ピックアップ
ベトナムのお酒は世界一安い!人気や値段、持ち込み方法や注意点まで全てお伝えします!

ベトナムのお酒は安くて美味しいのでいくらでも飲めます。

同じ東南アジアでもマレーシアやインドネシアなどイスラム諸国は、お酒があまりおいていなかったり値段が高かったりしますが、ベトナムはお酒が非常にたくさんあります。

そしてそのお酒の安さは世界でトップレベルなので、お酒好きの人にとってはたまりません。

今回はそんなベトナムのお酒について次の点を詳しく紹介します。

  • ベトナムで人気のお酒
  • ベトナムでおすすめするお酒の店
  • ベトナムのお酒事情
  • ベトナムのお酒をお土産として買う際の注意点

ベトナム旅行から帰ってから「あのお酒飲んでおけばよかった」ということにならならないように、是非この記事を読んでベトナムのお酒についての理解を深めておいてください。

Contents

ベトナムで人気のお酒

ベトナムでは定番のビールから珍酒に至るまで、色々な種類のお酒を飲むことができます。

全体的にアルコール度数が低めで、味も薄いのが特徴ですがベトナム人はさらにそれを氷を入れて飲みます。

実際ベトナム人はお酒が大好きですが、あまり強くない人がほとんどなのでこれくらいの薄さがちょうどいいのでしょう。

このようにベトナムのお酒は薄くて飲みやすいので日本人の女性にも人気があります。そんなベトナムのお酒の中で人気のあるいくつかの種類を紹介します。

Sponsored Link

ベトナムで人気のお酒 ビール

ベトナムで最も人気のお酒はビールです。その人気の秘密は安さにあります。ベトナムはなんとパラグアイと共に、世界で最もビールが安い国としてランクインしています。

缶ビール1杯50円程度で飲めるのは当たり前。外食でビールを飲んでも100円程度で飲めるのでジュースやコーヒーを飲むより安上がりです。

さらにベトナムの生ビールビアホイは1杯20〜40円と、日本で生ビールを飲む10分の1程度で飲めてしまいます。

興味深いことに、ベトナムでは外食店でもビールを常温で保存してあり、グラスに氷を入れて提供するのが一般的です。

これはベトナムが今よりも貧しかった時代、冷蔵庫がほとんど普及していなかったのでビールを冷やすという習慣がなかったからです。

配給時代はご飯と空芯菜の炒め物だけを食べるという貧しい生活をしながらも、月に数回ビールは楽しんでいたようです。

このように貧しかった頃からベトナム人はビールを飲んでいて、ビールはベトナム人の必需品であることがわかります。

ベトナムビールの値段

ベトナムはビールの種類が非常にたくさんあります。国内で生産されているものも多いですが、海外から輸入したものや海外メーカーのものをベトナムで生産しているものもあります。以下にベトナムのビールの種類と値段を紹介します。

ビール名称アルコール度数値段国・地域
333(バーバーバー)4.3%約40円ベトナム・ホーチミン
BIA SAIGON 4.0%約50円ベトナム・ホーチミン
SAIGON SPECIAL4.9%約60円ベトナム・ホーチミン
BIA LARUE3.6%約50円ベトナム・ダナン
Huda Beer4.7%約50円ベトナム・フエ
BIA HANOI4%約40円ベトナム・ハノイ
Tiger Beer5%約60円シンガポール
Heineken5%約80円オランダ
Sapporo BLUE CAP4.5%約50円日本
Sapporo PREMIUM BEER5%約60円日本
Budweiser5%約100円アメリカ

