1. TOP
  2. マレーシア 生活 文化
  3. マレーシアの電源(電圧・プラグ・三相・変圧器など分かりやすく徹底解説!
Sponsored Link

マレーシアの電源(電圧・プラグ・三相・変圧器など分かりやすく徹底解説!

コンセントやプラグの形状は国ごとによって異なっていることが多いため、日本のプラグを挿し込むことはできないケースが多いのはよく知られています。

特に日本の電源事情は、世界でも珍しい電源を使用しているため、安全性においては他の国と比べると比較的低くなっています。

コンセントやプラグの形状の違いを知る前に、まずはマレーシアの電源についての知識が重要です。

海外旅行で、その国の電源や電圧を正しく理解しておくのは、身を守ることでもあります。

マレーシアの電圧は、日本の電圧の2倍以上あるため感電しやすい

マレーシアで日本の電化製品を使うには、変換プラグや変圧器の使用は不可欠。

押さえておきたい重要なポイントは、この2点です。

このことを踏まえたうえで、マレーシアの電源を安全に使用するために、

・マレーシアの電源事情と日本の電源事情の違い

・マレーシアの電源でコンセントについているスイッチの使い方

・マレーシアの電源を使うのに変換プラグと変圧器が必要な理由

・マレーシアの電源を使うのに変換プラグだけで使える電化製品

・マレーシアの電圧では日本のドライヤー・ヘアアイロンは使えない

・マレーシアの電源を使う変圧器を選ぶのに勘違いしやすいポイント

・マレーシアの電源を使う電化製品に変圧器が必要かを見分ける方法

・マレーシアで電源(コンセント)を使える場所

・マレーシアの電源と同じBFプラグのシンガポールとその他の国

・マレーシアの電源の使い方と注意点

など

マレーシアの電源・電圧や王ラグの形状・変圧器に関することを、分かりやすく徹底解説していきます。

Sponsored Link

マレーシアの電源事情と日本の電源事情の違い

マレーシアに行く時に、知っておきたいことのひとつに電源事情があります。

世界の電源事情は、国によって様々です。

日本は世界でも珍しい電源を採用しているため、日本の電化製品を海外に持ち出した場合には、使用を変えないと使えないことが多々あります。

マレーシアに行く前に、日本との電源や電圧の違いを正しく理解しておきましょう。

Sponsored Link

マレーシアの電源事情VS日本の電源事情

マレーシアと日本の電源は電圧が異なり、コンセントのプラグ形状も違います。

コンセントのプラグ形状が違うと、日本のプラグを差し込むことはできません。

さらにマレーシアは、日本の2倍以上電圧が高いため、コンセントに電化製品を挿し込むと、ショートして火災を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため日本の電化製品をマレーシアで使用するには、変換プラグと変圧器が必要になります。

マレーシアの電源を知るために、日本の電源事情と比較してみることにしましょう。

日本の電源:コンセントの形状・電圧・周波数(A型・100V50-60Hz

日本のコンセントのプラグ形状は「Aタイプ」=2穴式(アメリカン)

日本の電圧は100V・周波数は西日本50Hz:東日本60Hzに別れています。

また、住宅用が単相電圧で、日本の工業用三相電圧も200Vという世界でも珍しい電源を使用している国です。

100V系は、南米・北米が採用しています。

日本とアメリカでの歴史的背景から、日本の電源・プラグはアメリカと、アメリカの植民地であったフィリピンでもそのまま使うことができます。

マレーシアの電源:コンセントの形状・電圧・周波数(BF型・220V・50Hz)

マレー半島の発電・配電事業は、電力会社TENAGA NASIONALが、火力・水力発電によって行っています。

電気の供給は安定していますが、落雷などの影響で停電になることがあります。

工事の不備や電化製品の不良による漏電や感電事故は、日本より多い国でもあるといえます。

マレーシアのコンセントのプラグ形状は「BFタイプ 」=3穴式(ブリティッシュ)

