ピックアップ
シンガポールでビザを取得する 「短期就労ビザ」と「その他のビザ」

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

シンガポールでEP(エンプロイメントパス)などの

長期就労ビザ以外を取得する場合、

どのようなビザの種類があるでしょうか。

各種労働許可証

特定の活動のために、シンガポールに60日以内の滞在をする場合に

その活動を許可するビザが「各種労働許可証」です。

この「各種労働許可証」で許可されるシンガポール国内の活動は、

宗教活動や社会的活動、

会議やセミナー、ワークショップなどの参加や開催、

シンガポールで催されるイベントなどを取材するジャーナリスト

もしくは取材に関わる行為などが含まれます。

 

アーティスト労働許可証

シンガポールの公共の娯楽施設でアーティストとして活動を行う外国人に

発行されるビザが「アーティスト労働許可証」です。

これらの公共の娯楽施設とは、

ナイトクラブやバー、ホテルやレストランなどを指します。

ワークホリデイ許可証

18歳から25歳までの大学在学生

もしくは大学卒業からあまり期間が経過していない者が、

シンガポールにおいて6カ月以内の就労を希望する場合

申請できるのが「ワークホリデイ許可証」です。

 

シンガポールの「ワークホリデイ許可証」に申請するためには、

日本、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、

アメリカ、イギリス、香港の8カ国の大学生もしくは大学卒業者

に限定されています。

また、在学中の大学もしくは卒業した大学が、

国際ランキングで最低でも1回は200位以内に入っている必要もあります。

 

研修就業許可証

関連会社や子会社から、

従業員を研修目的でシンガポールの企業に派遣する場合に申請するのが

研修就業許可証」です。

従業員以外にも大学生のインターンシップとして、

研修を受け入れる場合にも「研修就業許可証」を申請できます。

 

期間は3カ月までで、

基本月給は3,000シンガポールドル以上である必要があり、

大学生をシンガポールの企業が受け入れる場合は、

シンガポール政府が認める大学である必要があります。

 

通学許可証

シンガポールの就労ビザ以外にも、

シンガポールの通学許可証としてビザを申請・取得することができます。

シンガポールにある全日制の教育機関で学ぶ場合に

学校が定める期間にわたるビザを受けることができます。

 

EP(エンプロイメントパス)を保有する家族が帰国した場合、

シンガポールで教育を受けていた子女は、

このシンガポール通学許可証のビザを取得して、

勉学を継続させることができます。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。