1. TOP
  2. オーストラリア 生活
  3. オーストラリアのスーパーマーケットでお買い物!お土産選びにもおすすめ!買い物の仕方やクレジットカードの使い方まで完全解説!
Sponsored Link

オーストラリアのスーパーマーケットでお買い物!お土産選びにもおすすめ!買い物の仕方やクレジットカードの使い方まで完全解説!

スーパーマーケットはその国の食生活や生活スタイル、文化が色濃く表れていて、観光として楽しめる一方、お菓子や雑貨、石鹸やコスメといった人気のお土産が一斉にチェックでき、安く色々と揃えることができます。

気軽に訪れることのできるスーパーマーケットですが、日本とは全然違うオーストラリアのスーパーマーケットの商品の計量・値段設定、レジの使い方、クレジットカードでの支払いなどに不安や戸惑いを感じることもあるでしょう。

この記事ではオーストラリアの代表的なスーパーマーケットの特徴や買い物の方法、安くお土産を手に入れる裏技などを一挙ご紹介します!

Sponsored Link

Contents

スーパーマーケットはオーストラリア産ブランドだらけ!

オーストラリアの 主要先進国食料自給率ランキング はなんと世界第1位!200%を超えています。

オーストラリア人は、そんなオーストラリア産の食品に強いプライドを持っています!

オーストラリア産かどうかを見極めるには、MADE IN AUSTRALIAという文字と、この▲の中にカンガルーの入ったマークでチェックすることが出来ます。

例えば、この写真の商品は少なくとも81%以上がオーストラリア産の材料を使った商品であることを示しています。

Sponsored Link




オーストラリアのスーパーマーケットでの買い物の方法

オーストラリアのスーパーマーケットは入り口と出口が別にある

オーストラリアのスーパーでは入り口(Entrance)と出口(Exit)が分かれているところが少なくありません。

また、特に表示やサインも設けていないので、混乱してしまう人も多いかと思います。

出口は大抵、レジ付近になるので、入り口を探すときはその逆方向を目指しましょう。

セルフの無人レジがかなり普及しているオーストラリア、商品を買う人と買った人がごちゃごちゃにならないようにしているのかもしれません。

入り口は多くの場合、青果品の目の前に設置されています。

とても大きいショッピングカート!オーストラリア人は返却場所に返さない!

オーストラリア人は家族総出で週末に一気に買い物をします。

なので、買い物量は尋常ではなく、 買い物カート(トロリー)は大人でも余裕で収まってしまうほど巨大です。

当然、荷物量がとんでもないことになってしまうので、カートは駐車場の車ギリギリまで押していくんですが、なんとオーストラリア人、荷物を積んだらカートはその辺に放置してしまいます。

また、徒歩で買い物に来ている人の中には、家までカートを押して行って道端に買い物カートを置き去りにしてしまう人もいます。

正直、日本では考えられない習慣ですが、お店の周りや町を周回して買い物カートを回収する Trolley Collectorなんて職業まであるのです。

とはいえ、近年は社会問題として提起されつつあり、罰金を科す州も出てきました。

お店周辺や駐車場にはきちんとトロリー回収の場所が設けられていますので、使ったものは元に戻しましょう!

野菜や果物、生鮮食品は量り売りで売られている

スーパーで売られている生鮮食品は、パッケージ売りされていない場合ほとんどが量り売りです。

表示は(値段)/KGとなっていて、買ったものの重さで値段が変わります。

会計時はセルフレジに重量計測機能がついていて、値段が加算されます。

売り場には秤が置いてありますので、購入前に自分で値段の確認ができます。

Sponsored Link




品物がどこにあるか、頭上のサインで確かめよう!

スーパーの各商品棚の通路(AISLE)毎に、頭上に番号とサインが設置してあります。

これを目印に、自分の目的のものが売られている通路を探し出すことができます。

店員さんも、AISLE(アイル)の5番にあるよ!といった風に番号で教えてくれるので、サインをチェックしましょう。

それでも見つからなければ、店員さんに再度聞いてみましょう。

皆、快く商品の場所まで連れて行ってくれるはずです。

オーストラリアのスーパーはオーガニックやグルテンフリー商品など、多様性にあふれている!

