1. TOP
  2. ベトナム 生活
  3. ハノイのスーパーはなんでもそろう!食材、コーヒー、お土産まで!
Sponsored Link

ハノイのスーパーはなんでもそろう!食材、コーヒー、お土産まで!

ベトナム 生活   69 Views

ハノイのスーパーには色々な商品が置いてあります。

娯楽施設の少ないハノイでスーパーは、とりわけ複数の店舗を保有する大型スーパーは一つの娯楽産業としても栄えています。

大型のスーパーには映画、レストラン、ブランド店などを取り扱っている店舗が併設されているので、休日になると多くのベトナム人で賑わいます。

大型スーパーとその顧客の多さを見るときに。ベトナムの首都ハノイの経済成長がどれほど高まっているかを実感することができます。

そんなハノイのスーパーなので、外国人にとっては単に生活の基盤以上の魅力あふれる場所となっています。

今回はハノイのスーパーについて、次の点を解説します。

  • ハノイの買い物をスーパーで買うべき理由
  • ハノイのスーパーで買えるもの
  • ハノイにある日系スーパー
  • ハノイにある大型スーパー
  • ハノイでスーパーを利用する時の注意点

スーパーは経済成長を続けているハノイの一端を垣間見ることができる一方で、旅行に行かれる方にとっても旅行に行かれる方にとっても大切な施設になるはずです。

この記事を最後まで読んでハノイのスーパーについての理解を深め、ハノイのスーパーを最大限に活用してください。

Sponsored Link
Sponsored Link

Contents

ハノイの買い物はスーパーを利用すべき理由

ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!」でも詳しく解説していますが、ハノイのスーパーを利用すべき理由があります。

第一にスーパーは値段が決まっていますので、ぼったくられる心配がありません。観光地や市場で売っている商品のほとんどは値段がついていませんが、店員は外国人だとわかると高値で売ってきます。

交渉して値段を下げることもできますが、実は交渉を見越して最初から値段をかなりの高さで設定しているということもありますので、結局のところ高くなってしまうことが少なくありません。

スーパーはベトナム人も外国人も同じ値段で販売していますので、面倒な交渉をする必要もなくぼったくられる心配もありません。

またベトナムのスーパーではクレジットカードを使うことができます。クレジットカード払いをすれば現地のお金に両替する手間や手数料がかかりません。

最後にクレジットカードは保険がついていますので、現金払いよりも安全です。また場所にもよりますがスーパーの食材は市場よりも新鮮なので、そういった意味でもやはり安全です。

特に肉や魚などのなまものは、市場では炎天下の中長時間常温で放置していて、ハエや虫などがいっぱいたかっていますのでスーパーの方が安全です。

それでお土産を買うにしても生活をするにしても、できるだけスーパーを利用するようにしましょう。

Sponsored Link

ハノイのスーパーで買えるもの

ハノイには大型スーパーがたくさんあり、欲しいものはなんでも揃います。旧市街に行けば雑貨屋バックなどおしゃれなお土産屋さんもありますが、食材系のお土産ならスーパーにたくさんあります。

またハノイで一時的に生活する場合でも、スーパーに行けばなんでも揃います。

ここではそんなハノイのスーパーで買えるおすすめのお土産や食材を紹介します。

ハノイのスーパーで買えるもの お土産

ハノイのスーパーには、お土産で買えるものがいっぱい売っています。日本ではなかなか売っていない、フォーや生春巻きの皮、あるいはライム塩胡椒などお土産人気の品がとても安く買えます。

そんな中でおすすめなのが、ベトナムのビールです。

ベトナムは世界で最もビールが安い国の一つで、1缶50円〜70円で買うことができます。日本の通販でも買うことができますが、まとめて買わないと送料がかかりますし、1本200円以上します。

ハノイはビールの種類がたくさんありますので色々な種類を買ってあげても喜ばれますが、ハノイのビールはBia Hà Nội(ビアハノイ)ですので外さないようにしましょう。瓶ビールも同じくらいの値段で買うことができます。

