1. TOP
  2. 未分類
  3. オーストラリアのはちみつについて徹底解説!お土産にぴったりな話題のマヌカハニー、効果と選び方、持ち帰り方法などをご紹介
Sponsored Link

オーストラリアのはちみつについて徹底解説!お土産にぴったりな話題のマヌカハニー、効果と選び方、持ち帰り方法などをご紹介

未分類   1,469 Views

紅茶やヨーグルトに加えたり、トーストに塗ったりと日本人の我々もよく使うはちみつですが、オーストラリアでは食品である一方、薬としても長く愛用されてきました。

環境汚染の心配のない、オーストラリアの広大で豊かな自然で育った植物からとれるはちみつは、とてもクリーンなはちみつであることで有名です。

オーストラリアのはちみつはユーカリの木が主にメインで、その高い抗菌性や栄養価は世界中で注目を浴びおり、オーストラリアを代表するお土産でもあります。

また、日本でも話題のマヌカハニーには創傷治癒や消化管症状の改善、ピロリ菌の除菌をはじめ様々な身体症状の改善向上が期待でき、MGOやUMFといった指標で各マヌカハニーの違いを確認することができます。

本記事でははちみつのフレーバーの違いやおすすめのブランド、その高い健康効果で日本でも話題のマヌカハニーの効果とその選び方のコツ、はちみつを使ったお土産商品などをご紹介します。

Sponsored Link

Contents

オーストラリアのはちみつの歴史

はちみつの歴史は古く、4000年前のエジプトの象形文字ではちみつの存在が確認されています。

ミツバチは1820年代前半、イギリスから入植者がやってきた際にもちこまれた花や木、食用のための植物を受粉させるために持ち込まれました。

Sponsored Link

オーストラリアのはちみつの特徴

日本ではちみつといえば蓮華やアカシアですが、オーストラリアではユーカリが一般的です。

一言にユーカリといえど、その種類は700種類以上あり、花によって色味や風味、糖度、酸味と各種バラエティに富んでいます。

オーストラリアの乾燥した土地でとれる植物のはちみつは、日本のはちみつの水分量が20%ほどであるのに対し、15%前後と少なめであるため粘度が高く、濃厚です。

オーストラリアのはちみつの人気の秘密

健康志向の高いオーストラリアではオーガニックハニーや非加熱式のローハニー、マヌカハニーなど健康や栄養により着目したはちみつが多く取り扱われていて人気を呼んでいます。

オーストラリアのミツバチは寄生虫や病気の問題が少なく、薬や化学品を使用せずに養蜂できることも、健康的で安全なはちみつのイメージに一役買っています。

オーストラリアのはちみつの種類

多彩なフレーバーが特徴のオーストラリアのはちみつですが、ここでは特に人気かつ有名な種類をご紹介します。

Blue gum(ブルーガム)

淡い琥珀色をしておりその甘みと上品な香りが特徴です。

日本でユーカリオイルのエッセンスというとこのブルーガムを指します。

オーストラリアの南の方やタスマニアでとれるはちみつです。

Karri (カリ)

西オーストラリアの森林からの琥珀色のはちみつです。

Leatherwood(レザーウッド)

タスマニアの西海岸産で、明るい色合いと、純度が高く固まりやすいのが特徴です。

レザーウッドはその素晴らしい香りが特徴的で国内外で人気がとても高いはちみつです。

このハチミツはミネラルやビタミンが豊富で、抗菌作用も高く、現地では古くから火傷やキズの治療や消毒に使われています。

Lucerne(ルツェルン)

マイルドな味わいのはちみつです。

Yellow box (イエローボックス)

ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州およびオーエンズランド州でとれる淡くて甘いはちみつです。

オーストラリアで最も人気のある定番のはちみつで、滑らかでクリーミーなテクスチャーとすっきりとした甘みが特徴です。

Stringy bark(ストリンギーバーク)

ストリンギーバークハニーの味は濃厚で、強い風味があり、色味もとても濃いダークアンバー色をしています。

強めの刺激のあるはちみつですが、その強い抗菌、殺菌力は数あるユーカリの中でも秀でていて、ピロリ菌や糖尿病に効果があるとされています。

Ti-tree(ティーツリー)

