1. TOP
  2. シンガポール コンドミニアム
  3. シンガポールのコンドミニアムと公営住宅(HDB)
Sponsored Link

シンガポールのコンドミニアムと公営住宅(HDB)

Sponsored Link




Sponsored Link

シンガポールのコンドミニアムと公営住宅(HDB)①

シンガポールへ移住を考える場合や、シンガポールの駐在が決まった時、

どこに住むのかを決めることは、初めにしなくてはならないことの一つです。

会社側が全て準備してくれる駐在員などは、

シンガポールの不動産に頭を悩ますことは少ないですが、

シンガポールでの法人の立ち上げのために駐在する場合や、

個人事業や移住目的でシンガポールに住む場合は、

賃貸住宅問題を避けて通ることはできません。

 

シンガポールの住宅事情と、日本からシンガポールに行く場合に

考えられる選択肢について見ていきましょう。

 

シンガポールのコンドミニアム

外国人がシンガポールに駐在する場合や移住する場合、

最も多く選択される住居形態が「コンドミニアム」です。

シンガポールで「コンドミニアム」というと、

高層でジムやプールなどの共用施設が充実した高級マンションを意味します。

 

「コンドミニアム」は、外国人であっても購入できるので、

日本企業が法人として所有していたり、

投資目的で日本の不動産会社が運営していることも珍しくありません

「コンドミニアム」は、セキュリティも充実していることがほとんどですので、

初めてシンガポールに駐在して不安な人や、家族と一緒に駐在している人には

最適の選択肢と言うことができるでしょう。

 

シンガポールに進出する日本企業や日本人が増えるに従って、

シンガポールで営業する日系の不動産会社も、

インターナショナルスクールから近いなど、

日本人が暮らしやすい「コンドミニアム」を取り扱うことも多くなっています。

 

Sponsored Link




シンガポールの公営住宅(HDB)

シンガポールの国民の約80%は、HDBと呼ばれる公営住宅に住んでいます

このHDBは、賃貸で暮らすことも、購入して暮らすこともできます。

シンガポール国民のための住宅ですので、

外国人は借りることはできますが、購入することはできません

 

シンガポールは国土のほとんどが国有となっており、

すべての土地は国に属するという考え方が浸透しています。

ですから、このHDBを購入しても、恒久的に自分のものになるのではなく

一定期間、個人として所有することをシンガポール政府から認められたと

考えるのです。

 

施設などはコンドミニアムに劣ることも少なくありませんが、

立地が非常に優れていたり、スーパーや食堂など日常生活に必要な施設が

HDBの敷地内もしくは隣接する場所にあったりするので、

非常に便利な物件が多いのが特徴です。

 

シンガポールのコンドミニアムと公営住宅(HDB)②

シンガポーでは約80%の人がHDBと言われる公営住宅に住んでいます。

残りのほとんどの人が「コンドミニアム」と呼ばれる高層高級マンションに、

そして数%のごくわずかの人が戸建て住宅に暮らしています。

 

日本からシンガポールに移住をする場合や、

仕事の都合でシンガポールに駐在する場合には、

HDBもしくはコンドミニアムに暮らすことがほとんどでしょう。

これらの住宅形態の契約方法について見ていきましょう。

 

シンガポールでHDBを契約する

シンガポールの住居形態の大多数を占める「HDB」は、

シンガポール公営の団地です。

日本の公営住宅とは異なり、売買契約を行うことも可能です。

ですが、この売買契約はシンガポールに国籍を有する者か

シンガポールに永住権を有する者に限られていますので、

日本人がHDBに暮らす場合は、賃貸契約を結ぶことが多いです。

 

シンガポールの公営住宅(HDB)は、場所や広さにもよりますが、

大抵の場合が家族4人で暮らせる広さで

日本円で10万円から15万円(2015年3月現在)で借りることができます。

 

