1. TOP
  2. マレーシア 生活 文化
  3. マレーシアのコンセントを徹底解説!プラグ(アダプター)変圧器は必要?!
Sponsored Link

マレーシアのコンセントを徹底解説!プラグ(アダプター)変圧器は必要?!

マレーシアといえば、日本人にとって長期滞在したい国N0.1の観光地です。

マレーシアに滞在するうえで、コンセント事情は大切な情報のひとつです。

まず日本の電化製品は、そのまま持って行ってもマレーシアでは使えません。

日本の電化製品を使うには、BF型のプラグが必要です。

また、海外対応の電化製品以外には、変圧器も必要になります。

電圧の高いマレーシアのコンセントには、スイッチが付いていますので、安全面においてONとOFFを忘れないようにしましょう。

 

安全にコンセントを使用するためにも、詳しくコンセントの仕組みを知っておくことも大切です。

そのためにも

・マレーシアのコンセントの形状や仕組み

・マレーシアで日本の電化製品を使うにはプラグと変圧器が必要!

・マレーシアのコンセントで変圧器がなくても使える日本の電化製品

・マレーシアのコンセントで変圧器が必要な日本の電化製品

・マレーシアでのiphoneなどの携帯電話の充電について

・マレーシアで使用するプラグ・変圧器の値段や購入場所

・マレーシアで使用する変圧器は消費電力(W)によって変わる

・マレーシアのホテルでのコンセント事情

・マレーシア の空港で使用できるコンセント

・マレーシアでコンセントの使い方の注意点

など、

マレーシアのコンセント・プラグ・変圧器に関わることを、徹底的に解説していきます。

Sponsored Link

Contents

マレーシアのコンセント事情

世界のコンセントの形状・電圧・周波数は、国によって異なるうえに、1つの国で様々な電圧やコンセント形状が使われていることがあります。

プラグとコンセント形状の種類は、全世界で7種類もあります!

 

では、日本とマレーシアのコンセントの形状・電圧・周波数の違いをみてみましょう。

マレーシアは、コンセントの形状だけでなく電圧も日本とは違います。

 

日本 マレーシア
電圧       100V(ボルト) 電圧       220V(ボルト)
周波数   50~60Hz(ヘルツ) 周波数   50Hz(ヘルツ)
Aタイプコンセント BFタイプコンセント
形状       2つ口 形状       3つ口

 

日本のコンセントはA型で、挿入する部分が2つに分かれているタイプです。

一方、マレーシアはBF型で、挿入する部分が3つに分かれているタイプが採用されています。

つまり、コンセントの形が合わないので、日本のプラグをそのまま使用することができないのです。

日本の電化製品を使用するには、変換プラグを購入する必要があるワケです。

ただ、もうひとつクリアしなければならないのが電圧。

日本の電化製品は基本的に、電圧100Vに対応しています。

 

 

一方、マレーシアは240Vに対応しているため、変換プラグに加えて変圧器も必要になります。

マレーシアの場合は電圧が高いので、日本より「感電」しやすいので注意が必要です。

長期滞在する場合には十分な対応を考えて準備するのですが、短期間の旅行であれば特に注意しておきたいことでもあります。

 

では、もう少し詳しくマレーシアのコンセントについて解説していきましょう。

 

