1. TOP
  2. マレーシア 生活 文化
  3. マレーシアのチップ事情!マッサージからタクシーの相場や渡し方までわかりやすく解説!
Sponsored Link

マレーシアのチップ事情!マッサージからタクシーの相場や渡し方までわかりやすく解説!

日本にはない文化のひとつが「チップの習慣」です。

海外でチップは一般的な習慣ですが、チップを払うのが義務のような国から、チップの習慣がない国まで様々です。

ビギナーの旅行者であれば、いくら払うのか?どう渡せばいいのか?と戸惑う人もいるはずです。

せっかく海外に行くのですから、チップ文化も海外旅行の醍醐味として楽しむくらいの気概が大切です。

 

マレーシアには日本と同様、チップの文化はありません。

それでも、シーンによってはチップが必要な場合があります。

マレーシアでは、そんな時どうしたらいいのでしょうか?

マレーシアでは、いくらチップを払ったらいいのでしょうか?

海外に行ったら、その国の文化を尊重するのがマナーですので、旅行前にはチップも含めた最低限の知識をつけておきたいものです。

 

マレーシア滞在においてチップで困らないためにも、

 

  • マレーシアに行くなら知っておきたい海外のチップ基礎知識
  • マレーシアには基本的にチップの習慣がない理由
  • マレーシアでのシーンに合わせたチップの必要性と渡し方
  • マレーシアでチップを払うことによるメリットとデメリット

 

など、

 

マレーシアのチップに関わることを徹底的に解説していきますので、最良の選択をするのに役立ててください。

 

Sponsored Link

Contents

マレーシアには基本的にチップの習慣はない

海外ではチップは一般的な習慣ですが、チップを払うのが義務のような国から、チップの習慣がない国まで様々です。

 

では、マレーシアはチップは必要な国なのでしょうか?

 

マレーシアは日本と同様に、基本的にチップの習慣がない国です。

マレーシアでは、サービス料や税が支払いの中に含まれているので、チップが必要ない仕組みになっています。

 

Sponsored Link

マレーシアのチップは義務でなく気持ちの表現

マレーシアにはチップの義務がないからといって、全く渡す必要のないとも言い切れません。

チップ文化がない日本でも、サービスが良かったり個人的に助けてもらったりして、感謝を表したいとき「心づけ」を包むことがあります。

実際にはマレーシアでも同様に、感謝を表すためのチップの習慣は普通に行われています。

マレーシアのチップは義務的なものではなく、あくまで「気持ち」に起因するものです。

 

日本人はチップの習慣がないので、旅行先でチップに関してトラブルになりやすいといわれています。

状況に応じた適切なチップの使い分けをするには、チップ文化を理解する必要があります。

 

まず最初に、チップについて正しい知識を再確認しておきましょう。

 

マレーシアに行くなら知っておきたい海外のチップ基礎知識

チップの習慣は欧州が発祥で、To Insure Promptnessの頭文字を取ったものといわれています。

欧州でのチップ制度は、当初「サービスのお礼」として上流階級の間での習慣でした。

 

日本にも良く似た風習で、感謝の気持ちや相手を気遣うものとして「心づけ」があります。

旅館などで「心づけ」として少額を渡すこともありますが、本来は親切をしてもらった後よりも、してもらう前に渡すものです。

チップの文化は日本にはないものなので、海外でも日本の常識を通すと失敗する事があります。

典型的なチップ大国といえばアメリカがあげられますが、チップを支払う必要性があるのには、きちんとした理由があります。

 

海外でチップを支払う理由

チップが必要なのは、レストランの食事代やホテルの宿泊代にサービス料が含まれていない場合です。

つまりチップは、サービスの対価として支払うものということです。

 

 

チップの相場や習慣は国によって異なり、チップ不要の国もあればチップの規定が曖昧な国もあります。

逆にチップを払い忘れると、追いかけてくるほど厳しい国もあるくらいです。

日本人にとっては、わかりづらいシステムなのですが、なぜ必要なのかの理由を知れば理解ができるはずです。

 