とても濃い茶色で見た目と同じく、濃厚な味わいのはちみつです。

White clover(ホワイトクローバー)

クリーム状に結晶化していることがこのはちみつの特徴です。

練乳のようで、淡いいろをしたくりーみなやさしい味わいのはちみつです。

スーパーで手に入るオーストラリアのはちみつ

ここでは大手スーパーマーケットのColesやWoolWorthなどで簡単に購入できる、有名な2種類のはちみつ会社をご紹介します。

大手スーパーマーケットやその他おすすめ商品はオーストラリアのスーパーマーケットでお買い物!お土産選びにもおすすめ!買い物の仕方やクレジットカードの使い方まで完全解説!

スーパーマーケットオリジナルブランド

COLESや WoolWorthの自社製品です。

自社製品の特徴は値段が安く、味もさっぱりとしたくせのないマイルドなベーシックハニーです。

バケツタイプやキャップタイプや蓋をねじるとはちみつが出るタイプなど、形も用途に応じて様々なボトルがあり選べるようになっています。

CAPILANO(キャピラノ)

100%オーストラリア産のはちみつです。

パッケージに描かれたかわいいハチのキャラクターが特徴です。

お土産にも適した小さなサイズ、バケツサイズに加えて、多種多様なキャップとボトルのサイズ、形を選ぶことができます。

だれもが知っているオーストラリアで一番有名なはちみつ会社です。

Classic Australian honey (クラシック)

マイルドでありながらもリッチさもあるテイストに、明るい中間色の黄色いカラーが特徴のベーシックなユーカリハニーです。

Raw Australian honey (ローオーストラリアンハニー)

ローハニーとは非加熱でビン詰めされたはちみつのことです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-1.png です

他のはちみつが結晶化を防ぐために加熱され、舌触りをよくするために何度もろ過するのに対し、非加熱であることではちみつ本来のもつミネラルや必須アミノ酸、90を超える栄養素を損なうことなく、そのまま取り入れることができます。

River Red Gum Honey(リバーレッドガムハニー)オーストラリアで最も有名なユーカリの一つです。

Orange Blossom Honey(オレンジブロッサムハニー)

Australian Organic Honey (オーガニックハニー)

自然のままの森林や国立公園のハチから採取したオーガニックハニーです。

Australian Manuka Honey (マヌカハニー)

キャピラノのマヌカ3種です、その違いはMGOの値です。

MGOは1キロあたりのメチルグリオキサールを示す値で、高ければ高いほど抗菌力が高いといえ、値段も上がっていきます。

マヌカといえばその独特な、すこし薬っぽいフレーバーが特徴で、MGO100以下は日常使いに適したはちみつらしい味わいの残るマヌカハニーであるのに対し、MGO200を超えるとはちみつの滑らかさが消え、ねばっぽく薬っぽさが増します。

MGO514のスーパーストレングスにいたっては、薬として摂取する目的が強いです。

一般的なはちみつに比べて価格は2倍以上、MGOの値に比例して値段上がっていくマヌカハニーですが、キャピラノのは他のマヌカに比べて比較的に安い値段設定ですので、お土産におすすめです。

BEECH WORTH HONEY(ビーチワース)

スーパーマーケットでキャピラノと共にメインで売られているのがビーチワースです。

プラスチックの使いやすい容器型から、ガラス瓶詰めの淡い色でハチと文字がデザインされたかわいいものまでいろいろな種類があります。

Classic Billy 1kg

Classic Honey (クラシック)

保存料や添加物の一切はいっていないオーストラリア100%産のはちみつです。


Australian Varietal Honey (バラエティハニー)

Image result for BEECHWorth honey

BEE BOLD,BEE CREAMY,BEE DELICATE,BEE FRUITYなどなど、多くのフレーバーがあります。

プレミアム、唯一無二のはちみつたちです。

このフレーバーは季節ごとに、一年を通してどの木が花を咲かせるかによって変わります。

Australian Specialty Honey (スペシャリティハニー)

