1. TOP
  2. タイ お土産
  3. タイのアクセサリー!お土産に適したショップ・ブランド完全ガイド!
Sponsored Link

タイのアクセサリー!お土産に適したショップ・ブランド完全ガイド!

タイ お土産   32 Views

リングやネックレス、ペンダント、ブレスレットなどのアクセサリーは、タイ旅行のお土産として非常に人気の高いアイテムです。

タイらしい奇抜なデザインのものありますし、高品質なものが低価格で購入できるという点も、アクセサリーがお土産として選ばれる大きな理由となっています。

当ページでは、人気のデザイン、ショップ巡りに適した場所、おすすめのブランドなど、タイのアクセサリーについて詳しくご紹介します。

Sponsored Link

 

タイでお土産に人気のアクセサリーの種類

タイ人はファッションに敏感であることから、タイ国内にはアクセサリーをはじめとするファッションアイテムが数多く販売されています。

アクセサリーにおいても、日本ほどではありませんが、奇抜なものから洗練されたものまで、様々なデザインが展開されています。

そんなバリエーション豊富なタイのアクセサリーの中で、お土産としては特に「民族」独特のデザインや、「動物」「自然」をモチーフにしたものが人気。

また、タイ人の間で「シルバー素材」を使用したアクセサリーの人気が非常に高く、格安かつ魅力的なものが多く売られているので、シルバーアクセサリーもお土産におすすめです。

 

タイの人気アクセサリー① 民族系

タイには、カレン族やモン族、アカ族、ヤオ族など、独自の文化を守り続ける山岳民族がいて、彼らの中にはアクセサリーの製作・販売で生計を立てている人がいます。

民族によってある程度、固有のデザインが存在し、基本的に制作は全て手作業で行われ、主に外国人観光客向けとして、様々なお店でアクセサリーが販売されています。

特に有名なのが首長族としても知られるカレン族のアクセサリーです。

カレン族のアクセサリーにはシルバー素材が使用されるものが多く、螺旋状やスパイラルのデザイン、象などの動物をモチーフにしたものもあります。

また、大型でインパクトの強いアクセサリーもあるので、幅広いバリエーションから必ず好みのものを見つけることができるでしょう。

アクセサリー選びで“タイらしさ”を最重視するなら、カレン族などが手掛ける民族系アクセサリーがおすすめです。

 

タイの人気アクセサリー② 動物系

日本では歴史と動物の関わりはそれほど深くありませんが、タイではかなり深い関わりがあります。

特に象はこれまでの歴史の中で戦いにおいて重要な存在だったこと、さらに仏教との関連も相まって、国の守り神としてタイ人にとっての特別な存在であり続けています。

また、タイは自然豊かな国で、様々な野生動物が生息しているほか、動物が好きなタイ人が多いこともあって、タイでは動物をモチーフにしたアクセサリーも人気です。

象のほかにも猫やリス、キリン、ライオンなどの動物をモチーフにしたアクセサリーもありますが、やはりタイと言えば象なので、タイのお土産としては象が最適です。

とはいえ、象をモチーフにしたアクセサリーでも、そのデザインはバリエーションに富んでいて、象の存在感を薄くしてエレガントに仕上げたものも多数存在します。

象のアクセサリーはあらゆるお店で販売されているので、色々なお店を巡って、好みのデザインを見つけてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

 

タイの人気アクセサリー③ 自然系

タイでは自然をモチーフにしたアクセサリーも非常に人気です。

花や植物だけでなく、木の実や果物、波を表現したものなど多種多様で、パワーストーンを使用したものも多数販売されています。

チェンマイなら花や植物といった山に関連したデザイン、プーケットなら海に関連したデザインが多いというように、地域によってデザイン性が異なるのも面白いところ。

また、皮製品を使用したアクセサリーも多く、温かみのあるデザインだけでなく、インパクトの強いデザインも多々あるので男性にもおすすめです。

 

タイの人気アクセサリー④ シルバー素材

アクセサリーに使用される素材には、ブロンズやシルバー、ゴールド、プラチナなどがありますが、タイでは圧倒的にシルバーが人気です。

お店によって大きく異なりますが、基本的にタイのシルバーは質が良く、それでいて低価格で購入できることから、問屋で大量に仕入れる日本人バイヤーも少なくありません。

タイのアクセサリー=シルバーと言うほどに、タイではシルバーが非常に有名なので、素材で選ぶなら間違いなくシルバーがおすすめです。

 