移民国家のオーストラリア、人種も宗教も様々で食品にもその多様性が見られます。

ベジタリアン食品や、アレルギー対応食品はもちろんのこと、健康意識また美意識の高いオーストラリア人用に、スーパーでは多くのオーガニック食品やグルテンフリー食品も取り扱いされています。

野菜や果物は一般のものと区別されて、オーガニックコーナーが設けてあります。

高い基準をクリアしたオーガニック商品には、
ACO (Australian Certified Organic)  のマークがついていて、区別できるようになっています。


2FOR~ まとめ買いがお得!安く品物を買う方法

any2for3のチョコレートから好きに2ツ選べて、2つで3ドルになるパターンです。

たとえばアボカドの値札に1FOR3、2FOR5と書いてある場合、1つ3ドルだけど2つ買えば5ドルになるよ!という意味になります。

2つ買ったときに1ドル浮きますね!

こういったまとめ買いをすると安くなるといった2FORの形で売られている商品がオーストラリアのスーパーでは多く見られます。

また、Any2Forといったパターンもあって、これは指定された商品の内、沢山種類のある中から好きに2つを組み合わせることができるまとめ買いパターンです。

たとえばソーセージやお肉、またチョコレート売り場でこのAny2Forパターンをよく目にします。

2つ買ったほうが安くなる!と、ついつい余分に買いすぎてしまいます。

毎週水曜日は新しいスペシャルが出る日!セール品をチェックしよう!

Colesをはじめほとんどのスーパーが、スペシャル商品(セール品)を毎週水曜日に更新しています。

Image result for COLES SPECIAL

媒体としてはHPや新聞の広告、また店頭で貰えるチラシにて確認が可能です。

水曜日に更新された商品は、翌週の火曜日までずーっとスぺシャルです。

とくに、お土産にも人気のチョコレートのバラマキ菓子や、ティムタムは2つで1個分の値段になっていることがよくあります!

他にも 30~50%オフになっている商品が山ほどあるので、ぜひチェックしてみてください!

スーパーの買い物袋は有料!ショッピングバッグを持参しよう!

かねてより高まっていたプラスチックフリーへの国民の関心と高い海洋汚染対策 意識を受けて、オーストラリアでは2018年7月よりレジ袋の完全廃止が決定されました。

これは大手スーパーだけでなく、ちいさな小売店や飲食店でも同じことで、違反すると罰金が科せられます。

Colesやwool worthなどの大手スーパーではそれに先駆けて4月からレジ袋を廃止しています。

でも、買い物袋を忘れたり、ついつい買いすぎてしまって、手持ちの袋に入りきらないなんてことありますよね?

そんな時のために各スーパーにてオリジナルのエコバッグや、リユーザブル(再利用可能)プラスチックのレジ袋が15~20セント程度で販売されています。

雑貨屋さんやデパートでも、コンパクトに収納可能な可愛いショップバックがたくさん売られているので、お土産にもお勧めです。

有人レジスターでの英語、支払い方法

スタッフが常駐しているレジでの買い物の方法を順を追って説明します。

レジの台はベルトコンベアーのようになっているので、ショッピングカートもしくはかごから、その上にひとつづつ自分で商品を並べましょう。

自分の商品を出し終えたら、プラスチックの仕切りを最後に置きます。

そうすることで次のお客さんと商品がごちゃ混ぜになるのを防げます。

「How would you like to pay today?」もしくは「cash or card?」と支払い方法を聞かれると思います。

現金であれば「Cash please」といってお金を渡せばおしまいです。

カードの場合、「Card please」と伝えるとstaffがカードリーダーの準備をしてくれるので、機械に表示される CHQ、SAV、CRDのうち、CRD(クレジット)を選択しましょう。

暗証番号入力画面へと切り替わるはずです。

暗証番号を入力してAPPROVEとなったら支払い終了です。

無人(セルフ)レジスターの使い方と支払い方法。クレジットカードの使い方は?

