1. TOP
  2. ベトナム 生活
  3. ベトナムの言葉に関してわかりやすく徹底解説!
Sponsored Link

ベトナムの言葉に関してわかりやすく徹底解説!

ベトナム 生活   929 Views

「ベトナムの言葉って何語なの?」

ベトナムに滞在しているという話をすると、大抵最初に聞かれるのはこの言葉です。

日本に住むベトナム人はここ数年で急増していますが、この言葉はまだまだ日本人にとってベトナムという国の認知が低いということをよく表しています。

その国の言葉を知っておくということは、簡単なことではありませんが、片言でもベトナム語を喋ることができればそれはその国の人に取っての最大限の敬意の表れです。

ベトナムに行く前にちょっとした言葉を覚えておけば、旅行の楽しみ方や生活の満足度が格段に変わります。

そこで今回は、ベトナムの言葉についてもっとよく知りたいという人に向けて、次のような点について解説します。

  • ベトナムの言葉と歴史
  • ベトナムの言葉と地域
  • ベトナム語の基本と応用
  • ベトナムの言葉は近隣諸国でどれほど通じるか

ベトナムの言葉を知るということは、英語を知ることと全く違う楽しみ方があります。英語は少し話せて当たり前ですが、ベトナムの言葉を少し話せるだけで、ベトナム人は感激して友達になってくれます。

ぜひ最後までこの記事を読んで、あなたの持っている言葉の幅を少しだけ広げてみてください。

ベトナム語を既に知っている人も、全く知らない人にもベトナム語に関する情報をお伝えします。

Sponsored Link
Sponsored Link

Contents

ベトナムの言葉と歴史

その国の言葉を知るために、その言葉の歴史やルーツを知っておくことは大切ですが、ことにベトナムの歴史は日本人にとってとても興味深いものがあります。

なぜならベトナムの言葉は日本の言葉ととても似ているからです。

ここではベトナムの言葉と日本の言葉の関連など、ベトナムの言葉の歴史から解説していきます。

Sponsored Link

ベトナムって何語?ベトナム語だけじゃない?

ベトナムの言葉はベトナム語です。しかし実はベトナムには54の民族がいてそれぞれ言語が違います。

しかしベトナムで最も多い民族がキン族で、その割合は 86 .2%を占めますので、この民族の言葉であるキン語がベトナム語ということになります。

キン族の次に多いのが、タイ族(Tày) 1.9%とタイ族(Thái)1.7%です。

※日本語にすると同じ表記ですがベトナム語では声調と発音が違います。

タイ族の人たちの母語は、タイ語( tiếng Tày)ですが、大抵はキン族の言葉であるベトナム語を流暢に話すことができます。

そのほかの53の少数民族も、子供の頃から学校でベトナム語(キン語)を学んでいます。

ベトナムで英語は通じるの?

非英語圏に旅行に行くとまず気になるのが、その国で英語が通じるかどうかかもしれません。たとえ英語が流暢に話せなくても、片言でも伝えられるものがあるかないかでは大きな違いがあります。

ベトナムニュースを専門的に扱っているベトジョーには、ベトナム人の英語力について次のように解説されていました。

スイスに本部を置くグローバル教育機関イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF Education First)がこのほど発表した英語力ランキングによると、ベトナムは非英語圏の世界70か国・地域中29位で、アジア16か国・地域中では5位につけている。日本は世界30位、アジア6位だった。

引用元:ベトジョー 2015/11/06配信「ベトナム人の英語力、世界70か国・地域中29位で日本抜く」より

https://www.viet-jo.com/news/statistics/151105071117.html

確かにベトナム人の英語力は非常に上がっていて、観光地では英語を非常に流暢に話す若者が増えています。

しかしこれはあくまで一部の人たちであって、大多数のベトナム人は英語をほとんど話すことが出来ないのが現状です。

英語を喋れるベトナム人は、「ネイティヴととめどなく会話をすることができる」ハイレベルですが、英語をしゃべれないベトナム人は、ごく基本的な会話や単語さえ知らないといった具合です。

つまり英語ができるベトナム人は、英語ができる日本人より英語力が高いですが、英語ができないベトナム人は、英語ができない日本人より英語力が落ちます。

ベトナム人は、経済格差が深刻な問題となっていますが、ことに英語に関しても格差がひどいのは興味深いことです。

ちなみにベトナム人の少数民族の中には、ベトナム語話せないけど英語なら話せるという人もいますので、ベトナムに行って英語が役に立つことは間違いのないことです。

しかしやはりベトナム語を知っておかないと、ベトナムでの滞在を十分に楽しむことはできないでしょう。

漢字にもできる?ベトナム語と日本語の奇妙な共通点

ベトナムは長い間隣の国中国の統治下にあったので、中国の影響力が大きいのですが、その中に漢越語という言葉があります。漢越語とは、平たく説明しますと漢字由来の言葉で、現在でもベトナム語の7割近くが漢越語で漢字表記をすることができます。

それで日本人がベトナムの言葉を覚えるときは、まずそれが漢越語かどうかを確かめておき、漢字をイメージすればすぐに覚えることができます。

例えばベトナム語には次のような言葉があります。

ベトナム語読み方日本語
Chú ýチューイー注意する
Kết hônケット ホン結婚する
Chính xácチン サック正解

このように、読み方が日本語とほとんど同じ言葉もあれば、違う言葉もありますがいずれにしても元となっているのが漢字であるということを知っていると覚えやすいのではないでしょうか。

例えば「Chính xác(チン サック)」という言葉を聞いたとき、「正解」という漢字が頭の中で浮かべば上級者と言えるでしょう。

また日本人が使う漢字と同じように、上記の漢越語の一部を変更して別の言葉を使うこともできます。

ベトナム語読み方日本語
Ý  thứcイー トゥック意識する
Kếtluậnケッ ルアン結論
Xác nhậnサック ニャン確認する

このように、一つの漢越語を覚えれば新しいベトナム語をどんどん覚えることができます。

ただ漢越語を使うとき、以下の点を注意してください。

  • 一つの言葉に二つ以上の漢字が含まれている場合があったり、(例:Chínhは政と正の二つの漢字がある)一つの漢字に二つ以上の言葉が含まれている場合がある(「分」という漢字にはphân, phần, phậnという3つの言葉がある)
  • 漢越語は古い言葉なので現代ではほとんど使わないものがある(例えば「森」のは漢越語で sâmですが使っている人を聞いたことがありません。また「愛」を辞書で引くと ái(アイ)なので覚えやすいですが、実際に愛していると使う場合は yêu(イウ)と全く違う言葉を使います。 áiは ái quốc(愛国 アイ クオック)というときに使います。
  • 同様の理由で、ベトナム人からすると意味はわかるが堅苦しかったり、古臭く聞こえるものが多い(例として結婚式はlễ kết hôn(レーケットホン)が覚えやすくてベトナム人にも通じるが、ベトナム人からすると堅苦しいらしく彼らは、漢越語ではない đám cưới(ダムクイ)をよく使います)

