1. TOP
  2. ベトナム 生活
  3. ベトナムの天気は暑いだけじゃない!四季もあり雨季や乾季もあるこの国のベストシーズンを紹介します!
Sponsored Link

ベトナムの天気は暑いだけじゃない!四季もあり雨季や乾季もあるこの国のベストシーズンを紹介します!

ベトナム 生活   756 Views

「ベトナムの天気って毎日暑いだけ?」

こんなふうに思っているとしたら、それはベトナムの商業都市ホーチミンのイメージです。確かにベトナム全国は暑い時期が長いですが、ベトナムは南北に細長く、ベトナムの首都であり北部に位置するハノイには四季が訪れます。

ベトナムの南部と北部、そしてその真ん中に位置する中部は天気が全然違いますので、その地方ごとの天気を知っておかないとベストシーズンではない季節にベトナムに行ってしまうことになるかもしれません。

そこで今回はベトナムの都市それぞれの天気やベストシーズンはいつかについて知りたい方のために、次のような点について詳しく紹介していきます。

  • 南部、中部、北部それぞれのベトナムの天気
  • ベトナムの天気の特徴
  • ベトナムの天気予報を調べる方法
  • ベトナムにおける各都市の天気

ベトナムに訪れた時、天気や気候によって印象が全く変わりますのでこれから行くベトナムの都市に天気がどうなのかを予め知っておくことは非常に大切です。

せっかくの旅行を台無しにしないで、最高の天気の日にベトナムに行けるようにぜひこの記事を最後まで読んでください。

Sponsored Link



 

Sponsored Link

Contents

ベトナムの天気は場所によって違うのが特徴!

ベトナムというと、いつも暖かい国のイメージがあるかもしれません。しかしベトナムは、南北細長い国土なので場所によって気候が全然違います。基本的には高温多湿で雨がよく降ります。

ベトナムの天気は、大きく分けてホーチミンを中心とした「南部地方」、ダナンやフエを中心とした「中部地方」そしてハノイを中心とした「北部地方」に分けることができます。

それぞれの地方の大まかな天気の特徴について解説しましょう。

ベトナムの天気の特徴ーホーチミン(南部)は雨季と乾季だけ

ホーチミンを中心とした南部のベストシーズンは、乾季の11月〜3月です。

特に雨季になる前の4月〜5月が最も気温が暑く、降水量も徐々に増えてきますので過ごしにくくなります。

南部は「熱帯モンスーン気候」で四季はなく、平均気温は27度、最高気温は常に30度を超えていて、乾季と雨季にのみ分かれています。

乾季 11月〜4月
雨季 5月〜10月

ベトナム全体は、基本的に暑い日が多いですが、ホーチミンに至っては常夏ですので、ベトナム人は暑い「晴れた青空」よりも少し涼しくなる「曇り空」を好みます。

事実ベトナム人が「いい天気」という意味の「trời  đẹp (直訳:美しい天気)」とは、「雲ひとつない晴天」ではなく、「雲が多い曇り空」を指します。

ベトナムの天気の特徴ー中部(フエ、ダナン、ホイアン)は台風の被害が多い

フエ、ダナン、ホイアンなどベトナムの中部地方のベストシーズンは、乾季の2月〜6月です。中部は美しいビーチが有名ですが、中北部では11月〜2月は肌寒くなる日もあり、せっかくのビーチが楽しめないので、旅行シーズンとしては3月〜6月がおすすめです。

乾季 2月〜6月
雨季 9月〜12月

中部は美しいビーチが有名ですが、雨季になると毎年洪水災害が起こりますので注意が必要です。北部でも時々洪水被害が発生しますが、中部にいたっては多かれ少なかれほぼ毎年被害が起きます。

中部で洪水被害発生のニュースが流れた時に中部出身のベトナム人に心配して声をかけても、「実家の屋根が飛びまして。でも毎年のことだから」と至って平静です。

ベトナムの天気の特徴ー北部(ハノイ)は四季がある

ハノイを中心とした北部のベストシーズンは、乾季の始まりの10月〜11月前半そして3月です。南国のイメージがあるベトナムですが北部のハノイは、12月〜2月まで冬が訪れ、体感温度はかなり寒いです。

最低気温が10度を下回ることは滅多にありませんが、建物が全て暑さ対策でできていること、暖房設備が非常に少ないこと、冬でも比較的湿度が高くて寒さがまとわりついてくること、日本のように至るところに温かい飲み物がないことなどで実際の温度以上に寒く感じますので注意が必要ですl

気温が10度を下回ることはそれほど多くありませんが、寒すぎて学校が休みになることもあります。これは単にベトナム人が寒さに弱いというだけの理由ではありません。そして外では30度を下回り始めると、ダウンを着る人が増えてきます。

4月〜9月までは蒸し暑い毎日が始まりますので、ベトナムの北部のベストシーズンはとても短く、ほとんどが不快指数が高い毎日です。

乾季 10月後半〜4月
雨季 5月〜10月

空の天気はいつでも曇り空で、「雲ひとつない晴天」というのはほとんどありませんが、南部の人と同様、曇り空の時に「trời  đẹp (直訳:美しい天気)」といいます。

Sponsored Link



 