Sponsored Link

マレーシアのコンセント形状は一般的にはBF

一般的にマレーシアで使われているコンセントの形状は、穴が3つ空いている形状をしているため、日本のコンセントに比べるとサイズが大きくなります。

電圧が高いということもあり、マレーシアのコンセントは安全のための工夫がされています。

マレーシアのコンセントの仕組みを知ることで、コンセントの使い方が良く理解できるはずです。

マレーシアのコンセントの仕組み

マレーシアのコンセントは、電圧が高い分様々な工夫がされています。

マレーシアのコンセントの工夫や、仕組みを紹介します。

マレーシアのコンセントに付いているスイッチは安全対策

マレーシアのコンセントには、スイッチが付いています。

このスイッチで、電源を元から切る事ができるようになっています。

マレーシアは電圧が高いので、プラグを抜き差しするときは安全のためにも必ずスイッチを切りましょう。

スイッチをOFFにしないままプラグを抜くと、電化製品が壊れる場合があります。

安全シャッター付の端子

3つあるコンセントの穴は、上の縦向きの穴がアース端子・下の2 つの横向きの端子に電気が流れています。

下2つの電気が流れている穴には、間違ってものが入らないようにするための安全シャッターがついています。

プラグ側のアースの端子は、少し長くなっています。

プラグをコンセントに差し込む時に、先にアース端子が入ることでロックが外れ、下2つの端子のシャッターが開く仕組みになっています。

たまに、アース端子に棒を突っ込んでシャッターを開け、C タイプ(2端子タイプのプラグ)を無理矢理使っている人がいますが、感電の危険があるので必ずBFタイプの変換プラグを使いましょう。

BF タイプのプラグはヒューズ付プラグ

BF タイプのプラグは、日本のプラグと比べて大きい形状をしています。

実は、プラグの中には棒状のヒューズが内蔵されています。

このヒューズによって、異常な過電流から電気製品が守られているのです。

ただし、安いプラグの場合、内蔵されているヒューズに粗悪なものがあります。

粗悪なヒューズが使われていると、熱がたまってプラグごと溶けてしまうこともあります。

少しでもプラスチックが焦げる臭いがしたら、注意が必要です。

100均などの安いプラグを、お勧めできない理由のひとつがここにあります。

場所によって違うマレーシアのコンセントの形状

マレーシアの一部の地域では、BF型以外のタイプも混在しているのが現状です。

マレーシアでは一般的なBF型に加えて、B3タイプやC2タイプの3種類があります。

電圧やコンセント形状が混在しているのは、地域やホテルなどが作られた時期によって使用されている電圧やコンセント形状が違うためです。

マレーシアの主な主要都市とリゾート地のコンセントの事情を見てみましょう。

【主要都市】

■クアラルンプール・・・コンセント形状=BFタイプ・電圧=220V~240V

■コタキナバル・・・コンセント形状=BFタイプ・電圧=220V~240V

■マラッカ・・・コンセント形状=BFタイプ・電圧=220V~240V

マレーシアの主要都市の電源コンセント形状は、BFタイプが基本です。

【リゾート地】

■ペナン島・・・コンセント形状=BFタイプが主流+B3とC2タイプが混在・電圧=220V~240V

ペナン島は世界遺産の街並みと、ビーチリゾートが同時に楽しめる美食の島として人気のリゾート地です。

ペナン島は、B3タイプとC2タイプが混在しています。

■ランカウイ島・・・コンセント形状=BFタイプが主流+B3とC2タイプが混在・電圧=220V~240V

ランカウイ島は、99の島々からなるランカウイ群島の中の島のひとつで、世界中から観光客が訪れる人気のリゾート地です。

ランカウイ島は、B3タイプとC2タイプが混在しています。

リゾート地と主要都市との違いは、B3タイプとC2タイプが混在しているところです。

・B3タイプ・・・BFタイプと同じ3つ足でも足の部分が平ではなく丸い

・C2タイプ・・・日本と同じ2つ足でも足の部分が丸い

宿泊するホテルによっては3つのタイプが混在しているので、変換プラグを複数持っていかなければいけない可能性があります。

リゾート地に行くなら、どんな形状でも対応可能なマルチ変換プラグがお勧めです。

マレーシアのコンセントの電圧は220V

電圧が異なるコンセントに電化製品を挿し込むと、ショートして火災を引き起こしてしまう可能性があります。

電圧を知ることは重要!

マレーシアの電圧は220V。

日本国内のみに対応している電化製品のプラグに変換プラグをつけたからといって、すぐにコンセントに差し込むと電化製品が壊れてしまいます。

日本の電圧は100Vです。

220~240Vの電圧を100Vに下げなければ、許容量を超える強さで電気が流れることになり、発火や故障の原因となる可能性があります。

電化製品には対応電圧が記載してありますので、電化製品を使用する場合は対応電圧を必ず確認する必要があります。

マレーシアのコンセントで日本の電化製品を使うには変圧器が必要

日本の電化製品には、日本国内のみ対応のものと、海外にも対応しているものの2種類があります。

「入力」または「Input」の欄に100V240Vと表記されていれば、変圧器を使わなくても基本的には使用できます。

「100V」の表記がされていれば、日本国内のみの対応となるため、マレーシアで使用するには変圧器の使用が必須です。

注意!