特徴あるスペシャルなハニーがこのシリーズの特徴です。

クリーミーシリーズは、クリーミーに煮込んだはちみつにレモンやジンジャーなどのフレーバーが入ったものが選べます。

私のおすすめは、ハニーコーム(ハチの巣)がはちみつと一緒にビン詰めされたものです。

透明なビン越しにハチの巣が見え、パッケージとも相まってとてもかわいい商品です。

Bee Cause Honey (ビーコーズハニー)

Image result for BEECHWorth honey

このシリーズは特別な地域の養蜂所から集められたミツバチに注目したはちみつのフレーバーシリーズです。

森林、山、川岸と各地域ごと分けられています。

Sponsored Link

はちみつの保存方法と期限

マヌカハニーの活性力を保ち、風味を保つため直射日光を避け、食品棚や食品庫などの湿気が少なく涼しい場所で保存しましょう。

常温保存が基本ですが、理想は25度前後です。

糖濃度の高いはちみつは、バクテリアが繁殖しにくく、またカビの心配もありません。

消費期限でいえばかなり長期にわたって保存できますが、はちみつをおいしく食べらることのできる賞味期限は2年といわれています。

お土産におすすめ!はちみつを使った商品

はちみつの保湿成分や抗酸化作用などに着目して様々な商品が作られています。

はちみつハンドクリームやリップバーム

薬局やスーパー、オーストラリアではよく見かける地元のウィークエンドマーケットなどでも多くのオーガニック商品が出展されています。

BEECH WORTHでも、はちみつやマヌカハニーを利用したリップクリームや、ハンドクリーム、ボディクリームが100mlほから500mlほどの大きなものまでフレグランスやサイズの違う商品が購入可能です。

BEECH WORTHのHPはこちら

プロポリス及びロイヤルゼリー

空港内の免税店でも購入可能です。

主に薬局や、日本人向けのお土産屋さんで簡単に見つけることができます。

プロポリスには殺菌および抗ウィルス作用があり、体全体の免疫力の向上に効果があります。

また、ローヤルゼリーはビタミン、ミネラル、アミノ酸をはじめとしコラーゲンやたんぱく質、脂質とほとんどの必須栄養素が含まれており、精力増強やストレス緩和、疲労回復に効果があります。

はちみつ石鹸

はちみつに含まれるビタミンやミネラルによって美肌効果が期待できるほか、保湿成分や抗酸化作用、抗菌作用が期待できます。

肌に優しく、オーガニックの商品がたくさんありますので、洗顔に使ったり、赤ちゃんのお風呂に安心して使うことができます。

はちみつキャンディー

甘くておいしい、はちみつ本来の味が楽しめるキャンディーをはじめ、栄養補給、疲労回復に効果のあるプロポリスを含んだもの、喉の痛みや鼻づまりに効果のあるマヌカハニーを使ったものまで幅広くお土産として売られています。

ビーワックスラップ

環境汚染、エコ、オーガニックなどへの関心が高いオーストラリア人の中で人気なのがこれ、蜜蝋でコーティングしたオーガニックコットンで作ったラップです。

Image result for BEESWAX WRAP

ビーワックスラップの優れた点は、洗えて6~12か月再利用可能であることです。

プラスチックフリーをすすめるオーストラリアでは、高い支持を得ています。

野菜やくだものを直に包むことができて、はちみつ本来の抗菌作用や保存性で食品をより新鮮に、清潔に保存ができるといわれています。

日本でも話題、マヌカハニーとは

マヌカハニーは、Leptospermum scoparium(フトモモ科ネズモドキ属のギョリュウバイ)の花粉を集めた蜂から生産されています。

ニュージーランドでは「マヌカ」、オーストラリアでは「ティーツリー」として知られています。

このギョリュウバイはニュージーランド及びオーストラリアの南東部のみに群生していて、この植物からとれるはちみつ(マヌカハニー)には、通常のはちみつ以上の健康効果や抗菌、抗炎症作用などが認められており、 ニュージーランドの原住民であるマオリ族は、マヌカの木を蒸した蒸気や煮汁を飲むことで腹痛や風邪を治したり、マヌカオイルを目薬や傷口、火傷などに塗るなどして活用してきました。