このように漢越語という言葉はいくつか注意点があるとはいえ、半分以上を占めている言葉なのでベトナム人にとって切っては切れない縁があり、日本人にとっては学習しやすい言語であると言えます。

コツとしては、漢字からベトナム語を覚えるよりも実際に使われているベトナム語に対応する漢字がないかを調べておけば、よく使われる漢越語が何かがすぐにわかります。

ベトナム語になっている日本の言葉

加えてわずかながらですが、日本語がそのままベトナム語になったものもあります。

例えば日本でも高視聴率だったドラマ「おしん」はベトナムでは日本以上に有名で誰もが知っています。それでOshinが「家政婦」という意味になっています。

また所有率9割とも言われるバイク社会のベトナムの中で、バイクのHondaは7割という圧倒的なシェアを誇っています。

それでベトナムでは Xe Honda(セー ホンダ)といえばバイクという意味になります。

またAJINOMOTOは、日本以上に人気がありスーパーに並ぶとズラリと並んだAJINOMOTOに気分を害する日本人さえいるほどです。

安い食堂では大抵AJINOMOTOが使われており、「Đừng cho AJINOMOTO(味の素を入れないで」というと味のしない料理が提供されます。(ベトナム製のAJINOMOTOで味の素よりもさらに安いAJI NGONもよく使われていますが、AJINOMOTOで通じます。)

さらにベトナム人は歌うのが大好きで、町中にはいたるところにkaraokeがあります。

「Hãi hát karaoke(カラオケで歌いましょう」と言ってカラオケに行けば、すぐにベトナム人と友達になれます。

ベトナムは声調の言葉

ベトナム語は声調言語です。声調言語という言葉を聞くと中国語を想像するかもしれませんが、中国語の声調が4種類しかないのに対し、ベトナム語は6種類もあります。

この記事はベトナム語を学習するための記事ではありませんので、ここで声調について詳しく扱いませんが、声調が違うと意味が全く違う言葉になるということは覚えておきましょう。

例えばベトナム語の「こんにちは」は「 Xin chào シン チャオ( àの部分で下げる)」ですが、私の友人はいつも「 Xin cháo( 同じくシンチャオだが áの部分で上げる)」と言ってベトナム人を困らせている人がいます。

xin はお願いするときの丁寧な表現でcháoはベトナム語で「お粥」なので、「 xin cháo」は「お粥をいただけないでしょうか」という表現になります。

ベトナム人が困惑している理由がもうお分かりかと思います。

私自身、 Ngọc ( ọの部分は言葉を切る)さんという方に Ngóc( óの部分で上げる)さんと呼んでいました。

Ngọc さんはいつもニコニコして応対してくれていましたので最初気にしていませんでした。

しかし後からNgọcは「玉」とか「宝石」という美しい言葉であることを知りましたが、 Ngócは「アホ」という意味であることを知り愕然としました。

私がNgọc さんの人格を再認識するようになったのは言うまでもない事でしょう。

ベトナムの言葉遊び (nói lái)

ベトナム語には nói lái という言葉遊びがあります。ベトナム語は声調言語なので語呂のいい言葉があると楽しい音楽のように聞こえます。

Trời cho trò chơi チョーイ↓ チョー チョー↓ チョーイ 」

言葉の意味:天は楽しみを与える

ông trời は、神様、お天道様というような意味で他にもオーマイガットという意味の trời ơiなども使われます。仏教国でありながら神も信じているというのが、日本人にとって親しみやすい所以かもしれません。

「Bí mật bật mí ビー↑ マッ バッ ミー↑」

言葉の意味:秘密と公開

Bí mật không được bật mí (秘密は公開できない)といった使い方もします。「それは言えないよ。Bí mật không được bật mí だからね」というように使いましょう。

ベトナム語は声調と発音が難しいですが、このような言葉遊びをスラスラと言えれば、ベトナム人に認めてもらえます。

ベトナム語の面白い言葉

ベトナム人がみんな知っていることわざにこんな言葉があります。

ĂN CƠM TÂU, Ở NHÀ TÂY, LẤY VỢ NHẬT(アン コム タウ、 オー ニャー タイ、 レイ ヴォ ニャット)

この言葉は「中国の飯を食べ、西洋の家に住み、日本人の妻をめとる」という意味で、なんでもベトナム人にとっての最高の夢を表しているようです。

似たような意味の言葉は世界にもありますが、ベトナムはこの言葉の認知度が高いのでこの言葉を使いこなせると評価が上がります。

特に結婚ネタは大好きなので、ちょっと文字って Giấc mơ của tôi là ĂN CƠM TÂU, Ở NHÀ TÂY, LẤY VỢ VIỆT(私の夢は中国の飯を食べ、西洋の家に住み、ベトナム人の妻をめとることです)」と言えば必ずうけて場の雰囲気を盛り上げることができますので、試してみてください。

若い人たちがよく使う言葉ーベトナム語のスラング

ベトナム語の面白い言葉の中に、スラングもあります。これらは辞書に載っていませんが若い人たちがよく使っている言葉です。

cute(クーテー)

言葉の意味:かわいい

英語のキュートをそのままローマ字読み(ベトナム語読み)した言い方です。

ベトナム語は元々漢字だったのをフランス人がアルファベット読みに変えましたので、ほぼ100%表音文字です。

ちなみに日本が誇る大型スーパーAEONはベトナム人はアエオンと言います。

Campuchia

言葉の意味:割り勘

Campuchiaの元々の言葉の意味は、カンボジア王国のことですが、Campuchiaのchiaは「分ける」という意味があることからレストランに行った時に「割り勘にする」という意味で用いられています。