サービスは無料という日本的な感覚は当たり前ではない

日本はサービスが無料という国なので、日本人は”サービスを受けて当たり前”と思っていますが、海外においてサービスは「有料」なのです。

問題なのは、日本の感覚に慣れきってしまって、海外においても日本と同じ感覚を持ち込んでしまうことです。

 

“2012年にマスターカードが行った調査では、チップを渡す比率が高い国として、タイ89%、フィリピン75%、香港71%、インド61%、マレーシア40%、インドネシア40%を挙げている。

台湾17%、韓国13%、日本3%といった調査結果を挙げている――Wikipediaより”

(上記は、アジア太平洋地域の14カ国・地域で18歳~64歳の約7,000人を対象に実施した調査)

 

もしチップの習慣がある国に滞在するなら、まずは「サービスは無料ではない」と心するところから始めましょう。

 

チップ必須国では「チップ」が給与の一部

実は、アメリカのチップが必要なお店やホテルでは、チップを前提に従業員の給料が低く抑えられているという背景があります。

チップはサービス業に従事する人たちにとって、重要な収入源になっているワケなのです。

このような給与システムの国では、チップを払わないと非常識と思われてしまうのです。

そのため相場より低い金額のチップしか支払わない人が増えると、給与水準が下がってしまうということを理解しておきましょう。

 

海外のチップは日本の「心づけ」とは意味が違う

日本には「心づけ」という習慣がありますが、「気持ち」としてなので渡しても・渡さなくてもいいというものです。

もちろん、給与にも組み込まれていないので、海外で支払われるチップとは意味合いが違います。

 

チップがある国のサービス業に携わる人は、チップ収入の高低がサービス内容を反映するものと思って仕事をしています。

チップが多いとサービスに満足してくれたと受け止め、それを励みにします。

逆に少ないと、自分のサービス内容を反省するという性質のものでもあるのです。

 

マレーシアを含む海外旅行でのチップに関する共通マナー

チップが当たり前とされている国では、チップにまつわる様々なトラブルも発生しています。

本来、チップは「お礼・感謝料」と考えるべきなのですが、チップが必要な国や地域で支払いを拒むことは、よほどの理由がない限りマナー違反になります。

最大のNGは財布からお金を取り出すこと!

海外ではチップを渡すときには、誰もが人前で財布を出さずに、さりげなくチップを渡しています。

 

チップを渡すうえでの注意点

  • サービスを受けたらチップを払うことを忘れないように
  • チップは紙幣で渡すのが原則
  • 換金ができない理由で小銭をチップとして使う・物で代用するのはNG
  • チップは、金額が少なすぎるのも・多すぎるのも間違った渡し方
  • 日本人スタッフでもチップを必ず支払う

 

ガイドブックなどに書かれている情報を全て鵜呑みにするよりは、現地で周りを観察しながら感覚を掴めば、自然とチップが渡せるようになっていきます。

 

マレーシアを含む海外旅行でチップが必要ないケース

海外のチップ文化が広く浸透している国でも、チップが必要ない場面もあります。

 

サービス料が含まれている場合のチップ

伝票に「TIP」「Gratuity」の欄に記載があれば、あえてチップを渡さなくてもOKです。

 

ファーストフードやフードコートでのチップ

ファーストフードやフードコートは、全行程がセルフサービスなので、チップを支払う必要はありません。

大手飲食店(マック・KFC・ピザハットなど)

 

パックツアーでのチップ

パックツアーには、通常のサービス料金は全てツアー料金に含まれているので、チップを支払う必要はありません。

ただし、個人でお願いをした場合は、少額のチップを渡せばOKです。

 

 

では、ここからはマレーシアでのチップについて詳しく解説していきます。

 

チップといえばお金!

まずは、マレーシアのお金について知っておきましょう。

 

Sponsored Link

マレーシアのお金と紙幣の種類

マレーシアのお金には、マレーシア・リンギット(RM)とマレーシア・セン(SEN)があります。

 

1リンギット=100セン

 

■紙幣・・・・100・50・20・10・5・1リンギット

■硬貨・・・50・20・10・5セン

 

現在のマレーシアでは、新旧紙幣および硬貨が混在していますが、どちらも使用することが可能です。

 

マレーシアの現在のレートはコチラでチェック!