マヌカハニーの効能と効果

マヌカハニーの抗菌性は、伝統的なハチミツとは一線を画しています。

メチルグリオキサールは抗菌作用の主要な有効成分であるといわれていて、マヌカハニーには抗ウイルス性、抗炎症性、抗酸化性などの利点があります。

実際に、創傷治癒、喉の痛みの鎮静、虫歯の予防および消化器系の問題の改善に使用されてきました。

以下、マヌカハニーの健康上の利点について説明します。

創傷治癒効果

昔から、蜂蜜は傷、やけど、潰瘍、煮沸の治療に使われていて、2007年にマヌカハニーは創傷治療の選択肢としてアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認されました。

マヌカハニーは火傷、潰瘍および非治癒性創傷の創傷治癒や組織の再生を促進し、痛みを和らげ効果的に治療できることが研究で明らかになっています。

また、 MRSAなどの抗生物質耐性菌の感染を妨げる効果もみられています。

口腔衛生の保持、促進

研究によると、マヌカハニーの高い抗菌性は歯肉炎や虫歯の原因となる有害な口腔細菌の増殖を抑制することが分かっています。

甘いものを食べることが虫歯予防になるとは少し考えにくいかもしれませんが、キャンディーや精製された砂糖とは異なり、強い抗菌作用を持つマヌカハニーの摂取が虫歯や虫歯の一因となる可能性は低いです。

のどの痛みを和らげる

マヌカハニーの抗ウイルスおよび抗菌特性は炎症を軽減し、痛みを引き起こすバクテリアを攻撃、口腔粘膜炎を引き起こす有害な口腔細菌を減少させます。

はちみつがのどの裏地をコーティングしてなだめるような効果をもたらすので、痛みの緩和効果も期待できますし、昔からはちみつは自然の咳止め薬、咽頭の炎症を抑える薬として用いられていた。

胃潰瘍の予防効果

日本人にとってとても身近な病気といえば胃潰瘍です。

胃潰瘍や胃炎はストレスや過剰なアルコール摂取など生活習慣によるものであると考えられてきましたが、近年ではピロリ菌が大きな原因であることが分かっています。

マヌカハニーの強い抗菌、殺菌能力がピロリ菌の除菌に効果があること研究で明らかになっています。

さらに、マヌカハニーに含まれるシリング酸メチルにはピロリ菌からでる活性酸素を取り除く効果もあるといわれています。

消化器症状の改善

便秘、下痢、腹痛、不規則な排便などをもたらす身近な消化器症状でもある過敏性大腸炎や、指定難病にあたる潰瘍性大腸炎などの消化器症状に対し、定期的なマヌカハニーの摂取が抗酸化状態を改善し、炎症を軽減することが証明されており、現在も研究が続けられています。

研究が発表される前より、オーストラリアやニュージーランドでは古くから、腹痛や排便障害に対してマヌカハニーが使われていました。

マヌカハニーには 、大腸菌やサルモネラ菌といった食中毒などの原因にもなる悪性菌を抑制し、善玉菌は攻撃せず、腸内環境を整えるといった効果があることが分かっています。

ニキビ治療

にきびは通常ホルモンの変化や、毛穴の詰まり、不規則な生活や睡眠および食事、ストレスまたはバクテリアなどが原因でできてしまいます。

マヌカハニーはバクテリアの増殖を抑え、除菌し、ニキビの治療過程を促進します。

マヌカハニーの強い抗菌性や殺菌力、また保湿効果はニキビ治療の強い味方といえるでしょう。

マヌカハニーをめぐるオーストラリアとニュージーランドの対立

マヌカハニーはその抗菌性および健康効果が高く評価されていて、1キログラムあたり最高150ドルの小売価格がついています。

マヌカハニーの国際的な需要が高まる中、ニュージーランドの蜂蜜生産者は、米国、中国、イギリス、ニュージーランドで独占的な商標を求めることで、年間2億6000万ニュージーランドドルの輸出産業を強化しようとしています。