オーストラリアの大手スーパーの殆どがセルフレジを導入しています。

こちらの方がさくさく順番が進んでスムーズです。

Image result for COLES REGISTER

まず、セルフレジを使用する際に注意しなければならないことは、支払い方法によってレジが分けられているということです。

レジに行くとCARD ONLY(カードのみ)CASH ONLY(現金のみ)といったレジがあるので、自分の支払い方法に合ったレジを選びましょう。

特に表示のないものは、どちらでも支払いが可能です。

まずバーコードのある商品は、レジの赤い光の部分にかざしてバーコードを読み取っていきます。

この時、必ず左側の荷物置き場に商品を置くようにしましょう、重さで商品を確認しています。

バーコードのない商品は、画面から商品名を探し出し、計量する必要があります。

例えばズッキーニの場合ZUCCHINIで頭文字がZなので、目次のZを選択するとZから始まる野菜や果物が画面に出てきて、選択できます。

ズッキーニの絵柄と名前を選択すると、計量画面に進みますので商品をレジにおいてください、値段が表示されます。

アボカドやレモンなど、個数選択の場合もあります。

なすびはEgg plant,パプリカはCapsicum、白菜はWon bokといったように、英名と日本名が違う野菜はたくさんあるので、見つけるのが困難なときは店員さんに助けを求めましょう!

無人レジには最低1人、アシスタントstaffがついています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-6.png です

最後に、画面右下の赤いPAYを選択すると会計画面へと移ります。

支払い方法選択画面で、現金払いであればCASHを、クレジットカードであればCARDを選択しましょう。

カード払いの場合、レジ横のカードリーダーにSAV,CHQ,CRDの選択肢が現れますのでCRD(クレジット)をえらんでPIN(暗証番号)を入力しましょう。

APPROVEと出たら支払い完了です。

ワーホリや留学などでオーストラリアのデービッドカードを持っている人はSAVもしくは、タッチパネルにタッチをすることでEFTPOS払いが可能です。

Sponsored Link




オーストラリアのスーパーマーケット 

オーストラリアのスーパーマーケットは大手のCOLES とWOOL WORTH、郊外に多い中規模スーパーのIGA,また都市部にみられるALDIの4社がメインです。

どのスーパーも通常の商品に加えて自社製品、ホームブランドの食品を各種販売しています。

ホームブランド商品は値段が安く、量も多いです。

食料品はもちろんのこと、調味料、洗剤等幅広く作っているのでぜひチェックしていてください。

ここからは各スーパーの特色や割引などを比較、ご紹介します。

オーストラリアのスーパーマーケット①COLES(コールス)

Image result for cOLES

オーストラリアでのシェアは30.3%で2番目(2017~2018年データ)

赤い看板が目印で、どこの町に行っても見かける大手スーパーです。

新鮮な食材が毎日デリバリーされていますが、NORTH QLDでは雨季にしばしば交通障害が起きて、商品がスーパーから消えうせることも。

Wesfarmers Limited子会社で、グループ関連企業にガソリンスタンドとコンビニが融合した Coles Express 、BOTTLE SHOP(酒屋)のLiquor Land・First Choice 等があります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-8.png です

関連企業各社の割引がついてくるので、 Coles で買い物をした後はレシートをチェックしてみましょう。

とくに、20ドル以上の会計には Coles Expressでガソリンが1Lにつき4CENT安くなる割引バーコードがついてくるので車で旅行される方はぜひ捨てずにとっておいてくださいね!有効期限があるので注意してください。

Colesではオンラインショッピング、またデリバリーも可能です。

デリバリーは初回100ドルから無料、150ドル以上では配達時間の指定(月から金曜日のうち8時間程度の範囲)が可能です。

8時間なのでかなり正確とはいいがたいですが、配送1時間前にはメールでお知らせしてくれます。

Colesのクレジットカードを持っている人は、初回に限らず150ドル以上の買い物は毎回無料配送してくれます。

ナッツやドライフルーツのセルフ量り売り

Coles といえばこれ!入り口付近でナッツやドライフルーツ、プリッツェルやヌガーまで各種、量り売りができるようになっています。

方法はというと、備え付けのバッグに自分の選んだ品物をシャベルで入れていくだけです。

ただこの時、違う商品を同じバッグに入れないように注意してください、各品物毎で値段が違うからです。

5つの品物を選んだ場合、5つの袋に個別に入れるということになります。

選んだら、その商品のラベルについている番号を確認します。

設置されていつ専用機械に番号を打ち込み、商品を乗せると、重さごとの値段が計測されてバーコード付きのシールが出てきますので、それをバッグに貼って会計時にスキャンするシステムです。