ベトナムの天気

このようにベトナムは地方によって天気が違いますが、それは温度だけではなく下記の点も含まれます。

  • 降水量
  • 温度
  • 湿度
  • 雪が降るかどうか

上記に関係する天気が、北部地方、中部地方、南部地方でどのように違うかを詳しく解説していきます。

ベトナムの天気ー降水量

ベトナムの降水量はどの場所も日本より圧倒的に多いですが、地域によって降水量の違いがあります。南部は雨季と乾季がはっきりしていて、最も降水量が多い6月は平均で510mmもの雨が降りますが、1月や2月は平均で4〜6mmしか降りません。

中部はベトナムの中でも降水量が多く、最も少ない3月で平均58mm、最も多い10月は平均で744mmも降ります。

北部はベトナムの中では降水量が少なく、南部や中部ほど乾季と雨季がはっきりしていないですがやはり日本と比べると圧倒的に多く、雨か曇りの季節がほとんどです。 降水量が最も少ない月は、1月で平均18mm、最も多い月は8月で326mmです。

地方 降水量が最も少ない月 降水量が最も多い月
南部 2月/4mm 6月/510mm
中部 3月/58mm 10月/744mm
北部 1月/18mm 8月/326mm

降水量とは裏腹に、ベトナムは天気がいつも曇りの時期が多いのが特徴です。降水量が最も少ない1月〜3月でさえ青空になることはなく、いつも曇りです。

それでベトナムに滞在するといつも、「今日は雨が降りそうだな」と思って外出することになると思いますが、それが基本的に毎日続きます。

ベトナムの天気ー風

ベトナムの風速は、1年を通じて大きな変動があります。

南部は比較的風速が強い地域です。2月〜5月の中頃までが風の強い季節で、風速は12キロ〜16キロに及びます。残りの期間は穏やかな日が続き風速9キロ〜12キロです。

中部はベトナムの中でも平均的に風速が強い地域です。10月〜3月までが風の強い季節で、風速は13キロ〜16.5キロに及びます。残りの期間は穏やかな日が続き風速9キロ〜13キロです。

北部はベトナムの中で平均的に風速が穏やかな地域です。1月〜5月までが風の強い季節で、風速は10キロ〜13キロに及びます。残りの期間は穏やかな日が続き風速8キロ〜10キロです。

地方 風が穏やかな月 風が強い月
南部 5月中旬〜1月/9キロ〜12キロ 2月〜5月中旬/12キロ〜16キロ
中部 4月〜9月/9キロ〜13キロ 10月〜3月/13キロ〜16.5キロ
北部 6月〜12月/8キロ〜10キロ 1月〜5月/10キロ〜13キロ

ベトナムはどの地域でも、乾季に風が強くなり雨季に風が穏やかになりますので、南部や北部で風の強さで困るということはあまりありません。

ただし中部は、降水量も風速も強い時期があり、当然建物は日本ほどしっかりしていませんので、中部地方に長期滞在を予定している方は注意が必要です。

Sponsored Link



 

ベトナムの天気ー温度

ベトナムは南北に細長いので、温度が地域によって全く違い、北部で寒すぎて学校が休校になっている時期に、南部では上半身裸で歩いている男性がいます。

南部は1年を通してほとんど気温が変わらず最高気温は31℃から35℃ですが、気温が最も低い時期である12月〜1月には20℃を下回ることがあります。

中部も南部ほどではありませんが、1年間それほど大きく気温は変わらず最高気温は25℃から34℃です。気温が最も低い時期である12月〜2月には時々20℃を下回ります。

北部は日本ほどではありませんが、1年間気温が大きく変わり最高気温は20℃から33℃です。気温が最も低い時期である12月〜2月には10℃を下回ることがあります。

地方 年間の最高気温 年間の最低気温
南部 31℃から35℃ 22℃から26℃
中部 25℃から34℃ 20℃から26℃
北部 20℃から33℃ 16℃から26℃

最も気温が低い北部でも最低気温が16℃ですが、実際の温度よりも体感温度はかなり寒く感じられるはずですので、ベトナム北部に長期滞在を考えている方は、必ず冬服を用意するようにしてください。

ベトナムの天気ー湿度

ベトナムは全体的に湿度が非常に高い国です。日本で最も湿度が高い梅雨時期でさえ、ベトナムから帰ってくると「湿度が少ない」と感じるものです。しかしやはり地域によって違いがあり、北方面に行くに従って湿度が低くなる時期が多くなります。

南部は1年を通してほとんど湿度が高くその時期は、2月の後半から年末まで続き、そのほとんどが蒸し暑く不快指数が高い状態です。

とりわけ4月から10月はほぼ100%の割合で蒸す日が続きます。11月から3月は幾分湿度が低くなりますが、それでも最も湿度が低い1月から2月でさえ蒸す日の割合が80%です。

中部は2月中旬から12月中旬まで湿度が高い時期が続きますが、その中で5月から9月が蒸し暑く不快指数が高い状態です。11月から3月は幾分湿度が低くなり、最も湿度が低い時期は1月から2月で蒸す日の割合が52%です。

北部は湿度の変化が激しく、季節変動のゆえに体調を崩す人が多くいます。湿度の高い時期は3月から11月中旬まですが、その中で7月から9月が蒸し暑く不快指数が高い状態です。10月から3月は湿度が低くなり、最も湿度が低い時期は1月から2月で蒸す日の割合が15%です。

