1. TOP
  2. ベトナム 買い物
  3. ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!
Sponsored Link

ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!

ベトナムのスーパーはとても興味深いですので、旅行に訪れたならぜひ一度立ち寄ってみてください。

日本では決してみられないような食材がたくさん揃っていますので、見るだけでも楽しいですがお土産を買ったり生活必需品を買ったりするのにもとても便利です。

今回はベトナムのスーパーに関して次の点を解説します。

  • ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産
  • ベトナムのスーパーで買える食材
  • ベトナムで有名なスーパー
  • ベトナムの買い物をスーパーで買うべき理由
  • ベトナムのスーパーでの買い物の仕方
  • 日本にあるベトナムのスーパー

この記事を読めばベトナムのスーパーの魅力から利用の仕方まで、ベトナムのスーパーに関しての情報をすべて得ることができます。

ぜひ最後までお読みください。

Sponsored Link
Sponsored Link

Contents

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産

ベトナムのお土産で何を買うか迷ったら、まずベトナムのスーパーに足を運んでください。

ベトナムのスーパーでは日本には売っていないものがたくさん売っていますし、お土産屋さんよりも安いのでバラマキ用として買うこともできるものがたくさんあります。

ここではベトナムのスーパーに売っているものの中から、お土産として買うと喜ばれるいくつかの商品を紹介します。

Sponsored Link

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 お菓子

ベトナムのスーパーでおすすめな商品の一つは、ベトナムのお菓子です。

ベトナムのスーパーには日本では見ることができない珍しいお菓子がたくさん売っていますが、値段は日本の半値近くで買うことができます。

特にお土産としておすすめしたいのは南国フルーツのドライフルーツやスナック類です。

お土産としても見栄えの悪くない包装されているものもありますので、万人受けします。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 コーヒー豆

ベトナムでは色々な場所でコーヒー豆が売られていますが、ベトナムのスーパーでも買うことができ明日。

ベトナムコーヒー豆は色々な種類がありますので、好みのブランドや包装をしてあるものを選んでください。

ベトナムコーヒーの味にこだわりたいなら、チュングエンコーヒーがおすすめです。 コーヒーのレベルはSan taoの後に続く数字1−5、8があり、数字が上がれば値段も味も上がってきます。

ベトナムコーヒー豆を買うならスーパーでフィンと練乳も

「ベトナムのコーヒー豆をもらったけどどうやって淹れたらいいかわからない」という人もよく見かけます。

ベトナムコーヒーといえば、下の写真のように苦いコーヒー専用のフィンに練乳をかけて飲みます。

コップの上に乗っているのが専用のフィン。コーヒーの下に溜まっているのが練乳

それでコーヒー豆を買うなら、できれば専用のフィンと練乳も一緒に買ってあげてください。

このフィンはエスプレッソのような苦いコーヒーを抽出できますので、それに夏なら氷をたっぷり入れて、お好みの量の練乳を入れて飲みます。

ちなみにフィンがなくてもコーヒーメーカーで普通のコーヒーと同じように飲むこともできます。

ちょっと苦めなのでストレートで飲むよりも、牛乳や練乳などを加えて飲んでください。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 インスタントコーヒー

インスタントは3 in 1と書かれているものが人気です。これは①コーヒー②ミルク③砂糖がすでに含まれているタイプで、お湯を注げはすぐに甘いベトナムコーヒーができます。

値段としても手軽で専用のフィンも必要ないので、バラマキ土産などにもおすすめです。

ベトナムで最も出回っているインスタントコーヒーは「G7」と書かれているものです。

このブランドのインスタントコーヒーは日本でも買うことができますが、ベトナムのスーパーで買えばかなり安く購入することができます。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 カーシューナッツ

ベトナムは豆類も人気です。特にベトナム産のカシューナッツはクセがなくて美味しいです。

ベトナムのスーパーには豆コーナーがあり、カシューナッツのほかたくさんの豆類を買うことができますので、お好みの豆を買ってみてください。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 クッキー

ベトナムならではのクッキーもお土産として人気があります。特にトロピカルフルーツのクッキーや、ベトナムコーヒーのクッキーは人気です。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 化粧品&コスメ

