1. TOP
  2. マレーシア 生活 文化
  3. マレーシアのフルーツ!ジュースも格別!値段や 果物狩りなどもわかりやすく全てお伝えします!
Sponsored Link

マレーシアのフルーツ!ジュースも格別!値段や 果物狩りなどもわかりやすく全てお伝えします!

マレーシア人にとって、フルーツは生活に欠かせないものです。

マレーシアでは、日本ではなかなか出会えない種類の果物や、フレッシュで深い味わいトロピカルフルーツが、驚くほど安く流通しています。

 

マレーシアの特産品のひとつにドリアンがありますが、ドリアンにもいくつか種類があります。

マレーシアにしかない品種もあるので、それぞれ果肉の色や質感が違うのでぜひ食べ比べてみて下さい。

 

その他に、マンゴスチンもマレーシア独自の品種や、マンゴーにも多くの種類があるなど盛りだくさん!

残念なことに、マレーシアのほとんどのトロピカルフルーツは、日本にお土産として持ち帰ることができません。

 

現地でしか味わえないフルーツの味を楽しむためにも、

  • マレーシアで絶対食べておきたいトロピカルフルーツの旬の時期や特徴
  • マレーシアでフルーツ狩り観光を楽しめるフルーツファーム
  • マレーシア のフルーツジュースやフルーツの食べ物が人気のお店
  • -マレーシアのフルーツをお土産としても持ち出しする場合
  • マレーシアに手土産で日本のフルーツ 持ち込みする場合

など、マレーシアのフルーツについて詳しく解説していきます。

 

Sponsored Link

Contents

マレーシアはトロピカルフルーツ天国

マレーシアで食べるフルーツは採れたて!

太陽をたっぷり浴びた完熟が提供されるので、日本へ輸入されたものと比べ物にならないほど美味しいのです。

なかには果実自体がデリケートなものや、収穫後の追加熟成ができない果物もあるので、日本では見られない種類も現地には多く存在しています。

ホテルの朝食でもサラダ代わりに、フルーツがたくさん出てきます。

 

もっといろんな種類のフルーツを食べたければ、屋台がお勧めです。

食べやすい大きさにカットして売られているので喉が渇いたときや小腹がすいたときなどおやつ代わりに食べられます。

屋台や市場・スーパー・ファームなどでフルーツは、食べやすい大きさにカットして売られているので、喉が渇いたときやおやつ代わりに気軽に買って食べられます。

 

また、果物をジュースとして販売しているお店もあります。

マレーシアでよく見かけるのが、飲み物が入った袋です。

マレーシアの屋台や食堂などで買った飲み物は通常ビニール袋に入れられ、ビニールの口に付いている紐を締めて渡されます。

飲み物を飲むときは、ビニールの入り口に差してあるストローで飲むというスタイルです。

 

Sponsored Link

マレーシア人はフルーツで水分と栄養補給!

マレーシアの生活で、外せないのがトロピカルフルーツです。

暑いマレーシアで快適に過ごすには、水分補給はとっても大事。

マレーシアの人たちは生野菜をあまり食べないので、フルーツで栄養を摂るともいわれていて、食事代わりにフルーツを食べることもあるようです。

南国で育つフルーツは、一般的に他の国で育つフルーツより、カロリーも高く・ミネラル類・ビタミン類が豊富!

おまけに安価で年中豊富に採取できるので、フルーツを頻繁に食べてビタミン補給しているんです。

また、果物の生絞りジュースも、疲労回復や夏バテ解消に効能があるといわれるものが数多くあるので、そのときの体調に合わせてドリンクを選びます。

 

数あるフルーツのなかでも、マレーシアの特産品となっているのが『ドリアン』

そして以外にも、常夏の国でありながら『イチゴ』も特産品なのです。

ではマレーシアの特産品を、詳しく紹介しましょう。

 

マレーシアのフルーツの特産品:「果物の王様」ドリアン

ドリアンは、タイやフィリピンでも生産されていて、シンガポールや香港でも購入することはできますが、マレーシア産が一番美味しいといわれています。

マレーシア人も大好きな果物でドリアン好きは、落ちたばかりの採れたてドリアンを目当てに農園にまで足を運ぶほど・・・。

 

そもそもドリアンは、マレー半島が原産地といわれていて、ドリアンの「ドリ」はマレー語で「刺(トゲ)を持つもの」という意味があります。

ドリアンの実は黄色い色だけでなく大きさや種類がいくつもあり、ドリアン全体では30近くの品種があります。

ドリアンが一番出回るシーズンは7~8月で、このシーズンに出回るドリアンは、種類も豊富で美味しいのが多いといえるでしょう。

ただし、品種・天候・地域によって旬の時期は変わってきます。

 