ベトナム人は皆で食事に行くと、誰かが奢るのが当たり前なので、割り勘にするという場合「ケチ」か「貧乏」というレッテルを貼られてしまいます。

ちなみにベトナムとカンボジアはそれほど遠くない過去に戦争をしており、両国はあまり仲が良くなく、経済レベルが低いカンボジア人を一部のベトナム人は少し見下しているところがあります。

ハノイ大学の教師に割り勘という意味のCampuchiaという言葉に差別用語的な意味が含まれていないか確認したところ、それはないという答えが返ってきましたが、事実は定かではありません。使う際には十分に注意してください。

xàm

言葉の意味:くだらない

cạn lời

言葉の意味:言葉が出ない

ベトナム人と日本人は笑いのツボが違いますので、日本人ではありえない時にベトナム人が大ウケすることがよくあります。

最初は仲良くなろうと必死になりますが、だんだん面倒くさくなる時があります。そんな時はちょっと笑いながらxàm  quá(サムクアー)と言いましょう。

ちょっと言葉がきついと思うなら、cạn lời(カンロイ)も効果的です。

この言葉は「言葉が出ない」という意味ですが、良い意味(言葉が出ないほど素晴らしい)でも悪い意味(くだらなくて言葉が出てこない)でも使える言葉ですので、こんな風にいうことができます。

A:(くだらないことを言う)

B: Ôi giòi ơi. cạn lời(なんてことだ。言葉が出てこないよ)

A:Ký gì !?(なんだって⁉︎)

B:Ý nghĩa tốt mà(いい意味で行ってるんだよ)

ベトナム語はかわいい言葉

ベトナム語はかわいい言葉だとよく言われます。慣れてくると普通に聞こえますが、最初の人はベトナム語は「ニャンニャン」言っているように聞こえます。

例えばベトナム人は「〜するね」という意味の nhé(ニェー)とかnha(ニャー)という言葉をよく語尾につけます。例えば去り際には「バイバイニャー(さようならねー)」と言ったりします。

ベトナム人の名前にも、My (ミー)ちゃんやNhã(ニャー)ちゃんがいたりしますので、かわいい言葉に聞こえたりするのでしょう。

特に南部方面は、N発音やY発音が多いので初めてベトナム語を聞くと「ヤンヤンミャーミャーニャンニャン」と聞こえます。

男性はちょっと抵抗があるかもしれませんが、女性がベトナム語を話せばかわいく聞こえます。

Sponsored Link

地域によって違うベトナムの言葉

日本にも方言があるように、ベトナムにも方言があり、大きく分けるとハノイを中心とした「北部弁」、フエを中心とした「中部弁」そしてホーチミンを中心とした南部弁があります。

標準語は首都のあるハノイの北部弁となっていますので、教科書の発音は北部弁がほとんどですが、南部のホーチミンの方が経済的に発達していますので、日本人が接するベトナム人は、南部弁の方が多いきらいがあります。

日本と違うところは、それぞれの人が自分の故郷の言葉を標準語で、その他の言葉を「地方の言葉」としているところです。

例えば大阪人は、大阪弁を愛していて自分たちの言葉が「なまっている」と言われると感情を害しますが、首都のある東京の言葉を公用語であると認めています。

しかしベトナム人はホーチミンの人たちは、南部弁が標準語と言い張りますし、ハノイの人は北部弁が標準語であると言いはります。

しかしやはり公用語はハノイの言葉であることは間違いありませんので、ベトナム人が自信満々でホーチミンの言葉が標準語だと言っても惑わされないようにしましょう。

北部(ハノイ)のベトナムの言葉

北部の言葉は、ベトナムの標準語です。日本で売っている教科書は大抵北部の言葉中心に書かれていますし、日本のベトナム語大学では北部弁と南部弁を選ぶことができるところもありますが、やはり基本は北部弁です。

ただしテレビでは南部弁で喋っている人も多いためか、北部の人は南部の人の言葉を聞き分けることができます。

北部の言葉の特徴は次の通りです。

  • 声調が6つある(ma mà má mả mã mạ)
  • それぞれの声調が南部と微妙に違う
  • Y発音(ヤユヨ)がなく、r、d、giの発音がz発音(ザジズゼゾ)
  • その他北部にしかない単語がある

Y発音がないため、北部出身のトナム人は洋子さんのことを「ゾーコさん」と言ったり、ハノイで有名なデパートロイヤルシティー( royal city)を「ゾイヤルシティ」と言ったりします。

ちなみにrは正式には北部でも南部と同じで巻き舌のrのようですが、北部の人の多くは巻き舌ができないのでやむなくrをz発音にしているようです。

あなたがもし巻き舌で「ロイヤルシティー」と言ったなら尊敬の目で見てこられるでしょう。

中部(フエ)のベトナムの言葉

中部のベトナム語は、なまりが強くベトナム人でも中部出身者以外は意味がわからないという人も多いようです。

さすがに中部の人は自分たちの言葉が標準語だとは思っていないようで、中部弁を恥ずかしく思っている若者も少なくありません。

中部弁の特徴には次のようなものがあります。

  • 声調が2つ( maとmạと言われている( má mả mã が全て mạ)
  • 2つのうちの1つである màが maに聞こえることがある
  • 中部の語彙が非常に多い

上記の理由から、中部弁は外国語だと一部のベトナム人から揶揄されていますが、それも否めません。

私の友人で中部出身者の方も、ハノイに来て初めて大勢の前で喋った時、誰にも理解されなかったと言っていました。

南部(ホーチミン)のベトナムの言葉

南部の言葉は標準語ではありませんが、経済的に発展しているのでこちらの言葉が標準語と思っている人も少なくないでしょう。

北部のような濁音や重い発音がないので、柔らかい言葉に聞こえてきます。

南部弁の特徴には次のようなものがあります。

  • 声調が5つしかない(mả mãの声調は同じ)
  • Z発音(ザジズゼゾ)がなく、rの発音が巻き舌でr発音(ラリルレロ)
  • v、d、giの発音がY発音(ヤユヨ)
  • qの発音がウァーになる
  • その他南部しか通じない単語がある