ベトナムのスーパーは化粧品関係も充実しています。専門店に行くとかなり高いのですが、スーパーでは日本で売っている化粧品よりも数百円安いというものもたくさんあります。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産ココナッツ

ベトナムはココナツが産地ですので、ココナツ関係の商品やお土産がたくさんあります。

ココナッツオイル

ベトナム産のココナッツオイルは料理やパン、コーヒーや紅茶、さらにはマッサージ用など幅広く使うことができます。

種類もたくさんありますが、その中でも「milaganics Extra Virgin Coconut Oil」は100mlで約300円と手頃な値段で買えますのでおすすめです。

ココナッツ石鹸

ベトナムのココナツ石鹸もお土産として人気があり、一度使ったら他の石鹸が使えなくなるという人もいるほどです。

値段はピンキリで安いものだと1個100円程度で買うことができますが、日本で買ったら500円以上はしそうです。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 ナンプラー(ニュクマム)

ナンプラーはタイ語で「魚醤」という意味で、ベトナム語では「ニュクマム(nước mắm)」として売っています。タイのナンプラーとベトナムのニュクマムの味はほとんど変わりませんが、ナンプラーの方が塩辛く、ニュクマムの方が魚の匂いが強い傾向にあります。

ニュクマムにはそれぞれ度数が表示されています。例えば「25 độ đạm」と書かれていたら25度ということです。度数が高い方が高価で魚の匂いが強くなりますが、度数が低めの方が万人うけする味になります。

ちなみにニュクマムは匂いが強いため、飛行機の預け入れが拒否されることがあります。お土産として購入する場合は十分に包装して漏れても大丈夫なようにしておきましょう。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 ビール

ベトナムのビールは安いのでお土産として特におすすめです。ベトナムはビール大国としても知られていて、世界の中でもビールが最も安い国のひとつです。

ベトナム産の有名ビールの中には次の種類があります。

  • 333(バーバーバー)
  • サイゴンスペシャル
  • ハノイビール

これらは50円〜70円くらいで買うことができます。味は少し薄いのでビール好きには少し物足りないかもしれませんが、女性やアルコールに弱い人に人気です。

またオランダのハイネケンはベトナムで積極的にビールを売っています。

  • タイガー
  • ラルー
  • ハイネケン

日本や他の外国で買うと200円以上するものも、ベトナムでは50円から100円と格安です。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 ワイン

ベトナムはフランスの植民地でしたので、ワインもたくさん売っています。ベトナムの中部ダラットではワインが生産されています。

  • Vang wine
  • Vinh Tien

価格も350円程度から販売していて、グレードが最も高いものでも1,000円はしません。日本で買うと1,500以上はしますので、立派なお土産となるでしょう。

ただし安いワインは味が全然良くないので、ワイン好きの人にはおすすめできません。また輸入物もたくさんありますので、ベトナム産だと思って間違えて買わないように注意してください。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 ライスペーパー

生春巻きなどで使うライスペーパーはベトナムで50円程度で購入できますが、お土産におすすめです。

ライスペーパーは米粉で作られた薄い紙で、水につけると柔らかくなります。その上にお好きな野菜やエビ、肉などを入れて巻いて食べます。

ヘルシーで美味しい上に、安くて軽いので大量買いしても値段も重量もほとんどかかりませんのでお土産に最適です。

ベトナムのスーパーで買えるおすすめのお土産 ライム塩コショウ

ベトナムのお土産で定番なのが、ライム塩胡椒(muối tiêu chanh)です。ベトナムで外食をすると塩と唐辛子にライムが添えてあり、ライムを絞って色々な食材につけて食べます。

肉や海鮮類につけて食べたり、ドレッシングの材料にしたりするなど普通の塩胡椒と同じ感覚で食べてみてください。ライムの爽やかな味が食事をちょっとオシャレにしてくれます。