地方 湿度が最も低い月 湿度が最も高い月
南部 1月/15% 7月から9月/100%
中部 1月/52% 5月から9月/100%
北部 1月/78% 7月から9月/100%

繰り返しますが、ベトナムは全体的に湿度が高い国で北部でさえスーツや革製品をほっておくとすぐにカビが生えてきます。長期滞在するならできれば除湿器を買って備えておきたいものです。

逆に冬でも湿度があるため、日本にいるときのような乾燥肌で悩まされることはないというメリットがあります。

ベトナムの天気ー雪

ベトナムではほとんどの場所で雪が降りません。唯一北部の山岳地方であるサパは12月〜2月の冬時期には雪が降ることがありますが、それでもみぞれ程度で積もることはほとんどありません。

2018年12月では、サパで雪が積もったこともありましたがそれが51年ぶりということですので、雪とは縁が遠い国であることがわかります。ハノイの人たちはわざわざみぞれ雪を見るためにサパに訪れることもあるようです。

「雪だるま」や「雪合戦」という言葉は、一応辞書には載っているものの意味がわからない人がほとんどで、例えば雪だるまを意味するngười tuyết(グイトゥエット、người =人、tuyết=雪)と言うと、ベトナム人の多くは雪男のようなものをイメージするようです。

Sponsored Link



 

ベトナムの天気予報を調べる方法

ベトナムの全国の天気予報は、日本語で調べることがいますので、旅行をする前には必ず天気予報を調べておくことをお勧めします。

南部は乾季と雨季がはっきりしているため大体の予想ができますが、北部の冬の時期は冬のような時期と春や夏のような時期が繰り返されるため、天気が全く予想できません。

そこでおすすめしたいのが、「スマホに天気を調べるアプリ」をダウンロードしておくことです。また「Siri」や「Googleアシスタント」も非常に便利なので合わせて活用してみることをおすすめします。

それぞれの詳しい使い方について説明します。

ベトナムの天気を調べる時に役立つアプリ

天気予報で断然使いやすいのが「Weather Radar: AccuWeather」というアプリです。この天気予報アプリの凄いところは、2週間先までの天気予報をしてくれるというところです。

さらにGPSが対応してくれるため、現在の場所はすぐに表示されますし、都市名を入力すればどの地方でも天気予報してくれます。

また都市によってはビデオがタップできるものもあり、その地域の天気に関連した動画を日本語で視聴することができます。

「Weather Radar」は、iOSとアンドロイドでそれぞれダウンロードすることができます。

Apple store:https://itunes.apple.com/us/app/accuweather-weather-for-life/id300048137?mt=8
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.accuweather.android

英語で表記されていますが、全ての機能と天気予報は日本語対応になっていますので、安心してダウンロードしてください。

ベトナムの現在の天気を調べるには

ベトナムの現在の天気を調べる最も簡単な方法は、iOSなら「Siri」Googleなら「Googleアシスタント」に話しかけるという方法です。

機械に話しかけるのは恥ずかしいと思っている方、一度使えばその手軽さに感動するはずですのでぜひこれらの機能を天気予報を知るために活用してください。

ベトナムの今の天気

方法は簡単で、一日の天気を知りたい方はSiriやGoogleアシスタントに「今日の天気は?」とか「明日の天気は?」と話しかけるだけです。

ベトナムの1週間の天気

1週間の天気予報を知りたい方は、「今週の天気は?」と話しかけてください。簡単な天気予報を音声で答えてくれ、具体的な予報を表示してくれます。

ベトナムの過去の天気

残念ながらSiriやGoogleアシスタントで、ベトナムの過去の天気は調べることはできません。アプリ「Weather Radar」を活用してください。

ベトナムの月間天気

残念ながらSiriやGoogleアシスタントで、10日間以上の天気は調べることはできません。アプリ「Weather Radar」を活用してください。

ベトナムの年間天気

やはりSiriやGoogleアシスタントで、年間の天気は調べることはできません。アプリ「Weather Radar」を活用してください。

Sponsored Link



 

ベトナムにおける各都市の天気

続いてベトナムの各都市の天気をそれぞれ具体的に紹介します。全ての都市を紹介することはできませんので、有名な都市や観光地、またその周辺に絞って解説していきたいと思います。

北部のサパから南の島フーコック島まで、北から南の方角に進みながら解説していきます。

南に下るに従って天気がどのように変わっていくのかも楽しみながらこの記事を読み進めていってください。それぞれ観光に適したベストシーズンも紹介しますので、まだいったことがない場所がありましたら是非一度挑戦してみてください。

ベトナムにおける各都市の天気ーサパ

サパはベトナムの中で最も寒い地域の一つで、過ごしやすい季節も長い地域です。

冬が終わる3月から5月と冬が始まる前の9月から11月がベストシーズンです。特に10月から11月は天気がいい日が続くのでサパの有名な棚田がはっきりと見え、おすすめです。