このようにベトナムのビールは全体的に値段が非常に安いです。味は少し薄くアルコール度数も弱めですが、ベトナムの気候はこの程度の薄さがちょうど良く感じます。

ちょっと贅沢したくなったら、ハイネケンやバドワイザー、またサッポロなど海外ものも試してみて下さい。それでも日本の半値以下の値段で飲むことができます。

ベトナムで人気のお酒 ダラットワイン

ベトナムはフランスの植民地時代からワインが製造されるようになりました。高温多湿の国ベトナムでは、なかなかブドウの栽培が上手くいきませんでした。

しかしベトナム中部の避暑地ダラットで、栽培可能なあブドウの品種が改良され、今ではダラットワインとして全国で販売されるようになっています。

残念ながらフランスのワインと比べると味は少し残念ですが、300円程度から立派なワインを買うことができます。ランクはいくつかありますが、安いワインは美味しくないのでお土産として買う場合は一番高いものを選んでください。

ベトナムのワインはやはりベトナム特産物によくあいます。特にベトナムのチョコレートとは相性が抜群です。

ベトナムチョコレートについて詳しくは、「ベトナムの高級チョコレートは質が高い!世界が注目する味に迫ります!」をお読みください。

ベトナムで人気のお酒 ウィスキー

ベトナムのウィスキーはほとんどが輸入物で、日本で買うよりも倍近くの値段がするのがほとんどです。

そんな中「WALL STREET」はベトナムで生産していて、しかも比較的質の高いウィスキーです。

値段は375mlのボトルで350円程度。アルコール度数は39%とベトナムのお酒としては少し高めです。

日本やアメリカのウィスキーと比べると少しものたりなさを感じますが、ベトナムで飲めるということを考えるとベトナム在住者にとって価値があるといえるでしょう。

ベトナムで人気のお酒 焼酎(ウォッカ)

ベトナムは旧ソ連の影響でウォッカ(日本でいうところの米焼酎)も非常に人気があります。値段は300mlで300円程度で買えます。

ベトナムのウォッカはロシアのウォッカよりもアルコール度数が低めで薄めなのが特徴。ロックで常温のまま飲むこともできますし、氷を入れて飲むこともできます。

ウォッカといえばベトナムのもち米で作られたルアモイ

ウオッカの種類はたくさんありますが、その中で最も日本人にあうのがLúa mới(ルアモイ。新米の意)です。

ベトナムの一般的なウォッカのアルコール度数が 30程度であるのに対し、ルアモイは 45%とかなり高め。もち米から作られた米焼酎ですが、コメ臭さもなくキュッと飲むことができます。

【簡単】ベトナムのお酒パッションフルーツのカクテルの作り方

そのまま飲んでも美味しいですが、ベトナムフルーツなどでサワーやカクテルを作ってみるのも楽しいです。

  • パッションフルーツ:1個
  • ルアモイ:適量

これらを混ぜるだけで、日本ではなかなか味わうことができないおしゃれなベトナムカクテルを飲むことができます。

【簡単】ベトナムのお酒コーラショックの作り方

ベトナムは日本以上にコーラがよく飲まれていて、子供はもちろんお年寄りもコーラを飲んでいるのを見かけます。

ベトナムコーラの味は日本の味と少し違って、一度飲むと何度も飲みたくなります。

ルアモイをそのベトナムコーラで割ると、美味しいコーラカクテルができます。

ベトナム人の間ではあまり知られていない飲み方ですが、ベトナム人に出してあげるととても喜ばれます。

  • コーラ:適量
  • ルアモイ:適量

ベトナムで人気のお酒 フルーツリキュール

ベトナムでは、ベトナムウォッカを原料としたベトナムフルーツのリキュールも販売されています。

例えばベトナムリキュール SON TINH(ソンティン)は、添加物や香味料を一切加えない、ベトナムウォッカとベトナムで栽培したフルーツの味や香りを存分に楽しめるリキュールとなっています。

フレーバーの種類はいくつかありますが、その中でも次のフレーバーは世界で賞をとっています。

  • ローズアップルフレーバーは2011年国際ワイン&スピリッツコンクール(IWSC)」で銀賞!
  • アプリコットフレーバーは2012年香港IWSCにて銅賞を受賞!