リワードカード:FlyBuys(フライバイス)

Related image


Colesでの買い物1ドル毎に1ポイントがつきます。

2000ポイントから還元可能で、お店での買い物であれば10ドル割引になります。

他にも日用品から電化製品、旅行プランや飛行機のチケット購入・シートのアップグレードにも使えるので、ワーホリや留学生、在住者には取得がおすすめです。

カードはオンラインから作れます

ColesだけでなくKmartやTARGETなどの関連企業での買い物でもポイントが得られます。

30ドル以上の買い物でおまけがついてくる!

マーケティングの一環として30ドルの購入につき1こ、おまけが貰える期間限定サービスが近年人気です。

Related image

コールスで売られている商品をミニチュア化したこのTOYが大ヒット!

しかもOAKミルクの出現率が低く、全種類コンプリートするために人々はColesに日々走りました。

Ebayをはじめとするオークションサイトではアイテムが出品落札されるまでの大人気となり、このおまけ導入後、Colesの1/4期の売り上げが5%以上上がりました。

この人気を受けて、今実施されているのが第2弾のSTIKEEZです。

Image result for COLES STIKEEZ

謎のキャラクターシリーズで、透明なものや金・銀バージョンなどのレアアイテムがあります。

Image result for STIKEEZ GOLDEN BANANA

このうちのゴールデンバナナがEbayでなんとAUD20,100で落札されて話題になりました、現在の日本円のレートで160万円です。

そんなこんなでNEWSでも話題にあがり、マーケティング戦略として成功していますが、国内では徐々にアイテムやアイテムの包装に使われているプラスチックを問題に上げる声が上がり始めました。

プラスティックフリーを掲げて、ショップバッグ廃棄の先導をきっていましたからね、それも当然のように思います。

おそらく材質などもかえながら、今後も第3弾、第4段とおまけ戦略は続いていくように思います。

30ドル以上の買い物をしたら、レシートにもらえるおまけの個数が印刷されているので近くのスタッフに声をかけてください、その場で手渡してもらえます。

Sponsored Link




オーストラリアのスーパーマーケット②WOOL WORTH(ウールワース)

Image result for WOOLWORTH

通称 ウーリー、国内でのシェアは37.2%でNO.1の大型スーパーになります。

Coleとおなじく新鮮な生鮮食品から日用品まで幅広く取り扱っていて、価格もColesとはとくに大きな差はありません。

魚ふくめシーフード全般はwool worthのほうが品ぞろえの良い印象、またベーカリーがとてもおいしいです。

海外特有のカラフルでアイシングシュガーたっぷりのケーキがほとんどのオーストラリアですが、wool worthには日本人好みのショートケーキが売られています!

ホールケーキが12ドルくらいで買えてしまうので、とてもお得です。

また、Colesとの大きな差といえば圧倒的なデリフード(Ready to go)の量の差です!なんと寿司を扱っている店舗もあります。

単純に買い物をするだけであれば、在住者はColeとWool worth に特にこだわりはなく、家から近いほうに行くのが基本ですが、両者が同じ地域にあればデリフードやベーカリーの豊富なWool worth の方が有利かもしれません。

WOOL WORTHでもColesと同様にオンラインショッピングが可能です。

初回は100ドル以上の購入で配送無料、またそのあとも300ドル以上の配送で無料の配送サービスは受け続けられます。

149.99ドルまでの注文は12ドルから、250ドルから 299.99ドルの注文は 3ドルがかかります。

Colesとちがって配送時間の指定はできません。

Coles同様、20ドル以上の買い物でレシートに関連会社のBTSやCaltexのガソリン割引などの割引がついてきます。

リワードカード: Woolworths Rewards(ウールワース リワード)

1ドルの買い物につき、1ポイントが付きます。

関連店舗のBOTTLE SHOP(酒屋)であるBWS,またガソリンスタンドのCALTEXでもカードが使えます。

Caltexにはタイプの違う店舗があって、Caltex Woolworthとウーリーの名前の入っていない店舗ではポイントはつきませんのでご注意ください。

2000ポイントで10ドル割引、もしくは各種クーポンに買えたり、Coles同道電化製品や飛行機の予約など幅広くポイントを活用することができます。

カードはオンラインから作れます

30ドル以上の買い物でおまけがついてくる!