6月から8月は気温は過ごしやすいのですが、天気が悪い日が多く、12月から2月は霧が多く寒いので観光には適していません。

最も寒い12月〜1月には雪が降ることもあります。ベトナムのどこでも天気が良い日が少ないですが、サパも同じく曇りがとても多いのが残念なところです。

しかし空気や景色がとても良いので、天気が良い日は美しい自然を満喫することができます。特にギネスブックにも登録されているロープウェイを使って登るファンシパンの山から見る景色は絶景で、数少ない天気の良い日に行くと誰もが感動せずに入られません。

ベトナムにおける各都市の天気ーラオカイ

ラオカイの天気やベストシーズンはサパと同じですが、観光として見るところはあまりなく、ここで宿泊したり滞在したりする日本人はなかなかいないでしょう。

ただラオカイは観光地として訪れる人はあまりいませんが、ベトナムの南北鉄道における北方面の終着駅となっています。また歩いて国境を越えて中国まで行けるところでもあります。

それでハノイから列車でサパに行く人は、ラオカイからサパ行きのバスに乗り換えることになります。

ベトナムにおける各都市の天気ーバクザン

ベトナムの東北部に位置するバクザン省は、日系企業も多く進出している自然豊かな場所で、冬が終わる3月から5月と冬が始まる前の9月から11月がベストシーズンです。5月は天気は少し熱くなりますが、特産のライチがおいしい季節です。

ベトナムにおける各都市の天気ーバクニン

バクザン省から南に下った場所に位置している小さな省バクニン省の天気は、バクザンとほぼ同じです。

ベトナムにおける各都市の天気ーハロン

世界遺産に登録されているハロン湾で有名なハロン市は、ベトナムの北部に行く人は誰もが一度は訪れたことがある人気のスポットです。

ハロン湾クルーズは、多少の雨でも実行しますができれば天気のいい日に行くことをおすすめします。ベストシーズンは、乾季の10月から11月です。

ハロン湾クルーズは、ハノイで予約できる場所はたくさんあり、日帰りコース、1泊2日コース、2泊3日コースがあります。

どのコースが良いかは人によって違いますが、個人的には1泊2日コースをおすすめします。船の中で1泊できて日帰りコースでは行くことができないハロン湾の奥地まで観光できるからです。

2泊3日になると少し飽きてきますし、コースによっては2日目は一度陸地に戻って船を乗り換えて再出発するというものもありますのでそれなら1泊2日で十分でしょう。

ハロン湾クルーズは天気がいいとイカ釣りができるコースもあり、釣ったらその場でコックさんが調理してくれますのでシーズンの春から初夏にかけてもおすすめのシーズンです。

ベトナムにおける各都市の天気ータイグエン

タイグエンは、ハノイから約1時間北上した場所にある静かな街です。天気はハノイとほとんど同じ、ベストシーズンは10月から11月です。

タイグエンは観光地として大きなヌイコック湖がありますが、日本人の間ではほとんど知られていないでしょう。タイグエンはまたお茶の産地として有名で、ベトナムで飲むお茶の多くはタイグエン茶です。

ベトナムにおける各都市の天気ーハノイ

ハノイも基本は高温多湿ですが、年間を通して気温の変化が激しい地域です。気温は9℃を下回ることはありませんが、冬の時期でも10℃から30℃の間を繰り返していますので、急に寒くなった日には風邪を引くとが増えます。

ハノイの天気ー台風はあるか

ハノイは中部地方と比べると少ないですが、8月下旬から11月が台風シーズンで、時々死者が出るほどの被害があります。日本のように水はけがしっかりしていないため、台風になると道路が水で溜まってしまい身動きができなくなってしまいます。

日本人が住むような家は、基本的に被害は滅多にありませんが、一般の家では定期的に床上浸水があるため、台風シーズンは電子機器はベットの上に置いておくなど対策をしておくようです。

ハノイの天気ー四季

ハノイは四季がありますが、日本のようにそれぞれ3ヶ月ほどあるというようなはっきりしたものではありません。また四季がいつかについてベトナム人に聞くと、人によって全く違うためあまり参考になりません。

ハノイはすでに解説した通り、冬の間でも気温が30℃を超えることもあれば、10℃を下回ることもあるのでいつ春になったか曖昧で、ベトナム人の性格自体も曖昧なので日本人が欲しいような答えはなかなか聞くことができません。

そこでここでは筆者がいくつかの信頼できる情報を調べた上で、個人的な体験も混ぜた上でハノイの四季について解説していきます。

Sponsored Link



 

ハノイの1月の天気←1年で最も寒く最も湿度が低い月

ハノイの1月は、最も寒く最も湿度が低い月となっていますが、日本の同時期と比べると湿度はかなりあります。ベトナム人の家は基本的に夏仕様の暑さ対策が施されているため、寒さがこもりやすく一度冷えるとなかなか体温が戻りません。

日本なら温かい缶コーヒーでも飲みたくなりますが、温かい飲み物が売っている自販機はなく、コンビニに入っても寒く、カフェに入っても温かい飲み物が少ないので、気温以上に寒さを感じます。

ちなみにベトナムコーヒーには、アイスコーヒーとホットコーヒーがありますが、抽出するために時間がかかるため提供される頃には常温になっています。

ハノイでは寒さ対策に、コーヒーカップの下にお湯が張っているものを提供され温かい状態で飲むことができるところがあります。

ハノイの2月の天気←冬の終わり

ハノイの2月は気温が徐々に上がっていき、冬が終わります。この時期は、気温の変化が激しい時期で25℃から30℃が続いてもう春になったかと思えば、また冬の時期に戻って15℃まで下がってしまうということがよくあります。