ベトナムでしか飲めないリキュールなので、是非試してみてください。

ベトナムはココナッツのお酒も豊富

ベトナムといえばココナッツですが、ベトナムウオッカにココナッツで割ったココナッツリキュールも人気です。

種類はたくさんありますが、その中でもおすすめしたいのがCÔCNUT WINです。このお酒はココナッツをそのままくり抜いて容器にしているので、お土産としてもインパクトがあり、人気です。

アルコール度数は29度と比較的高めですので、ココナッツの香りを楽しみながらちびりちびりとやってみて下さい。

ベトナムで人気のお酒 珍種

ベトナムはゲテモノ系のお酒や薬膳酒などもたくさんの種類があります。値段は比較的高く、かなり汚い容器に入れられているので実際に買う日本人はなかなかいないかと思いますが、観光地を回っていれば目にする機会はあるはずです。

これらのお酒は個人が勝手に作っているものを売っている可能性が高いので、飲むことはお勧めできません。どうしても飲みたい方は自己責任でお願いします。

ベトナムサソリのお酒

ベトナムでよく見かけるお酒にサソリ酒があります。生きているさそりをそのままベトナムウォッカに漬け込んだお酒です。

漬けている期間が長ければ長いほど値段も高くなりますので、安いサソリ酒を買ってそのまま家で眠らせている人もたくさんいます。

さらに強者になると、生きたさそりを買って自宅でサソリ酒を作っている人もいます。

ベトナム蛇、コブラのお酒

ベトナムコブラが入っているコブラ酒もベトナムでよく見かけます。サソリと同様生きたコブラをそのままベトナムウォッカに漬けています。

ちなみにサソリのお酒もコブラのお酒も種類によっては日本側が持ち込みを禁止しているため、日本のお土産としては買わないことをおすすめします。

最悪の場合せっかく買ったお土産が空港で没収されてしまいます。

Sponsored Link

ベトナムでおすすめするお酒の店

ベトナムではいたるところでお酒が飲めますので、お酒の店が見つからなくて困ることはないでしょう。

しかしハノイとホーチミンそれぞれには、是非行っておいた方がいいお酒のお店があるので紹介します。

またお酒をお土産として買う場合、どこで買うべきかもあわせて紹介します。

ベトナムでおすすめするお酒の店 ハノイ

ハノイに行くときにぜひ行って欲しいおすすめのお酒のお店は、Bia hơi(ビアホイ)です。何度か紹介しているベトナムの生ビール「ビアホイ」が飲めるのはここだけです。

生ビールが1杯20円〜40円で飲めますので、お金がない時でも好きなだけ飲むことができます。

ビアホイは料理も提供していて、野菜料理から豚肉料理、牛肉料理、ヤギ肉料理、海鮮料理など様々です。

ビアホイにあるメニューのひとつ。茹でた海老がレモングラスなどで味付けされています。

好きなだけ食べて飲んでも1,000円程度で食べることができますし、お金がなければビアホイとピーナツだけ食べていれば100円程度ですみます。

ビアホイはハノイ名物で、ホーチミンやダナンにはあまりありません。お酒好きなら是非ハノイのビアホイでハノイのビールを楽しんでください。

ベトナムでおすすめするお酒の店 ホーチミンで

ホーチミンではおしゃれなバーがたくさんありますので、お酒好きの人は是非バーに行くことをおすすめします。

数あるおしゃれなバーの中で、特におすすめなのがCHILL skybar(チルスカイバー)です。

ドレスコード指定があり、値段も他のバーと比べると少し高いですが、それでもスカイバーから見下ろすホーチミンシティの夜景は圧巻!