ニュージーランドのマヌカハニーとして知れ渡ってきたものが、オーストラリアでもマヌカという名前で商標表示されることに対しニュージーランドが抗議、国際商標版権を申請しました。

これに対し、オーストラリアはマヌカの木はオーストラリアのタスマニア地方に分布しているおり、成分は同じで、ニュージーランド独自のものではないと主張しています。

それに対してニュージーランドも、ワインの木もフランスから輸入したブドウを使ったところで、オーストラリアの土や水、気候で育ったものはもはやフランス産とはいわない、マヌカも同様であると反論しています。

Sponsored Link

マヌカハニーの選び方

こちらではマヌカハニーを選ぶ指標として 使われているニュージーランド公認の指標とそのポイントを紹介します。

どれがいいということではなく、どれも指標としいて各機関に商標登録されている値になります。

その相互関係は以下の図の通りです。

マヌカハニーはグレードに比例して、値段も効能も高くなります。

  • UMF5+  :日常使いの一般的食品用途として、栄養補給レベル
  • UMF10+ :風邪予防や健康維持レベル
  • UMF15+ :消化不良や体調不良時に使えるレベル
  • UMF20+ :のどの痛みや晴れに、炎症を抑える
  • UMF25+ :医療現場で用いられているレベル

MGO( Methyl Gly Oxal )

MGOは、1㎏のマヌカハニーに対する メチルグリオキサール(mg)の合有量を示す規格です。

ドイツのドレスデン工科大学のThomas Henle博士によって発見されたMGOは マヌカハニーの主成分であり、その高い抗菌作用からMGOの値から抗菌指数を測ることができます。

表示目的のために、MGOはManuka Health New Zealand Ltdにより商標登録されています。

UMF(Unique Manuka Factor)

最もメジャーに用いられているマヌカハニーの指標です。

ニュージーランドのワイカト大学のPeter Molan博士は、蜂蜜中の防腐剤として蜂が産生する酵素グルコースオキシダーゼが体内の水分と接触したときに放出される天然のマイルドな過酸化水素消毒剤に通常起因すると考えられる蜂蜜の健康特性を研究していました。

過酸化物活性は、流体、熱および日光への曝露によって容易に破壊されてしまうのに対し、モラン博士はマヌカハニーに協力で安定した非過酸化物活性特性があることに気づきました。

ユニークマヌカファクターは、ニュージーランドのさまざまな地域で生産されたマヌカハニー強度が異なるこの特性を説明するために作られ、商標登録されたもので、 抗菌成分濃度を計測したものです。

UMFはニュージーランド政府が出資する検査機関での厳しい審査の上、表示されるため、政府公認の厳しい検査指標であるといえます。

MGS ( Molan Gold Standard)

2008年に商標登録されたUMFを発見したモラン博士が2010年にUMFハニー検査機関を離脱し、新たな厳正かつ高品質のマヌカハニーを保証する規格として発表しました。

MGSの特徴として、独自の指標登録にこだわっておらず、UMFやMGOの評価を受けている商品に対しても広く対象としており、より公正かつ厳正なマヌカハニーの指標であるといえます。

マヌカハニーの値段

他のはちみつに比べてその希少性や健康効果からどうしてもお高くなってしまうマヌカハニーですが、その用途によって値段も変わってきます。

一般に、 MGO100/UMF5+~10+のミディアムグレードで AUD20ドル前後、これは日常生活で栄養補給レベルの数値になりますが、MGO400/UMF15+前後ではその値段は2倍の40ドル前後に、医療目的として使用されるMGO500以上になると100ドルを超す商品になってきます。

つまり、マヌカハニーの値段はその効果に比例していくということになります。

値段が高く、MGO及びUMF値の高いものほど強い医療効果が期待できますが、マヌカハニー特有の癖のある味も強くなっていきます。

風邪をひいたときに1スプーン摂取する用、普段から健康保持に摂取する用とその用途を考えて、継続できるものを購入されることをお勧めします。

また、同じ数値の他の商品に比べて以上に値段が安いものは、純粋なマヌカハニーではなく、ほかのはちみつを足してあるもの、高活性化されたマヌカと低活性化マヌカが半々になっているものなど、健康効果が十分に得られない偽物であることもありますのでご注意の上、標準化された規格マークと数値の確認をしてください。