またベトナムは果物がとても美味しいのですが、残念ながら飛行機に果物を持っていくことはできません。

しかし下記のようなドライフルーツやスナックは日本に持っていくことができます。南国ならではの珍しい果物も売っていますのでお土産としてとても喜ばれます。

この他にもハノイにはお土産として喜ばれる食材がたくさんありますので、実際にスーパーに来て選んでみてください。

ハノイのスーパーで買えるもの 食材

ハノイに長期滞在することになったなら食材を購入するためにも、スーパーは欠かすことはできません。

食材は市場で買ったほうが安いのですが、すでに解説した通りハノイの市場は不衛生でぼったくりの可能性が高いので、外国人としては少しハードルが高いのでスーパーで買うことをおすすめします。

野菜や果物は値段が張っていません。必要な分とったら秤が置いてある場所に行き、店員に渡すと重さを測って値段のシールを貼ってくれます。

野菜や果物だけを買ってレジに行くと追い返されてしまいますので、気をつけましょう。

ハノイのスーパーで買えるもの コーヒー

ハノイのスーパーではコーヒーもたくさんの種類が売っています。豆の状態のものから豆を挽いた粉、そしてインスタントコーヒーが大量に売っています。

ベトナムのコーヒーは専用のフィルター、「カフェ・フィン」で入れますので、コーヒー豆を買うときは忘れずに購入しましょう。

単品で100円程度で売っているものもありますが、コーヒー豆におまけになっているものもありますのでまだカフェフィンを持っていない方、あるいはお土産として買う方はセットになっているものをおすすめします。

またベトナムはインスタントコーヒーがとても人気です。大手コーヒーブランド「チュングエンコーヒー」という会社のG7というインスタントコーヒーが定番ですが、その他にもおしゃれな箱や包装がしてあるものもあり、お土産にもぴったりです。

ハノイのスーパーで買えるもの 調味料

ハノイのスーパーでは調味料もたくさん揃っていますが、外国人には少し難易度が高いものもあります。

ニュクマム(ナンプラー)やベトナムの醤油など、日本人が料理するときにあまり使わないものもたくさん売っています。

日本の醤油、みりん、味噌などは輸入品でしか買うことができないので、値段は日本のそれの2〜3倍以上の値段になっていますが、それでもベトナムで買えるので助かります。

ベトナムは在庫管理が苦手なのか、ハノイのスーパーでも一つの商品が大量に置いてあるのに少し驚かれるかもしれません。

例えばベトナムでは日本以上に味の素がよく使われていますが、下記のようにとにかく大量に置いてあります。

日本のように賞味期限が近づいたものは処分するとか安くする、ということもあまりしませんので当然売れ残りの商品が大量に残ることになります。

それでハノイで調味料を買うときは必ず賞味期限を確認するようにしてください。

ハノイのスーパーで買えるもの チーズ

ハノイではチーズを買うことができますが現地の人にとっては少し高級で、日本より少し高い値段で売っています。

フランスの植民地支配にあっていたのもあり、輸入物のワインやチーズもたくさん置いてあり値段は高いですが味は本物です。

ハノイのスーパーは買った商品を無料で郵送してもらえる

大抵のハノイのスーパーでは500,000ドン以上(およそ2,500円)買うと、商品を家やホテルまで無料で配達してくれます。

それで買い物の量を気にせず買うことができます。サービスカウンターでは英語が通じますので、買い物したものとレシートを持って次のステップに従って予約をしてください。

  1. 買い物をしてレシートをもらう
  2. サービスカウンターに行って荷物を運んでほしいという旨を伝える Would you bring these to 〜(これらを〜まで運んでもらえますか?)
  3. 用紙を渡されるので、住所、連絡先を記入する
  4. 希望の日時を伝えて配達してもらう(混雑状況によっては希望の日時に配達してもらえない場合があります。)