マレーシアの電圧は日本に比べると2倍以上高いので、感電しないよう電化製品の取り扱いには気を付けましょう。

では、変換プラグと変圧器を、それぞれ個々に詳しく解説していきましょう。

マレーシアで使用するプラグ・変圧器の種類・値段・購入場所

変換プラグ・変圧器は、電化製品を取り扱っている量販店や、ホームセンター・インターネットなどで購入できます。

変換プラグは、現地でも簡単に見つけることができます。

変圧器も現地で購入できますが、売り切れている場合が多い様なので日本国内で購入する方が確実でしょう

変換プラグの種類と値段

世界には様々なコンセントの形状があるため、変換プラグには多くの種類があります。

変換プラグには、1種類のタイプだけに対応する単品タイプと、世界中のコンセント形状に対応するマルチタイプがあります。

●単品タイプの変換プラグ・・・約300円前後

●マルチタイプの変換プラグ・・・約2000円前後

海外旅行はめったに行かない人や、BFタイプの国にしかいかない人ならBFタイプだけで

持っていれば十分です。

海外に旅行する頻度が高い人は、世界中のコンセント形状に対応しているマルチ変換プラグを持っていれば便利です。

100均のプラグはお勧めできない!

変換プラグは100均で手に入ることもあるようですが、あまりお勧めできません。

なかには通常に使えるものもありますが、挿し込めなかったり・挿し込めてもすぐに抜けたりする商品もあるようです。

マレーシアの電圧日本の2倍以上あるので、危険性も高くなります。

通常で購入するのと大きな差額がないので、100均でない商品を購入する方が良いでしょう。

変圧器の種類と値段

変圧器とは、電圧を変換するものです。

日本で使っている様々な電化製品は、変圧器の準備さえすれば海外でも安全に使えます。

日本の100Vとマレーシアの220Vにも対応できる電化製品は、“220-240V”のものを購入する必要があります。

変圧器の種類は2種類

変圧器には、2つの種類があります。

●ダウントランス・・・電圧を下げる

●アップトランス・・・電圧を上げる

マレーシアの場合は、電圧を下げる必要があるので「ダウントランス」が必要となります 。

変圧器の価格は、4000円~1万円程度と少々高価になります。

電気店・ホームセンター・ネットショッピングなどで購入できます。

変圧器には、使用する目的に合わせて多種多様のタイプがあります。

●マルチタイプ・・・90V~240Vまで対応している

●延長コード式

●コンセント穴を増やすタイプ

●USBでも使えるタイプ

●変換プラグと変圧器のセット

●変換プラグと変圧器の一体型タイプ

マレーシアで使用する変圧器は消費電力(W)によって変わる

変圧器を購入する場合は消費電力を確認の上、消費電力の2割増くらいの容量の変圧器を選びましょう。

当然、容量が大きくなるほど大きさや重さも増して、値段も高くなっていきます。

旅行で使う場合(トラベル用の持ち運びできる変圧器)

短期の旅行なら、W数が小さい持ち運びできる海外旅行用変圧器があります。

海外旅行用変圧器 変換プラグ付き 90V-240V to 100V などがお勧めです。

また定格出力200Wの意味は、200Wまで使えるということです。

ドライヤーだと消費電力が1200W程なので、この変圧器に挿して使用すると変圧器が壊れてしまいます。

長期滞在で使う場合(据え置き型の変圧器)