南部の言葉にはzの発音がありませんので、ベトナムの民族衣装で有名なアオザイ(áo dày)は南部ではアオ ヤイとなります。

Sponsored Link

ベトナムの言葉基本編

それではベトナム語の基本を紹介していきます。まずは基本の挨拶から紹介しましょう。

ベトナムの言葉基本編ー挨拶

ベトナムの挨拶はとても簡単です。慣れてくると色々な言い方がありますが、とりあえずここではよく使われている挨拶を覚えておきましょう。

挨拶の基本はシンチャオ(Xin chào)

日本語で言うところの、「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」は全てシンチャオでOKです。

ただ現地の人はシンチャオは少し堅苦しい印象がありあまり使いません。基本的にはchào + 人称代名詞(年上の男性は anh 年上の女性は chị年下は em等)を使います。

さようならは シンチャオの他に、 「またあいましょう」という意味のHẹn gặp lại(ヘンガップライ)や bye bye nhéバイバイニェーを使ったりします。

ベトナム語の教科書ではよくさようならがtạm biệt(タムビエット)と書いてありますが、現地の人はほとんど使いません。

「こんにちは」の次は「ご飯を食べましたか?」 ăn cơm chưa?

ベトナム人は挨拶をすると二言目に、 ăn cơm chưa(アンコムチュア)?と聞いてきます。

これは欧米人が Hi. Haw are you?と聞いてくるような感覚で聞いてきますので、最初戸惑われるかもしれません。

ただこれはあくまで挨拶の一環なので、ご飯に誘われているわけではないので気軽に答えてあげてください。

食べた場合は rồi(北部:ゾーイ、南部:ローイ)まだ食べていない場合は chưa(チューア)です。そのあと「あなたはどうですか?」※còn anh thì sao?(コンアンティーサオ)と聞いてあげれば喜ばれます。

※ anhの部分は人称代名詞で、年齢や性別によって変わります。

もちろん 「元気ですか?」 có khoẻ không?もある

元気ですかを意味するcó khoẻ không?(コーホエーコン)もよく使われます。

ベトナム人に使うととても喜んでくれます。答え方は「はい」の場合はcó(コー)「いいえ」の場合は không「コン」です。

そのあと、「あなたはどうですか?」※còn anh thì sao?(コンアンティーサオ)と聞くこともできます。

※ anhの部分は人称代名詞で、年齢や性別によって変わります。

ベトナムの言葉基本編ー天気

ベトナム語の天気を表すとき、 trời から始めます。英語でいうところの Itですね。

晴れているtrời nắngチョーイ ナン

雨が降っているtrời mưaチョーイ ムア

寒いtrời lạnhチョーイ ライン

風が強いtrời nhiều giờ チョーイ ニュー ゾイ

湿っているtrời nồmチョーイ ノム

ベトナムはホーチミンのような南部では雨季と乾季だけですが、ハノイのような北部では四季があり天気はめまぐるしく変わります。

ベトナムの天気について詳しくは、「ベトナムの天気は暑いだけじゃない!四季もあり雨季や乾季もあるこの国のベストシーズンを紹介します!」で解説しますのであわせてお読みください。

コラム:ベトナム人は「ありがとう」と「ごめんなさい」という言葉が言えない?

ベトナム語には「ありがとう」を意味する cảm ơn(カムオン)や「ごめんなさい」を意味する xin lỗi(シンロイ)がありますが、ベトナム人はなかなかこれらの言葉を言いません。

何時間も遅刻しても、「へへへ」と含み笑いするだけで謝ることはありませんし、お店に行って定員が明らかにミスをしても謝ることはほとんどありません。(外人向けの高級レストランやホテルはちゃんと謝るように訓練されています)

これは「謝ると自分に非があると認めていることになるのであまりしない方が良い」、という思想が背景があるようで、韓国とよく似ています。

またありがとうの cảm ơnは漢字で書くと「感恩」で、ベトナム人にとってはとても大袈裟な表現のようです。

「感謝です!恩に着ます!」という感覚でしょうか。親しい人にこのような表現を使うと逆によそよそしい印象すら与えるようです。

それで最近の若いベトナム人は、カムオンの代わりにサンキューという言葉を使ったりします。

「親しき仲にも礼儀あり」で育ち、なんでもすぐに謝る日本人はこのようなベトナム人の態度を見て憤慨する人も少なくありませんが、これも一つの文化と思って諦めましょう。

案外自分も不必要に「ありがとう」とか「ごめんなさい」を使っていたなと気づかされることもあります。

Sponsored Link

ベトナムの言葉 友情編

ベトナム人と友人になるためには、挨拶だけでなく励ましの言葉や自分の気持ちを伝えることも大切です。

ベトナム語は発音は難しいですが、たどたどしくてもこれから紹介する言葉を伝えれば気持ちはきっと伝わるはずです。

ちなみに友達はベトナム語で bạn(バン)ですが、これは同じ歳くらいの人称代名詞にも男女問わず使えます。

例えば 「こんにちは」ならchào bạn(チャオバン)です。ここでは人称代名詞を bạnで表しますが、年上なら anh/chi、年下なら emなど変えて使ってみてください。

ベトナムの言葉友情編ー頑張れ

仲間を鼓舞するときに使う最も一般的な表現は、頑張れcó lên!(コーレン)です。

失敗したら「気にしないで」 không sao(コーンサオ)や 「心配しないで」 đừng lo lắng(ドゥンローラン)、「あきらめないで」 đừng bỏ cuộc(ドゥン ボー クック)を使いましょう。

言葉の最後に人称代名詞 bạnを入れると親しみがさらに伝わります。

使用例

友達:コンニチワ ・・・ワタシノナメハ・・・

あなた:Có lên đi(頑張って!)