WOOL WORTHでもColes同様、30ドル以上の買い物でおまけがついてきます。

過去には動物カードシリーズなどもありましたが、近年は老若男女に知名度のあるディスニーとのコラボが目立ちます。

今現在行われているキャンペーンはDisneyのWordsTileです、ディズニ―キャラクターおよびピクサーの全36キャラクターの絵柄と、その後ろにアルファベットがかかれているこのカード、収集するだけでなく背面のアルファベットをつかってカードゲームにもなりますし、言葉を憶える知育にもよいと人気です。

Woolies re-enters collectables fray with plastic-free Disney promotion

実は36種類のキャラクターに加えて、ディスニーのシンデレラ城のタイルも混じっていて、そのスペシャルタイルをGETしたあかつきには、カルフォルニアのディスニーランドにご招待!なんて、特典もあります。

また、Tileはアルミニウム、包装紙は紙で出来ているので、どちらもリサイクル可能であるというのが、大きな特徴でもあります。

オーストラリアのスーパーマーケット③IGA(アイジーエー)

Image result for iga


IGAはオーストラリアの中規模スーパーです。

ColesやWool Worthが町の中心部にあるのに対してIGAは郊外の居住地エリアの近くに構えていることが多く、大手スーパーが進出していないような田舎ではIGAは貴重なライフラインです。

料金は他2社に比べて少し高めで、シーフードなどの鮮魚の取り扱いはかなり少なめです。

しかしオーストラリア郊外ともなると、スーパーに行くのでさえ車やバスなどの交通手段は必須なので、居住地から徒歩圏内で行けることの多いIGAは地域住民のサポートを受けて常に人気です。

日本の生協やcopeのような感じの地域住民との距離が近いスーパーで、大手スーパーと違い各IGAの店舗主によってその地域住民の希望や売れ筋を受けて個性的な品ぞろえとなっています。

パイやソーセージ、揚げ物など日本のコンビニのようにコインで気軽に買える軽食がそろっていたり、中華街やアジア人の多いエリアのIGAではアジア食料品の品ぞろえが豊富であったり、店舗によってはコーヒーマシンを導入しているところや、焼き立てpizzaを扱っているところもあります。

オンラインショッピングも可能です、配達に関しては店舗主によるところが大きいので、近くの店舗で確認してください。

リワードカード

IGAにもリワードカードが存在します。

タバコや携帯のプリペイドカード購入を除き、1ドル毎にポイントが加算されるようになっています。

ポイントを貯めて割引を受けることができたり、旅行や飛行機などの予約時にポイントを還元できるのは大手ス―パーと変わりませんが、IGAのリワードカードの特徴として、地元のコミュニティー組織への募金にポイントを使える点があげられます。

カードはオンラインからつくれます。

オーストラリアのスーパーマーケット④ALDI(アルディー)


ドイツ発の大型ディスカウントスーパーです。

オーストラリアでのシェアは9.2%で、NTとTASを除き国内に500店舗ほどです。

都市部中心に展開しているスーパーで、ある程度大きな町ケアンズでもALDIはありません。

特徴は何といってもその安さです、特にbutterやmilkはcolesやwool worthより安くて質もよいと2018年の国民へのサーベイ調査で評価を得ています。

オリジナルブランドやヨーロッパからの輸入品が多くみられる一方で、肉類や野菜はオーストラリアのものを取り扱っていて、家電製品なども販売されています。

リワードカードはありません。

オーストラリアのスーパーマーケットでお土産を買うとお得!