タイでアクセサリーのショップ巡りに便利な場所

タイで売られている雑貨の中でもアクセサリーは需要の高い品であることから、タイの至るところでアクセサリーを見ることができます。

様々なお店で販売されているので、基本的にはタイで有名な買い物スポットを巡れば見つけることができますが、アクセサリーに特化したスポットも存在します。

アクセサリーを効率的に探したいという方もいらっしゃると思いますので、ここではアクセサリーのショップ巡りに便利な場所をご紹介します。

Sponsored Link

 

タイのおすすめ買い物スポット① ショッピングモール

タイでアクセサリーショップ巡りに便利な場所の一つ目は大型ショッピングモールです。

タイのショッピングモールというと、「サイアムパラゴン」「エンポリアム」「セントラルワールドプラザ」が有名で、ここにもアクセサリーの販売店が数多く入居しています。

また、「ボナンザモール」「パラディウムワールド」「プラティナムファッションモール」など、マイナーなショッピングモールもアクセサリーを探す上で欠かせません。

パラディウムワールドとプラティナムファッションモールでは、小さな問屋が多数建ち並んでいて、アクセサリーのパーツ単体を購入することもできます。

 

サイアムパラゴン

バンコクで最も有名なショッピングモールの一つに挙げられるサイアムパラゴン。

売られている商品は全体的に外国人観光客向けで、少し割高ではありますが、質が高くデザイン性に優れたアクセサリーが多いのが特徴です。

アクセサリーを販売するお店はそれほど多くはなく、服や雑貨、化粧品などの商品が主体で売られているので、アクセサリーを探すためだけに行くのは少々疲れるかもしれません。

施設内が非常に広いために、アクセサリー探しというよりは、色々な商品を探すついでに、アクセサリーも探すという感じが適しているかと思います。

住所

991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

 

エンポリアム

エンポリアムもタイでは有名な大型ショッピングモールで、外国人観光客だけでなく現地のタイ人もよく利用しています。

高級ショッピングモールの部類に入るために、全体的に売らわれている商品は高いですが、その分品質も高く、システマなど人気ブランド(後述)も多数お店を構えています。

サイアムパラゴンと同様、施設内がかなり広く、他の商品が主体で売られていますが、良質なアクセサリーを探すにはピッタリの場所です。

なお、エンポリアムでは定期的にセールが行われているので、セール期間を事前にチェックしておきましょう。

住所

622 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

 

セントラルワールドプラザ

セントラルワールドプラザは、東南アジア最大級とも言われるほどに、広大な敷地面積を持つショッピングモールです。

敷地の中にはZENや伊勢丹といった他の施設も入居し、品揃えが非常に豊富で、ここに来れば何でも揃うと言っても過言ではありません。

アクセサリーを取り扱うお店も多く、宝石やジュエリーを取り扱うお店も入居しています。

店舗数が非常に多いために、買い物スポットとしてはもちろんのこと、アミューズメント施設として1日中楽しめます。

住所

999/9 Rama I Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

 

ボナンザモール

上で挙げた3つのショッピングモールであれば、おそらく多くの方が一度は耳にしたことがあると思いますが、ボナンザモールを知っている人は少ないことでしょう。

ボナンザモールは、バンコクのサイアム地区にある3階建ての小規模なショッピングモールで、主に現地のタイ人が利用している場所です。

ここでは服や雑貨、アクセサリーなどのファッションアイテムが非常に安く売られていて、特にタイ人の学生に人気があります。

シックなものからポップなものまで、実に様々なデザインのアクセサリーが販売されているので、アクセサリーを探すには欠かせない場所と言っていいでしょう。

タイ人向けの買い物スポットであることから、観光としても楽しめます。

住所

Siam Square soi 7, Phayathai Rd., Pathumwan, Pathumwan, Bangkok 10330

営業時間

10時00分~21時00分(営業日:毎日)

 

パラディアムワールド

パラディアムワールドは、買付けを行うバイヤー御用達のショッピングモールで、ここでは高品質なシルバーアクセサリーを低価格で購入することができます。

シルバーアクセサリーが有名な場所ですが、多種多様な素材・デザインのアクセサリーが販売され、ショッピングモールで言えば充実度は最高クラスです。

アクセサリーを取り扱うお店が非常に多いことで、中にはかなり奇抜なデザインのもの売られていて、見ているだけでも十二分に楽しめます。

タイのアクセサリーに興味がある方は、必ず一度は立ち寄って頂きたい場所です。

住所

555, Ratchaprarop Road | Makkasan, Ratchathewi, Bangkok 10400

営業時間

10時00分~21時00分(営業日:毎日)