こうした変化を繰り返しながら、だんだんと平均温度は上昇していきいよいよ春を迎えます。

ハノイの3月の天気←春と低気圧

3月はハノイで短い春の季節です。気温は非常に安定して過ごしやすい季節になりますが、気圧は低下するのでムチウチの症状がある人や、自律神経を崩している人は体調が悪くなります。

ハノイの4月の天気←春の終わりと夏の始まり

4月になると気温は上がり長い夏が始まります。当然日本の4月と比べると温度は非常に高いですので、この温度がこれから10月まで続くと思うとうんざりするかもしれません。

しかし天気が良くなるとともに果物も美味しくなりますので、日本にはない色々な果物を楽しむことができます。

この時期は、室外プールも本格的に開き始めますので、スイミングという数少ないハノイの娯楽を楽しむ人も増え始めます。ただベトナム人がよく行くようなプールは日本人にとっては少し汚く感じるかもしれません。

ハノイの5月の天気←気温が日に日に上昇する

5月になると本格的な夏が始まります。温度はどんどん上昇していって1日24時間クーラーをつけるという人が増え始めます。節約家の方は窓や玄関を全開にして風通しを良くし、扇風機を回して過ごし始めます。

ハノイの6月の天気←1年で最も暑い月

6月はハノイで最も暑い季節で、信じられないような暑さが続きます。37℃を超えることはないので、気温だけを見ると日本の方が暑いように感じるかもしれませんが、とにかく湿気が非常に強いので毎日サウナに入っているような気分にさせられます。

そしてこの時期に雲がなくなって日本でいう「快晴」になることがありますが、ベトナムにとっては気温が最高に上がるので最悪の天気ということになります。

この時期に外出する時は天気の関係上必ずペットボトルの水を持って、水分補給を欠かさないようにしてください。ベトナム人は暑さに慣れているのか、あまり水を飲んでいないのに夏バテになる人はいませんが、付き合っていると調子悪くなりますのでペットボトルの水は常に持っておき、なくなったらすぐに買いに行くようにしましょう。

ちなみにベトナムは、甘い飲み物が多く、コンビニでお茶を買うと甘いものしか売っていませんので、水分補給には水をお勧めします。

ハノイの7月の天気←まだまだ暑い日が続く

ハノイの7月は暑さのマックスは過ぎたものの、まだまだピークのままで暑い日が続きます。引き続き暑さ対策を入念にするようにしてください。

ハノイの8月の天気←1年で最も降水量が多い月

8月のハノイは降水量多く、ゲリラ豪雨のような雨が多くなります。そのような雨は一時的ですぐにまた天気が良くなるように思えますが、基本的にハノイの天気は悪いため豪雨→曇り→小雨→豪雨の繰り返しとなります。

ベトナム人たちは自分たちの国の天気を体で覚えているため、バイクで一緒に走っているとまだ雨が降っていないのに急に皆がレインコートを着始める瞬間がありますがその時を逃さないでください。

非常に高い確率でその後天気が悪くなり大雨が降り始めます。

ハノイの9月の天気←暑さが少しずつ和らぐ

9月になるとハノイは6月から7月のような「殺人的な暑さ」はなくなり、少しずつ暑さが和らいでいきますが、まだまだ油断はできません。

ベトナム人の中には「9月から11月までが秋」という人もいますが、夜涼しくなるということもなく相変わらず過ごしにくい日々が続きます。

長すぎる夏に体調を崩し始める人が出るのもこの時期ですので、疲れが溜まっていたら無理はしないで休息はしっかりとっておくようにしましょう。

ハノイの10月の天気←夏の終わりのベストシーズン

10月になるとようやく長い夏が終わり、ベトナムでは短い過ごしやすい季節になります。家族や友人がベトナムに遊びに来たいと言っているなら10月後半から11月の前半をおすすめします。

ハノイの11月の天気←秋

11月になるとハノイは、1年で唯一の秋が始まり、過ごしやすい季節になります。後半になると20℃を下回る寒い日(ベトナムでは寒く感じます)も出てきてます。

この時期はベトナム人たちはダウンを着て、欧米人はTシャツ1枚でいる、という奇妙な光景を見ることができます。

日本人もやはり寒さにはあまり強くないので、女性は特に寒さ対策を始めておきましょう。また天気の移り変わりによって体調を崩さないように、体調管理に努めてください。

ハノイの12月の天気←冬の始まり

12月になると冬が始まり、本格的に寒くなり始めます。日本と比べるとクリスマスはあまり盛大に祝われることはなく、正月も旧正月(2月頃)を祝うので、あまり年末の雰囲気を感じないまま1年が終わります。

Sponsored Link



 

ベトナムにおける各都市の天気ーバッチャン

陶器のバッチャン焼きで有名なバッチャンの天気はハノイと同じで、ベストシーズンは10月から11月です。ハノイの中心部から車で30分で行けます。半日もあればお気に入りの陶器を見つけることができますので、天気やベストシーズンに関係なくいつでも観光しに行くことができます。