 

マレーシアのつり銭事情

現地での商品表示価格の多くは、1セン単位で表示されています。

1 セン硬貨の発行が中止になり使用が禁止されているため、支払時には5 センや10 センに満たない端数は、切り上げ・切り捨てるのが一般的なルールになっています。

そのため支払金額やつり銭は、必然的に5 セン単位になってきます。

 

マレーシアのチップに使う通貨はRMのみ

マレーシア国内では、日本円、USドル・シンガポールドルは利用できないので、入国した時点でRMは持っておいたほうがいいでしょう。

両替は空港でもできますが、レートが良くないので必要最低限にして、マレーシア市街にある両替所でするのがベストな方法です。

一番レートが良くてお得な方法は、ATMでのクレジットカードのキャッシングになります。

 

マレーシアのお金事情や両替については『マレーシア通貨rmの両替は現地が一番!理由と通貨単位リンギット・レートなど徹底解説!』で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

マレーシアでチップを渡すなら相場を知ろう

 

海外に行ったら、その国の文化を尊重するのが最低限のマナーです。

マレーシアでは、サービス料や税が支払いの中に含まれているので、チップを払う必要がありません。

気持ち良いサービスを受けた時などに、感謝の気持ちや喜びの気持ちとしてチップを渡すことは普通に行われています。

 

チップのトラブルを避けるには、やはりその国のチップの相場や渡すタイミングを知っておくことが大事です。

チップの額に迷ったら「基本的には15%」「小さなサービスには1ドル」「高級レストランなら20%」と覚えておくとよいでしょう。

 

マレーシアでチップを渡すかどうか判断する目安

マレーシアでは、ホテルや高級レストランの料金表に「++」の表示があれば、精算時に税金とサービス料が加算されます。

この表示が無ければ、税金とサービス料が込みの金額だということを意味します。

伝票を確認しないでチップを渡せば2重払いになるので、伝教はしっかりチェックするようにしましょう。

それでも個人的に何かサービスを受けたり、細かなオーダーに応えてくれたときには、心づけとしてRM1〜RM5渡すと喜ばれます。

ちなみにRM2というとコーヒー代くらいの金額なので、「後でお茶でも飲んでね!」感覚の軽い気持ちの心づけになります。

 

マレーシアでチップを渡すタイミング

チップを渡すときは、あからさまに渡すよりは、さりげなく渡した方がもらう側も余計な気を使いません。

そのためにも、いつでもすぐにチップが渡せるように用意しておきましょう。

レストランやタクシーなどでは支払い時に、おつりの小銭をそのまま置いてくる方法もスマートにチップを払う方法で良く使われます。

 

では、もう少し詳しく具体的なチップの渡し方を解説していきましょう。

 

マレーシアでシーンに合わせたチップの必要性と渡し方

マレーシアではチップの義務はありませんが、感謝の気持ちや喜びの気持ちとしてのチップを渡すにも、場面ごとに適した額があります。

マレーシア旅行において、様々なシーンでのチップの必要性と渡し方のポイントを、具体的に紹介しますので参考にしてください。

 

マレーシアのホテルでのチップと渡し方

サービス料込みなら基本的にチップは必要ありませんが、サービスに満足した場合は渡してあげましょう。

多くのホテルの従業員は、近隣の国から働きに来ている外国人なので、ちょっとした額のチップでも喜んでくれるはずです。

 

■ポーター・・・荷物運んで貰った時⇒RM1~RM3

■ベットメイキング・部屋のクリーニング・・・枕元に置いておく⇒RM1~RM5

 

ルームサービスを頼んだ場合は、飲食物にサービス料が入っているのなら不要です。

その他、アメニティーなどを追加で頼んだりした場合は心づけをしましょう。

サービスをした本人が傍に居る場合は、自分の元から立ち去る時が渡すタイミングです。

折ったお札を手に持ち、握手するようにさりげなくTerima kasih (トゥリマカシィ)」と渡せばチップであると気づいてくれます。

 

高級ホテルでチップはホテル文化として認識しておこう

高級ホテルや一流レストランでは、精算時に6%の税金と10%のサービス料が加算されるので、チップが必要ない仕組みになっています。

 