毎週スペシャルセール商品がリリースされるオーストラリアのスーパーマーケットではお菓子をはじめコスメ、石鹸などの商品を定価、もしくは半額で手に入れることができます。

ここでは、スーパーマーケットで購入可能なお土産にピッタリ、おすすめ商品をご紹介します!

オーストラリアのスーパーで買えるお土産①TIM TUM

いわずとしれたオーストラリアの定番のお土産Tim Tamは、オーストラリアのビスケット会社Arnott’sによって製造されている、チョコレートコーティングされた2枚の麦芽ビスケットの間に各種チョコレートクリームフィリングを挟んだチョコレートビスケット菓子です。

オリジナル、ダークチョコレート、ホワイトチョコレート、キャラメル、ダブルコートなどの定番5種に加えて、新商品や期間限定商品が常にリリースされていて、常時10種類以上の異なるフレーバーが売られています。

期間限定フレーバー

日本でもオリジナルをはじめとする定番商品は日本のカルディやコストコでも購入可能ですので、オーストラリアならではの期間限定商品がおすすめです!

coles、wool worth共に30%から50%オフや、2つ選んで3ドルなどの各種セールで頻繁に割引されている商品の一つです。

オーストラリアのスーパーで買えるお土産②チョコレート

日本での知名度はTIMTUMほど高くないですが、オーストラリアのスーパーではどこも大きく取り扱っているカドバリーのdairy milkチョコレートもおすすめです!

このdairy milkは棚一面を使うほどフレーバーが豊富で、基本の板チョコ形式のものに比べて手のひらサイズのバータイプや、バラマキ用におすすめのコアラやカエルのキャラクターを模した一口サイズの個別包装のものなどがあります。

板チョコタイプは一つ一つのフレーバーに合わせてとてもかわいいデザインがついているので、クオリティの高い味はもちろんのこと、外観的にもお土産としてよろこばれること間違いなしです。

こちらのチョコも、timtum同様によくセール商品のリストに上がっているのでおすすめです。

棚一面のdairy milk

また、ほかにもpicnicやhoney comb、 snickersのようなバーチョコレートもバラマキ用のお土産にお勧め、一口サイズの各種チョコレートが入ったバラエティパックなどもあるのでぜひチェックしてみてください。

Sponsored Link




オーストラリアのスーパーで買えるお土産③チップス

メルボルン近郊のYalla Valleyで作られているTyrrell’sをはじめとして、smithやkettle、natural chips CO、 RED ROCK DELI など多くのブランドチップスがあります。

honey soy(ハニーソイ)やLime and blackpapper(ライム&ブラックペッパー)また酸っぱ甘い Salt and Vinegar (ソルト&ヴィネガー)など日本ではあまり見かけないようなフレーバーが多くあります。

オーストラリアのスーパーで買えるお土産④クラッカー

ライスクラッカーをはじめ、ワインのお供にコショウのきいたものや、ローズマリーなどのハーブが練りこんであるものなどディップやチーズを乗っけて食べるのにクラッカーは人気です。

その中でもおすすめはOB FINESTのドライフルーツとナッツが練りこまれたクラッカーシリーズ。

FIG AND ALMOND(イチジクとアーモンド)やCASHEW AND ROSEMARY(カシューナッツとロースマリー)などのフレーバーもあり、チーズとワインとの相性がばっちしの私のお気に入りです。

オーストラリアのスーパーで買えるお土産⑤ナッツ

Related image

colesで量り売りがされているようにオーストラリア人はナッツが大好き!アーモンドをはじめマカデミアナッツ、カシューナッツ、ピーナッツなどお酒のお供や小腹がすいた時のおやつ、また朝食にドライフルーツやムエスリと共に混ぜてヨーグルトと食べたりと、幅広く愛されています。

その中でもナッツに色々なフレーバーがコーティングされているnobby’Sのナッツは個別包装されていて、お土産にもお勧めです。

オーストラリアのスーパーで買えるお土産⑥ポップコーン

ポップコーンもソルトキャラメルやガーリックアイオリのフレーバーなど少し変わった、でもおいしいものが沢山揃っています。

お土産にはもちろんのこと、滞在中にホテルで1個お試しするのもありですよ!