Sponsored Link

ハノイの日系スーパー

ハノイには日系のスーパーもたくさん進出しています。日本の商品もたくさん売っていますし、日本と同じ配列をしていますので入った瞬間にホッとします。

ハノイにある日系スーパーですので、ハノイの他のスーパーとも日本のスーパーとも違う独特の雰囲気があり、旅行者にとっても長期滞在者にとっても行く価値があります。

そんなハノイに進出している日系のスーパーをいくつか紹介します。

ハノイの日系スーパー イオン

ホーチミンに第一号店ができたイオンですが、ハノイにもいくつか店舗があります。

韓国のロッテマートは都市の中心部にいくつか店舗があるのに対し、イオンは都市の少し郊外に大規模に展開するという戦略を取っています。

それで観光地の中心部分からは少し離れていますが、施設は非常に広く一日中遊ぶことができます。

スーパーはもちろんですが牛角やシャトレーゼなど日系のショップがたくさんありますので、それらを見つけて写真を撮るのも面白いかもしれません。

イオンはベトナム人にも大人気で、週末やクリスマス時期などでは店内は非常に混雑します。

イオンは中心部からイオンまでを往復でつなぐ無料バスもありますので、ぜひ利用してみてください。ちなみにベトナム人はイオンのことを、「アイオン」と呼びます。

ハノイの日系スーパーFivimartはイオンと提携解消

ハノイにはイオンと業務提携しているFivimartというスーパーがありましたが、残念ながら撤退してしまいました。

イオンが将来ベトナムで一連のショッピングモール建設計画の下準備をする間、商品の流通網の構築と初期資本支出を減らす目的で、イオンはFivimartの株30%、Citimartの株40%を取得した。

イオンは出店方法など事業戦略の鮮明な違いにより、協業は成果を上げられないと判断し業務提携解消を決めた。これにより、イオンはFivimart23店舗から撤退するが、ホーチミン市を拠点とするCitimartとの業務提携は維持する。

引用元:アパレルリソースinインドシナ「ベトナム:イオン、4年間の業績不振の末Fivimartと業務提携解」より
http://apparelresource.asia/news/item_3579.html

Fivimartが使っていた店舗の多くは、ベトナムスーパー最大手Vinmartが使うようになっています。

イオンが提携しているCitimart

上記の記事にもありましたが、イオンはCitimartとは提携しています。店舗の数はそれほど多くありませんが、日本の食材もたくさん売っています。

ただし業務提携しているだけなので、基本的には日本のスーパーというよりもベトナムのスーパーよりです。

ハノイの日系スーパー 富分

今回紹介する中で一番最後に進出したスーパー富分は、日本人でも聞き慣れない方も多いかと思いすが、千葉の房総の付近でいくつか店舗があるスーパーです。

スーパーの規模は決して大きくありませんが、行けば「ハノイの中で一番日本のスーパーに近いベトナムのスーパー」と感じられることでしょう。

スーパー富分にはハノイではなかなか見かけない日本の野菜果物が置いてありますし、包装や配置の仕方また弁当、総菜コーナーがあるところなど、入った瞬間にここがベトナムであることを忘れてしまいそうになる程日本の空気が充満しています。

ちなみにスーパー富分では生で食べることができる卵も売っています。当たり前のことかもしれませんが東南アジアで生卵を食べれるというのは、ものすごいことです。

ベトナムに長期滞在している人で卵かけご飯やすき焼きを食べたくなったらぜひスーパー富分に行ってみてください。

ハノイの日系スーパー フジマート

フジマートはハノイ市内に誕生した日系スーパーです。東京を中心に地域密着型のスーパーとして知られているフジマートですが、ベトナムの国内消費市場の急速の高まりに目をつけて、事業展開を図っています。

フジマートは、鮮度管理や顧客サービス等に強みがある日本式スーパーマーケットのノウハウをベトナム市場に適した形で投入していくことで、消費者が生鮮品を中心とした日常の食料品を安心・安全に購入できる生活基盤となることを目指す。

引用元:流通ニュース「住友商事/ベトナムで食品スーパー「フジマート」展開」より
https://www.ryutsuu.biz/abroad/k121841.html