マレーシアの電圧は220V・周波数は50Hzです。

2本の金属と1本のプラスチックの合計3本を挿し込むようになっています。

マレーシアはイギリスの植民地だったという歴史的背景から、マレーシアの電源・プラグ形状はイギリスと同じで、その他のイギリスの植民地だった国でも使用できます。

マレーシアの電源でコンセントについているスイッチの使い方

マレーシアのコンセントには、感電防止対策としてスイッチが付いています。

マレーシアの電圧は日本の2倍以上と高電圧のため、コンセントにも電源スイッチが付いていて、スイッチをOFFにすれば電気が流れなくなっています。

コンセントの抜き挿しは、絶対にスイッチをOFFにするのを忘れないようにしましょう。

スイッチがONのままコンセントの抜き挿しをすると、火花が散ったり電化製品が壊れてしまうことがあります。

電圧が高いマレーシアでは、くれぐれも漏電や火災に注意する心構えを忘れないようにしましょう。

マレーシアの電源の使用に変換プラグと変圧器が必要な理由

変換プラグには変圧機能はなく、あくまでコンセントの形状を変えるだけのものです。

使用する電化製品自体が、海外対応(100-240V)の場合にのみ変換プラグだけで使用できます。

日本専用(100V)の電化製品の場合は、変換プラグと変圧器の両方が必要になります。

差し込んだ後は、コンセントのスイッチをONにすると電気が流れだします。

一般的に電流は世界共通になっていて一定なのですが、電圧が違うと電力の違いに影響が出てきます。

電圧が2倍以上違うと、電力も2倍以上違うことになります。

マレーシアで電化製品を使用するのに絶対必要なものは、コンセントの形状(BF)に変換するための変換プラグです。

INPUT100-240Vと書かれていないアダプタの製品や、アダプタ自体が無い電化製品の使用には変圧器も必要です。

日本の100Vに合わせられるもので、220V以上に対応しているものを用意しましょう。

旅行に持っていくような携帯用の電化製品であれば消費電力はさほど気にする必要がありません。

マレーシアの電源使用に変換プラグだけで使える電化製品

電化製品には、対応電圧というものがあります。

対応電圧とは、電化製品に設定されている電圧の許容範囲のことです。

電化製品をチェックしてみて使用する国の電圧が、対応電圧の範囲内であれば変圧器なしに使用することができます。

日本で使用している電化製品では、

パソコンのアダプター

スマートフォンの充電器

デジタルカメラの充電器

などは、240V位の高い電圧に対応しているものが多いようです。

マレーシアではiPhoneやパソコン類はプラグがあれば充電可能

最近のスマホやタブレット・ノートパソコンは、大体対応電圧が100~240Vなので変換プラグさえあれば充電できることが多くなっています。

携帯電をのなかでもiPhoneは、メーカーが世界対応で製造しているので、変換プラグさえあればどの国でも安心して充電ができるようになっています。

(Apple 製品はすべて100V~240V対応なので変圧器なしで充電できる)

  • iPhone の充電器・・・世界的に展開されているため世界基準で作られている
  • パソコンの充電器・・・世界的に展開されているノートパソコンは世界基準

ただし、日本国内生産のパソコンの場合は要注意です。

対応電圧は大体電源アダプターに書いてあるので、220Vが対応していれば変換プラグがあれば使えます。

電子機器のアダプター対応電圧

Input 100240V 1A 50-60Hz

    ↑

電圧が100V~240Vなら使用可能という意味

マレーシアの電圧では日本のドライヤー・ヘアアイロンは使えないことも

日本製ヘアドライヤーや、ヘアアイロンを使用する場合は膨大な電力を消費します。

たとえ変圧器を通していてもドライヤー自体が壊れたり、停電等を引き起こしてしまう可能性があります。

電化製品でも熱を発生するものに関しては、変圧器の選び方にポイントがあります。

マレーシアの電源を使用する“変圧器を選ぶうえで勘違いしやすいポイント”

熱を発生する電化製品は、消費電力の3倍以上の容量が必要になります。

ドライヤーやヘアアイロンの消費電力の目安は、1200W位です。

つまり、ドライヤーやヘアアイロンを使うには、3600W位まで使える容量の変圧器でなければ使うことができないワケです。

変圧器は対応する消費電力量や電圧が高いほど、サイズも重量も大きくなり値段も高くなってきます。

一般的にドライヤーはホテルに備え付けられていますので、短期の旅行であれば現地のものを使用するのをお勧めします。

どうしても持って行きたい場合は、海外対応のドライヤーを購入しましょう。

また長期滞在する人は、現地で調達して帰りは置いて行くという方法もありますよ。

参考▶変圧器は、周波数までは変換できません。

周波数の違いを確認せずに使うと、器具を傷めたり性能を低下させたち、火災の原因にもなる可能性があります。

冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・タイマー・蛍光灯を使った照明器具ではこの周波数も問題になりますので、ご注意ください。