オーストラリアのスーパーで買えるお土産⑦MASTER FOODS

これはcolesのブランドになりますが、colesに限らずどのスーパーでも類似品が売られています。

これは、指定された肉やシーフード、野菜を加えて手順に沿って料理すれば、あっという間にごはんが作れてしまうソースです。

日本のcook doの販売しているマーボー豆腐の素やチンジャオロースの素のように、手軽に本格的な味が楽しめる調理補助食品ですね。

オーストラリア料理をはじめ、洋風のレシピからメキシカン、タイ料理などもあります、なかなか調理するにはスパイスをそろえるのが大変だったり、敷居の高い外国の料理を簡単に楽しめるので、友人や家族にはもちろんのこと、自分用のお土産にもおすすめです!

オーストラリアのスーパーで買えるお土産⑧はちみつ

日本でも話題になった、通常のハチミツよりも強い抗菌・抗酸化作用をもつマヌカハニーは、マヌカの木、Leptospermum scopariumからとれるはちみつです。

マヌカハニーがここオーストラリアでは日本に比べてリーズナブルな値段で購入できます。

パンにぬったり、ヨーグルトや紅茶に足したり、また単純に毎日1口スプーンで摂取したり、健康意識の高いオーストラリア人の御用達ハニーの一つです。

ビンもしくはラベルに記載されているUMF(Unique Manuka Factor)やMGO(Methylglyoxal)の数値が高ければ高いほど抗菌作用が高く、希少とされていて、値段もそれに比例して高くなっています。

お土産としてばらまくには少し高価なマヌカハニー、普通のはちみつも日本のものよりはるかに多いブランドとフレーバーがあって、おすすめです。

はちみつは、蜜が取れた木や花によってその味や香りが異なるので、いろいろ試してみると面白いですよ!

また、黄色いハチのキャラクターが目印の、オーストラリア純100%ハニー、capilano(キャピラノ)は値段がお手頃で色々なサイズがあり、小さいサイズはお土産にうってつけです。

オーストラリアのスーパーで買えるお土産⑨VEGEMITE

オーストラリアの国民食的な発酵食品ベジマイトです。

これは、さまざまな野菜をイースト菌で発酵させたもので、チョコレートのような見た目に反して、味は塩辛さとビールが発酵したような風味、なんとも形容しがたい味わいです。

基本的にはパンに塗ってつかいますが、料理に調味料として一味加えるのに使うことも、じつは期間限定でTIMTUMもベジマイト味を作っていたりします。

日本人にはなかなか相いれない味ですが、とても小さな手の平サイズも売ってますので、話のネタとして持って帰ってみても面白いかもしれません。

オーストラリアのスーパーで買えるお土産⑩SKIN

オーガニック先進国オーストラリア発、売り上げNO1のオーガニックスキンおよヘアケアブランドのsukin(スキン)です。

人気の秘密はなんといっても商品のクオリティからは考えられない、お手頃な価格設定です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-21.png です

サイズにもよりますが大体10ドル前後で買えてしまうのです。

商品は人工素材を一切使用しないアルコールフリー、パラペンフリー合成香料および着色料フリー、 石油系原料フリー、グルテンフリーなど完全100%自然素材で出来ていて、また動物性素材フリーでもあるのでヴィーガンの人でも使うことができます。

2for3など、2使うともう一つ商品がついてくる割引を頻繁に見ます。

スーパーはもちろんのこと、さらにスーパー併設のpharmacy(薬局)でより多くのsukin商品を見つけることができます。

オーストラリアのスーパーで買えるお土産⑪石鹸

スーパーでは石鹸を安く買うことができます。

レモングラスやマンゴスチン、ライチ、ココナッツ、バニラ、マンゴーとその香りはバラエティに富んでいます。

ACO認定を受けたオーガニックのものから、抗酸化作用や保湿機能が高くアンチエイジングにもおすすめなゴート(ヤギ)のミルクを使った石鹸まで、素材自体も多種多様、またオーストラリアで人気のオーガニック石鹸Tilleyを見つけることもできます。

石鹸の品ぞろえが微妙なスーパーは併設の薬局で多く取り扱っていることが多いので、薬局をぜひのぞいてみてください。

オーストラリアのスーパーで買えるお土産⑫ベビー/キッズアイテム

海外のベビー用品ってカラフルでとってもかわいいんです!