特に美味しいのが、マレーシアでしか生産されていない品種の『猫山王(Musang King)ドリアン』です。

甘さが他のものと格段に甘さが違い、フルーティな香りのする美味しいドリアンなのです。

 

ドリアンは多くの種類がありますが、マレーシアで主に出まわっているドリアンを紹介します。

 

  • 赤いドリアン・・・濃厚なビター風味で、実の質も他のドリアンより濃厚
  • オレンジ色のドリアン・・・地元ではSUN DURIANと呼ばれビターな味
  • 黄色のドリアン・・・一般的なドリアンでフルーティでトロッとした感触
  • 薄い黄色のドリアン・・・実が小さいドリアンで一番香りも味もフルーティ
  • 濃い黄色のドリアン・・・実が一番大きくビターながらも甘みもぎっしり

 

最初は苦手でも三度食べるとやみつきになると言われるドリアン。

好きになるか嫌いになるかは、新鮮でよく熟れた美味しいものを食べられるか・・・にかかっています。

失敗しないためには、地元のドリアン好きに選んでもらうのが良いでしょう。

 

マレーシア・コタキナバルのドリアン通りは観光客の注目スポット!

ドリアン通りには、15時くらいから少しずつお店が並び始めるので、19時以降に行くのがベスト!

バナナ・パイナップル・マンゴスチンや、名物のドリアンがたくさん売られています。

ここでは、その場で切ったドリアンを丸ごと一個食べることができます。(RM60~)

ドリアンはパックでも売られていますが、日によってサイズや色の組み合わせが違うのも、お楽しみのひとつになっています。(RM10~)

 

マレーシアのフルーツの特産品:ストロベリー

キャメロン・ハイランドといえば、紅茶ボーティーのプランテーションで有名ですが、一方ではマレーシア屈指のいちごの名産地でもあります。

現在、ここで作られたイチゴは、シンガポールにも輸出されています。

シンガポールに輸入されているイチゴは「ちとせいちご」という日本の品種を改良したものだそうです。

 

一般的に海外のいちごは、甘いというよりも酸味が強いのですが、キャメロンのストロベリーのなかでも、高品質なイチゴは歯ごたえがあって甘くて美味しいイチゴなのでとても人気があります。

 

マレーシア フルーツにも旬がある    

マレーシアでは何もしなくても自然とバナナやマンゴー、ドリアンなどのフルーツがどこにでも実るので1年中食べられます。

そんな常夏の国のフルーツにも、1番美味しく食べられて豊富にある時期=旬があります。

 

マレーシアのトロピカルフルーツの旬の時期は地域によって異なる

一般的にマレーシアは11月~2月頃までが雨期、3月~7月頃は乾期にあたります。

気温が上昇する乾季は熱さも過酷になりますが、この季節は美味いトロピカルフルーツの旬の時期でもあります。

それが、5月頃~9月頃まで。

この間、店頭に並ぶフルーツの種類は少しずつ入れ替わります。

 

マレーシア西海岸(クアラルンプール・ペナン島など)などでは、年間通してフルーツを食べることができますが、一年の中でも5月から8月ぐらいが一番フルーツの種類が増える時期になります。

7~8月頃に収穫できる旬のフルーツで有名なのがドリアンです。

基本的に、ドリアンが一番穫れる次期は他のフルーツも穫れるので、出回る旬のフルーツの種類も多くなります。

 

マレーシアで絶対食べておきたいフルーツを図鑑のように紹介

マレーシアに行ったら・・・・・絶対食べておきたいフルーツを、特徴・旬の時期なども含めて紹介します。

 

慣れるとやみつきに!マレーシアの名産「果物の王様」ドリアン

7~8月が一番多く摂れる旬の時期。次が2月。

マレーシアには、甘さが他のものと格段に違いうマレーシアでしか生産されていない品種があります。

 

甘酸っぱい上品な味「果実の女王」マンゴスチン

ドリアンと同じ7~8月が旬の時期。

マレーシアには独自のマンゴスチン品種があり、普通のマンゴスチンよりも美味な品種が存在しています。

 

極上の甘さにほどよい酸味のマンゴー

6月頃からが旬の時期。

マレーシアには、果皮の色やカタチの異なる様々な種類のブランドのマンゴーがあります。

マンゴーの産地として知られるのがセランゴール州のセキンチャン。

 

食べ出したら止まらない!ドゥクランサー

ドリアンと同時期の7~8月が旬の時期。

マンゴスチンやライチに近い味で、皮も薄く食べやすい。

 

外見は毛(ランブー)が生えているようなランブータン

11 月位~2月末頃が旬の時期。

ランブーとはマレー語で髪の毛のことで、外見は髪の毛が生えている様な実で、熟したものは甘みが強くライチのような味。

 

フルーツの5つ星ともいえるチェンパダ

11 月位から2月末頃が旬の時期。

ジャックフルーツの仲間でドリアンより甘さと香りが強く捨てるところない!

