1. TOP
  2. タイ お土産
  3. タイの歯磨き粉!デンティス・コルゲートなどおすすめを一挙にご紹介!
Sponsored Link

タイの歯磨き粉!デンティス・コルゲートなどおすすめを一挙にご紹介!

タイ お土産   61 Views

タイの歯磨き粉はとても優秀で、特にハーブ配合の歯磨き粉はお土産としても高い人気を集めています。

タイには様々な種類の歯磨き粉が売られていますが、種類が多いだけに、どの歯磨き粉を選べば良いのか分からない方は多いことでしょう。

そこで当ページでは、お土産にも自分用としてもおすすめのタイの歯磨き粉を網羅してご紹介します。

それぞれの歯磨き粉の特徴や購入できる場所なども併せてご紹介するので、タイの歯磨き粉をお求めの方はぜひ参考にして頂ければと思います。

 

タイの歯磨き粉の基本的な効能・特徴

まずはタイの歯磨き粉の基本的な効能と特徴についてお話します。

歯磨き粉はどの国でも大抵同じだと思いがちですが、国によって医薬品の品質に関する法律が異なるばかりか、伝統も異なるので、日本とタイの歯磨き粉では異なる点もあります。

たとえば、タイでは古くから様々な製品にハーブを使う文化があるので、歯磨き粉にもハーブが多用されています。

日本の歯磨き粉にハーブが使われることは少ないために、この点に関しては大きな違いと言えるでしょう。

 

タイの歯磨き粉の効能① フッ素による虫歯・口臭予防

歯磨き粉の根本的な目的が虫歯や口臭予防であることから、タイの歯磨き粉にも当然のようにフッ素が配合されています。

フッ素には歯の質を強くする効果、そして虫歯菌が酸を出すのを抑える効果があります。

また、小さい虫歯の部分にカルシウムの結晶を作る(再石灰化)作用もあることから、フッ素配合の歯磨き粉でしっかりと歯磨きすれば、初期の虫歯なら自然に治ることがあります。

中にはフッ素が含まれていない歯磨き粉もあるので、虫歯や口臭予防を優先して選ぶのであれば、フッ素が含まれた歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

 

タイの歯磨き粉の効能② 研磨剤・着色料によるホワイトニング効果

タイ人は美にとても敏感で、体の部位の中でも特に歯には気を使っています。

日本人の感覚と同じように、歯並びが良いことはもちろん、歯が白いことも大切だと考えているので、タイの歯磨き粉にはホワイトニング成分が含まれているものが多く存在します。

ホワイトニング成分は主に研磨剤と着色料で、ホワイトニング用の歯磨き粉としては、日本のものよりもタイの方が効果が高いような印象を受けます。

特に有名なのがデンティス(DENTISTE)の歯磨き粉で、個人差はあると思いますが、1回磨くだけで歯が見違えるほどに白くなることもあります。

 

タイの歯磨き粉の効能③ ハーブによるリラックス効果

タイではアロマセラピーなどのリラクゼーションから、薬品や料理にまで、様々なものに自然のハーブが使用され、歯磨き粉にも多用されています。

ハーブには様々な種類がありますが、一般的には殺菌効果や抗炎症作用、止血効果もあると言われています。

また、後味がスッキリ爽やかで、香りにリラックス効果もあるために、タイの歯磨き粉はタイ人のみならず日本人をはじめ世界中の人々から愛用されているのです。

 

タイの歯磨き粉の定番成分である「ハーブ」について

上述のように、タイの歯磨き粉の多くにハーブが含まれていますが、タイでは古くからハーブが重用されてきた歴史があることはご存知でしょうか。

タイの気候は亜熱帯に属し、多種多様なハーブが育ちやすい環境であること、そしてハーブには薬用効果があることで、約2500年前からハーブが使われてきたと言われています。

パクチーをはじめ様々なハーブが料理に使用されていますが、とりわけアロマテラピーなどのリラクゼーションや薬に多用されています。

 