スーパーでお手頃な値段でベビーグッズや赤ちゃん用のおもちゃを購入することができます。

また、少し年齢の大きな子供さん用には歯ブラシなんていかがでしょうか?

海外ならではのキャラクターや日本では手に入らないようなディズニーキャラとのコラボ商品など可愛いものがたくさんあります。

また、大きな商業施設にはcolesと合わせて、関連企業のtarget(ターゲット)も一緒に入っていることが多いんですが、5ドルから30ドル程度で肌さわりがよく、オーストラリアならではの鮮やかな色合いやデザインのかわいいベビー服や子供服が購入できるので、こちらもお土産におすすめです。

Sponsored Link




オーストラリアのスーパーマーケットでは買えないもの

まずアルコール類はスーパーマーケットでは購入不可能です。

BWSや Liquor Land など各スーパーの関連企業のBOTTLE SHOP(酒屋)がスーパーに併設されていることがほとんどですので、そちらでお買い求めいただくことになります。

詳しくはオーストラリアのビール!値段・種類・ブランド・お土産・おすすめや選び方まで完全解説!の6.オーストラリアでお酒を購入する方法をご確認ください。

またコメや醤油、ワサビ程度でしたらスシ人気もあって売っていますが、料理酒や白だしなどは置いていません(料理酒は中国の紹興酒なら購入可能)。

豆腐やみそなども店舗によりけりです、アジア食品はその地域のアジア人コミュニティーの大きさによって、品ぞろえが全く異なります。

どこの町にもアジアンショップが一つはあるので、そちらをチェックしてみましょう、大容量で価格も安いです。

タバコは目に付くところには売られていませんが、スーパーのカスタマーサービス、カウンターなどで購入可能です。

店員さんに自分の探しているタバコを伝えると棚からとってきてくれます、またBOTTLE SHOP(酒屋)でもタバコは取り扱われています。

オーストラリアではタバコはとても高額!1箱30ドル程度はします。

余談ですが、オーストラリアでは大麻の個人使用(売買なし)は認められている州もあり、健康意識の高いオーストラリア人は喫煙はしないけど、オーガニックで自然なマリファナはokなんて感覚の人もたくさんいます。

大麻は巻きたばこのように、紙で巻いてあってグループで飲んでいると端から回ってきて1服し、次の人に回すといったように皆でシェアします。

日本人がタバコと間違えてうっかり吸ってしまったり、貰ってしまうケースが多いので注意しましょう。

オーストラリアのスーパーマーケットまとめ

いかがでしたか?どのスーパーも品ぞろえは十分です、あとは欲しいものとそのスーパーが力を入れている特色を照らし合わせて選んでみてください。

オーストラリアのスーパーは規模も大きく、売られている商品も日本とは全く異なります。

お土産選びだけでなく、観光の一環として覗いてみても面白いと思います。

商品からオーストラリア人の暮らしが少し垣間見れることでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • オーストラリアのはちみつについて徹底解説!お土産にぴったりな話題のマヌカハニー、効果と選び方、持ち帰り方法などをご紹介

  • オーストラリアのビール!値段・種類・ブランド・お土産・おすすめや選び方まで完全解説!

  • オーストラリアのスーパーマーケットでお買い物!お土産選びにもおすすめ!買い物の仕方やクレジットカードの使い方まで完全解説!

  • オーストラリアのティムタムの値段・カロリー食べ方など完全解説!お土産にもおすすめ!

関連記事

  • シンガポールのお金に関する情報

  • オーストラリアの家、タイプ、購入方法、賃貸条件など住宅事情全般ご紹介

  • オーストラリアの服装、都市・季節別の特徴や状況別のマナーなど解説

  • オーストラリアの電源とアダプターについて

  • オーストラリアの生活、特有の習慣や決まりを知って快適な滞在を!

  • オーストラリアの治安は悪い?良い?都市別ランキングや観光・留学時の注意点など徹底解説!