ホーチミン代1区にあるABタワーの中にありますので、立ち寄りやすい場所に位置していますので是非行ってみてください。

CHILL skybar
住所:AB Tower, 26階, 76A Lê Lai, Phường Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業開始:17:30〜
電話:0938-822-838

ベトナムでおすすめするお酒の店 スーパー

お土産としてハノイのお酒を買うなら、やはりスーパーがおすすめです。スーパーにはビールを中心にベトナムのお酒がたくさん陳列していますし、何よりも値段が安いので大量買いすることができます。

たいていの大型スーパーでは、500,000ドン(約2500円)以上買うと無料で配達してくれますので重いお酒を買ったときは試してみてください。

サービスカウンターに500,000ドン以上買ったレシートを見せて、用紙に住所などを買いておけば宿泊先の住所まで届けてくれます。

またスーパーはクレジットカード払いができるので、旅行最後でもう現地のお金があまり残っていないという時でも安心してお酒を買うことができます。

なおベトナムのスーパーについては、以下の記事でさらに興味深い情報が載せられていますのであわせてお読みください。

ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!

ハノイのスーパーはなんでもそろう!食材、コーヒー、お土産まで!

ホーチミンのスーパーについて徹底解説!おすすめ・場所・注意点など

ベトナムでおすすめするお酒の店 市場、個人店

少し難易度が高いですが、一番おすすめなのは個人店として販売しているみせでお酒を買うことです。

なぜなら個人店では瓶ビールを扱っていて、それがお土産としては最適だからです。

ハノイビール、ビアサイゴン、サイゴンスペシャルなど缶ビールで売っているものは、たいてい瓶ビールでも販売されています。

瓶ビールと缶ビールは成分は同じなのでしょうが、瓶でビールを飲むととても美味しく感じるものです。

しかもベトナムの瓶ビールは結構豪華に見えるのに、値段は缶ビールと同じか少し安いくらいで販売しています。

ベトナムに長期滞在している方は、飲んだビールを返せばいくらか戻ってきます。いくら戻ってくるかは店によって違いますが、ベトナムではビアホイに次ぐビールを安く飲める方法です。

ただ個人店で販売している方は英語が通じないことも多く、クレジットカードも使える店はあまりありませんので、身振り手振りでビールを買ってみてください。

ベトナムのお酒事情

ベトナム人はお酒が大好きです。お酒の話をするだけで初めての人でもすぐに友達になることができます。

お酒はベトナムの文化の一つなので、ベトナムのお酒事情を知るとベトナムやベトナム人についてさらによくわかってきます。

ここではそんなちょっと面白いベトナムのお酒事情をいくつか紹介します。

ベトナムのお酒は値段が安い

この記事でもすでに何度か強調していますが、ベトナムはとにかくお酒の値段が安いのが特徴です。

ビールはもちろんですが、ワイン、ウォッカなどベトナム国内で生産されているものは全て安いので、お酒好きの人にとってはまさに天国です。

一方コーヒーは日本と同じくらいの値段ですし、フルーツジュースなど他のジュースもそこそこの値段がしますので「今日は節約でビールにしよう」という日さえ出てくるでしょう。

ただし海外から輸入したものは日本の倍以上の値段がしますので、誤って大量買いしないように値段をよく確かめて買ってみてください。

ベトナムコンビニのお酒の価格

日本ではスーパーよりもコンビニでお酒を買うと少し高いですが、ベトナムではそれほど値段が変わりません。

ベトナムのコンビニは日系のコンビニ以外はミニスーパーのような感覚で買い物ができます。

ビールやお酒はもちろんですが、肉や野菜、果物まで様々な生活用品を買うことができます。

ベトナムレストランのお酒の価格

ベトナムは外で飲んでもお酒が安いので、気軽にお酒を飲むことができます。以下はレストランなどで提供しているビールの値段です。

ビールの種類値段
缶ビール約100円〜150円
瓶ビール約100円〜150円
海外の缶ビール約150円〜200円
海外の瓶ビール約150円〜200円
ビアホイ(低糖発酵の生ビール)約20円〜40円
ビアトゥイ(日本の生ビール)約150円〜200円
輸入ワイン(1杯)約300円〜500円
カクテル約500円〜800円