友達:ニホンゴワスレチャッタ、ゴメンネ

あなた: Không sao bạn(気にしなくていいよ)

友達:ワタシニホンゴゼンゼンダメデス

あなた:Đừng bỏ cuộc bạn(あきらめないで)

ベトナムの言葉友情編ー誉める

褒めるときに最もよく使う言葉は、 「すごい!」「上手!」giỏi quá(北部:ゾーイクアー、南部:ヨーイ ゥアー)です。

ベトナム人は、普段あまり褒められていないせいか褒めると素直にとても喜びます。ぜひ使ってください。

ただ目上の方に、「上手!」giỏi quáというと少し失礼なので、「素晴らしい」 tuyệt vời(トゥエットヴォーイ)や「器用ですね」 khéo tay(ケオタイー)を使いましょう。もちろん同年代や年下にも使える便利な言葉です。

ベトナムの言葉友情編ー好きという気持ちを伝える

ベトナム語の好きは thích(ティック)です。この言葉に恋愛感情は含まれていませんので、男女問わず使うことができます。

自信を失っている友達がいるなら是非「でも私は君のことが好きだよ」 nhưng mình thích bạn lắm(ニュンミンティックバンラム)と言ってあげましょう。

ベトナムの言葉友情編ー楽しい

ベトナム人は楽しいなら楽しいと素直に表現します。

よく使うのが 「楽しい!」 vui quá(ヴイクアー)や「楽しそう!」 hay nghe đây(ハインゲーダイー)です。

パーティなどで盛り上がったときや、楽しい話を聞いたときに使いましょう。

コラム:ベトナム人が喜ぶ言葉

ベトナム人と仲良くなりたいなら、故郷 queの話を聞いてあげましょう。

「故郷はどこですか 」que bạn ở đâu?(クエーバンオーダウ)と聞いてあげます。場所がわかったら、「私は(故郷の名前)の人が大好きです」Mình rất thích  người (故郷の名前) といえばすぐに笑顔になります。

またベトナム人は家族をとても大事にします。日本にくる人も、ベトナムのハノイやホーチミンにいる人も、故郷の両親のことをつねに想っています。

それで「ご両親は元気にしていますか?」 Bộ mẹ của bạn có khoẻ không?(ボーメクアバンコーコエーコン)と聞いてあげれば、普段あまりありがとうを言わないベトナム人も、 khoẻ .cảm ơn bạn(元気だよ。聞いてくれてありがとう)と言ってくれるはずです。

Sponsored Link

ベトナムの言葉旅行・観光編

ベトナム旅行に行くなら、是非とも覚えておきたいフレーズがいくつかあります。

繰り返しになりますが、ベトナム語は発音がとても難しいので、覚えても最初はなかなか伝わりません。

観光地などではこっちがせっかく一生懸命ベトナム語を使っても、冷たい顔で英語で応対されることも少なくありません。

それでも頑張ってベトナム語を使えば、それはとてもいい思い出になるはずです。

若い人なら多少ベトナム語の発音が悪くても辛抱強く聞いてくれて、訂正してくれます。

少しずつ調整しながら、現地の人にベトナム語が伝わればその感動はひとしおです。

これから使う言葉を、実際のシチュエーションになった時に是非使ってみてください。

ベトナムの言葉旅行・観光編ータクシーで使いたい「できるだけ早く」

ベトナム人のタクシーは英語が通じない人が多いです。自分は喋れるという人でも、発音がひどくてなかなか聞き取れません。

ここでは最低限のタクシーで使うベトナムの言葉を用意しましたので、覚えておいてください。

私は〇〇に行きたいTôi muốn đi +場所(トイ ムン ディー・・・)

 右に曲がってrẽ phải(ゼー ファーイ)

左に曲がってrẽ trái(ゼー チャーイ)

まっすぐ行ってđi thẳng(ディータン)

ここで降ろしてcho xuống đây(チョースゥォンダイ)

急いでĐi nhanh lên(ディー ニャイン レン)

最後の言葉は、本当に急いでいる時にのみ使いましょう。ベトナム人の運転は非常に荒くただでさえ飛ばしまくっています。

「急いで」と言われると「ここが腕の見せ所」とばかりに猛スピードで駆け回るでしょう。

ベトナムの言葉旅行・観光編ーレストランで言いたい「美味しい!」のいろいろ

ベトナムの言葉で美味しいは ngon  (ンゴーン)です。 ngon quá(ンゴーンクワー)といえば気持ちがさらに伝わります。

さらに若い人は、 ngon dã man(ンゴーン ザア マン)なんて言ったりします。

直訳すると「野蛮に美味しい」です。日本語で言うところの「やばい!ウマイ!」という表現になるでしょうか。

また siêu ngon(シウ ンゴーン)なんて言ったりもします。 siêuは超という意味なので、「超ウマイ」という意味になります。

この dã ngon もsiêuも美味しい以外の形容詞にも使うことができます。これらの言葉を使いこなせば、ベトナム人はびっくりしてくれます。

ベトナムの言葉旅行・観光編ー買い物で使う値切りの言葉

買い物で使う値切りの言葉は、「まけて」 bớt đi(ボットディー)です。ベトナムは、日本人だとわかると値段をかなり上乗せしてきます。

ベトナムは安いという思い込みで買い物をすると、あとでありえないほどの値段を請求してくることがありますので注意が必要です。

値段を言われたらとりあえず、 「高いな。まけてよ」đắt quá. bớt đi(ダットクアー ボットディー)と言いましょう。

「まけてくれたらたくさん買うよ」 nếu bớt thì tôi mua nhiều(ネウボットティームアニュー)なんて交渉に入るのもいいですね。

ベトナムは物価が上がっているので、安いものは安いのですが、物によっては日本よりも高いというものもたくさんありますので、買い物をするときはくれぐれも値段をよく見て、購入するようにしてください。

なおベトナムの物価についての詳しい解説については、「ベトナムの物価は安い?高い?あらゆる角度から見たベトナムの物価について全てお伝えします!」で詳しく解説されていますので、あわせてお読みください。

コラム:ベトナム人に「お客様は神様」という言葉はない?