 

プラティナムファッションモール

プラティナムファッションモールは、パラディアムワールドと並んでアクセサリー探しにうってつけの場所で、特に女性向けのアクセサリーが多い印象があります。

シルバーアクセサリーもありますが、シルバー以外のアクセサリーも多く、デザインにおいては可愛らしいものが多いように感じます。

ちなみに、パラディアムとプラティナムはすぐ近くで、それぞれで売られているアクセサリーが大きく異なるので、両方行ってみることをおすすめします。

住所

222 Phetchaburi Rd, Khwaeng Thanon Phetchaburi, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400

営業時間

08時00分〜20時00分(土日水)

09時00分〜20時00分(月火木金)

Sponsored Link

 

ジャンクセイロン

上で挙げたものはどれもバンコクのショッピングモールですが、プーケットで言えばジャンクセイロンがアクセサリー探しにうってつけです。

ジャンクセイロンはパトンビーチの真ん中に位置する大型ショッピングモールで、300以上のお店が入居しています。

アクセサリーを取り扱うお店はそれほど多くありませんが、比較的に品質の良いものが売られているので、アクセサリー探しに困ったらジャンクセイロンに行ってみましょう。

ちなみにプーケットでの買い物は、ウィークエンドマーケットやインディーマーケットなどの市場がおすすめで、アクセサリーを取り扱うお店も多数立ち並んでいます。

マーケット以外にも、街中や海岸沿いなどに小さなアクセサリー屋さんがちらほらあるので、街中を散策してみるのも良いかと思います。

住所

181 Rat-U-Thit 200 Pee Road, Tabol Patong, Amphur Kratu, Phuket

営業時間

11時00分~22時00分(5/1~10/31)

11時00分~23時00分(11/1~4/30)

 

タイのおすすめ買い物スポット② マーケット

タイでアクセサリーショップ巡りに便利な場所の二つ目はマーケットです。

タイには大なり小なり様々な規模のマーケットが至るところに存在し、日本にはこういったマーケットがないことから、日本人が選ぶ観光地として必ず挙がるほどに人気です。

マーケットによって特色があり、食料品のみを販売するマーケットなどもあるので、ここではアクセサリーに絞っておすすめの場所をご紹介します。

 

リトルサイアム

リトルサイアムとは、バンコクのサイアムスクエアのソイ(路地)1と2を繋ぐショッピングアーケードで、日本で言うところの商店街みたいな感じの場所です。

細い路地にひしめき合うように100以上ものお店が軒を連ね、主に服やアクセサリー、靴などを扱うお店が大半を占めています。

可愛らしいデザインが多く、タイの若手デザイナーが手掛けた商品も販売されるなど、タイにおける隠れたファッションの発信地として、特にタイ人学生に人気の高い場所です。

バンコクの商業地帯であるサイアム地区という好立地にありながら、日本人にはあまり知られていないので、ローカル感漂うところが好き方はぜひ立ち寄ってみてください。

住所

Between Siam Square soi1 and soi2, Rama I Road, Pathumwan, Pathumwan, Bangkok 10330

営業時間

10時00分~20時00分(営業日:毎日)

 

サンペーン市場

サンペーン市場は、バンコクのチャイナタウン近辺にあるマーケットで、日本人をはじめ世界中のバイヤーが集まる問屋街です。

長さ1kmほどに伸びる細い路地に所狭しと卸問屋が軒を連ね、様々な品が格安で販売されていますが、アクセサリーを扱うところも多くあります。

買い物スポットとしてはかなりディープな場所ではありますが、その分タイらしい品が豊富にあるので、“タイらしさ”を味わいたい方にもピッタリの場所です。

また、お土産探しで訪れるのはもちろんのこと、日本で雑貨店を経営している方などで、タイの雑貨を大量に仕入れたいという場合にもおすすめです。

住所

96 ถนน จักรวรรดิ Khwaeng Chakkrawat, Khet Samphanthawong, Krung Thep Maha Nakhon 10100

営業時間

09時00分~18時00分(営業日:毎日)※夜間営業あり

Sponsored Link

 

