1. TOP
  2. シンガポールの税金の「修正申告」について

シンガポールの税金の「修正申告」について

シンガポールの課税当局に税金を納めた後で、申告に誤りがあることに気付いた場合はどうすることができるでしょうか。

 

見積もり課税所得の修正

シンガポールに法人税などの税金を納付し、見積もり課税申告書を提出してから確定申告書を提出するまでに大きな変更があると判明した場合は、「見積もり課税所得の修正申告」を行うことができます。

修正申告を行う方法は非常に簡単で修正した「見積もり課税所得」をシンガポールの課税当局に提出するだけです。

 

見積もり課税所得に変更がある場合や間違いがある場合でも、本当に申告する必要があるものなのかはまずシンガポールの法律事務所などに問い合わせてから申告することがお勧めです。

 

確定申告書の修正

シンガポールの課税当局に確定申告書を提出してから申告内容に誤りを発見した場合も、修正した確定申告書に誤りであることを証明する資料を添付し誤りに至った理由を添えて再提出を行います。

 

税金の過少申告の場合

シンガポールに納めた税金が過少に申告したものであることをシンガポール課税当局に税金納入後に気付いた場合、

本来なら過少申告した額の100%から200%の加算税を課せられることになりますが、自ら申告を行うと加算税分がいくらか軽減されることになります。

 

この税金の過少申告の誤りを自分で訂正申告する場合は、シンガポールの税金「法人税」だけではなく「個人所得税」や「消費税」、「源泉税」「印紙税」なども含まれます。

これらも一様に、誤りを自ら修正する場合は加算税分がいくらか軽減されることになります。

 

自主的に修正申告する場合の加算税

シンガポールに税金を納める場合に故意ではなく単純な誤りにより申告額を過少申告した場合、それらの理由により過少申告額の100%から200%の加算税が課せられますが、自ら誤りに気付いて修正申告を行った場合はシンガポールの法律に基づく申告期限から1年以内に修正申告を行うと加算税は課せられません。

また、シンガポールの法律に基づく申告期限から1年を過ぎた場合は1年につき過少申告した額の5%の加算税が課せられます。

 

いずれの場合にも、シンガポール課税当局に指摘される前に行うことで罰金を少なくすることができますので、もし申告額に誤りが見つかった場合は速やかに申告することにしましょう

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • マレーシア・ペナン島のおすすめ観光・生活情報

  • シングリッシュとは?特徴・歴史・発音・一覧全てをお伝えいたします!

  • singainfo.comでは企業・お店・イベントの宣伝・紹介を無料にて受け付けております!

  • シンガポールと日本人の深い関係

関連記事

  • 「タックスヘイブン対策税制」のシンガポール企業への適用

  • シンガポールの税金「印紙税」について

  • シンガポールで法人設立する場合の「会社」と「支店」の違い

  • シンガポールの法人税について

  • シンガポールの税務 「物品・サービス税(GST)」

  • シンガポールの税金 個人所得税