タイにおけるハーブの歴史

ハーブは古くから世界各国で使用され、インドでのハーブ文化がタイに入ってきたことが、タイでハーブが使用されるようになった発端と言われています。

ハーブは世界各国で使用されていましたが、インドもその国の一つで、仏教寺院の中で僧侶たちがハーブによる処方薬を作っていたという歴史があります。

そして今から約2500年前にインドの仏教僧侶がタイに移り住む形で仏教が伝来し、仏教とともにハーブ文化やマッサージの技術なども同時に伝わったと考えられています。

 

タイで有名・人気の歯磨き粉

タイには様々なメーカーが歯磨き粉を販売していますが、その中でもとりわけ高い人気を得ているのが「デンティス(DENTISTE)」です。

日本人からの人気も高く、お土産としてはもちろん、タイに駐在している日本人の愛用者も多くいます。

ほかにも「テープタイ(THEP THAI)」や「ツインロータス(Twin Lotus)」なども人気で、タイの病院の一つであるアバイブーベ病院も独自の歯磨き粉を販売しています。

このような歯磨き粉はコンビニやスーパーなど身近なところで購入できるほか、ショッピングモールなどでも購入することができます。

 

タイのおすすめ歯磨き粉① デンティス(DENTISTE)

“おやすみ前のハミガキで目覚めてすぐキスできる”をキャッチコピーとするデンティス。

タイで最も人気の高いハーブの歯磨き粉で、ミルラ、ラタニア、セージ葉、カミツレ花、ウイキョウ果実、アセンヤクノキなどの計9種類の植物エキスを配合しています。

数多くのハーブによって長時間にわたり口臭が抑えられ、キャッチコピーの通り、朝起きても口の中が清々しくスッキリします。

通常タイプのほかにホワイトニング用のものもありますが、通常タイプと並んで高い人気を得ています。

モンドセレクションで国際優秀品質賞を受賞するなど、品質は世界で認められているので、お土産としても自分用としてもおすすめできる歯磨き粉です。

どの歯磨き粉が良いか迷ったら、デンティスの歯磨き粉を一つ買っておくと良いでしょう。

口臭予防をメインにするなら「VITAMIN C & XYLITOL」、白い歯を取り戻したいなら「INTENSIVE WHITENING TREATMENT」と記載されたタイプを選びましょう。

ちなみに日本でもデンティスの歯磨き粉を1000円ほどで購入することができますが、タイでは1/2〜1/3程度の価格なので、タイで買っておくのが得策です。

 

タイのおすすめ歯磨き粉② テープタイ(THEP THAI)

テープタイは、タイの一村一品運動であるOTOPの製品で、ソンクラー県で製造されている歯磨き粉です。

シナモン、クローブ、アロエベラ、グアバの葉、甘草、レモンバーム、スオウ、コイの8種類の植物エキスが配合されていて、磨いた後は口の中がスッキリするのはデンティスと同様。

しかし、テープタイではクローブと呼ばれる漢方薬に使われている植物の味が前面に出て、ハーブというよりも漢方薬のような味がします。

クローブは生薬名で丁子(ちょうじ)とも呼ばれ、体内に摂取すると胃を温めたり食欲増進などの効果を持つほか、塗布する形で殺菌や鎮静作用、痛み止めなどの効果もあります。

強烈な味で好みが分かれるところですが、クセになるという方も多く、また日本の歯磨き粉はもちろんタイの他の歯磨き粉にはない味なので、ローカル品として非常におすすめです。

また、OTOPの製品であることから、購入するとおタイの地域おこしに貢献できるので、タイに貢献したい方にとってもおすすめです。

 

タイのおすすめ歯磨き粉③ ツインロータス(Twin Lotus)

ツインロータスもハーブが配合されたタイの歯磨き粉です。

主成分としてクリナカンタスナタス、九里香、コイ、ペパーミントオイル、ユーカリオイルなどが含まれ、他のハーブ入り歯磨き粉よりもハーブの味・香りが強いのが特徴です。

また、辛味が優しくマイルドでクセがありません。

ツインロータスには様々な種類の歯磨き粉がありますが、中でもおすすめなのが「ACTIVE CHARCOAL TOOTHPASTE」です。

この種類にはココナッツの炭が配合され、一般的な歯磨き粉の役割とホワイトニングの役割の両方を担う優れものです。

炭が入っているせいか、色味は焦げ茶色で抵抗感がありますし、長く使うと歯ブラシが黒ずんでくることがありますが、それを差し引いてもかなり優秀な歯磨き粉です。

クセがないことで優しいハーブの味・香りを実感できるほか、茶渋やヤニなどの歯の黒ずみをよく落としてくれます。

日本人にはそれほど知名度がありませんが、タイ人からの支持は厚く、海外では特にアメリカで高い人気を集めているようです。

 