私たち日本人は、意識しているしているにしてもそうでないにしても「お客様は神様」という言葉が染み付いています。つまり定員はお客の下の立場と考えがちです。

どんなに丁寧に接する人でも、「こちらはお金を払っているのだからサービスするのは当然だ」という考えはどこかしらにあるはずです。

しかし日本以外の多くの国がそうであるように、ベトナムに「お客様は神様」という言葉も概念もありません。

例えばコンビニで大きなお金を渡すとあからさまに怒った顔で「細かいお金はないのか」と言ってきます。

こちらがないと答えると、「チッ」と舌打ちしてきます。日本人なら思わず「すみません」と言ってしまいそうになるでしょう。

レストランに入って、定員を呼び出すと混雑しているときは「うるさいな」という顔で近づいてきます。

「自分の店が混むのが嫌なら仕事を辞めればいいのに」なんて思いますが、どの店も大抵そうなので、これは意識の問題であるということになります。

ベトナム人にとっては、店の人とお客さんは対等の立場です。下手すれば物を買わせてあげているという意味で、上の立場になってきます。

これで腹がたつと、ベトナムが嫌いになってしまいますが、こちらも対等の立場に立って話せば案外気楽になります。

定員に細かいお金がないかと怒られたら、舌打ちして首を横に振ってください。それで怒って喧嘩になることはなく、精算が完了します。ただしその習慣を日本でやらないように気をつけてください。

ベトナムの言葉 愛の言葉・恋愛編

近頃では国際結婚も珍しくなくなってきましたが、ベトナム人と日本人のカップルというのも少なくありません。

そこでここでは、恋愛に役立つベトナムの言葉を紹介します。

ベトナムの言葉 愛の言葉・恋愛編ー告白

ベトナムでの愛の告白は、 男性が女性に対していうなら anh yêu em(アイン イウー エム)です。

女性が男性に対して「愛している」という場合は逆の em yêu anhです。

これは結婚してもそうですが、男性は女性に対して年下の人に対していう emを使い、自分がお兄さんという意味の anhを使います。

この言い方は例え相手の女性が同年代でも、年上でも 女性はemとなり男性はアインとなります。

ベトナムの言葉 愛の言葉・恋愛編ー女性が喜ぶ言葉

ベトナム人のカップルがよく使う言葉に、「会いたい」「あなたのことを思う」という意味の anh nhớ em (アイン ニョー エム)もしくは em nhớ anhがあります。

これは恋人同士だけでなく、友人や家族にも使う言葉で、自分がその人のことをどれほどよく思っているかがよく伝わります。

ちなみにnhớは思い出すという意味なので、直訳すると「私はあなたのことを思い出します。」という意味になります。

それで日本語が少し話せるベトナム人が、時々「あなたを思い出します」と言うことがあります。

日本人からすると「今会っているのに思い出すってどういうこと?」と思うかもしれませんが、これはあなたに対する気持ちですので深く考えないようにしましょう。

コラム:結婚に関するベトナムの有名な言葉

すでに紹介しましたがベトナムのことわざに「Ăn cơm tâu, ở nhà tây, lấy vợ Nhật」という誰もが知っている有名な言葉があります。

これは、「中国の飯を食べ、西洋の家に住み、日本人の妻をめとる」というという意味で、ベトナム人の最高の夢です。

実際に発音してみるとリズミカルです。ベトナムのことわざはこのように語呂やリズムが良い言葉がたくさんあるのは、さすが声調言語といったところです。

しかし実際はベトナムと中国は非常に仲が悪いので、ベトナムは中華店が非常に少ないのが現状です。

特に首都ハノイは、中国からすぐ近くにあるのに中華街がなく、これは世界的に見ても非常に珍しいそうです。

西洋の家は確かに人気がありますが、実際のところベトナム人は住むところにあまりお金をかけない人が多く、どちらかといったらバイクや車に興味があります。

日本人の妻もベトナム人にとっては夢かもしれませんが、実際のカップルは日本人夫とベトナム人妻の方が多いのが現状です。

なかなか達成することができないから、このようなことわざになったのかもしれません。

Sponsored Link

ベトナム人が大切にする習慣とその言葉

ベトナムでは、とても大切にされている習慣があります。日本とは感覚が少し違うので戸惑うこともあるかもしれませんが、それは彼らの文化なので尊重してあげましょう。

何れにしても、会話の中でもよく出てくる言葉なので覚えておいて損はありません。

ベトナム人が大切にする習慣とその言葉ー誕生日

ベトナム人は、誕生日 をとても大切にします。日本にも誕生日を祝う習慣はありますが、社会人になって定期的に祝う人は少ないでしょう。

しかしベトナム人は、会社で全員の誕生日を祝います。しかも「誕生日を誰かが祝う」のではなく、誕生日の人が、誰かを招待します。

そんな誕生日でよく使われるのは、次のような言葉があります。

おめでとう Chúc mùng(チュックムン)

chúc は漢字で「祝」という言葉になります。日本でも「祝〜」という言葉を使いますのでわかりやすいです。

誕生日 sinh nhật (シンニャット)

 sinh は漢字で「生」という言葉、 nhậtは漢字で「日」という言葉ですので、日本語とは逆に「生日」という言葉になります。ちなみに日本人は người Nhậtです。

あなたにプレゼントです。 Tặng bạn nhé(タンバンニェー)

これは英語の present for youのように使います。

ベトナム人が大切にする習慣とその言葉ーテト(旧正月)

ベトナム人にとって、旧正月にあたるテトは一年の中でもとても大事な行事です。テトとは、旧暦に基づいた1月1日で、通常の暦では2月の中頃あたりに始まります。

テトになると、ベトナム人は1週間以上の休みがあり、1年を通して休日が非常に少ない(テトを除くと8日しかない)ベトナム人が、故郷に帰ったりお寺にお参りに行ったりします。

ベトナムにおいて旧暦は非常に大切で、特に縁起に関係することは旧暦の日付で話されます。

それで日付を言う時には、旧暦の何月何日、あるいは西暦の何月何日という言葉を用いることがあります。

そんなテトでよく使われるのは、次のような言葉です。

旧暦 âm lịch(アムリック)と西暦 dương lịch(ズンリック)

日本では「新暦」に対して「旧暦」という言葉を使いますが、ベトナム語では旧を意味する cũではなく「音」を意味する âmという言葉を使います。そして新暦ではなく、あくまで西暦 dương lịchを使います。ベトナム人にとって、旧暦は「旧」ではないということがよくわかります。

正月 tết(テッ)

テト=旧正月と思っている人も多いかもしれませんが、 tếtはあくまで正月です。それで「日本の正月」という表現を使いたいときは、 「旧暦の正月」tết dương lịch 、「旧正月」というときは、 「旧暦の正月」tết âm lịchと使い分けることがあります。

テトを祝う ăn tết(アンテッ)