スーパーで買えば50円くらいで買えるライム塩胡椒ですが、ネットで買うと500円近くしますので、お土産としても大変喜ばれます。

Sponsored Link

ベトナムのスーパーで買える食材

ベトナムに少し長く滞在する予定なら、自分で材料を買って料理するのもおすすめです。

日本にはない食材や同じ食材でもちょっと違うので、料理の幅が広がるかもしれません。

そんなベトナムのスーパーで買える食材の中からいくつかの材料を紹介します。

ベトナムのスーパーで買える食材 果物

ベトナムのスーパーで売っている果物は安くて綺麗で安心です。日本ではあまり売っていないパパイヤ、グアバ、カスタードアップル(釈迦頭)などが所狭しと並んでいます。

後述しますが市場や路上で売っている果物は、スーパーの半値近くで買うことができますが、外国人だとぼったくられたりあまり新鮮でないものを買わされたりすることがあります。

日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、スーパーの果物はキロ単位で売っています。そして自分で買いたい個数を店員に渡すと重さを測って値段を貼ってくれます。

これを忘れてそのままレジに行くと「測ってきてください」と追い出されてしまいますので注意が必要です。

ちなみにベトナムのスーパーに入って独特の匂いがするのはドリアンの匂いです。ドリアンは大きいのでなかなか食べ切れませんが、小売でも売っていますので、興味ある方はぜひ食べてみてください。

一度食べると病みつきになる人も少なくありません。

ベトナムのスーパーで買える食材 野菜

ベトナムの野菜も市場で買うと安く買えますが、果物と同様の理由で外国人はスーパーで買うことをおすすめします。

野菜の買い方も果物同じで解体量を測ってもらい値段をつけます。袋に入っているものでも中から取り出して好きな量を売ってくれます。

ベトナムのスーパーで買える食材 酒

ベトナムはビールやワインの他に、ウオッカも売っています。ウオッカといっても本場のロシアのウオッカと比べるとアルコール度数が半分以下ですが、値段もとても安いので一度ぜひ試してみてください。

焼酎やウィスキーのように炭酸などで割ってカクテルのようにすることもできますし、料理酒として使うこともできます。

その他ウイスキーや焼酎など輸入しているお酒は日本で買うより倍近い値段がします。

ベトナムのスーパーで買える食材 卵

ベトナムのスーパーで売っている卵は日本とほぼ同じ値段です。現地の人にとっては少し高級な食材ということになるのでしょうか。

やはり市場でも卵は売っていてかなり安く買えるようですが、衛生的に心配ですのであまりおすすめできません。

ちなみにハノイやホーチミンなどベトナムの首都にある日系のスーパーでは生食可能な卵も売っています。

買うのはほとんど日本人だけですので、日本語で生食可とはっきり書かれています。値段は通常の卵の1.5倍くらいしますが、質がかなりいいですので買って損はありません。

ベトナムのスーパーで買える食材 パン

ベトナムの大きめのスーパーでは普通焼きたてのパンが売っています。得にフランスパンはかなり安く、1本20円〜売っていますので、パンが焼き上がると多くの人が群がります。

ただしみんな素手でベタベタ触りますので、焼きあがったら誰もさわらないうちにとれるようにしておいた方が良いでしょう。

大型スーパーは客寄せでパンの値段を安くしているので、これを利用して大量のフランスパンを購入して店の外で売っている人もたくさんいます。

食パンも売っていますがあまり美味しくなく、日本のような食パンが食べたいならスーパーに併設しているPARIS BAGUETTE(パリバケット)のような外資系のパン屋で購入して下さい。

ベトナムで有名なスーパー

ベトナムではスーパーがかなり増えてきていて、ハノイやホーチミンなどの大都市はもちろんですが地方でもたくさん見かけます。

ベトナムに長期で滞在することになれば、出来るだけ有名なスーパーの近くに住むことをおすすめします。

ベトナム人が住んでいる場所には歩いて行ける場所に、市場、服、雑貨店など生活必需品が揃っていますが、やはり外国人にとっては少し不便だからです。

それでベトナムの中で安心できるスーパーのいくつかを紹介します。

ベトナムで有名なスーパー Vin Mart(ビンマート)

ビンマートはベトナムで最もたくさんあるスーパーです。ビンマートはベトナム最大の会社であるビングループのひとつで、スーパーの他にも、不動産、リゾート開発、学校、病院、車、電気屋など様々な事業を展開しています。