タイのおすすめ歯磨き粉④ スパークル(SPARKLE)

他の歯磨き粉と比べると日本人には知名度がかなり低いですが、タイでは人気のある歯磨き粉です。

アメリカの会社が販売している歯磨き粉となりますが、原産国がタイなので、タイの歯磨き粉の一つとして紹介しています。

特徴としては爽快感が非常に強く、磨いた後には口の中にスッキリ爽やかで、人によってはミントの味が強すぎて辛く感じてしまう場合もあるかもしれません。

それを除けば品質は良く、通常の歯磨き粉の役割である虫歯や口臭予防の効果が高いほか、ホワイトニング効果も比較的に高く、無難な歯磨き粉といった感じです。

爽快感がかなり強いので、ミントの辛味が欲しいという方におすすめです。

 

タイのおすすめ歯磨き粉⑤ コルゲート(Colgate)

スパークルと同様に、コルゲートもアメリカの会社が販売する歯磨き粉ですが、原産国がタイとなります。

アメリカで最も有名な歯磨き粉と言われていて、タイにおいても高い人気を集めています。

歯垢が良くとれますし、歯磨き後のザラザラ感もなく、口の中が非常にスッキリします。

クセがなく日本の歯磨き粉に似ているので、無難な歯磨き粉を選ぶならコルゲートも良いでしょう。

日本でも手軽に手に入りますが、タイでは1/3程度の価格で買えるので、特に自分用としておすすめできる歯磨き粉です。

 

タイのおすすめ歯磨き粉⑥ アバイブーベ(ABHAIBHUBEJHR)

アバイブーベは、ハーブ医療においてタイで最も信頼のおける「アバイブーベ国立病院」が販売する歯磨き粉です。

グアバやキンマの葉、マンゴスチンピールなどのハーブエキスが豊富に含まれていて、ハーブ入り歯磨き粉としてはタイの数ある歯磨き粉の中でも品質が随一だと感じます。

色味は焦げ茶色で龍角散のような匂いがするので、好みが分かれるかもしれません。

しかし、アバイブーベ病院はタイ王家ゆかりの病院ということもあって品質が高く、さらにローカル感も強いことから、お土産にピッタリの歯磨き粉と言えます。

歯磨き粉以外にも化粧品や飲料、お菓子、ペット製品など、ハーブを使用した様々な製品が販売されているので、他の製品も見ておくと良いでしょう。

 

タイのおすすめ歯磨き粉⑦ ダリー(DARLIE)

おそらくこの中で最も知名度が低く、ローカル感が非常に強いのがダリーの歯磨き粉です。

フレッシュミントやレモン&ライムなど様々なフレーバーがありますが、基本的には日本人に合う味になっていて、ホワイトニング効果も比較的に高いように感じます。

タイでは人気の歯磨き粉ですが、日本人にはまだまだ知名度が低く、他の歯磨き粉よりも安いので、ローカル品をお探しの方はダリーの歯磨き粉を購入してはいかがでしょうか。

 

タイの歯磨き粉が買えるスポット

このように、タイには様々なブランドの歯磨き粉がありますが、歯磨き粉は私たちの生活に必要不可欠な日用品であることから、様々な場所で購入することができます。

購入できる場所を大きく分けると、「コンビニ・スーパー」「ショッピングモール」「通販」の3つです。

このうち最も手軽なのがコンビニ・スーパーで、ほとんどの歯磨き粉が販売されているほか、他の場所よりも価格が安いので、歯磨き粉の購入場所としては最もおすすめです。

歯磨き粉の他に様々な製品を見たい場合にショッピングモール、現地での買い忘れの際に通販を利用すると良いかと思います。

 