Sponsored Link




シンガポールのHDBの特徴

また、公営住宅ですので、駅や学校などの公的施設から近いなど、

暮らしやすい立地にあることが多いです。

大抵のシンガポールのHDBは、

いくつかの棟が集合した形態になっていますので、

一つの町のように、敷地内に食堂やスーパーマーケット、

美容院やクリーニング店、その他の生活に不可欠の施設が

そろっていることも多いです。

 

シンガポールのHDBの設備

シンガポールのHDBは公営住宅とは言え、ほとんどが「持ち家」ですので、

設備はそれぞれの物件によって全く違うのが特徴です。

購入したHDBを自分仕様に作り替えて住むのが一般的ですので、

 

日本人がHDBを賃貸で住む場合には、

賃貸用にオーナーが所有する物件を借りて暮らすことになります。

ですから、オーナーが設備などの充実を図ってくれる場合はよいのですが、

無頓着なオーナーの場合には、最低限の設備しかない事もあります。

 

シャワールームはあってもバスタブがなかったり、

お湯を沸かすこと程度はできても、キッチンがなかったりすることも

珍しくはありません。

バスタブやキッチンなど、自分に必要な設備をリストアップしてから

不動産会社で交渉するようにしましょう。

 

シンガポールのコンドミニアムと公営住宅(HDB)③

日本人がシンガポールに駐在する場合、

最も一般的な生活の場が「コンドミニアム」です。

「コンドミニアム」の契約と、特徴について見ていきましょう。

 

シンガポールでコンドミニアムを契約する

シンガポールの住宅「コンドミニアム」は、

高層マンションの形態を取ることが多いのが特徴です。

シンガポール国民の約80%が暮らすと言われるHDBは国営ですが、

「コンドミニアム」は民間が所有することが大きな違いと言えます。

 

コンドミニアム」はシンガポール政府が所有する不動産ではありませんので、

外国人や外国企業であっても、購入して所有することが可能です

「コンドミニアム」を法人名義で所有して、

日本からの駐在員に提供する企業も、非常に多いです。

 

Sponsored Link




シンガポールのコンドミニアムの特徴

シンガポールのコンドミニアムは、

非常に共用施設や内部設備が充実していることが多いです。

 

シンガポールでは、

ほとんどの人がお湯につかったり家で食事を作る習慣がないので、

家にバスタブや大きなキッチンがないことも普通ですが、

コンドミニアムは外国人やシンガポールの富裕層が暮らすことを前提に

つくられていますので、それらの設備も備えられていることも多いです。

 

また、シンガポールの狭い国土を有効利用するために、

HDBではベランダがないことも特に珍しくはありません。

ベランダがないので、部屋から直接、

物干しざおで外に向けて洗濯物を干す光景をよく見かけますが、

コンドミニアムでは、広いベランダやランドリールームがあることが多く

景観を損ねたり、洗濯物が飛ばされる心配をしなくて済みます。

 

それ以外にも、コンドミニアムには住民だけが利用できる

スパ施設やジム、プールやテニスコートなども併設されていることが多く

非常に快適な暮らしを送ることが可能になります。

 

シンガポールのコンドミニアムの立地

立地的特徴としては、コンドミニアムに住む子どもたちが通うことの多い

インターナショナルスクールや、駐車スペースの広い少し郊外の場所、

などに建てられていることが多いということができます。

 

シンガポールのコンドミニアムのセキュリティ

高級マンションですので、

シンガポールのコンドミニアムはセキュリティにおいても優れています。

24時間有人管理を行っていることも多く、

不意の事態にも迅速に対応することができます。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

RaffiFull ラフィフル 旧シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

RaffiFull ラフィフル 旧シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールでコンドミニアムを借りる

  • シンガポールの税金「印紙税」について

  • シンガポールでの駐在生活 「現物給与」について

  • シンガポールに移住する際の「生活費」について

  • シンガポールの税金「固定資産税」について

  • シンガポールの賃貸住宅の心得について