日本円/豪ドルの現在の価格はこちらでご確認ください。

マヌカハニーのおすすめブランド

スーパーマーケットから薬局、土産屋まで幅広く、その人気と共に扱われるようになったマヌカハニーですが、その中から認定を受けている人気のマヌカハニーをいくつかご紹介します。

Comvita Manuka Honey UMF 15+ /New Zealand Honey

Comvita UMF 15+ Manuka Honey

Comvitaは、1974年にニュージーランドで最初に設立された会社で、プレミアムハチミツ生産の世界的リーダーです。
Comvitaのマヌカハニーはニュージーランドの遠隔地、汚染のない森林から供給されていて、独特の風味が特徴です。
消化器官、呼吸器系をサポート及び症状改善し、のどの痛みを和らげるので、風邪や咳症状の見られる人にぴったりのマヌカハニーです。

Kiva Certified UMF 15+ / Raw Manuka Honey

Image result for kiva certified umf 15+

Kiva Raw Manukaの蜂蜜は、原始的な丘陵地帯、沿岸地域、そしてニュージーランドの森林から供給されています。

消化器症状や風邪症状の改善に効果がみられるほか、全体的な身体症状の改善・向上が期待できます。

黒いボトルがスタイリッシュで、見た目も可愛いマヌカハニーです。

この蜂蜜の容器は、厳格なFDA基準に設定されたペットボトルでできていて、リサイクル可能なBPAフリーでできています。

Manuka Health /MGO 400+

Image result for Manuka Health – MGO 400+ Manuka Honey, 100% Pure New Zealand Honey

UMF規格にして12~15程度になります。

高い抗菌作用を示す、MGOを主に指標に用いた商品で、他のマヌカハニー同様に健康作用の向上が期待できます。

毎日1口に運ぶもよし、トーストに乗せるもよし、この蜂蜜は、石鹸、ボディウォッシュ、またはローションの優れた原料でもあります。

床ずれや創傷、擦過傷、火傷などの肌症状の改善にも効果があります。

Wild Cape UMF 15+

Image result for Wild Cape UMF 15+

ニュージーランドの北島、イーストケープから得られるマヌカハニーで、他の地域と比べ酸味が少なく、甘く穏やかな風味が特徴です。

この蜂蜜の容器は、厳格なFDA基準に設定されたペットボトルでできていて、リサイクル可能なBPAフリーでできています。

ライセンスや厳正な審査をパスしており、ニュージーランドの自然から供給されるこのマヌカハニーは、信頼性が高く非の打ちどころがありません。

Bee’s Inn Manuka Honey UMP 15+

Image result for Bee’s Inn Manuka Honey UMF 15+ Pure Natural Honey

この蜂蜜は、ニュージーランドの2つの主要な島のうちの1つである北島地域でとれるもので、養蜂家はハミルトンの街の近くに位置しています。

このマヌカハニーは100%天然もので、加熱も濾過もされていない生のハチミツ(ローハニー)です。

この蜂蜜は胃や消化器官の不調をやわらげ、風邪およびインフルエンザのようなウイルス性の病気に対し免疫機能を向上、改善し回復させる効果が期待できます。

マヌカハニーのおすすめの食べ方

マヌカハニーを効果的に摂取するためには生のまま、小さじ1杯分のマヌカハニーを1日3~4回に分けて計15ml~20mlになるように食べる方法が推奨されています。

また、口腔ケア、おとび胃粘膜やピロリ菌の殺菌・抗菌を効果的に行うために、食前もしくは就寝前の摂取がよいとされています。

とはいえ、マヌカハニーは普通のハチミツに比べて少し薬っぽいような、独特の風味と粘り気が特徴で、薬効が高くなるのに比例して、風味も少しきつくなりますので、初心者には生のマヌカをいきなり食べるのはハードルが少し高いかもしれません。