ジャックフルーツは世界最大の果実といわれ、たくさんの種があって種の周りりの黄色い果肉を食べます。

 

輪切りにすると綺麗な星型になるスターフルーツ

11 月位から2月末頃が旬の時期。

酸味のある梨のような味わい。

 

果汁たっぷり1個でもボリューム満点!ドラゴンフルーツ

7~8月頃が旬の時期。

熟れたドラゴンフルーツは、桃のように手で皮をむくことができる。

果肉の色は赤と白があり、赤のほうが甘くて美味しい。

 

マレーシアのバナナは種類の豊富さと甘さにビックリ!

子どもから大人まで大好きな「揚げバナナ(ピサンゴレン)」は、料理用の緑色のバナナで硬いうちに使います。

 

Sponsored Link

マレーシアのフルーツマーケットは日本の自販機のような存在

マレーシアは暑くてとにかく喉が渇き、すぐに体力や気力を奪われてしまいます。

もし水分を補給しなければ、あっという間に熱中症になってしまいます。

そんなときにマレーシア人は、水分補給でフルーツマーケットへ行きます。

マレーシアでは、日本のようにどこにでもコンビニや自販機があるわけではないので、街のあちこちにフルーツマーケットや屋台がでています。

マレーシアでは、旬のフルーツはとにかく新鮮で美味しくて安い!

喉が渇いたらフルーツマーケットでカットフルーツを買って、日陰や車の中で食べるのがマレーシア流の水分補給なのです。

 

フルーツマーケットでカットフルーツを買うと、よく「アッサム?」と聞かれます。

アッサムはマレー語で「酸っぱい」という意味で、つまり酸っぱい粉を意味します。

現地では、青いグアバやグリーンアップルなど、甘くないシャキシャキのフルーツには、「アッサムパウダー」をかけて食べます。

マレーシアでは、そのまんまのフルーツを食べやすくするために、生の果物にいろんな味付けをして楽しみます。

 

フルーツマーケットは移動式のお店が多いので、連絡先も営業時間もまちまちですが、人や車が多く通る所によく現れるので見つけて下さい。

1袋1リンギット~

営業時間:一般的にAM10:00~PM10:00頃

 

マレーシアで果物狩り観光も楽しめるフルーツファーム

 

マレーシアジョホール州の「デサル・フルーツファーム」

デサル・フルーツファームでは、ランチとフルーツビュッフェ付の農園ツアーがあります。

100種類以上のトロピカルフルーツやハーブが全て無農薬で栽培されています。

広大な果樹園を周った後、ここで収穫したトロピカルフルーツやフルーツを使った料理を楽しめます。

営業時間:8;00~18:00

 

「デサル・フルーツファーム」公式サイト

 

パハン州の「ゲンティン・ストロベリー・レジャー・ファーム」

ゲンティン・ハイランドは、標高約1,700mの高原リゾート。

その高原にある「ゲンティン・ストロベリー・レジャー・ファーム」は、自分でイチゴが摘める農園として人気があります。

 

入場料:大人RM10・子どもRM7

イチゴ詰みは別料金

100g/RM8で詰んだ分だけ買取ることになります。

隣接されたラベンダー園も訪れることができます。

営業時間:9:00-18:30

 

「ゲンティン・ストロベリー・レジャー・ファーム」」Facebook

 

 

また、キャメロンハイランドのストロベリーファームも有名です。

キャメロンハイランドの幹線道路の左右には、大小のストロベリーファームが点在してます。

 

キャメロンハイランド「特産いちご」のスイーツを食べられるカフェ】

■『フルーツ・デライト』

店の看板である「ストロベリー・チョコレート」は、この地でしか味わえなメニュー。

酸味が強いイチゴをチョコレートと一緒に食します。

 

マレーシアペナンの「トロピカルフルーツファーム」

トロピカルフルーツファームは、約3万坪の広さで約250種類ものトロピカルフルーツが栽培されています、

果樹園を巡った後、もぎたてのフルーツが試食できます。

ショールームではフルーツの食べ放題もあり、フルーツ好きや家族連れにお勧めです。

営業時間=9:00~17:00

料金=大人RM40・子供RM30

 

「トロピカルフルーツファーム」

 

マレーシア のフルーツジュースやフルーツの食べ物が人気のお店

マレーシアは料理が美味しいだけでなく、ドリンクも絶品で驚くほどバラエティ豊富です。

マレーシアでは、ありとあらゆるジャンルの飲料が屋台やドリンクスタンドで手軽に楽しめます。

マレーシアの飲みものは、日本では見たことのない珍しいジュースにも出合えます。

マレーシアの宗教でアルコールは禁止されているためか、フルーツジュースやソフトドリンクが充実しています。

マレーシアのカフェに行くと、何十種類ものドリンクメニューがあります。

 

マレーシアで有名なフルーツショップは「エムビージー(MBG)

MBGは、なんといっても種類の多さが魅力!