タイの歯磨き粉の購入場所① コンビニ・スーパー

タイで最も多くお店を構えているコンビニが「セブンイレブン」で、数は少ないものの「ファミリーマート」や「ローソン」もあります。

タイの首都であるバンコクだけでなく、チェンマイやプーケットなどの主要都市、さらには地方都市にもコンビニがあるので、歯磨き粉を手軽に買いたい場合におすすめです。

どこよりも安く買いたいという方は、スーパーマーケットを利用しましょう。

タイの主要なスーパーには、「テスコロータス(Tesco Lotus)」「ビッグシー(Big C)」「トップス(Tops)」などがあり、店舗はかなり多くあります。

これらのスーパーではほぼ全ての歯磨き粉が販売され、他の場所と比較して1〜3割程度の価格で購入することができます。

 

タイの歯磨き粉の購入場所② ショッピングモール

ショッピングモールにも歯磨き粉が販売されていますが、上で紹介した歯磨き粉に関してはショッピングモール内のスーパーでも売られています。

ホワイトニングスパなどが展開するオーラルケア製品に関しては、スーパーで購入することができず、ショッピングモール内に入居の各ショップで購入することになります。

ショッピングモールではオーラルケア製品のみならず、ファッションアイテムやスパグッズなど様々な製品が販売されているので、色々見たいという方にピッタリです。

規模が大きく訪ねやすいショッピングモールは、「サイアムパラゴン」「エンポリアム」「セントラル・ワールド・プラザ」「ジャンクセイロン」「セントラルエアポートプラザ」などです。

サイアムパラゴン

地域

バンコク

最寄駅

BTSサイアム駅

住所

991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

エンポリアム

地域

バンコク

最寄駅

BTSプロンポン駅

住所

622 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

 セントラル・ワールド・プラザ

地域

バンコク

最寄駅

サイアム駅、チットロム駅

住所

999/9 Rama I Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

MBKセンター

地域

バンコク

最寄駅

BTSナショナルスタジアム駅

住所

Phayathai Rd, Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

ジャンクセイロン

地域

プーケット

住所

181 Rat-U-Thit 200 Pee Road, Tabol Patong, Amphur Kratu, Phuket

営業時間

11時00分~22時00分(5/1~10/31)

11時00分~23時00分(11/1~4/30)

セントラルエアポートプラザ

地域

チェンマイ

住所

2, Mahidol Road | Pa Daet, Chiang Mai 50100

営業時間

11時00分〜21時00分(営業日:毎日)

 

タイの歯磨き粉の購入場所③ 通販

タイの歯磨き粉は日本人にも人気のためか、上で紹介した歯磨き粉であればAMAZONや楽天などの通販サイトで購入することもできます。

ただし、配送料が必要になるケースが多く、基本的にはタイ現地で買うよりもかなり高くなってしまいます。

そのため、現地で買い忘れてどうしても欲しい場合など限定して利用するのが良いでしょう。

 

タイの歯磨き粉に関するまとめ

タイの歯磨き粉は品質が高く、ローカル感も強いので、自分用としてはもちろんのことお土産用としてもおすすめできる製品です。

タイはハーブ大国とも言えるほどにハーブが有名であることから、数ある歯磨き粉の中でも特にハーブ入りの歯磨き粉がおすすめです。

様々な場所で購入することができますが、スーパーであれば他よりも1〜3割程度安く購入できますので、出来るだけスーパーで買うのが良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

担当

その他の記事  記事一覧

  • タイの歯磨き粉!デンティス・コルゲートなどおすすめを一挙にご紹介!

  • タイのアクセサリー!お土産に適したショップ・ブランド完全ガイド!

  • タイのお菓子!お土産・ばらまき・グルメに最適なおすすめ品をご紹介!

  • タイの石鹸でお土産におすすめの種類・ブランドを一挙にご紹介!

関連記事

  • タイの石鹸でお土産におすすめの種類・ブランドを一挙にご紹介!

  • タイのお菓子!お土産・ばらまき・グルメに最適なおすすめ品をご紹介!

  • タイのアクセサリー!お土産に適したショップ・ブランド完全ガイド!