ハノイ市内のお土産屋さんで売っている値段の半額以下で買えるものもありますので、天気が悪くてもぜひ一度顔を出してみてください。

ベトナムにおける各都市の天気ーチャンアン

ニンビン省チャンアンは、ハノイから南へ約2時間下ったとこにある観光地で、天気はハノイとほとんど同じ、ベストシーズンは10月から11月です。

「陸のハロン湾」と呼ばれているチャンアンはハロン湾と同じく世界遺産に登録されていて、海にそびえ立っているハロン湾の有名な岩山と同じような岩山が見え日本では絶対に見ることのできない景色を堪能することができます。

チャンアンのツアーは湖をボートで漕ぎながら、洞窟をくぐり抜けたり歴史のある寺院を鑑賞したりすることができます。ハノイから距離としてはハロン湾と同じほど離れているので、天気が悪くて海のハロン湾には行けないなら、湖のチャンアンに行くというのもいいでしょう。

雨や霧の中進むボートは非常にスリリングで、天気が良い時にくチャンアンツアーとはまた違う楽しみ方ができます。ちなみにボートは専用の船頭さんがぶっ通しで3時間漕いでくれます。

小柄な女性ですが、手が疲れたら足で漕ぐという独特のスタイルは有名なので、ぜひ写真に納めてください。美しい自然をバックに少しはにかんだ素敵な写真が撮れるでしょう。

ベトナムは綺麗な川や湖が少ないですが、チャンアンの湖は澄んでいてとても綺麗ですので、暑いのが苦手でなければ天気の良い夏のチャンアンツアーは水しぶきが気持ちよくおすすめです。

ベトナムにおける各都市の天気ーフエ

ベトナムの中部に位置するフエの天気は、基本的にはダナンと同じです。フエ自体はビーチがありませんのでベストシーズンは乾季の5月から8月です。

観光地としても有名なフエは中部地方の代表とも言える場所で、「中部地方の天気」というと基本的にフエの天気のことを言っている場合が多いです。

世界遺産に登録されているフエは、ベトナム最後の王朝であるグエン王朝など、さまざまな王宮の遺跡を楽しむことができます。

ベトナムにおける各都市の天気ーランコー

ダナンから北に1時間あまりの場所にあるランコーの天気も基本的にダナンと同じで、ベストシーズンはビーチで遊べる1月から3月です。

5月から8月は乾季で降水量も少ないので、海以外の観光に適しています。観光地で有名なフエとダナンの間に位置するランコーは、実は3つの世界遺産や新婚旅行に最適な美しいヴィラのある穴場スポット。ビーチあり海鮮あり世界遺産ありのランコーで、夜は全室プール付きの豪華なヴィラに泊まってみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link



 

ベトナムにおける各都市の天気ーダナン

中部地方であるダナンも、ハノイほどではありませんが1年を通じて変化があります。ダナンはビーチリゾートが有名ですので、ここでは泳げるかどうかも視野に入れて解説したいと思います。

ダナンに限らずですが、ベトナムは全体的に朝が早く、日が昇る前の朝5時からという日本では信じられないような時間帯から大勢の人が海水浴を楽しんでます。

これはベトナム人が早起きというだけでなく、夏の時期の昼間は信じられない暑さになるので太陽が昇る前の早朝がちょうど良い天気だからだと思います。そんな海が身近の月ごとの天気を解説していきます。

ダナンの1月の天気

1月のダナンの天気は1年で最も寒い季節です。海を泳ぐことは難しくなりますが、それでも温かい時期にはわずかながら泳いでいる人はいます。降水量は少しずつ減り始め天気が良い日が少しずつ増えます。

気候としては過ごしやすい季節なので、泳ぐのを目的としていない人としてはベストシーズンです。

ダナンの2月の天気

2月のダナンの天気も変わらず寒いですが、天気が良い日がかなり増えてきます。まだ泳ぐのは諦めた方が良さそうです。気候は過ごしやすい季節です。

ダナンの3月の天気

3月になると、30℃を超える天気も増えて泳ぐ人がまばらに増えてきます。降水量は1年を通して最も少なく良い天気が続きます。気候もよく泳ぐことも可能なベストシーズンです。

ダナンの4月の天気

4月になると、いつでも泳げる天気が続きます。暑さも厳しくなってきますので水分補給は徹底するようにしてください。

ダナンの5月の天気

5月になると、ダナンは外気温とともに水温も上がり天気も良いのでいつでも泳げます。水分補給を徹底してください。

ダナンの6月の天気

6月は気温が非常に高い天気が続きますのでいつでも泳げます。水分補給を徹底してください。

ダナンの7月の天気

7月も気温が非常に高い天気が続きますのでいつでも泳げます。やはり水分補給を徹底してください。

ダナンの8月の天気

8月はダナンで最も高い季節になります。天気が暑すぎてこの時期は昼間より早朝に泳ぐ人の方が多いです。水分補給を徹底してください。

ダナンの9月の天気

9月になるとダナンは雨季が始まり、降水量が一気に増えます。気温的には問題なくても泳ぐのが難しい日が増えてきます。天気が悪い日が続きますので市内観光などにもあまり適さない季節です。