日本仕様の電化製品を、どれだけ持って行くかで容量が変わってきます。

据え置きの本格的な変圧器が必要になるだけに、重くて持ち歩くことができないものになります。

スマホ・デジカメくらいを持って旅行するだけなら、変圧器は必要ありません。

ただし、アダプタがないデジカメを使用する場合は、変換プラグと変圧器の両方が必要になります。

総消費電力量が変圧器の容量を越えなければ、複数の電気製品を同時に使用することもできます。

参考▶▶ACアダプタとは、電子機器のコードに付いている四角いBOXです。

ACアダプタは、簡単に言うと変圧器と同じような働きをしています。

ACアダプタが付いているノートパソコンやカメラやその他の家電なら、行先の国の電圧と電源周波数が対応していれば変圧器なしで使用できます。

逆にACアダプタが付いていなければ、変圧器が必要になるワケです。

精密な電子機器などを使いたい場合は、より精度のいい変圧器をしようした方がいいという意見もあります。

Sponsored Link

マレーシアでもコンセントのプラグや変圧器は調達できる

長期滞在時には、変圧器の準備が当然必要になります。

でも短期の海外旅行や海外出張などのショートステイであれば、マルチ対応のコンセントを完備しているホテルが増えているため、変換プラグだけの持参でよくなってきています。

また変換プラグは、宿泊するホテルのフロントで借りることもできます。

それでも完備していないホテルもあるので、確実に電源を確保できる保証はありません。

持って行かないのであれば、事前にレンタルできるかをホテルに確認しておきましょう。

忘れてしまった場合は、現地でも購入できます。

マレーシアの現地では、変換プラグや変圧器などは、家電専門店で購入できます。

家電専門店をはじめに、マレーシアでの購入場所を紹介します。

マレーシアの家電専門店事情

クアラルンプール(KL)のショッピングモールには、家電専門店が入っている場合がほとんどです。

マレーシアで家電を購入できる店舗

●「Harvey Norman(ハーヴィーノーマン)」

●「SenQ(センキュー)」

【日系の店舗】

●ベスト電器

●日系デパート「AEON」「AEON BIG」の家電売り場

マレーシアで家電店以外の購入場所

変換プラグと変圧器は、マレーシアでも家電専門店以外で購入することができます。

主な購入場所を、変換プラグと変圧器に分けて紹介します。

変換プラグが購入できる場所】

●セブンイレブン

●パブリカ内BIG(スーパー)

●ACE(ホームセンター)

●MR.DIY(ホームセンター)

変圧器が購入できる場所

●ACE(ホームセンター)

●MR.DIY(ホームセンター)

●ミッドバレーメガモール

●ジャスコ

日本人がよく行ショッピングモールに入っている店舗なので、見つけやすいのが利点です。

ただし、品切れになっていることが多いようです。

※トラベル用の持ち運びできる変圧器は、探し出すのが大変なので日本にいる間に購入しておくのがベストです。

長期滞在で使用する変圧器を安く手に入れるベストな方法

日本からの長期滞在家庭には、変圧器は一所持しているのが普通のようです。一番ベストな方法は、帰国する駐在員の家庭から譲り受けることです。

重いので持って帰国しない家庭が多いので、結構安く手に入れるこができます。

下記のような掲示板で、出品されていることが多いです。

■クアラルンプールの生活情報・クラシファイド「クアラルンプール掲示板

■マレーシア・アジアでの売ります買います掲示板 JalanJalan

マレーシアのコンセントで変圧器がなくても使える日本の電化製品

海外ではコンセントの形状が異なるので、その国の形状に合わせた変換プラグが必要です。

海外対応の電化製品であれは、変圧器がなくても使用できます。

なかでもスマホ・パソコン・デジタルカメラなどは、今ではほとんどが海外対応になっているはずです。

確実に変圧器が必要ないものといえば、iPhoneです。

マレーシアのコンセントはiphoneなら変圧器はいらない!

iPhoneは、世界94カ国以上で販売されています。

iPhoneの純正充電器であれば、100V~240V:50~60Hzに対応できるように製造されているため、世界中で使用できるようになっています。

マレーシアのコンセントに合う3つ足のBFタイプの変換プラグを使えば、充電器はそのままいつものように使用できます。

最近では、iPhone以外でもAndroid・Xperia、Galaxyといったスマホから、MacbookなどのPC類のほとんどは、どの国でも電圧を気にすることなく充電することができるようです。