 ănは食べるという意味ですが、テトを祝うときは ăn  tếtと言います。これはもちろんテトを食べるという意味ではなく、テトを祝うということになります。

テトを楽しく過ごすはăn tết  vui vẻ(アンテッヴイヴェー)です。

ベトナム人が大切にする習慣とその言葉ー乾杯

ベトナム人は乾杯が大好きです。日本人は乾杯をするとしても、飲み始めに一回するだけですが、ベトナム人はそれだけでは終わりません。

飲んでいる中で盛り上がってきたら、とりあえずコップをぶつけてきます。面倒臭くなって乾杯を拒否するなら、それは友情を拒否したと思われてしまいます。

ベトナム人が乾杯するときは日本語で言うところの「乾杯!」という言葉はありません。ただ盛り上がったらコップをぶつけ合うだけです。

盛り上がりが最高潮になると、「1、2、3 イェーイ!」một hai ba vô!(北部:モッハイバーゾー!南部モッハイバーヨー!)と掛け声をあげます。

この言葉はとても大きいので町中に響き渡り、道ゆく人たちは「今日もどこかでベトナム人たちが楽しんでいるな」と思いを馳せながら家路に帰ります。

Sponsored Link

ベトナムの言葉 仕事・敬語編

ベトナム人は礼節を重んじます。ベトナム人が特に意識するのは、ビジネスというよりも年齢ですが、やはり仕事でも日本語の敬語に近い言葉を用います。

特に北部の方が敬語にうるさいですので、ベトナムで仕事を始める時には最低限の言葉を覚えておきましょう。

年齢だけとは限らない人称代名詞

ベトナムでは年上の人と会話する時に一人称と二人称が変化します。

例えば年下の場合、 em(エム)というのが普通ですが、お客さんや上司にあたる人の場合 お兄さんという意味の言葉anh(アイン)、女性ならお姉さんという意味の言葉 chị(チ)を使います。

1人称は私を意味する 言葉tôi(トーイ)か、へりくだって em(エム)ということもあります。

北部でのみ使う言葉 ạ

北部では、目上の人に話す時語尾に ạをよくつけます。

例えば、目上の男性に挨拶をするときは、 em chào anh ạ(エムチャオアインア)と言います。

はい、承知いたしました。というときは、 dạ vâng ạ(ザバンア)と言います。英語で言うところの yes sir!になるかと思いますが、ビジネスだけでなく、日常でも年上の人には使います。

この ạの下の点は言葉を切り捨てるような言い方をする声調なので、「エムチャオアインアッ!」「ザッ!バンアッ!」というような言い方になります。

ベトナムは、北部は中国などの共産圏の影響が強く、南部は欧米の影響が強い傾向があります。それで軍隊が使う Yes sirを日常でも使うのかもしれません。

日本人が使いそうな言葉をベトナム語にすると

言語の学習はその国の言葉を覚えるのが基本ですが、それでも日本人が使う言葉をベトナム語でなんと言うのだろう時になるかもしれません。

ここではいくつか日本人が仕事で使う言葉を、ベトナム語らしい表現で表してみました。

お疲れ様ですVất vả nhỉ(バッバーニー)

直訳すると「大変ですね」と言う意味で、日本語のように挨拶がわりには使うことはできませんが、ベトナム人がよく使う言葉です。

仕事が大変そうな時にVất vả nhỉといってあげると、ベトナム人は「労われた」と感じます。

ありがとうございます。お世話になりました。Xin cảm ơn nhiều(シンカムオンニュー)

 Thanks a lotと同じ意味で 直訳すると、「たくさんありがとうございます」と言う言葉です。Xinとは経緯のこもった言い方なので、Xin cảm ơn nhiều「ありがとう」の敬意を込めた言い方になります。

承知いたしましたTôi hiểu rồi ạ(トーイヒュウゾーイア)

直訳すると「私はわかりました」です。ベトナム人は普段「OK」と言う言葉をよく使いますが、ビジネスでは、こちらの言葉の方がふさわしいでしょう。

本当に申し訳ございませんでした。Thành thật xin lỗi.(タインタッシンロイ)

誠実さの伝わる「ごめんなさい」と言う言葉です。もしもの時に備えて覚えておきましょう。

Sponsored Link

これを使いこなすとさらに面白くなる!ベトナムのひとり旅でも使える言葉

ベトナム人との会話に慣れてくると、辞書や教科書には載っていない言葉を使われることがあります。

そんな言葉も理解し、時にはあなたも使いこなせるようになればベトナム人との距離もぐっと縮まります。

ここではそんな若者言葉や、ちょっと危ないベトナムの言葉を紹介します。

ベトナム語の若者言葉ーメールでの省略

日本でもメールを使う時省略語がありますが、ベトナム語でももちろん省略語があります。

例えばベトナムでよく使う言葉では、次のように省略されます。

anh→a ,ah

chị→c

em→e

được→đc

không→kh,ko,k

これらを覚えておけば、読むときはもちろんですがメールを打つ時もすごく楽なのでぜひ活用ください。

またスマホが普及される前のガラケー時代では次のような言葉の変化がありました。

i→j

o→u

ガラケーを使っている人で iや oを打つのが面倒臭いという人が使っていたようですが、真実は定かではありません。またガラケー時代は声調を打つのが面倒なので、声調なしでメールを打つことがほとんどでした。

スマホは声調を入力するのがとても楽なので、ベトナム人で声調なしのメールをしてくるのは少なくなってきましたが、こちらが声調なしでメールをしても、ベトナム人はだいたい理解してくれます。