フルーツ・カットフルーツ・フレッシュジュース・スムーチー・ミックスジュースなども売っていて、手軽に栄養補給ができます。

オーダーしてから作ってくれるので、とってもフレッシュです。

マレーシア国内でチェーン展開しているお店で、安くて気軽に立ち寄れます。

 

生搾りジュース=RM7~

▶MBGフルーツショップ

 

マレーシア でお土産としてのフルーツの扱い方

海外や日本の野菜や果物に関しては、持ち出す国や持ち込む国のルールがあります。

国や地域・野菜や果物の種類によって、持ち出し・持ち込みが制限されていたり禁止されている場合があります。

また、海外の免税売店などでお土産として販売されているものであっても、輸入禁止品に該当する場合もあります。

 

では日本とマレーシアは、どうなっているのでしょうか?

持ち出す方法は、携帯品・貨物・郵便の3種類ありますが、ここでは携帯品の場合を解説します。

 

マレーシアのフルーツをお土産としても持ち出しする場合

日本には、手荷物(携行品)として持ち込む場合を前提としていますが、検査証明書及び入国時の検査が必要になってきます。

 

【マレーシアから日本へのお土産として持ち出しできるフルーツ】

ココヤシ・タマリンド・ドリアン・パインアップル

 

残念ながら日本には、ほとんどのトロピカルフルーツの生果実持ち込みはNGです。

 

▶詳しくはこちら⇒植物防疫所:マレーシア輸入規制一覧

 

日本のフルーツをマレーシアに手土産で持ち込みする場合

マレーシアの手土産として喜ばれる品のひとつに、日本のフルーツがあります。

日本のフルーツの品質は、世界でも随一と言われています。

訪日外国人観光客の間でも、日本のフルーツの美味しさは高い人気となっています。

日本⇒マレーシアの場合は、手荷物(携帯品)としてお土産で持ち込む場合を前提としています。

 

【日本からマレーシアへのお土産として持ち出しできるフルーツ】

かき・キウイフルーツ・さくらんぼ・日本なし・洋なし・びわ・ぶどう・もも・りんご・いちご・すいか・メロン

 

詳しくはこちら⇒植物防疫所:マレーシア品目別検疫条件一覧表(携帯品)

 

赤道に近いマレーシアで生育しにくい葡萄・みかん・柿・梨・リンゴなどは、どれも輸入物で値段が高くて、日本産ほど美味しいものがありません。

 

Sponsored Link

まとめ:マレーシア人にとって生活に欠かせないのがフルーツ

マレーシアといえばやっぱりドリアン!マンゴーは完塾していてとても甘い。

マンゴスチン・パパイヤ・ランブータン・ドラゴンフルーツ、その他にもトロピカルフルーツが一年中溢れています。

スーパー、市場、路上の出店だけでなく、駅や学校の売店でもフルーツが売られ、若い人も年配の人も、デザートにも小腹が空いたときにも、マレーシア人はとにかくよくフルーツを食べます。

日本はフルーツを甘くするために品種改良を重ねてきましたが、マレーシアでは自然のままのフルーツを食べやすくするために、いろんな味付けをして楽しみます。

マレーシアの食べものにも飲みものにも、民族の風習と元気に生きるための知恵が込められています。

歴史や自然と共存してきたマレーシアの食文化を、ぜひ肌で感じて味わってみてください。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • マレーシアで人気アクセサリーブランドやパーツ!土産で金やピューターのアクセも紹介

  • マレーシアのビールの値段は高い?安い?種類やお土産の持ち込みなどを解説

  • マレーシアのフルーツ!ジュースも格別!値段や 果物狩りなどもわかりやすく全てお伝えします!

  • マレーシアのスイーツはおすすめで大人気!“チェンドル”や日本上陸モーモー・おすすめランキングなどをご紹介!

関連記事

  • マレーシアの文化!世界遺産や衣食住での体験に役立つ日本との習慣の違いをわかりやすく解説!

  • マレーシアのチップ事情!マッサージからタクシーの相場や渡し方までわかりやすく解説!

  • マレーシアの電源(電圧・プラグ・三相・変圧器など分かりやすく徹底解説!

  • マレーシア人と人口について(多彩な人種のピラミッド・人柄・特徴など)全てを徹底解説!

  • マレーシアのチョコレート!お勧めやお土産に最適!ベリーズ・キングダム工場などもわかりやすく解説!

  • マレーシアのビールの値段は高い?安い?種類やお土産の持ち込みなどを解説