1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポール駐在員に対する「所得税の優遇措置」について
Sponsored Link

シンガポール駐在員に対する「所得税の優遇措置」について

日本の本社から派遣されたシンガポール駐在員は、

どのような個人所得税の優遇措置を利用することができるでしょうか。

 

Sponsored Link




Sponsored Link

地域駐在員とは?

日本や他の国に本社がある企業がシンガポールに駐在員事務所を設立し、

その駐在員として日本の本社や他の視点からシンガポールに派遣され、

駐在員としての活動がシンガポール以外にも及ぶ場合は、

「地域駐在員」とみなされ、シンガポール国外での活動に対する給与は、

シンガポール国内で発生した所得とは計算されません

 

地域駐在員の課税所得の計算

給与にシンガポールに滞在した日数を掛け、365で割った額、

もしくは

シンガポールで受領した所得の合計のどちらか多い方を

シンガポール地域駐在員の課税所得とみなします。

 

ですから、日本の本社からシンガポール駐在員に給与を送る場合には

全額を日本の銀行口座などへ振り込み、

シンガポールにおける活動に必要な分だけ

シンガポールに送金する方法が、節税対策にもなります。

 

シンガポールは国家的なビジネス戦略として、

地域のハブ的存在になることを掲げていますので、

このような「地域駐在員」特定措置を実施しているのです。

 

Sponsored Link




NORスキーム

シンガポールの駐在員事務所ではなく、

シンガポールの現地法人や支店において駐在員として働く場合も、

シンガポールでの税金「個人所得税」の優遇措置があります。

この会社や支店の駐在員に対する優遇措置を「NORスキーム」といいます。

 

「地域駐在員」として従事する場合と同じく、

シンガポールに居住しながらも、

シンガポール国外に出張する機会が多い駐在員は、

「NOR」として申告することができます。

 

NORと申告するための条件

NORスキームに申請する年度以前の連続する3年間は、

シンガポールに税金を納める居住者ではなかった事と、

NORスキームに申請する年度は、

シンガポールの税務上、シンガポール居住者であることの両方が

満たされている場合は、NORと申告することができます。

 

NORスキームによる優遇措置

ビジネスによる目的でシンガポール国外に1年間のうち90日以上滞在し、

年間の所得が160,000シンガポールドル以上であるシンガポール駐在員は、

シンガポール以外に滞在する日数分を差し引いた所得に対して、

シンガポールの個人所得税が課税されます。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • シンガポールの税金(対策・安い?・法人・個人についてなど)徹底解説!

  • シンガポールの法人税(申告期限・税率・タックスヘイブンについてなど)徹底解説!

  • シンガポールの会社設立・法人設立(その他、精算・資金調達・支店・駐在員事務所も)徹底解説!

  • シンガポールの賃貸物件(コンドミニアム)の借り方や注意点をわかりやすく解説!

関連記事

  • ハブ化都市としてのシンガポールとビジネス

  • シンガポールのビジネスと経済事情

  • シンガポールの産業について

  • シンガポールの場所に関する情報の全て!

  • シンガポールのタバコ事情と電子タバコ(アイコス)やタバコの持ち込みについて

  • シンガポールでの株主総会について