1. TOP
  2. シンガポール 移住
  3. シンガポール移住による「資産関連のメリット」
Sponsored Link

シンガポール移住による「資産関連のメリット」

資産関連のメリットを期待して、シンガポールに移住する人も増えています。

シンガポール移住により、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

 

Sponsored Link




キャピタルゲイン課税がないこと

固定資産税を除いたほとんどの場面において、

シンガポールでは一度税金を払えば、同じ対象には課税されないという

決まりがあります。

つまり、株式を取得するときや不動産を取得するときに税金を支払うので、

株式売却や不動産売却により利益を手にしたとしても、

その利益には課税が行われないのです。

 

日本では、株式や不動産を取得するときも、手放すことで利益を得たときにも

どちらでも税金を支払う必要があります。

このような「税金の二重取り」がないのも、

シンガポールに移住するメリットと言えるでしょう。

 

インカムゲイン課税がないこと

同様の理由から、不動産を賃貸して利益を得ても、

不動産取得時に既にシンガポール政府に対して税金を支払ったのですから、

所有することで得られる利益には課税されません

これも、シンガポールに移住する大きなメリットと言えるでしょう。

 

また、シンガポールの銀行の預金につく利子にも、課税はされません

資金を銀行の利子などで手堅く増やしたい人にも、

シンガポールに移住するメリットは大きいと言えるでしょう。

 

日本の場合は、個人で不動産を貸した場合の利益に対しても、

課税が行われますので、不動産賃貸だけの利益で生活するには、

かなりの物件を所有する必要が生じます。

また、銀行の預金に付く利子に対しても課税が行われますので、

実際の金利よりも増加分が低くなります。

 

Sponsored Link




相続税や贈与税がないこと

日本は世界の中でも相続税が高いことでも知られています。

子どもや親族にかなりの不動産や預金を残して亡くなった場合でも、

査定額によりその多くを国に納めなくてはなりません。

特に、不動産は売却をしないと「通貨」として利用できないにもかかわらず、

不動産の査定額の何%かを「相続税」として現金で納める必要があります。

そのため、必要とされる現金を所有しない場合には、

相続したはずの不動産を売却して、現金に換えて国に納めます。

ですから、子どもに残した不動産を

そのまま子どもが所有することができない仕組みとなっているのです。

 

ですが、シンガポールにはこのような相続税や贈与税がありませんので、

子どもに不動産を資産として遺すことが可能になるのです。

これもシンガポールに居住する大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • シンガポールの税金(対策・安い?・法人・個人についてなど)徹底解説!

  • シンガポールの法人税(申告期限・税率・タックスヘイブンについてなど)徹底解説!

  • シンガポールの会社設立・法人設立(その他、精算・資金調達・支店・駐在員事務所も)徹底解説!

  • シンガポールの賃貸物件(コンドミニアム)の借り方や注意点をわかりやすく解説!

関連記事

  • シンガポールの税金(対策・安い?・法人・個人についてなど)徹底解説!

  • シンガポールに就職する前に知っておきたい「労働事情」

  • シンガポールの教育制度や費用に関する最新情報!

  • シンガポールに移住するメリット

  • シンガポールで変圧器は必要?

  • シンガポールの移住(条件・仕事・メリット・税金・費用など)わかりやすく詳しくお伝えしています!