ビンマートは自社有機野菜「VinEco」があり、汚染問題に敏感なベトナム人の心を掴むことに成功しています。

ベトナムの無農薬野菜専門のスーパーは値段が少し高いですが、ビンマートの野菜は比較的安くて有機野菜ですので安心して買うことができます。

また大型のビンマートの他に「ビンマートプラス」というのもたくさんあります。

こちらはコンビニとはいえ、ビンマートと同様果物、野菜、肉などなんでも売っていますし、値段も変わらないためでスーパーと同じ感覚で買い物に行くことができます。

またビンマートはポイントカードも発行していて、外国人でもパスポートがあれば発行することができます。

ベトナムで有名なスーパー BIG C(ビッグシー)

タイ企業のスーパーマーケットであるBIG Cもベトナムにたくさん進出しています。

食料品はもちろん服、雑貨、小物など生活に必要なものは全て揃っています。

値段は全体的に安めで庶民の味方なスーパーですが、地元色が強くビンマートと比べると野菜などは新鮮さに少し欠けます。

ベトナムで有名なスーパー AEON

説明する必要もない日系のスーパーイオンもベトナムで徐々に数を増やしています。

日本から輸入してきた商品やプライペートブランドなども揃えているので、現地に住んでいる日本人なら必ずお世話になっているスーパーです。

ベトナムではなかなか見ない薄切り肉など、日本人が欲しい商品もたくさんありますが、ベトナムの食品もたくさんあります。

ベトナムのハノイやホーチミンに訪れたならぜひ一度顔出しをしてみてください。

ベトナムで有名なスーパー ロッテ

韓国系のスーパーロッテマートもベトナムにたくさんあります。

ロッテは韓国製品もたくさんありますが、日本ん人として馴染みのある商品もたくさんありますので、買い物しやすいスーパーです。

Sponsored Link

ベトナムの買い物はスーパーで買い物すべき理由

ベトナムで買い物をする場合基本的にスーパーで買うべきであるといえる、次の3つの理由があります。

  1. 値段が安い
  2. クレジットカードが使える
  3. 安全

多くのベトナム人はスーパーよりも市場に行きますが、外国人である私たちは上記の理由からスーパーで買うべきであると言えます。

それぞれの理由を市場と比較しながら詳しく解説していきますね。

ベトナムの買い物はスーパーで買い物すべき理由①値段が決まっているので意外と安い

ベトナムのスーパーで買い物をすべき1番めの理由は、スーパーは値段が決まっているので値段が意外と安いというものです。

市場はスーパーよりも半値近くで買えることもあるので多くのベトナム人は、市場に買いに行きます。

しかし市場は値段が表示されていないので、全て値段を交渉しなければなりません。ベトナム人たちは市場の人と喧嘩をしながら値段を少しでも下げようと交渉します。

この点でベトナム語がわからないとただでさえ交渉ができなくて不利になるのに、外国人であるというだけでかなり値段が高くなってしまうということも少なくありません。

結果スーパーと変わらない値段になったり最悪の場合は法外な値段で買わされてぼったくり被害に遭ってしまったりさえすることがあります。

スーパーはベトナム語を全く話さなくてもぼったくられることなく安心して買い物をすることができます。

ベトナムの買い物はスーパーで買い物すべき理由②クレジットカードが使える

ベトナムのスーパーで買い物をすべき2つ目の理由は、クレジットカードが使えることです。

クレジットカードの普及率はまだまだ高くありませんが、ベトナムは大手のスーパーやコンビニのほとんどすべてがクレジットカードを使うことができます。

海外での買い物をできるだけクレジットカードで買うべき理由

このように海外で買い物をするときクレジットカードが使えるところはすべてカード払いにしましょう。

なぜなら海外で現地のお金を両替するとき手数料が かかりますが、クレジットカードの手数料と比べるとかなり高いからです。

クレジットカードさえあれば日本と同じように海外で買い物できますので、慣れない通貨でも計算間違いすることもありません。また現地のお金をなかなか取り出せなくて周りの人に迷惑をかけることもありません。
気になる手数料は上乗せレートとして取られます。上乗せレートがどれくらいかはカード会社によって違いますが、1.8〜2.0%が相場となっています。

しかしクレジットカードは海外で使ってもポイントが付きます。年会費無料のクレジットカードのなかにはポイント還元率が1%〜1.2%のものもありますし、ゴールドカードなら海外で使うと1.5%〜2.0%というものもあります。
つまりクレジットカードのポイントをプラスマイナスすると、手数料は格安か場合によっては手数料以上のポイントが貯まることになります。