マレーシアのコンセント・プラグやスマホ関係で便利な持ち物

●延長コード

複数を同時に充電したりする場合に、コンセントの数を増やせる延長コードがあると便利です。

またマレーシアのホテルでベットの近くにコンセントない場合、枕元にスマホを置きたい場合にも役に立ちます。

●モバイルバッテリー

マレーシア旅行中は、スマホの使用が多くなるため電池が切れやすくなります。

モバイルバッテリーがあると、外出先での電池の心配がないので安心です。

マレーシアのコンセントで変圧器が必要な日本の電化製品

マレーシアでは、生活家電や医療器具は変圧器が必要な電化製品になります。

これらの生活家電や医療器具は、基本的に海外での利用を想定して製造されていないからです。

特に、モーター内蔵や熱電力を多く使う電化製品に関しては、変圧器は必須です。

日本製の電化製品で、ACアダプター付き+100V~240V:50~60Hzに対応できる製品以外は、変圧器が必要だと思って間違いないでしょう。

マレーシアで使用する変圧器の選び方と勘違いしやすいポイント

変圧器は消費電力によって、必要な容量が変わってきます。

勘違いしやすいので、選び方と大事なポイントを押さえておきましょう!

①まずは使用する電化製品の消費電力を確認する!

消費電力は、取扱説明書や製品本体に、WまたはVAかで表示されています。

日本対応か全世界対応かを確認をします。

交流電圧100V・・・日本対応 タイプ⇒変圧器が必要

AC100V 50/60Hz 10VA ⇒ AC100V=電圧100V 10VA=10W=消費電力

■交流電圧100-240V・・・全世界対応タイプ⇒変圧器は必要ない(変換プラグは別に必要)

AC100V~240V 50/60Hz 9.0VA ⇒ AC100V~240V=電圧100V~240V 9.0VA=9.0W=消費電力

主な電化製品の消費電力の目安

●携帯電話・スマートフォン充電器            10W

●シェーバー      10~30W            

●デジタルカメラ             20~50W            

●ビデオカメラ(カメラのみ)          20~50W            

●デジタルオーディオプレーヤー  20~100W

●ACアダプター(各種)     30~150W

●ノートパソコン             50~150W                     

●ジューサーミキサー      200W   

●デスクトップパソコン  200W   

●ヘアードライヤー          1000W   

●炊飯器              1300W

●電子レンジ      1400W

②電化製品の仕様に合わせて変圧器の容量を決める!

変圧器は電化製品の仕様によって選ぶ容量が変わってくるのが、重要なチェックポイントです。

重要!連続で30分以上使用する電化製品の場合⇒消費電力の1.25倍の容量が必要

重要!モーター内蔵・電熱タイプの電化製品の場合⇒消費電力の3の容量が必要

モーター内蔵電化製品

ドライヤー・冷蔵庫・空気清浄機・掃除機・扇風機・ミシン・フードプロセッサー・ジューサー・ミキサーなど

電熱電化製品

炊飯器・電子レンジ・アイロン・ホットプレート・電気ポット・コーヒーメーカー・オーブントースター・IH調理器・ホームベーカリー・ホットカーラー・ヘアーアイロン・スチーム美顔器など