チャトチャック・ウィークエンドマーケット

チャトチャック公園近隣で週末だけ開かれるマーケットは、1.13 km²の広大な敷地の中に15,000以上のお店が軒を連ねるタイ最大規模の買い物スポットです。

服や雑貨、民芸品、食品など実に様々な品が販売され、アクセサリーのお店も多いので、一度にくまなくアクセサリーを探すなら、ここが最適と言えるかもしれません。

また、世界中のバイヤーの仕入れ先になっていて、全ての品が格安で購入できることから、値段を気にせず大量買いできるという魅力もあります。

週末限定になりますので、日にちが合えばぜひ立ち寄ってみてください。

住所

587/10 Kamphaeng Phet 2 Rd, Khwaeng Chatuchak, Khet Chatuchak, Krung Thep Maha Nakhon 10900

営業時間

8時00分~19時00分(営業日:土日)

 

アジアティーク・ザ・リバーフロント

タイの最先端ナイトスポットとして知られるアジアティーク・ザ・リバーフロント。

ここではタイ発祥のオリジナルブランドを扱うお店や、トレンドを取り入れたお店が多数入居し、他のマーケットとは一味違う洗練された品が多く販売されています。

価格は総じて少し高めに設定されていますが、その分品質やデザイン性が高く、オシャレなアクセサリーをたくさん見つけることができます。

また、ニューハーフショーなどのアミューズメントも開催されているので、買い物だけでなく観光としても楽しめます。

住所

2194, Charoen Krung Road | Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok 10120

営業時間

17時00分~00時00分(営業日:毎日)

 

シップソーン パンナー シルバー

マーケットではありませんが、チェンマイでアクセサリーを探すなら外せないのが、シップソーン パンナー シルバーです。

ここではタイの山岳民族が手作りしたシルバーアクセサリーが販売されていて、価格は少々高いですが、その分品質も高いので、満足のいく買い物になること間違いありません。

チェンマイで高品質なシルバーアクセサリーを探す場合には、シップソーン パンナー シルバーに立ち寄ってみましょう。

Sponsored Link

 

タイ発祥の有名アクセサリーブランド

安さを重視する方、デザイン性を重視する方など、アクセサリー選びにおいて何を重視する方は人それぞれだと思いますが、中にはブランドを重視する方もいらっしゃるでしょう。

タイ人はファッションに敏感であることから、タイ発祥のアクセサリーブランドが数多く存在するので、ブランドで選びたい方のためにタイの有名ブランドをご紹介します。

 

タイのアクセサリーブランド① Lofty Bamboo

Lofty Bamboo(ロフティーバンブー)は、主にタイの山岳民族の手作り雑貨を扱うブランドで、カレン族のシルバーアクセサリーも販売しています。

オーナーが日本人とのことで、売られている雑貨はどれも、タイらしさはあるものの日本人好みの落ち着いたデザインなので、日常生活で気兼ねなく使用していけます。

現在のところお店はバンコクのみの展開で、スクンビット通り39、MBKセンター内、カオサンロードの3店となっています。

公式サイト

https://www.loftybamboo.com/

電話番号

+662-629-4716

 

タイのアクセサリーブランド② Oh La La

Oh La La(オーララ)は、アルゼンチン出身の Alejandro Longobardi氏が2012年頃にバンコクで開業したアクセサリーブランドです。

自然系の優しいデザインが多く、シルバー素材を使用したものや木彫調のもの、天然石を使用したものまで、実に様々なアクセサリーを見つけることができます。

そのハイセンスなデザインと品質の高さで、わずか数年の間にタイで指折りの人気ブランドに登りつめました。

次々と支店を出店し、現在ではサイアムパラゴンやアジアティーク・ザ・リバーフロントなどの有名買い物スポットにも入居しています。

ちなみに公式サイトから通販もできるので、現地で買い忘れても日本で購入可能です。

公式サイト

https://ohlalabijouterie.com

電話番号

+66-83-012-7250

 

タイのアクセサリーブランド③ Mind Jewelry

Mind Jewelry(マインドジュエリー)は、セントラルワールドプラザの伊勢丹1階にお店を構える高級ジュエリーブランドです。

ダイヤモンドの高価なジュエリーはもちろんのこと、カラーストーンを使用したアクセサリーも販売され、お土産としても人気を集めています。

中でも名物とも言える「ゾウのおしりペンダント」が大人気で、それを求めてバンコクに訪れる人もちらほらいるのだとか。

店内には日本人の女性スタッフが常駐しているので、言葉に困ることなく、安心してお買い物ができます。

Sponsored Link

 

