ピックアップ
シンガポールへの移住が富裕層に人気の理由

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

シンガポールでは、特に富裕層に向けた移住を推奨する制度が多くあります。

シンガポールは他のアジア諸国と比較すると、物価も非常に高く、

不動産の価格や家賃なども、日本の都市部と変わらないもしくはそれ以上の水準で、

決して生活費が安い国ではありません。

シンガポールへの移住が、富裕層に人気の理由について見ていきましょう。

 

理由1:シンガポールには贈与税と相続税がない

預金や不動産などを多く所有している人なら、それらを子どもなどの相続人に

できるだけ多く渡したいと考えるのは自然なことです。

ですが、日本では年間110万円以上の贈与には課税がされるなど、

税金を支払わないでは、

血のつながりがあっても金品や不動産を渡せないのが現状です。

ですが、シンガポールには贈与税や相続税と言う制度そのものがないので、

シンガポールに移住するならば、

所有する財産を減らさずに子どもなどに引き継ぐことができるのです。

 

理由2:キャピタルゲイン課税がない

シンガポールは「課税は1回のみ」という「ワンティア方式」を採択しています。

例えば日本で株式や不動産を所有している場合には、

取得した際にも、保有することで利益を得た場合にも、

売却することで差益が出た場合にも、全ての場合に課税されます。

 

ですが、シンガポールでは

キャピタルゲインやインカムゲインには課税されませんので、

不動産の固定資産税はありますが、それ以外には取得の際の課税のみなのです。

株式や不動産で資産を形成している富裕層には、

シンガポールに移住するのは非常に魅力的であるのは当然でしょう。

 

Sponsored Link

理由3:シンガポール政府の富裕層向け移住政策

資産形成を行う際や、資産管理を行う際に、

シンガポールの税金の制度は非常に富裕層に有利であることが分かりました。

税金の制度だけが富裕層向けなのではありません。

シンガポール政府は国家戦略の一つとして

外国の富裕層の移住勧誘を行っているのです。

 

シンガポールで法人を設立してシンガポール人を雇用する場合に、

その雇用するシンガポール人の給与の一部を国家が補助したり、

シンガポール法人設立の開業資金も法人の損金算入と認めたり、

シンガポールに富裕層を移住させるための、

ありとあらゆる政策が実施されているのです。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。