マレーシアのホテルでのコンセント事情

最近のホテルで4つ星以上のホテルであれば、コンセントは全世界対応のユニバーサルタイプが完備されている場合が多くなっています。

変換プラグは、完備しているホテルもあるのでフロントで貸し出してくれます。

借りる際にはデポジットが必要となることもありますので、お財布を忘れずに

マレーシアのコンセント使用で変圧器を貸し出してくれるホテルは少ない

変換プラグは、ホテルに完備されている場合が多いのですが、変圧器を完備しているホテルはほとんどありません。

なぜなら、世界中で100Vを採用しているのは日本だけだからです。

たとえ変圧器が完備されていても、数量が限られている可能性があるので、ホテルに頼らず自分で用意しておくのが無難でしょう。

以下に、変換プラグと変圧器の両方を貸し出してくれる主なホテルをまとめていますので、参考にしてください。

マレーシアのコンセント使用でプラグと変圧器の貸し出しがあるホテル

KLで変換プラグと変圧器が完備されているホテル

  • Hotel Istana Kuala Lumpurホテル イスタナ

ランカウイで変換プラグと変圧器が完備されているホテル

  • ASEANIA RESORT & SPAアセアニア ホテル
  • FAVE HOTEL LANGKAWIフェイブホテル ランカウイ ビーチ
  • Berjaya LANGKAWIベルジャヤ ランカウイ ビーチ&スパ リゾート
Sponsored Link

マレーシア の空港で使用できるコンセント(電源)

 KLIAとKLIA2の空港内施設で、使用できる充電スペースを紹介します。

■クアラルンプール空港第二ターミナル(KLIA2)の施設

●「CHARING STATION

飛行機を降りてから、トランジットエリアに行くまでの手荷物検査場を抜けると見えてくる左右に大きなエスカレーター下のスペースにあります。

コンセントの形状は、下記の3つの形状が使えます。

・BFタイプがメインでCタイプが使える箇所

・日本の形状でも使える箇所

・USB充電用ポート

■クアラルンプール国際空港(KLIA)の施設

●「バッテリーステーション」

ロビーの中央あたりに、充電が自由にできるスペースが設けられています。

「バッテリーステーション」と書かれた太い柱が目印です。

コンセント形状は、大半がマレーシア仕様なので変換プラグが必要です。

mル「CHARGING ZONE

マレーシア航空のラウンジ“ゴールデンラウンジ サテライト”にある

「CHARGING ZONE」で充電できます。

・コンセントだとプラグ変換器が必要

・USB端子などはすぐに充電可能

まとめ:短期旅行はスマホとデジカメ+マルチ変換プラグでお手軽に!

日本の電化製品をマレーシアのコンセントを使用するには、基本的に変換プラグと変圧器が必要です。

マレーシアの電源コンセント形状は、BFタイプが通常です。

リゾート地に行くなら、宿泊するホテルによっては3つのタイプが混在しているので、どんな形状でも対応可能なマルチ変換プラグがお勧めです。

Iphoneなどのapple製品のように、使用する電化製品が全世界対応(100-240V)の場合は変圧器は必要ありません。

今ではその他のスマホ・ノートパソコン・デジカメも変圧器が必要ないものも増えてきましたが、日本対応(100V)のものであれば全ての電化製品において変圧器は必要となります。

また、変圧器は電化製品の仕様によって、容量が変わってくるため注意が必要です。

近年のマレーシアのホテルのコンセントは、マルチ対応タイプになっている場合が多いので、短期の旅行であれば変換プラグひとつで滞在することができます。

それでも、ホテルや地域によっては両方の準備が必要な場合がありますので、ホテルの仕様を確認するようにしましょう。

今では、スマホやデジカメは旅の必需品!

いざという時に備えて、充電できる場所もしっかり確保して、快適な旅ができるよう情報収集をしておきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • マレーシアの電源(電圧・プラグ・三相・変圧器など分かりやすく徹底解説!

  • マレーシアのコンセントを徹底解説!プラグ(アダプター)変圧器は必要?!

  • マレーシアでの日本人(学校や求人・仕事・日本人街など)移住生活を徹底解説!

  • マレーシア人と人口について(多彩な人種のピラミッド・人柄・特徴など)全てを徹底解説!

関連記事

  • マレーシアの治安は良い悪い?外務省発表データや各地域に合わせた注意点を徹底解説!

  • マレーシア人と人口について(多彩な人種のピラミッド・人柄・特徴など)全てを徹底解説!

  • マレーシアでの日本人(学校や求人・仕事・日本人街など)移住生活を徹底解説!

  • マレーシアの物価は安い?上昇率や食事など全てを徹底解説!

  • マレーシアの電源(電圧・プラグ・三相・変圧器など分かりやすく徹底解説!

  • マレーシア通貨rmの両替は現地が一番!理由と通貨単位リンギット・レートなど徹底解説!