引用元:生活の裏ワザ .com「クレジットカードで手数料ゼロ!海外でお得に両替や買物をする裏技」より
https://seikatsunourawaza.com/credit-fee/

現地のお金に両替すると手数料として3〜10%の手数料がかかりますが、このようにクレジットカード払いでポイント分も考慮すると、手数料がほとんどかかりません。

つまりクレジットカードは便利なだけでなく、手数料から見てもお得で、もしもの時は保険が効きます。

ポイントカードもある

ベトナムの大手のスーパーのほとんどはポイントカードを発行しています。特にベトナムのスーパーで最も多いビンマートはポイントが3%も貯まります。

外国人でもパスポートがあればすぐに発行でき、貯まったポイントは現金同様に使うことができます。

ポイントカードはもちろん現金払いでも貯まりますが、クレジットカード払いにすることにより、クレジットカードのポイントとスーパーのポイントがダブルで貯まります。

ベトナムの買い物はスーパーで買い物すべき理由③安全

ベトナムのスーパーで買い物すべき3つ目の理由は、安全だからです。

ベトナムは農薬などの薬をいっぱい使っていますので、市場の商品は新鮮そうに見えてもかなり汚染されている場合があります。

特に肉は真夏でも常温で1日放置していますがなぜか腐らないので、恐らく強力な防腐剤が使われていることが予想されます。

スーパーの商品はすべて冷蔵で保存されていますし、品質が良いものも多いので安心です。

特にビンマートは「VinEco」という独自のシステムで有機野菜を栽培して出荷していますので、健康に気遣うベトナム人も市場よりスーパービンマートで買うようになっています。

オーガニック専門スーパーもある

それでもまだベトナムの汚染が気になる方は、オーガニック専門のスーパーを利用してください。

値段は日本のスーパーよりも高いものがほとんどですが、オーガニックで安心ですし、新鮮なので美味しい野菜が売っています。

ベトナムのスーパーでの買い方

ベトナムのスーパーは防犯意識が高いので、勝手に入ると警備員の人に注意されてしまいます。

それでスーパーに行ったら次のステップで、買い物をしてください。

  1. ロッカーにカバンを入れる
  2. 買い物をする
  3. 買い物したものをレシートとともに警備員に見せる
  4. ロッカーからカバンを取り出す

それぞれの具体的な方法を解説していきます。

ベトナムのスーパーでの買い方ステップ1:ロッカーにカバンを入れる

ベトナムのほとんどのスーパーはロッカーが用意されていて、万引き防止のために店内に入るためにロッカーにしまわなければなりません。保管の仕方には次の3タイプがあります。