このようにベトナム産のビールはレストランで飲んでも非常に安いのですが、ワインやカクテルは急激に値段が上がります。

お酒に関するベトナムの法律

ベトナムではコーヒーや果物ジュースなどは150円〜300円くらいしますので、ジュースを飲むくらいならビールを飲んでしまおうと思うかもしれません。

ベトナム人も同じで昼間からお酒を飲んでいる人はたくさんいて、それがベトナムの社会問題となっています。毎年お酒が原因で亡くなっている人がおよそ800人います。

特にテトの時期は悪酔する人が多発し、公安などもあまり活動しなくなっていますので夕方から晩にかけて道路を利用する際には注意が必要です。

ベトナムでの飲酒運転は、日本の駐禁や軽度のスピード違反程度の感覚なので警察に見つかると捕まることになっていますが、実質ほとんど捕まることはないようです。

ベトナムでお酒を飲める年齢制限はない?

ベトナム保健省はベトナム人の未成年である18歳未満の人に酒類の販売を禁止する法案を提出していますが、実質未成年でお酒を飲むことを取り締まる法律はありません。

だからといって明らかに幼顔の人がお酒を飲んでいる姿はあまり見かけないので、「お酒は成人になってから」というのが暗黙のうちに了解されているのかもしれません。

しかし初めてのお酒が海外というのも危険ですので、日本の法律に従っておくことをおすすめします。

逆に10代のベトナム人が日本にいる場合、日本の法律が適用となります。本人がお酒を飲んでも大丈夫と言ったとしても、絶対に進めないでください。

ベトナムで女性はお酒を飲まない?

ベトナム人の女性でお酒を飲む人は稀です。もちろん全てのベトナム人女性がお酒を飲まないわけではなく、中には男性顔負けにお酒を飲めるベトナム人女性もいます。

しかしやはり全体から見るとお酒を飲めるベトナム人女性は少数で、飲みに誘ってもほとんどのベトナム人女性はジュースを飲みます。

日本人の女性が男性と一緒に飲むと、やはり少し珍しいみたいで一緒に飲めることをとても喜んでくれます。

ベトナム人のお酒の飲み方

ベトナム人は大勢でお酒を飲むのが大好き。サシで飲むのはもちろん、気の合う仲間と少人数で飲むのでさえ寂しいと感じるそうです。

集まったベトナム人は大声で語り合いながら、何度も乾杯をし、ビールを飲みまくります。

ベトナム人でお酒を飲むときの掛け声

ベトナム人がお酒を飲むときは、南部では「モッハイバー(1、2、3)ヨー」、北部ではモッハイバー、ゾーと言います。

この時のヨー(あるいはゾー)は、「入れる」という意味。つまり「これからお酒を入れて始めるぞ」という意味になります。

ベトナムでお酒のつまみ

ベトナムのお酒のおつまみはたくさんあります。日本人には馴染みのあるものとしてはピーナツや茹でピーナツ、またスルメなどもあります。

エビせんべいやイカの一夜干し、また空芯菜の炒め物なんかもベトナムのお酒とよくあいます。また北部では豚肉を発酵させたネムチュアがあり、これもベトナムのお酒とよく合います。

