1. TOP
  2. シンガポール 不動産
  3. シンガポールの税金「固定資産税」について
Sponsored Link

シンガポールの税金「固定資産税」について

シンガポールの税金「固定資産税」について見てみましょう。

 

Sponsored Link




シンガポールの税金「固定資産税」の課税標準

シンガポールでは税金「固定資産税」についての課税標準は「年次価値」です。

シンガポールでコンドミニアムを所有し、賃貸料を得ている場合なら、

賃貸収入として期待できる総額から、修繕費や火災などの保険料、税金

などをすべて差し引いた額が、「固定資産税」の課税標準となります。

 

シンガポールの税金「固定資産税」の課税対象

シンガポールで税金「固定資産税」の対象となるのは、

家屋や土地だけであり、機械などの償却資産は含まれません。

 

Sponsored Link




シンガポールの税金「固定資産税」の税率

所有者が「固定資産税」の対象となる不動産に居住していない場合で、

商業用の建物や土地、工業用の建物や土地、そして建物のない土地の場合

固定資産税の税率は一律10%と計算されます。

 

所有者が「固定資産税」の対象となる不動産に居住していないが、

居住用の住居がある不動産の場合には、

年次価値の最初の30,000シンガポールドルに関しては税率10%、

次の15,000シンガポールドルに関しては12%、

その次の15,000シンガポールドルに関しては14%と

15,000シンガポールドルごとに2%の割合で税率が増し、

90,000シンガポールドルを超える場合は一律20%の

固定資産税が課せられます。

 

所有者が「固定資産税」の対象となる不動産に居住している場合には、

最初の8,000シンガポールドルに対しては非課税、

次の47,000シンガポールドルに関しては4%、

その次の15,000シンガポールドルに関しては6%、

その次の15,000シンガポールドルに関しては8%と、

15,000シンガポールドル増える度に税率も2%ずつ増加し、

130,000シンガポールドルを超える場合には一律16%の固定資産税が

課せられます。

 

シンガポールの税金「固定資産税」の納税方法

課税対象期間の翌年の1月1日に賦課されますので、

シンガポール課税当局に1月31日までに納入する義務が発生します。

前もって申告することで、月次ばらいの分割納付にすることもできます。

 

固定資産税の免税対象

シンガポールの税金「固定資産税」は、

対象となる不動産が、教育の目的もしくは宗教の目的、

あるいは慈善事業などを含む公的な目的のために使用される場合は、

免税の対象となります。

この場合は、登記の際に免税の対象となる目的で使用することを

明らかにしておく必要があります。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールの税金の「修正申告」について

  • シンガポールの「移転価格税制」と「源泉徴収課税」について

  • シンガポールの税金 「賦課課税制度」について

  • シンガポールの税金「個人所得税」の課税方法と課税範囲

  • シンガポールの税金「法人税」における「開業・交際・寄付」について

  • シンガポールの税務 「賃貸契約と家賃、他の費用」