ピックアップ
シンガポールに就職する前に知っておきたい「労働事情」

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

シンガポールで就職や転職を考える日本人は増加しています。

シンガポールで就職する前にぜひ知っておきたい

シンガポールの「労働事情」について見ていきましょう。

外国人労働者

シンガポールは、人口540万人程度の非常に小さな国家です。

また多くの国々と隣接している地理的条件からも、

外国人労働者が非常に多いという特徴があります。

 

シンガポールの人口540万人のうち、実に155万人が外国人なのです。

外国人にとっても、ビジネスの場として

シンガポールが非常に魅力的な国であることを

示す結果と言うことができます。

 

シンガポールの賃金水準

シンガポールは経済成長著しい国家でもあります。

シンガポールの社会保障制度であるCPFを控除した後の平均賃金は

2012年度は3,000シンガポールドルと、

近隣のアジア諸国に比べて非常に高い水準となっています。

この高い水準の賃金も、

年間に数%という割合でさらに上昇を続けています。

 

このことからも、シンガポールに就職したいと願う外国人が

増加する一因となっています。

シンガポール全体の失業率も2%と非常に低いことも、

労働をめぐる状況が優れているということの証拠となっています。

 

物価の高騰

シンガポールに就職して、高い賃金を得ることができると言うことは

シンガポールの物価が非常に上昇していることも意味します。

シンガポールでは外国人労働者を受け入れる優遇措置を取り続けた結果、

このような物価の上昇を招いたと考える国民が多いのも事実です。

そのため、シンガポールに就職するためには不可欠の「就労ビザ」が

年々取りにくくなってきています。

Sponsored Link

シンガポール国民の労働優遇措置

シンガポールに就職する外国人に対して

「就労ビザ」がおりにくくなるのと同時に、

シンガポール国民やシンガポールに永住権を持つ人の

就職を助ける意味合いで、

シンガポールの外国会社を含むすべての企業は、

従業員や専門職などの求人をシンガポール国民に対して公募する

必要があると定められました

 

シンガポールの人事省である「MOM(Ministry og Manpower)」は、

この求人の公募を各企業がしっかりと実施しているかを綿密に調査し、

シンガポール国民に対する求人の公募が不足している

と思われる企業に対しては指導を行っています。

 

シンガポールの休日

シンガポールで就職する際には、祝日や週休日、年次休暇など、

雇用者との契約に基づき、それぞれの休日を定めます。

シンガポールの労働法では、

雇用者は従業員に対して1週間に1日以上

週休日を与えなくてはなりません

また、週休日と週休日の間は

12日以内でないといけないという決まりもあります。

雇用者は従業員に対して、

週休日のスケジュールを前月までに伝える義務があります。

 

また、労働の種類によっては祝日も労働に従事する必要があります。

ですから、祝日は常に年休には含める必要はありませんが、

雇用者は最低でも11日の年休を従業員に与える必要があります

 

それ以外にも3か月以上の雇用条件を締結した従業員に対しては

1年に7日の有給休暇を与える必要があります

雇用が1年増える毎に1日ずつ有給休暇も増え、

最大14日までの有給休暇を、従業員は得ることができます。

Sponsored Link

シンガポールでの就職の際の休暇

労働者自身が病気になった場合は「病気休暇」として、

年間で最大60日まで有給で休暇を取ることができます。

 

また労働者自身が出産する場合には、「出産休暇」として

出産前に8週間と出産後に4週間の有給休暇を取ることができます。

出産後の4週間の有給休暇は、出産後すぐでなくとも

出産してから12カ月以内であれば利用できます。

配偶者が出産した場合は、

出産休暇中の配偶者と1週間の出産休暇を共有することができます。

 

子どもが7歳になるまでは、年間6日まで「育児休暇」として

有給を取ることができます。

この場合、最初の3日間は雇用者負担、

残りの3日はシンガポール政府負担となります。

 

シンガポールでの就職の際の労働時間

シンガポールの労働法では、

労働時間は1日に8時間を超えてはならないと定められています。

1週間に44時間を超えて労働することも認められていません。

また、労働を開始してから6時間以内に

45分以上の休憩を与える必要があります。

 

シンガポールでの時間外労働

時間外労働を行う場合は、

労働者が雇用者からの要求にこたえた場合のみ、

基本賃金の1.5倍以上の時給で行うことができます。

この時間外労働に対する賃金は、

給与支給日から14日以内に労働者に支払われなくてはいけません。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。