日本では当たり前の「消費者が生鮮品を中心とした日常の食料品を安心・安全に購入できる」というのはベトナムではなかなかないことですので、日本人にとってはとても嬉しいスーパーです。

ハノイの日系スーパー Seicamart(Unimart)

セイカマートもハノイに複数の店舗がある、日系のスーパーです。日本からの輸入商品がたくさん置いてありますが、他と違うのは賞味期限が近いものを割引にして売っているところです。

このように割引して売っているということは、日本の商品を安く買えるというメリットもありますが、それだけ商品管理をしっかりしているということも読み取れますので、商品を安心して買うことができます。

日本から輸入された商品は、割引されていても日本より少し高いくらいの値段になっています。

それでもハノイにいる人にとっては日本の商品を格安で買うことができますので、好評です。


Sponsored Link

ハノイでおすすめの大きいスーパー

ハノイには大型のスーパーがかなり進出してきています。日本とは配列が異なりますので、最初は少し戸惑うかもしれません。

しかしベトナムの生活の様をまざまざと見ることができますので、観光の一環としてもとても興味深い体験になります。

特に海鮮コーナーでは日本ではあまりみない大型の川魚や貝類、またカエルなども売っていて、見ているだけでも楽しいです。

もちろんお土産や生活のために必要な食材なども全て揃っていますので、とても実用的です。

そんなハノイの大型スーパーのいくつかを紹介します。

ハノイでおすすめの大きいスーパー VinMart

ビンマートはベトナムで最も大きな会社であるビングループの傘下にあるスーパーでベトナム全国至る場所にあります。

特に大型デパートのビンゴムプラザの中に入っているビンマートは規模がとても大きく、ボーリングやアイススケート場、水族館などが併設している場所もあり、観光としてもとても興味深い場所です。

ビングループは会員カードも発行していて、ポイント還元率が3%もありますのですぐにポイントが貯まるのも特徴です。

ポイントが貯まれば店員が勝手に使ってくれますので、言語が苦手な方もぜひ発行してみてください。

年会費は無料で、外国人でもパスポートさえあればその場で発行してくれます。またビンマートのコンビニ版であるVin Mart+(ビンマートプラス)は、規模はコンビニですが、肉や野菜など生活用品がたくさんあり、値段もスーパーと変わりませんので近くにあると非常に助かります。

ハノイでおすすめの大きいスーパー Co-op

日本でも馴染みのあるコープはベトナムにもたくさん進出しています。

コープは日本にもありますが、日系の店ではないのでベトナムのコープは日本のコープとは全然関係ありません。

むしろビンマートと比べるとよりベトナム庶民に近いスーパーなので、少しびっくりすることもあると思います。

筆者がコープで買い物をした時は、果物売り場でお客さんが勝手に試食してタネを周りに捨てていました。

店員はそれに気づいていますが、注意するどころか少しも気に留めていない様子でしたので、これらはごく普通のことのようです。(ちなみに市場ではそれが当たり前なので、コープは市場に近いスーパーなのかもしれません)

ハノイのローカルスーパーを見たい人は、ビンマートよりもコープをおすすめします。

ハノイでおすすめの大きいスーパー ビッグC

ビックCはタイを拠点とする大型スーパーで、ベトナムにもたくさん進出しています。

ハノイにも複数の店舗があり、安いスーパーの代名詞となっていてベトナム人にも人気です。

やはり庶民色が強いので、日本人にとっては衝撃な経験をすることがあります。

筆者がビックCで買い物をした時は、子供用の下着売り場でいきなり「試着」を始めたのを見た時は衝撃でした。

つまり親が子供の履いている下着をその場で脱がせて、商品として売り出されている下着を「試着」し、しかも合わなかったようでその下着を元の場所に戻していました。きっと他の誰かがその「試着」された下着を買うのでしょう。

そんなベトナム人の自由な買い物姿を垣間見ることができるビッグCですが、目玉商品はフランスパン3,900ドン(約20円)です。

このフランスパンを大量に買い占め、ビッグCの周りで1本10,000ドン(50円)で売って商売している人がたくさんいます。旅行に来た時はぜひチェックしてみてください。