ただし、高級ホテルは非日常な異空間で、貴族的ライフスタイルが体験できる場所です。

格式あるホテルでは、ゲストもホテルの雰囲気作りのための役割を担っています。

ホテルのグレードが上がれば上がるほど、スタッフはゲストを常に見極めています。

高級ホテルではチップもホテル文化のひとつと捉えて、ポーターやメイドサービスには、心づけとしてRM5~RM10程度渡す自覚をもって利用しましょう。

 

マレーシアのタクシーでのチップと渡し方

マレーシアのタクシーでは、基本的にチップは必要ありませんが、重たい荷物を出し入れしてもらったり、1日貸し切ったりした場合はチップを渡しましょう。

RM2~RM5を目安に、「おつりはいりません」といって降りるのがスマートな方法です。

 

マレー語で、Baki(バキ)=おつり    

「お釣りはいりません」=「 Tak payah baki ( タッ パヤー バキ )

 

注意!マレーシアでのタクシーは、配車サービス「Grab」を使って呼ぶのが一番安全です。

Grabタクシーは料金も安く、アプリで運転手の名前・料金・車種・現在位置まで画面で確認できるので安心です。

 

配車サービスGrabのチップは選択制

「Grab」は目的地に到着したら、降車後にアプリでドライバーを評価して、チップをあげるかどうかを選択します。

マレーシアの場合は、RM1・RM3・RM5 の3つ から選択することができます。

チップも含めて、支払いは全てクレジットカード払いとなります。

 

マレーシアのレストランでのチップと渡し方

屋台や現地の人が行くローカルフードのレストランでは、チップは必ずしも必要ないものです。

チップとして、おつりの一部をRM1~RM2ぐらい残す程度でも十分喜んでくれます。

レストランで支払うチップは相場を知ったうえで、受けたサービスに見合ったお礼をするという気持ちでチップの金額を決めましょう。

 

レストランで支払うチップの相場

  • ビュッフェスタイルのレストラン⇒総額の10~15%
  • 一般的なレストラン⇒総額の15~20%
  • 高級なレストラン⇒総額の20~25%

 

レストランでのチップの渡し方は、通常はテーブルに現金を置いて帰るか、レシートにチップ代を記入してカードで食事代と合わせて支払うかになります。

また、端数の切り上げでチップを払う方法もあります。

 

マレーシアのマッサージでのチップと渡し方

マッサージ店には、日本と比べてリーズナブルな価格なので多くの人が足を運びます。

また、ホテルの中に併設されているマッサージ店を利用する人もいます。

マレーシアのマッサージ店でも基本はチップが要りませんが、丁寧な施術に満足できたらマッサージ師にチップを渡せば喜ばれます。

支払いはカウンターですので、マッサージ店そのものに感謝を示したいのであれば、「おつりはいりません」という形でチップを支払うことができます。

マッサージ師に感謝を示したいのであれば、施術後に直接チップを渡すことができます。

 

マレーシアパックツアーでガイドへのチップと渡し方 

マレーシア旅行で、パックツアーの場合はチップは不要です。

基本的には、ツアーならサービス料込みの料金になっています。

それでも個人で、特別なお願いをした場合などは少額のチップを渡してあげましょう。

どんな形の旅行であっても良いガイドさんに巡り会ったら、気持ちでチップを渡してあげることで、サービスも良くなりより楽しい旅行ができるはずです。

 

マレーシアのゴルフでのキャディへのチップと渡し方

ゴルフはスポーツですが、娯楽のひとつでもあります。

そのため現地のマレーシアの人でも、キャディにはチップを渡すことが一般的になっています。

 

キャディのチップ相場・・・キャディ1人=RM50程度

 

ゴルフ場のなかには、キャディへのチップが必須の所もあるくらいです。

マレーシアのキャディは、1人~2人に対してキャディ1人が付きます。

 

Sponsored Link

マレーシアで知っておきたいエリアのチップ事情

マレーシアはチップが必要ない国ですが、地域によってはチップ事情も変わりつつあるようです。

気を付けておきたいエリアのチップ事情を取り上げてみました。

 

