1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポールでの駐在生活 「現物給与」について
Sponsored Link

シンガポールでの駐在生活 「現物給与」について

シンガポールで駐在員として生活する際に、

会社から「現物給与」が支給されることがあります。

どの「現物給与」が個人所得税の対象となるのか、

また、個人所得税としてどのように算定するのか見ていきましょう。

 

Sponsored Link




住居費関連

シンガポールに駐在する場合、シンガポールでの住居費が

「現物給与」に含まれていることもあります。

駐在員自身が住居の賃貸契約をし、

会社側が住宅手当として家賃相当額を駐在員に支払う場合は、

支払い全額が課税対象となります。

 

一方、会社側が所有する住居に駐在員が住む場合には、

家屋の年次価値もしくは駐在員としての所得の10%の

いずれか低い方の金額が課税対象になります。

 

乗用車関係

シンガポール駐在員が、

乗用車を会社側から「現物給与」として与えられた場合には、

私用に車を走らせた距離が、課税対象となります。

シンガポールでは、

通勤は企業の活動ではなく個人の活動とみなしますので

通勤に乗用車を用いた場合は、「私用」として課税します。

 

通勤に対する費用

シンガポールでは通勤は個人の活動とみなしますので、

シンガポール駐在員の通勤に対する補助が会社から支給されても

全額、課税対象となります。

仕事を行う際の移動費や交通費は、課税対象ではありません。

 

Sponsored Link




子女の教育に対する費用

シンガポール駐在員が家族を連れてシンガポールに赴任する場合、

子女の教育に対する費用が、会社側から支給されることもあります。

その場合は、全額が「現物給与」として課税対象になります。

 

一時帰国費用

シンガポールから日本に一時帰国する場合には、

シンガポール駐在員とその配偶者に関しては

1年に一度限り、旅費の20%が課税対象となります

シンガポール駐在員の子どもの場合は、

1年に2度まで、旅費の20%が課税対象となります。

それ以上の一時帰国に関しては、

会社側が補助を出した場合にも、全額課税対象として扱われます。

 

医療費

シンガポール駐在員のみでなく、

全ての従業員の医療費を会社側が負担した場合は、

課税対象とはなりません

 

通信費

シンガポール駐在員の携帯電話などの通信機器や通信費を

会社側が負担している場合には、

私用で利用した部分に限り、課税対象となります。

 

ゴルフの会員権など

ビジネスにおける交際のためにのみ使用される場合は、

ゴルフの会員権などは課税対象とはなりません

年間使用料、入会金のどちらもが非課税となります。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

  • シンガポールの言葉はマレー語・中国語・英語・タミル語

  • マレーシア・ペナン島のおすすめ観光・生活情報

関連記事

  • シンガポールの会社における「財務書類」について

  • シンガポールでコンドミニアムを借りる

  • シンガポールの就労ビザ 「EP(エンプロイメントパス)の取得手続き」

  • シンガポールの「駐在員事務所の機能」について

  • シンガポールでビジネスを行う場合の「企業形態」

  • シンガポールと日本人の深い関係