ハノイでおすすめの大きいスーパー ロッテマート

韓国系のスーパーロッテマートは、ベトナムで数多く進出しているスーパーの一つです。

高級路線で売り出していて、日本人でも気軽に買えないようなショップがたくさんありますが、ロッテに併設してあるスーパーは比較的安く鮮度もいいので、日本人を含む多くの外国人が買い物に来ています。

ベトナム系のスーパーにも日系のスーパーにもない商品がありますので、生活用品やお土産を買いに行くのにもおすすめです。

スーパーで買い物を終えた後は、韓国系のレストランで食事を楽しんでください。

ハノイでおすすめの大きいスーパー 旧市街のスーパーIntimex

旧市街は外国人がたくさんいますので、旧市街にあるスーパーインティメックスも外国人がお土産に買えるような商品がたくさん売っています。

1階は生鮮食品ビール、コーヒーなど、2階はインスタントラーメンや雑貨店、そして3階にはお土産コーナーがあります。

お土産コーナーといっても、お土産に買えるものはほとんどありませんので、1階、2回で事足ります。

Intimex住所:120 Hàng Trống, Hoàn Kiếm, Hà Nội

ハノイでおすすめの大きいスーパー タイ湖のスーパーSyena Shopping Center

タイ湖の東側に佇むシレナショッピングセンターにもスーパーがあります。

以前はイオンと提携しているフィビマートがありましたが、今ではビンマートになっています。

そのほかにも日本のラーメン屋さんや歯医者さんがあり日本人もたくさん訪れています。

セレナショッピングセンターにある通りXuân Diệuは観光地にもなっていて、外国人むけの店がたくさんあり歩いているだけでも楽しいです。

スーパーに行った後は、ぜひXuân Diệuを観光してみてください。

Syena Shopping Center住所:51 Xuân Diệu, Quảng An, Tây Hồ, Hà Nội

ハノイでスーパーを利用するときの注意点

ハノイのスーパーは日本とは違う注意点がいくつかありますので、覚えておかないと買い物をさせてくれないことがあります。

日本のように「お客様は神様」ではなく、対等、むしろ少し下に見ていますので愛想がないことに戸惑いに似た怒りを感じる方も少なくありません。

これはホーチミンよりもハノイに特に顕著に現れていて、買い物の仕方がわからなくても親切に教えてくれるわけでもなく間違えると「チッ」と舌打ちをされます。

しかし逆を返すと誰にも気を使わないところがまたハノイのいいところで、彼らは決して怒っている訳ではありません。こちらも同じような態度で接することができます。

そんなハノイのスーパーでトラブルに合わないために、注意点をいくつか紹介します。

ハノイでスーパーを利用するときの注意点 営業時間

ハノイでは24時間影響しているスーパーやコンビニはありません。経済成長に伴いスーパーも遅くまで営業するようになっていますが、それでも多くのスーパーは22時には閉まってしまいます。