観光地での近年のチツプ事情

チップの習慣がないマレーシアでも、観光地ではRM2~RM3程のチップが習慣となりつつあります。

観光地で気持ちの良いサービスを受けた場合は、スマートにチップを渡すことを意識しましょう。

高級なお店になるほど、良いサービスを受けたり料理に満足できたら、おつりの一部を少し置いていくなどの気持ちを持っておきたいものです。

 

マレーシアコタキナバルでのチップ事情

コタキナバルはサバ州の州都で、政治経済の中心地としても賑わっています。

コタキナバルは、リゾートや観光を目的とした旅行客に人気の都市で、他の地域よりも物価が少し高い傾向にあります。

治安は首都クアラルンプールよりも良いといわれていますが、海外の観光客を狙った高額なチップの要求などには注意が必要です。

 

マレーシアでのチップのメリットとデメリット

東南アジアでもチップの習慣がある国が多いなか、マレーシアにはチップの習慣がない国です。

チップを渡さなかったからといって、問題が起きるわけでもありません。

マレーシアでは「サービスを受けて嬉しかった場合」のみ、自己判断でチップを渡せばいいという気楽さがあります。

チップ習慣のない日本人にとって、チップに悩まされずに安心して過ごせるのが大きなメリットといえるでしょう。

 

とはいえ、マレーシアにはチップ制度がないだけで、観光で多くの外国人が訪れる国だけに、日本と違ってチップの習慣には慣れています。

マレーシアのチップは気持ちだからこそ、チップによって目に見えないサービスの質や、待遇は確実に異なってくることは理解しておきましょう。

 

まとめ:チップは感情を伝えコミュニケーションをスムーズにする重要なツール

チップは海外旅行に欠かせないマナーのひとつですが、マレーシアも日本と同じようにチップの習慣はありません。

それでも、満足いくサービスや親切にしてもらった時は、他の国と同様にチップを渡してあげるのがマナーです。

場面ごとに適した額がありますが、一般的なチップの金額はゴルフでキャディに渡す以外はRM1~RM5を渡すのが相場です。

 

迷ったときは、RM2

最大のNGは財布からお金を取り出すこと!

チップをスムーズに渡すコツは、少額の紙幣をあらかじめ用意して、すぐに取り出せるようにしておくことです。

あくまでもマレーシアでのチップは、自分の気持ちであって義務ではありません。

誰にいくらわたすのかは自分が判断して、自分が納得した金額を渡せばいいのです。

 

チップは自分の感情を伝える道具であり、コミュニケーションをスムーズにする重要なツールです。

まずは、”チップは渡すことが当たり前”という考え方で、自分の感情を相手に伝えるための言葉と同じように、チップを使いこなせるようになりましょう。

マレーシアでのチップを通して、このことを学習することができれば、海外旅行の楽しみ方もまた変わってくるはずです。

 

海外では、チップによってサービスの差別化が図られていきます。

「歓迎されるゲスト」とは・・・・・状況を的確に判断してスマートにチップを使える人!

これが、より良いサービスを受けるためのポイトです。

訪れる国の文化を知ったうえで、日本人として最低限のマナーは心得ておきたいものです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • マレーシアのチョコレート!お勧めやお土産に最適!ベリーズ・キングダム工場などもわかりやすく解説!

  • マレーシアは紅茶の産地!twg・boh・サバティ~有名な練乳紅茶・人気土産などをわかりやすく解説!

  • マレーシアのチップ事情!マッサージからタクシーの相場や渡し方までわかりやすく解説!

  • マレーシアの生活!費用は家族・留学・夫婦でいくら?生活水準や必需品までわかりやすく解説!

関連記事

  • マレーシアのチョコレート!お勧めやお土産に最適!ベリーズ・キングダム工場などもわかりやすく解説!

  • マレーシアの治安は良い悪い?外務省発表データや各地域に合わせた注意点を徹底解説!

  • マレーシアの雨季!クアラルンプールとペナンで変わるなど全てをわかりやすく解説します!

  • マレーシアの文化!世界遺産や衣食住での体験に役立つ日本との習慣の違いをわかりやすく解説!

  • マレーシア人と人口について(多彩な人種のピラミッド・人柄・特徴など)全てを徹底解説!

  • マレーシアの歴史や人物を本よりわかりやすく博物館を巡るように解説します!