マレーシアの電源を使う電化製品に“変圧器が必要かを見分ける方法”

電化製品が海外に対応しているのかを知るには、製品に記載された表示を確認する必要があります。

家電製品には、以下の4つが記載されています。

①入力⇒Input  入力電圧V(変圧器が必要か否かがわかる)

②出力⇒Output

③周波数⇒Hz

④電力⇒W  消費電力(変圧器の容量を決める目安になります)

VA(ボルトアンペア)= W(消費電力)

■電気にまつわる基本的な3つの単位⇒電力(W)=電圧(V)×電流(A

例)

【INPUT: AC100V-240V 0.12A、50/60Hz】と書かれている場合

電圧100ボルト~240ボルト・周波数50~60ヘルツのコンセントに対応しているということです。

(AC=交流電流、A(アンペア)=電気の流れる量)

マレーシアは電圧220V・周波数50Hzヘルツなので、この製品は変圧器なしで使用することができます。

四角い部分はACアダプタと呼ばれ、変圧器と同じような働きをしています。

ノートパソコンやカメラなどの家電には、ACアダプタが付いているものがほとんどです。

これらの電化製品も電圧と電源周波数が対応していれば、変圧器なしで使用できます。

アダプタに「INPUT:100-240V 50/60Hz」と表示されている機種は、アダプタが電圧を調節する役目を果たしてくれます。

後は、滞在する国のコンセントの形状に合わせるために、コンセントの形状変換プラグを購入するだけです。

アダプタの表記が「INPUT:100V」の場合は、変圧器が必要となります。

Sponsored Link

マレーシアの電源と同じシンガポールはBFタイプのプラグ

もともとマレーシアとシンガポールが独立するまでは、同じ国だったので電源コンセントの規格は共通になっています。

独立する以前でイギリスの植民地だったという歴史的背景から、英国の電源コンセントとも同じ規格になっているのです。

では、マレーシアで利用した変換器は、マレーシアのほかにどのような国で利用できるのかを見てみましょう。

マレーシアの電源と同じコンセント・プラグ~BFタイプの国や地域

マレーシアと同じコンセント形状の国は、旧イギリス領の国に多く見られます。

下記にあげる国では、マレーシアと同じBFタイプの変換プラグを活用することができます。

BFタイプが主流である国と、その国の電圧も含めて紹介しておきます。

マレーシアと同じBFタイプが主流である国

<アジア>

・シンガポール (電圧230V)

・香港     (電圧220V)

・スリランカ  (電圧230~240V)

・モルディブ  (電圧220~240V)

・ブルネイ   (電圧240V)

<ヨーロッパ>

・イギリス   (電圧240V)

・アイルランド (電圧220~240V)

・マルタ    (電圧240V)

<中東>

・アラブ首長国連邦 (電圧220V or 240V)

・ヨルダン     (電圧220V)

・カタール     (電圧240V)

<アフリカ>

・ケニア(電圧220V ・240V)

・タンザニア(電圧230V)

・ジンバブエ(電圧220V ・240V)

電源コンセントの規格を知るには、その国の歴史的背景から見当がつくともいえるでしょう。

マレーシアで電源(コンセント)を使える場所は意外と多い

今やスマホやパソコンで情報を得ることが多い時代。

何といっても、マレーシアに旅行する際に気になるのは電源の確保です。

安心して旅行するためにも、マレーシアでコンセント(電源)を確保できる場所を事前に知っておきましょう。

■マレーシア航空(エコノミークラスの座席の肘掛の下に付いている)

■クアラルンプール国際空港⇒2つのターミナル(KLIA,KLIA2)にある

■空港に着いてすぐに電源が欲しい場合

・『マクドナルド』⇒100~150円程でコンセント(電源)が確保できる

・『スターバックス』⇒空港内には2箇所どちらも電源を確保できる

・『ファミリーマート』⇒KLIA2 LEVEL2の出口付近:イートインスペースにコンセントが完備されている

■街中⇒サービスの一環としてコンセントを完備している

『マクドナルド』

『スターバックス』

『The Coffee Bean & Tea Leaf』

『PAUL』

『バーガーキング』

『ケンタッキーフライドチキン(KFC)』

また、上記の店舗ではWIFIも提供していることがほとんどです。

(ホテルでは高い確率で電源を使えるところが多い)