このようにお酒のつまみになる料理はたくさんありますが、ベトナムのコンビニやスーパーではつまみになるものが少ないので家で飲む時はつまみに少し困ります。

日本のようにお菓子の種類があまりありませんし、カップラーメンもあまり美味しくありません。

あえていうとナッツ類やフルーツチップスなどの種類は豊富です。またソーセージは必ず売っているので焼いてみるのもいいかもしれません。

Sponsored Link

ベトナムのお酒をお土産として買う際の注意点

最後にベトナムのお酒をお土産として買う際の注意点を紹介します。

ベトナム旅行でテンションが上がると、ついつい色々なものを買ってしまうもの。でもベトナムは外国ですので全て自由に日本に持ち運べるわけではありません。

ベトナムのお酒をお土産として買う際の注意点 機内持ち込み

お酒は水分ですので、当然のことながらお酒を機内持ち込みにはできませんので必ず預け入れにしておきましょう。

意外と忘れがちなのがLCCを利用したときにオプションで預け入れをしないままベトナムのお酒をお土産として買ってしまうということです。

ベトナム長期滞在者が日本に一時帰国するとき、旅費の節約のためにLCCを使うことがあるかもしれませんが、日本に持っていく荷物は少ないため預け入れのオプションをつけないかもしれません。

その場合当然お酒を持っていくことはできませんので、注意してください。

お酒を買った時の預け入れ注意点

これはベトナムに限らずですが、職員は預け入れした荷物をとてもぞんざいに扱いますのでそのままスーツケースに入れただけの状態だと割れてしまう恐れがあります。

それでベトナムで瓶ビールやワインなど割れやすい器に入ったお酒を買ったならできるだけお酒を何かに包んでおいてください。

日本から新聞紙を持ってきているなら使うこともできますし、なければタオルや服など他の柔らかいもので包んでおきましょう。

ベトナムのお酒をお土産として買う際の注意点 空港

ベトナムのお酒はほとんど日本に持っていくことができます。ただしすでに説明した通りコブラ酒など一部のお酒は日本に持ち込むことはできません。

ベトナムのお酒よりも注意したいのは、お酒のつまみです。お酒の最高のつまみとなるネムチュアは、豚肉を発酵させたものですので日本に持ち込むことはできません。

ドライフルーツや果物のチップスは日本へ持っていくことができますが、果物そのものは持っていくことができません。

空港のお酒は高い?

空港で売っているものは全て日本に自由に持ち込めるものばかりですので、安心です。

しかし空港で買うお土産は何かと市内で買うものよりも高くなりますが、お酒の場合も例外ではありません。

しかし高級のお酒の場合、空港には免税店があるため意外と安く買えることもあります。

ベトナムのお酒をお土産として買う際の注意点 免税範囲

2リットル以上のアルコールが免税対象となってしまいます。申告して税金を払えば持ち込むことは可能ですので、2リットルを超えたなら申告しておきましょう。

もし免税対象となっているのに深刻しないと、没収されてしまうことがあります。

ベトナムのお酒をお土産として買う際の注意点 販売できるか

メルカリやヤフオクではベトナムのお酒が現地より高値で販売されています。売り切れになっているものもよくありますので、需要があるのでしょう。

しかしそのようなフリマアプリやオークションなどは、販売目的で買ったものは法律上出店できないようになっています。

出展されているベトナムのお酒は、あくまで「買いすぎてしまったので売っている」というスタンスなら許可されます。

お酒数本なら販売目的かそうでないのかは判別するのは難しいかもしれませんが、毎回出店となると怪しまれてしまいますのでやめておいた方がいいでしょう。

Sponsored Link

ベトナムのお酒 まとめ

今回はベトナムのお酒について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

  • ベトナムで最も人気があるお酒はビールですが、そのほかにもウォッカ(米焼酎)、ワインなども飲まれています。
  • ハノイではビアホイ、ホーチミンではバー、そしてお土産でお酒を買うならスーパーです。
  • ベトナムは飲酒運転が普通でお酒の年齢制限はありませんので、喉痛にはくれぐれも気をつけてください。
  • ベトナムのお酒の免税範囲は2リットル以下で、日本に持ち込みできないおつまみがあります。空港で没収されることがないよう注意ください。

ベトナムでお酒を飲めば、ベトナムでの生活の楽しさが何倍にも膨れ上がります。

安いので飲みすぎないように注意しながら、東南アジアの風景を楽しみつつお酒を楽しんでください。