ダナンの10月の天気

10月のダナンは1年で最も降水量が多い季節です。台風になることもありますので、泳ぐのはもちろん観光にもあまり適していません。

ダナンの11月の天気

ダナンの11月は降水量は少なくなってきますが、気温も下がってきます。水温はまだ少し高いので泳ぐことは可能です。

ダナンの12月の天気

ダナンの12月は、乾季が訪れ気温もさらに下がります。天気が良い日が続きますので観光としてはベストシーズンになります。

ベトナムにおける各都市の天気ーホイアン

ダナンから南に下れば旧市街地そのものが世界遺産に登録されているホイアンに到着します。ホイアンの天気はダナンと同じです。位置的にも近いのでダナン観光とホイアン観光をセットにしている人も少なくないでしょう。

ホイアンは、ビーチよりも夜になると美しく輝くランタン祭りや1593年に日本人が架けた来遠橋(別名日本橋)など日本人の心をくすぐる観光スポットがたくさんありますので、ぜひ天気の良い5月から8月に観光を楽しんでください。

ベトナムにおける各都市の天気ーミーソン遺跡

ホイアンから西に1時間ほど車で走らせれば、世界遺産に登録されているミーソン遺跡です。天気はダナンと同じで、ベストシーズンは乾季でまだ暑さのピークが来ていない2月から3月です。

ホイアンからツアーで申し込むことができ、13世紀まで栄えていたチャンパ王国の遺産や、チャム族というベトナムの少数民族の伝統舞踊を楽しむことができます。4月から8月は天気はいいのですが、暑くいので観光するにはかなりの気合いが必要です。

ベトナムにおける各都市の天気ークイニョン

のどかな田園風景と、美しいビーチ、そして透明度の高い海でシュノーケリングが楽しめる無人島まであるクインニョンの天気は、ダナンよりもさらに南に下りますので、暖かい季節が長く続きます。

ベストシーズンは、海で泳げて勝つ気温がそれほど上がらない1月の下旬から4月の上旬です。

クイニョンは20℃を下回ることはほとんどありません。年間を通じて曇りが多いですが9月から11月は降水量が多く、観光としては過ごしにくい時期です。

ベトナムにおける各都市の天気ーバンメトート

コーヒーと象と少数民族の街バンメトートの天気は30℃から35という常夏ですが、高原地帯にあるため、年中がベストシーズンで過ごしやすい場所です。

ベトナムにいる人なら知らない人はいない、チュングエンコーヒーはこのバンメトートが発祥の地で、現地ではツアーもしていますので、コーヒー好きの人はぜひ一度遊びに行ってください。

また観光地化がそれほど進んでいなく、現地では日本人があまりいませんので、日本人があまりいなところに行きたいというベトナムのニッチな場所を探している人には特におすすめです。

ベトナムにおける各都市の天気ーニャチャン

ベトナムの中南部に位置するニャチャンの天気は、乾季は3月から8月、雨季は9月から2月と分かれています。ベストシーズンは5月から7月ですが6月を過ぎると猛暑となり、日射しもかなり強くなりますので水分対策とともに日焼け止めも忘れないようにしてください。

12月から2月は冬が訪れ、天気は20℃を下回ることは滅多にありません。

ベトナムにおける各都市の天気ーダラット

ダラットはベトナムの中部高原に位置する観光地で、フランス時代は避暑地として開発されました。北部地方のような冬の天気はないものの、標高が高いダラットは夏も気温がそれほど上がらず、平均気温は18℃から23℃と年中春や秋のような過ごしやすい地域です。

Sponsored Link



 

ベトナムにおける各都市の天気ームイネー

ビーチリゾートと砂丘で有名なムイネーのベストシーズンは乾季の1月から5月です。ムイネーはベトナムの中で最も乾燥している地域のひとつで、雨季でもホーチミンやダナンのように雨が降るわけではありません。

ただ時折台風が通過して被害を受けることがありますので注意してください。

ベトナムにおける各都市の天気ータインホア(タンホア)

タインホア(南部の発音ではタンホア)省はハノイから南に3時間下った場所にある大きな省です。位置しているのはベトナムの北中部になりますので、天気はハノイよりも少し暖かく、冬に10℃を切ることは滅多にありません。

東には有名なサムソンビーチがあり、西はラオスの国境があるバラエティ豊かな地域です。特産のネムチュアは、豚肉を発酵させたサラミのような味でとても美味しく、天気のいい日はベトナムの生ビールビアホイと一緒に外で食べると最高です。

ベトナムにおける各都市の天気ーヴィン

タインホア省からさらに南に下ったゲアン省に位置するヴィンは、北中部の一番南に位置する街で、ベトナム北部の最南端の町とされています。天気はハノイとフエの間くらいで、冬に10℃を切ることはまずなく、年間を通して気温が高い地域です。ベストシーズンは、乾季の12月から夏が始まる3月までです。

8月から10月は雨季で、特に9月から10月は豪雨になる日も多いので、観光には十分に気をつけてください。

ベトナムにおける各都市の天気ーベンチェ省

ホーチミンから3時間南下する場所にあるベンチェ省の天候はホーチミンと同じで、ベストシーズンは果物が美味しい6月から9月です。

ベンチェ省の名産はココナッツで、南国特有のココナッツジュースはもちろんですが、ココナッツの加工の様子を見学できたり、ココナッツのお菓子を食べたりすることができます。