慣れるまでは、砂糖やはちみつの代わりにヨーグルトに混ぜてみたり、パンやクラッカーにのせるなど工夫をされることをお勧めします。

紅茶やコーヒーに混ぜるという方法もおすすめですが、抗菌力を示すMGOが250度まで耐熱性があるのに対し、ビタミンおよびミネラルなどの栄養素は60度前後で機能が失われてしまうので栄養補給目的でマヌカを摂取する際には注意しましょう。

マヌカハニー摂取の注意点

マヌカハニーの消費期限は3~5年といわれていますが、 強い殺菌性と抗菌性でハチミツは腐ることなく保たれるので、純粋なマヌカハニーに実は消費期限はないといわれています。

マヌカハニーおよび、はちみつ全般に対して注意してほしいのは金属製スプーンの使用を避けることです。

主要な有効成分であるMGOは金属に反応する性質を持っており、金属のスポーンに触れることで抗生・抗菌力の活性が低下するといわれています。

1歳児以下の子供にはボツリヌス菌に対する抵抗が少なく、過去にはちみつ摂取での死亡例がありますので、避けたほうが良いとされています。

マヌカハニーが購入可能な場所

スーパーマーケットや薬局、空港などで気軽に見つけることが可能です。

薬効の高いマヌカハニーや、いろいろな種類を取り扱っているのは、Chemist(ケミスト)やpharmacy(ファーマシー)という表示の薬局です。

またお土産屋さんでも見かけますが、偽物も多く売られているのでMGO・UMFなどの公認表記に注目して選びましょう。

はちみつの日本への持ち込みは可能!持ち帰りの注意点

はちみつは液体に分類されるので100ml以上のものの機内持ち込みはできません。

ガラス製の商品もありますので、割れないようにタオルや柔らかい布なのでくるみ、スーツケースなどにいれ預け荷物にしましょう。

ハチの巣(ハニーコム)を含むものは、スーパーマーケットや薬局で購入した喪に関しては可能性は低いですが、現地のお土産屋や養蜂家から購入したもので、ハチの成虫および幼虫がみられるものは検疫の対象になる可能性がありますので、正直に申告および監査を受けましょう。

まとめ

オーストラリアのはちみつは濃厚で味わい深く、はちみつといってもその植物の種類、栽培方法、ミツバチの飼育環境などで多種多様の分類を行っていて、バラエティ豊かであることが特徴です。

日本人が体調の悪い時に漢方を服用するように、オーストラリア人にとってマヌカハニーは薬よりも抵抗なく摂取できる家庭の常用薬のようなものです。

MGOやUMF値の表記には高額なライセンス料がかかるので、中小企業や小さな養蜂場のマヌカには独自の表記記載をしてい商品もあるので、一概に表記のないものは偽物であるとは判断できません。

オーストラリアのハチミツやマヌカハニーを扱う商品はスーパーをはじめ、薬局や空港にて購入が可能です。

小売店やお土産屋さんでは、マヌカハニーを味見させてくる所もあり、味の癖がつよいマヌカハニーだけに事前に自分に合うかどうか確かめることができます。

ハチミツ関連商品を含め、オーガニックであったり、プラスチックフリーであったりと健康やエコにも着目し、デザインにもこだわっているオーストラリアのハチミツはお土産にとてもおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • オーストラリアのチョコレート!スーパーで買えるものから、お土産におすすめブランドチョコレートまでご紹介

  • オーストラリアのコスメ・化粧品!人気のプチプラオーガニック製品やコスメ情報をご紹介

  • オーストラリアのはちみつについて徹底解説!お土産にぴったりな話題のマヌカハニー、効果と選び方、持ち帰り方法などをご紹介

  • オーストラリアのビール!値段・種類・ブランド・お土産・おすすめや選び方まで完全解説!

関連記事

  • オーストラリアのチョコレート!スーパーで買えるものから、お土産におすすめブランドチョコレートまでご紹介

  • ドイツのコスメ・化粧品プチプラから優秀なブランドまで徹底解説!お土産にも最適!

  • ラフィフル(RaffiFull)

  • シンガポールの法人資格証明書の取得について