cliff Drive, Katoomba, New South Wales 2780

https://www.facebook.com/pages/Australian-Buddhist-Vihara-Katoomba/271630222850545

 

ランカラマ仏教寺(Lankarama Buddhist Temple)

日曜学校を持つ寺

35 Oak St, Schofields NSW 2762

http://www.lankarama.com.au/

 

南天寺(Na Tien Temple)

シドニーから80km南に下った所にある寺。台湾の佛光山宗の支部で広大な敷地に作られたオーストラリアで最大の仏教寺

 180 Berkeley Road, Berkeley, NSW 2506

http://www.nantien.org.au/

 

オーストラリアのその他の宗教

オーストラリアには上述のキリスト教、イスラム教、仏教の他にヒンズー教、ユダヤ教などの宗教団体も存在します。

 

ヒンズー教

ヒンズー教の信者はオーストラリアの人口の1.9%を占めています。

近年インドからの移民が増加したため、ヒンズー教信者の数も急速に増えています。

ヒンズー教の寺院はシドニーに多いですが、メルボルンやパースにもあります。

オーストラリアにおけるユダヤ教の信者の数は全体の人口の0.4%を占めています。

信者の90%がシドニーとメルボルンに集中しており、特にメルボルンの港湾周辺におけるユダヤ教人の人口は最も高くなっています。

 

アボリジニの信仰

オーストラリアの先住民であるアボリジニの信仰は、宗教でありながら神話でもあります。

「ドリームタイム」と呼ばれ、太古の昔から口頭で伝えられてきたものです。

 

ドリームタイムとは

ドリームタイムにおいては、現在ある山、川、湖、池、動物、植物などの自然はこの世界が創造されたときに作られたものであると考えられており、そこからアボリジニと自然との強い結びつきが形成されて行きました。

また、人間は生まれて死んでいくが、土地はいつもそこにあり、語り継がれる話は残っていくとも考えられています。

そのため、アボリジニは土地と自然に対して強い敬意を抱いており、悪用するとバランスが崩れ、自分たちの生活に悪影響を与えるようになると戒めています。

この考え方は、環境保護ということで今では当たり前の考え方となっていますがが、アボリジニは何万年も前から環境保護を唱えてきたと言うことができます。

 

ドリームタイムを理解すると大古の歴史がわかる

ドリームタイムの内容は、アボリジニの長い歴史を通して口頭で語り継がれて来ましたが、言語学者のR.M. ディクソンにより文字として残されるようになりました。

その内容を調べてみると、例えば、クィーンズランドのアサートン・テーブルランドには、湖がいくつかあるのですが、それらの湖は1万年前に、その付近に火山があって、それが爆発してできた湖であると語られているのです。

日本のように火山の多い国ではこのことは、驚くことではないですが、現在オーストラリアには火山は存在していないため、1万年前のオーストラリアの地形が今とはずいぶん異なっていたということがわかります。

Sponsored Link

 

アボリジニの聖域

アボリジニは自然を崇拝する民族ですが、そのために、オーストラリア国内には「アボリジニの聖域」と呼ばれる箇所がいくつかあります。もっとも有名な聖域はエアーズロックです。

これまでは、オーストラリア政府も十分な注意を払っていなかった面があり、観光客がエアーズロックに登ることも許されていました。

ところが登る際に死傷事故や登った人が行方不明になるとか、頂上で裸になるなどの問題が発生しており、アボリジニから不満の声が上がっていました。

こうしたことを考慮して、関係者が話し合った結果、2019年10月26日からエアーズロックへの登頂が禁止されることになっています。

 

まとめ

多文化主義を取っているオーストラリアでは宗教の自由が認められており、各宗教団体は教会や寺院、また学校を設立し布教をする自由が認められています。

オーストラリアに現存する宗教ではキリスト教が圧倒的な強さをしてしていますが、近年アラブ地域やアジアからの移民が増え、イスラム教や仏教も急速に広がっています。

また先住民であるアボリジニは自身の神話であり宗教であるドリームタイムを振興しています。

このようにオーストラリアでは州経が多様化していますが、政府の寛大な政策のおかげで宗教間の軋轢がなく、国民は自身の宗教を心配することなく信仰することができます。

Sponsored Link

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • オーストラリアの宗教、寛大な政策により信仰の自由が保障され宗教間の軋轢がない

  • オーストラリアの言語、公用語は英語でも多文化主義で外国語教育も重視

  • オーストラリアの教育、幼児教育から中学・高校(ハイスクール)の教育制度解説

  • オーストラリアの家、タイプ、購入方法、賃貸条件など住宅事情全般ご紹介

関連記事

  • シンガポールの治安について

  • シンガポールの兵役制度、国民に根づいた国の防衛

  • 中華系ホーカーズ マックスウェル フードセンター(Maxwell Food Centre)チャイナタウン

  • シンガポールへ行く前にすべての人が加入しておきたい海外旅行保険

  • シンガポールでビジネスを行う際の「支払方法」

  • 「5月ゴールデンウイーク」に計画するシンガポール観光旅行