ローカルな場所では21時に閉まってしまうスーパーも多いですので、日本にいる感覚でスーパーで買い物をしようとしても買い物できないことがあります。

またこれは場所にもよりますが、基本的に仕入れは早朝にしているので野菜など生鮮食品は夕方に買うと鮮度がかなり悪くなっている場合が少なくありません。

可能ならスーパーで生鮮食品を買う時は、できるだけ早い時間に買うようにしましょう。

ハノイでスーパーを利用するときの注意点 テトの期間中

ベトナムは日本の正月は非常に短く、代わりに旧正月に当たるテトを盛大に祝います。

テト自体は3日間程度ですが、これに合わせて大型連休にする店も少なくありません。

ハノイのスーパーの多くではテト休みは3日間ですが、少し小さなローカルスーパーになるとそれより長く取ることもあります。

この3日間は一部の外国人向けの店以外は一斉に休みますので、この時期の旅行は避けておいたほうが無難です。

長期滞在する方はテトが始まる前に、スーパーで食材を買いだめしておいてください。

しかし日系スーパーのイオンはテトの休みも全て営業していますので、食材がなくなったらイオンに行くという手もあります。

ハノイでスーパーを利用するときの注意点 クレジットカードとポイントカード

ハノイのスーパーではほとんどの店でクレジットカードを使うことができます。

VISAやMastercardはもちろんですが、JCBもほとんどの店で使うことができますのでできるだけクレジットカード払いにしておきましょう。

ただしベトナム人はクレジットカード払いにすると、キャンセルの仕方がわからないようで、店員のミスでも返品をなかなかしてくれませんので注意が必要です。

もしクレジットカードで買ったものをどうしても返品したければ、かなりしつこく、しかも怒りながら言わないと現金の返金をしてくれません。

また大型スーパーには大抵ポイントカードがあります。ポイントカードは年会費無料で、パスポートがあれば発行できますので長期滞在する方はぜひ発行してみてください。

特にビングループが発行しているポイントカードは、ポイント還元率が3%と非常に高く(ポイントカードなので、クレジットカード払いにすればクレジットカードのポイントと両方貯まります。)スーパービンマート、コンビニのビンマートプラスはもちろんビングループが経営する病院などでもポイントが貯まりますので、一枚発行しておくと便利です。

ハノイでスーパーを利用するときの注意点 荷物

ハノイのスーパーは万引きが多いので、スーパーに必ずロッカーがあり荷物を中に入れなければなりません。(一部の店は設置してあるだけで預けなくても入れます)

ロッカーの鍵は大抵店員が預かりますので、財布や携帯、タブレットなどの貴重品などは絶対に持ち歩くようにしましょう。

またバックに袋をかぶせるなどをして中を開けられないようにしてくる場合もありますが、財布を取り出しておかないと会計できませんので注意してください。

買い物が終わると荷物を受け取ることができますが、その時に買い物した荷物を預けることもできますので、ショッピングを続けたかったり観光をしたかったりするなら預けてみてください。

まとめ

今回はハノイのスーパーについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

  • ハノイのスーパーは、値段が決まっていて交渉する必要がなく、クレジットカードを使うことができ、衛生面でも金銭面でも安全なのでおすすめです。
  • ハノイのスーパーはなんでも買えますが、とりわけお土産は安くて立派なものが充実しています。
  • ハノイには日系スーパーが数多く進出しています。商品や配列の仕方が日本と似ていますので買い物がしやすいですが、それだけでなく商品の管理の仕方がしっかりしていますので安心できます。
  • ハノイにある大型スーパーでは、ローカル色が強いものや大規模のものまでたくさんありますので、生活にも観光にも最適です。
  • ハノイでスーパーを利用する時は、営業時間や荷物を預けるなどのルールに従いましょう。店員は愛想がありませんがそれに腹を立てないほうが楽し買い物でます。

ハノイにはスーパーがたくさんあり、どこも魅力的です。いつ行っても新しいスーパーが建設されていますので、その時の最新のスーパーに行ってみるのも面白いかもしれません。

ぜひハノイ旅行プランに「スーパー」も入れてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • ベトナムは雑貨がおすすめ!それぞれの魅力やベトナムの人気雑貨店も紹介!

  • ホーチミンのスーパーについて徹底解説!おすすめ・場所・注意点など

  • ハノイのスーパーはなんでもそろう!食材、コーヒー、お土産まで!

  • ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!

関連記事

  • ベトナムの水事情 安全かどうか・値段・注意事項について

  • ベトナムの天気は暑いだけじゃない!四季もあり雨季や乾季もあるこの国のベストシーズンを紹介します!

  • ベトナムの仕事(ビザ・求人・給料など)についてすべてお伝えします

  • ホーチミンのスーパーについて徹底解説!おすすめ・場所・注意点など

  • ベトナムの言葉に関してわかりやすく徹底解説!

  • ベトナムのタクシーは安くて便利!料金相場や安全な会社などを紹介!