今はマレーシアでもスマホやパソコンは普及しているので、サービスとして電源を提供する店舗が増えています。

少なくともマレーシアの主要都市では、電源を確保できる場所は見つけられるはずです。

マレーシアの電源の使い方と注意点

あらゆる電化製品は、コンセントからの電力を使って動かします。

電流は基本的には世界共通になっていて一定なのですが、電圧が違うと電力の違いに影響が出ます。

特に注意が必要なのが「電圧V」=(出力)

マレーシアの電圧は日本の2倍以上ということは、電力も2倍以上違うことになります。

電化製品の許容範囲以上の電力がかかると、機械が故障したり爆発したりして壊れてしまいます。

通常は容量を超えるとヒューズが切れて電流が流れなくなりますが、もしもヒューズが入っていない場合は発熱して火事になる危険性があります。

まとめ:電源は正しく知っておくべき重要な基本情報!

電化製品に囲まれて生活している私たちは、海外旅行でも長期滞在においても、電気は身近なものです。

今では、スマホやパソコンから情報を取るのも、決済するのも当たり前の時代。

海外旅行で、その国の電源や電圧を正しく理解しておくのは、身を守ることでもあります。

マレーシアの電源は、

●電圧:220V(ボルト)・周波数:50Hz(ヘルツ)・コンセントのプラグ形状:BFタイプ

●マレーシアの電源で日本の電化製品を使うには変換プラグと変圧器が必要

・電化製品自体が海外対応(100-240V)の場合にのみ変換プラグだけでOK

・日本専用(100V)の電化製品の場合は変換プラグと変圧器の両方が必要

●変圧器が必要かを見分けるにはInput(入力)の電圧Vの数値を見る

日本の電化製品の電圧(V)表示は3つしかない⇒(100-240V)(100V)(125V)

●変圧器の容量を決める目安は電力⇒W 消費電力の数値を見る

●ドライヤーやヘアアイロンなどは、ホテルに完備されているものを使おう!

(熱を発生する電化製品は消費電力の3倍以上の容量が必要)

●変圧器不使用・変圧器の容量不足は、電化製品や変圧器が壊れる・停電・火事を起こす可能性がある

●電圧が高いマレーシアは感電防止策でコンセントにスイッチが付いている

・コンセントを抜くときは、スイッチをOFFにしてから抜く

・コンセントを挿してからスイッチをONにする

何といっても、マレーシアの電源で一番注意が必要なのが、電圧が日本の2倍以上だということ!

正しい知識と正しい使い方をすることで、電源にまつわる事故は防ぐことができます。

それでも建築上の不備や管理不足などで、火事になる可能性もあるという危機管理と緊張感を忘れないようにしましょう。

また、スマホを充電できる電源の確保については、今はマレーシアでもサービスの一環として、電源を提供する店舗が増えてきているのが現状です。

ただし、マレーシアのコンセントで充電するなら、BFの変換プラグを忘れずに!

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • クアラルンプールの治安!外務省情報と女性旅・夜の注意点や悪い場所をわかりやすく解説!

  • マレーシアの文化!世界遺産や衣食住での体験に役立つ日本との習慣の違いをわかりやすく解説!

  • マレーシアの雨季!クアラルンプールとペナンで変わるなど全てをわかりやすく解説します!

  • マレーシアの言葉を言語の割合や種類・政策・教育などを通して徹底解説!

関連記事

  • マレーシアの治安は良い悪い?外務省発表データや各地域に合わせた注意点を徹底解説!

  • マレーシア人と人口について(多彩な人種のピラミッド・人柄・特徴など)全てを徹底解説!

  • マレーシアでの日本人(学校や求人・仕事・日本人街など)移住生活を徹底解説!

  • マレーシアのコンセントを徹底解説!プラグ(アダプター)変圧器は必要?!

  • マレーシアの物価は安い?上昇率や食事など全てを徹底解説!

  • マレーシアの文化!世界遺産や衣食住での体験に役立つ日本との習慣の違いをわかりやすく解説!