ベトナムにおける各都市の天気ーブンタウ

ホーチミンから南東に3時間かけて車を走らせると、ビーチで有名なブンタウに着きます。天気はホーチミンと同じで、ベストシーズンは果物が美味しい6月から9月です。

ブンタウのビーチの知名度は高まりつつあって、ホーチミンに来たなら一度は訪れたほうがいいと言われています。

Sponsored Link



 

ベトナムにおける各都市の天気ーミトー

メコン川ツアーで有名なミトーの天気はホーチミンと同じで、ベストシーズンは乾季の12月から4月です。ミトーを訪れる日本人のほとんどは、メコン川をボートで下るツアを楽しむと思いますので、降水量が多い5月から11月は注意が必要です。

ホーチミンからたった10ドルで、往復のバス代、昼食代、ボート代など全て含まれるツアーがありますので、天気が悪くなければぜひ一度は行ってみることをお勧めします。

ベトナムにおける各都市の天気ービエンホア

ホーチミンから少し北上した場所に位置しているビエンホアの天気はホーチミンと同じで、ベストシーズンは乾季の12月から4月です。

ただしビエンホアは、グレープフルーツの倍くらいの大きさがあるザボン(ベトナム語:ヴォイbưởi)が特産で、ザボンをモチーフにした食事やお土産などがあるザボン村が有名です。

ザボン村に行くことが目的なら、天気は悪い日が続くかもしれませんが、ザボンのシーズンである7月に行くことをお勧めします。

ベトナムにおける各都市の天気ーホーチミン

年間を通して高温多湿のホーチミンは暑さは避けられないので、ベストシーズンは乾季の12月から4月です。雨季と乾季ははっきりしているためある意味天気予報があまりいらない地方です。

気温が20℃を下回ることは滅多にありません。太陽が昇っている時間も、日本と比べて長く1年を通して5:30から18:00です。

ベトナムにおける各都市の天気ーロンスエン

ホーチミンより西に2時間は知らせた場所にあるロンスエンの天気は、ホーチミンと同じで、ベストシーズンは乾季の12月から4月です。ロンスエンは、ホアハオ教の聖地ですので、異国の宗教を観察したい人にはお勧めです。

ベトナムにおける各都市の天気ーカントー

ロンスエンの南にあるメコンデルタ最大の都市カントーの天気は、ホーチミンと同じで、ベストシーズンは乾季の12月から4月です。

カントーは水上マーケットが有名ですが、中心部では大型のショッピングモールがあるなど栄えていますので、初めてベトナムに来た人も比較的滞在しやすい場所と言えるでしょう。

Sponsored Link



 

ベトナムにおける各都市の天気ーフーコック島

ベトナム本土から40kmほどの沖合いに浮かぶ小さな島フーコック島の天気は、ホーチミンと大体同じでベストシーズンは乾季の1 1月から4月ですが、最も降水量が多い7月から9月を除けばいつでもフーコック島のビーチを楽しむことができます。

フーコック島は、美しいビーチや美味しい海鮮はもちろんですが日本人が好むホテルも増えてきました。寒い天気が続く日本の冬の時期がフーコック島のベストシーズンですので、寒さが厳しくなった時期にフーコック島のコバルトブルーの海と、ベトナムで最も美しいと言われる夕日を見に訪れてみてください。

【まとめ】ベトナム旅行をする時はその都市の天気を調べておこう

今回はベトナムの天気について解説しました。

  • ベトナムの南部は雨季と乾季だけの常夏、北部には四季があって冬は10℃を切ることがあり、ベトナムの中部は南部と北部の間ですが、台風が多いのが特徴です。
  • ベトナムの天気は、温度だけでなく湿度、降水量、風の強さなども地方によって違います。
  • ベトナムの天気予報は、天気予報アプリやSiri、Googleアシスタントなどを活用しましょう。
  • ベトナムは北部、南部、中部だけでなくその地方によって天気の特徴があります。

このように、一言に「ベトナムの天気は?」と聞かれても地方によって全然違いますのですぐに応えることはできませんので、まずは大まかに、北部、中部、南部の天気の特徴を覚えておきましょう。

この北部、中部、南部は天気だけでなく、文化や言語など色々な面で分けられることが多いのでそれぞれの特徴を知るきっかけにもなるでしょう。

なお今回は、それぞれの地域の天気について解説しましたが、ベトナムの物価についての詳しい解説については、「ベトナムの物価は安い?高い?あらゆる角度から見たベトナムの物価について全てお伝えします!」で詳しく解説されていますので、あわせてお読みください。

Sponsored Link



 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • ベトナムは雑貨がおすすめ!それぞれの魅力やベトナムの人気雑貨店も紹介!

  • ホーチミンのスーパーについて徹底解説!おすすめ・場所・注意点など

  • ハノイのスーパーはなんでもそろう!食材、コーヒー、お土産まで!

  • ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!

関連記事

  • ベトナムの生活(費用・水準・情報・環境)など徹底解説!

  • ベトナムの電圧は220v(ボルト)!変圧器が必要!

  • ベトナムの物価は安い?高い?あらゆる角度から見たベトナムの物価について全てお伝えします!

  • ベトナム移住(ビザ・条件・メリット・失敗しない方法など)徹底解説!

  • ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!

  • ベトナムの宗教について割合や食べ物・歴史やタブーなどすべてをお伝えします!