  • 係りの人に預ける
  • 自分でロッカーに入れる
  • カバンに袋などをかけて開けられないようにする

スーパーの入り口で係りの人がいますので、どのタイプかは英語や身振り手振りで説明してくれます。

カバンを預ける前に必ず貴重品は取り出しておいてください。特に財布は取り出しておかないと会計することができません。

ちなみにロッカーがあるだけで、そのまま入っても特に注意されない場合もあります。慣れてきたら素通りして、注意されたらロッカーを利用するという手もあります。

ベトナムのスーパーでの買い方ステップ2:通常通り買い物をする

カバンをロッカーに預けたら通常通り買い物を楽しんでください。

ベトナムのスーパーでの買い方ステップ3:レシートと買い物したものを警備員に見せる

会計が終わったら買ったものが本当に正しいかどうかを確認するために、警備員がレシートと買い物したものをチェックします。

しかしこれは建前上ですので、商品が一つ一つチェックされることはありません。

ベトナムのスーパーでの買い方ステップ4:ロッカーからカバンを取り出す

買い物が終わったら預けていたカバンをロッカーから取り出します。

カバンが閉じられて開けられないようになっている場合は、警備員の人にカバンを見せれば、はさみなどで切って無言で開けてくれます。

日本にあるベトナムのスーパー

ベトナム旅行が終わると、ベトナムの料理が懐かしく思うことがあります。

日本にも小規模ながらベトナムの食材が売っているスーパーがたくさんありますので、日本に帰ってから本格的なベトナム料理を作ることは可能です。

またベトナムのスーパーがある場所には、たいてい近くにベトナム料理店もありますのでスーパーの帰りにベトナム人が作るベトナム料理を楽しむのもいいかもしれません。

そんな日本にあるベトナムのスーパーのなかから「大阪」「東京」「愛知」にあるスーパーを紹介します。

日本にあるベトナムのスーパー 大阪府八尾市

大阪府八尾市にはベトナム人がたくさんいますので、ベトナムの食材を専門に扱っているスーパーがあります。

八尾市にこれほどベトナム人が多いのは、ベトナム戦争時代の難民を受け入れたのが始まりで当時1万人以上のベトナム人を雇用促進住宅で受け入れました。

それから雇用促進住宅に住み続けた人もいれば、仕事で成功して立派な一軒家を買った人もいて現在では日本人より立派な生活をしている人もいます。

八尾市はこのような背景のゆえにベトナム人がたくさんいて、日本にいるベトナム人の中でも有名なスポットとなっています。

ベトナム人の中にはこの小さなスーパーに食料品を買いに遠くから来ている人もたくさんいます。スーパーの他にもベトナム人専用のカラオケやベトナム料理店などもあります。

日本にあるベトナムのスーパー 東京都新大久保

東京都新大久保にあるアジアスーパーストアは基本的にはタイの食材が中心ですが、ベトナムの食材もたくさんあります。

ナンプラー(ニュクマム)やフォーはもちろんですが、日本ではなかなか見かけないアジアの野菜や香草類なども充実しています。

本格的なベトナム料理を作りたくなったらぜひ一度顔を出してみてください。

日本にあるベトナムのスーパー 愛知県名古屋市

名古屋はベトナム人がたくさん働きに来ていますので、ベトナムのスーパーもたくさんあります。

ライスペーパー、ブン、ココナツミルクなどベトナム料理に欠かすことができない食材のほか、ナマズや雷魚なども販売しているところもあります。

Sponsored Link

【まとめ】ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!

今回はベトナムのスーパーについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

ベトナムのスーパーは観光的な意味でも実用的な意味でも魅力がたくさんあります。

  • ベトナムのスーパーはお土産に適した本格的なものから安くて人気のあるバラマキ用までなんでも揃っています。
  • ベトナムのスーパーでは肉、果物、野菜など生活に必要な食材も揃っていますので、長期滞在する方にもおすすめです。
  • ベトナムは大型スーパーがたくさん増えてきていますが、その中にはイオンのような日系スーパーもあります。
  • ベトナムのスーパーは市場と比べて意外と安く、安全でクレジットカード払いができるのでおすすめです。
  • ベトナムのスーパーでは買い物をする前にロッカーに荷物を預けてください。
  • 日本にもベトナムの食材が売っているスーパーがたくさんあります。現地の値段と比べると高いですが、普通のスーパーでは売っていないものもたくさんあります。

スーパに行くことによってベトナムの文化や習慣または経済状態などが見えてきます。

ベトナムに訪れるなら、ぜひ旅行プランにこのベトナムのスーパーも加えてみてください。

なおハノイやホーチミンにあるスーパーの、それぞれの詳しい情報については次の記事を参考にしてください。

ホーチミンのスーパー

ホーチミンのスーパーについて徹底解説!おすすめ・場所・注意点など

ハノイのスーパー

ハノイのスーパーはなんでもそろう!食材、コーヒー、お土産まで!

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!

  • ベトナムの文化は興味深い!中国、アメリカ、ベトナム戦争の関係とは?

  • ベトナムの宗教について割合や食べ物・歴史やタブーなどすべてをお伝えします!

  • ベトナムの水事情 安全かどうか・値段・注意事項について

関連記事

  • パン パシフィック オーチャード(Pan Pacific Orchard)オーチャードロード

  • マレーシア留学に必要な情報を全てお伝えいたします!

  • リトルインディアのホーカーズはテッカセンターがおすすめ

  • バンコクでの食事!おすすめエリアや人気店、相場など詳しくご紹介!

  • シンガポールへ成田発着で行く観光旅行ツアー

  • シンガポールでの生活の知識 ~食事と保険、交通について