タイのアクセサリーブランド④ Curated

Curated(キュレイテッド)は、タイ人デザイナーであるEk Thongprasert氏が2009年に開業したファッションブランドです。

「日常着として着られるシンプルなデザインと多様でクリエイティブなデザインを上手く組み合わせたデザインの創造」をコンセプトに、斬新なアイテムを次々と展開。

その結果、わずか数年でタイ屈指のトップブランドにまで登りつめ、ELLEやVOGUEなど一流ファッション雑誌がこぞって特集を持つほどに注目を集めています。

数々のファッションアイテムの中にアクセサリーも多数展開され、時代の最先端を走るかのような奇抜なデザインのものも多くあります。

サイアムパラゴン内に支店が入居しているので、タイの最先端のセンスを堪能したいという方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

公式サイト

http://curated.co.th/

電話番号

+662-196-2113

 

タイのアクセサリーブランド⑤ 77th

77th(セブンティセブンス)は、タイのデザイナーであるPhongmanas Sawaddichai氏が2008年頃に開業したアクセサリーブランドです。

「幸せへの旅、予想できない未来、我々が直面するだろう冒険」をコンセプトに、ユニークかつユーモラスなデザインを提唱。

モチーフは動物や食べ物、人間など実に様々で、ユニークなデザインでありながらも、上品な雰囲気が漂い、その優れたデザイン性は国内外から高い評価を受けています。

ブランドの中では高価な部類に入りますが、その分ディティールが細かく、ぜひとも手にとって間近で見てもらいたいものです。

興味があれば、バンコクのサイアムセンター内にあるお店に足を運んでみてください。

公式サイト

http://www.77thjewelry.com/

電話番号

+662-658-1159

 

タイのアクセサリーブランド⑥ Sistema

主にシルバーアクセサリーや雑貨を扱うSistema(システマ)。

日本で最も有名な旅行誌である地球の歩き方にも掲載されているので、Sistemaを知っている方も多いことでしょう。

タイ語のイニシャルや象、トゥクトゥクなど、タイらしさを前面に押し出したデザインが売りで、特に日本人からはタイ語のイニシャルのアクセサリーが人気とのこと。

ブランドの中では比較的に低価格なので、アクセサリー選びに困ったらSistemaを利用してみると良いでしょう。

お店はサイアムパラゴンやエンポリアム、セントラルワールドプラザ(伊勢丹)などに入居しています。

公式サイト

http://www.sistema-th.com/sistema/ja/index.php

電話番号

+662-861-2408

Sponsored Link

 

タイのアクセサリーブランド⑦ Pink Pvssy

Pink Pvssy(ピンクプシー)は、ピンクのメス猫をキャラクターにしているファッションブランドです。

ポップで可愛らしいデザインが大きな特徴で、価格もかなりお手頃であることから、特に10代のタイ人女性から厚い支持を集めています。

日本でも原宿などにポップなアクセサリーがたくさん売られていますが、Pink Pvssyはタイ(+カンボジア)にしかないので、ポップなものが好きな方には非常におすすめです。

タイ国内に20店以上展開していて、パラディアムワールドやプラティナムファッションモールなどのショッピングモールにも入っています。

また、バンコクだけでなく、チェンマイ(ナイトバザール内)やプーケット(テスコロータス内)にも進出しています。

公式サイト

http://pinkpvssy.com/

電話番号

090-676-0474(パラディアムワールド)

 

タイのアクセサリーに関するまとめ

アクセサリーは自分用に購入される方も多いですが、お土産としても非常に人気で、特に家族や恋人、友人へのお土産として最適です。

タイらしさが溢れるものから先進的なものまで、実に様々なデザインのアクセサリーが販売されているので、色々なお店を廻ってみてください。

お店がたくさんあるために、タイでの滞在時間が短いという場合には、お店が集まるショッピングモールやマーケットがおすすめです。

Sponsored Link

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

担当

その他の記事  記事一覧

  • タイのアクセサリー!お土産に適したショップ・ブランド完全ガイド!

  • タイのお菓子!お土産・ばらまき・グルメに最適なおすすめ品をご紹介!

  • タイの石鹸でお土産におすすめの種類・ブランドを一挙にご紹介!

  • タイの電源・プラグ・コンセント事情と変換プラグ・変圧器の必要性

関連記事

  • タイのお菓子!お土産・ばらまき・グルメに最適なおすすめ品をご紹介!

  • タイの石鹸でお土産におすすめの種類・ブランドを一挙にご紹介!