ベトナムの声調や発音記号は全部覚えるのが大変なので、急な用事の時は略語や声調なしのメールを送っておくることができます。

ベトナムで使用禁止!ベトナム語の悪い言葉

ベトナム語にももちろん、放送禁止レベルの悪い言葉があります。これを使うと人格を疑われますので絶対に使わないようにしてください。

ただしベトナム人が使っている言葉の意味を知っておかないと、知らずに使ってしまうということもありますので覚えておくことは大切です。

  • Địt/chết đi

言葉の意味:F○○k you/死ね

特に気の荒い北部の人に言ったら、殴り合いの喧嘩になります。g

  • Đĩ

言葉の意味:女性を性的な意味で蔑む言葉

  • Mẹ kiếp/Câm mồm/Im mồm

言葉の意味:ふざけるな/黙れ

  • Đồ ngu

言葉の意味:馬鹿を最大限に悪感情を込めていう言葉

北部の人は男性も女性も気が短い人が多く、普段は優しいのですがちょっとした言葉で言い争いになったり掴み合いの喧嘩になったりします。

これらの言葉は冗談でも言わないように注意しておきましょう。

気づかずに使ってしまうベトナム語の汚い言葉に気をつけよう

ベトナム語の基本的な文法や単語をある程度覚えていくと、自分で作文できるようになりますが、意図せずに汚い言葉になってしまわないように気をつけましょう。例えば、このような言葉があります。

 Đi ngoài=トイレ(大)に行く

 điは「行く」という動詞で、 ngoàiは外を意味する言葉です。それでみんなの前で「外に行きます」と言いたい時 đi ngaoài というと恥ずかしい思いをすることになります。「đi ra ngoài」もしくは「ra ngoài」と言ってください。

Sponsored Link

ベトナムの言葉は近隣諸国でどれほど通じるか

外国語の習得をしようとする時、多くの人がまず最初に英語を選ぶのは多かれ少なかれ世界中で知っている人がいるからです。

中国語は英語ほどではありませんが、やはり世界のほとんどの国に少なからずの中国人がいるので、中国以外にも活用の場所がたくさんあります。

ベトナム語はこれらの言語と比べるとマイナーな言語で、日本人でベトナム語が話せる人はほとんどいないでしょう。

しかしベトナム語は世界的に見ると母国には9000万人以上の人口を抱えていて、それに加え世界各地にベトナム語を母語とする大勢の越橋がいますので、決してマイナー言語ではありません。

そこでベトナムが近隣諸国でどれほど通じるか、またベトナム語と近い言語はあるかについて考察してみましょう。

カンボジアとベトナムの言葉

ベトナムの隣国カンボジアでは、主に使われているのがカンボジア語で、文字は全く違うクメール文字を使っていますし、言語もあまり似ていません。それでカンボジア人にベトナム語で話しかけてもわかる人は少数でしょう。

ベトナムの言葉は主に中国に強い影響を受けていますので、むしろ日本語や韓国語の方が言葉としては似ています。

しかしカンボジアとベトナムの言葉は、もともと起源は同じですので音声などにている部分もあります。

またカンボジア人およそ1,500万人の中の5%はベトナム人とかなりの数がいますので、探せばベトナムの言葉を使うことができます。

カンボジアになぜベトナム人がそれほどいるのかというのは、2つの悲劇が関係しています。

もう1つはポルポトの大虐殺で、この時ポルポトは多くの教育者と技術者を殺害しました。それで足りなくなった技術者を補うために隣国のベトナム人が働きに来ることになりました。

もう1つはアメリカとの30年にもわたって続いたと言われているベトナム戦争。この時に多くの難民が出ましたが、隣国のカンボジアにもかなりの数が避難しました。

ベトナムとカンボジアは仲が良くないのですが、祖国のベトナムからしても彼らは裏切者。そんな肩身のせまいカンボジアに住むベトナム人にベトナムの言葉で話しかけてあげればとても喜んでくれます。

タイとベトナムの言葉

タイトベトナムは文字も言語も全く違いますので、ほとんど通じることはありません。

タイの経済発展に伴って、タイに出稼ぎに行くベトナム人も増えてきましたが、

フィリピンとベトナムの言葉

多言語国家であるフィリピンの公用語はどれもベトナムと似ていません。ただしベトナム語は、英語も公用語していますが、ベトナムで英語を話せる人はあまりいません。

やっぱりベトナムの言葉はベトナムしか通じない?

このようにベトナムは独自に発展した言葉で、近隣諸国ではあまり通じません。

しかし経済発展が著しいベトナムは、今後世界においてますます影響力は強まるでしょう。

その時には当然、ベトナムの言葉を学習したいという人が増えてきます。

ベトナム語を学習することは、今後の旅行やビジネスにきっと役に立つ日がくるはずがくるでしょう。

Sponsored Link

【まとめ】ベトナム語は素敵な言葉

今回はベトナムの言葉について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

・ベトナムの言葉は中国に強い影響を受けているので、日本の言葉と良く似ています。

・ベトナム語は地域によって違い、大きく分けると北部弁、中部弁、南部弁があります。ベトナムの言葉を初めて学習する人は、まずどこの地域の言葉にするかを選ぶ必要があります。

・ベトナムの「シンチャオ」は朝昼晩、出会った時も別れの時も使える言葉です。

・ベトナム人は友情を大切にしますので、励ましや好きという気持ちを言葉で率直に伝えれば素直に喜んでくれます。

・人称代名詞の使い方が、ベトナムの敬語のカギです。

・ベトナム語の使用話者は9000万人以上なので、世界的にみたら決してマイナーな言葉ではありません。

その国の言葉を知るということは、その国やその文化または考え方を知る上での大切な一歩です。

ベトナムの言葉は日本人と関連のあるものもたくさんありますので、知れば知るほど興味深くなっていくはずです。

あなたがもしベトナムに行ったりベトナム人に会う機会があったりするなら、この機会にぜひベトナムの言葉を学んでみませんか?

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • ベトナムの文化は興味深い!中国、アメリカ、ベトナム戦争の関係とは?

  • ベトナムの宗教について割合や食べ物・歴史やタブーなどすべてをお伝えします!

  • ベトナムの水事情 安全かどうか・値段・注意事項について

  • ベトナムの生活(費用・水準・情報・環境)など徹底解説!

関連記事

  • ベトナムのビザ申請方法(ビザなし・写真・種類・取得)など全てを徹底解説!

  • ベトナムの生活(費用・水準・情報・環境)など徹底解説!

  • ベトナムの物価は安い?高い?あらゆる角度から見たベトナムの物価について全てお伝えします!

  • ベトナムのタクシーは安くて便利!料金相場や安全な会社などを紹介!

  • ベトナムの天気は暑いだけじゃない!四季もあり雨季や乾季もあるこの国のベストシーズンを紹介します!

  • ベトナムは治安が良い悪い?夜・昼間などにおける注意点を徹底解説!