ピックアップ
ドイツのコンセントプラグのタイプや形状は?変圧器の有無など詳しくご紹介!

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

日本からドイツに海外旅行に行かれる際、忘れがちなのがコンセントプラグや電圧です。

日本にいるとあまり意識することはありませんが、実は日本のコンセントプラグはアジア圏で使われていることが多く、ヨーロッパではほぼ使用できません。

旅行や出張に行かれた際、持参した電子機器の充電器などを差し込むことができなく困られないよう、本記事では次の内容をご紹介します。

  • ドイツの電圧は230ボルト・周波数は50Hz
  • 日本の100ボルト対応の家電製品をドイツで使うには変圧器が必要
  • ドイツのコンセント端子とタップはCタイプとSE(F)タイプ
  • iPhoneや一部のパソコンの充電器は変圧器を使わずにドイツで使用可能
  • 100円均一でも購入可能なコンセントプラグはドイツへ持参必須
  • ユニバーサル変換プラグがあれば便利!
  • ホテルのコンセントタップはドイツの一般家庭と同様のサイズ
  • 変換プラグを忘れてしまったときはテレビのUSBポートを利用!
  • ドイツ近隣国の電圧とコンセント形状は一部の国を除き類似している

ドイツ滞在をめいっぱい楽しまれるためにも、ドイツのコンセント形状や電圧は、渡独前に必ず調べておかれた方がよろしいでしょう。

本記事を参考いただくことで、ドイツで家電製品を使用される際のポイントを把握することができますので、是非ご参照ください。

ドイツの電圧と周波数は何ボルト?

ドイツの電圧は230ボルトであり、周波数は50Hz(ヘルツ)です。

フランクフルトやケルンなど都市ごとに電圧や周波数が変わるということはなく、ドイツ全土同じ電圧と周波数です。

日本の電圧は100ボルトであり、ドイツのみならず他国よりも低いため、日本仕様の家電製品を海外で使用すると、機器に対応している電力よりも大きな電力が流れ故障してしまいます。

また機器の故障のみならず火花が散り、事故や怪我につながる恐れもあるので注意しましょう。

ちなみに、日本の電気の周波数は50Hz(ヘルツ)、または60Hz(ヘルツ)のどちらかであり地方により異なります。

主に東日本と西日本で異なる場合があるようです。

日本仕様の家電製品に50/60Hzと記載されていれば、両方の周波数に対応しているという意味なのでドイツで使っても問題は無さそうですが、どちらにしろ電圧が異なるためそのまま使用することはできません。

Sponsored Link

日本の家電製品利用時は変圧器やアダプターが必要?

日本からどうしても持って行きドイツで使用したい家電製品がある場合は、変圧器が必要です。

変圧器とは、本来日本の電圧である100ボルトのみ対応する製品を、ドイツの230ボルトの電圧でも使用可能にするための機械です。

大変便利な変圧器ですが、ほぼ全ての変圧器は重量があり大きいので短期間の旅行の際はお持ちになられることを控えた方が無難かもしれません。

筆者の知り合いには、たこ焼き器や炊飯器、クルクルドライヤーをドイツで利用するために変圧器を持ってきているという方がいます。

長期間滞在し、且つドイツでは購入することができない家電製品を利用されたい場合は、変圧器をお持ちになると良いでしょう。

ドイツのコンセント端子タイプの種類とサイズ

世界には8つのコンセントのタイプ(A・C・B・B3・BF・O・O2・SE)があり、それぞれの国によって使用しているタイプは異なります。日本のコンセントはAタイプです。

ドイツのコンセントは、CタイプとSEタイプの2種類です。上記の写真の様に、CタイプとSEタイプ共に2つの円柱型のプラグがついています。

なおCタイプとSEタイプの違いはプラグの太さであり、SEタイプの方がCタイプよりも少しプラグ部分が太くなっています。

また、土台の部分も平べったい形状のタイプと、丸い土台のタイプの2種類があります。

筆者の印象では、ドイツではまだまだドライヤーやヒーターなど小さい家電製品でも、大きな丸い土台のタイプを多く見かけるような気がします。

ドイツのコンセント端子は日本よりも大きくしっかりしているので、一度コンセントに差し込むと自然に抜けてしまうことはありません。

そのためコンセント端子を差し込む時も力を入れてグイッと押し込む必要があります。

ドイツのコンセントにはFタイプが存在する?

先程ご紹介したSEタイプについてですが、ドイツではSEタイプは存在せず、Fタイプと呼ばれています。SEタイプというのは日本独自の表現である様です。

さまざまなインターネットのサイトではSEタイプと記載されていることが多いですが、正式にはFタイプといいます。

SEタイプのコンセントが欲しいとドイツの現地で伝えても通じない可能性があるので注意しましょう。

ちなみにF(SE)タイプは、アースが付けられています。アースとは、安全上、漏電や感電を防ぐために大地に電気を逃がす役割を果たすものです。

大きな電圧を必要とする家電製品であれば、F(SE)タイプのコンセントが使用されています。

ドイツのコンセントタップの形状は日本とは異なる!

ドイツの家やホテルなどのコンセントタップは、丸い形状のものが主流です。そして、2本のコンセント端子を差し込むための丸い穴が二つ並んだ形状をしています。

そのためAタイプである日本のコンセントは、電圧に問題が無くてもドイツのコンセントタップに差し込むことはできません。

ドイツではCタイプが主流とよく耳にしますが、Cタイプとは小型電子機器用のプラグであり、ドイツで実際に主流なコンセントタップはF(SE)タイプです。

しかしF(SE)タイプのピンの直径はCタイプよりも大きいので、Cタイプのコンセント端子をF(SE)タイプのコンセントタップに差し込むことはもちろん可能です。

もしコンセントプラグを購入するのであればCタイプがベストでしょう。

Sponsored Link

コンセントはどうなる?iPhoneなどの携帯電話を充電する場合

日本で利用している機器をドイツで使用する場合、電圧を気にしなくてよい機器もあります。

iPhoneなどの携帯電話の充電器や、パソコンの充電バッテリーなどは一般的に幅広い電圧に対応しているものが多く、変圧器を使わなくてもそのままドイツで利用することができます。

しかし、念のためお持ちの製品を一度確認された方が良いでしょう。対応電圧は、充電器やバッテリーの裏側などに記載されています。

「input:100V-240V」と記載があれば、100ボルトから240ボルトまでの電圧に対応しているという意味なので、ドイツでも利用が可能です。

230ボルト以下の数値が記載されている場合は、ドイツで利用する際は変圧器を使う必要があるので注意しましょう。

変圧器を持っていくことは難しいけれど、どうしても日本の家電製品を使いたい!という方は、海外対応の製品を日本で購入し持って来られると良いでしょう。

日本の100均で購入できるドイツのコンセントプラグ

日本で購入した家電製品のコンセント端子は、もちろん日本仕様のAタイプです。

変圧器が必要無いので安心してそのままドイツへ持ってきても、CタイプとF(SE)タイプのドイツのコンセントに差し込むことはできないので注意してください。

その場合は、変換プラグが必要です。変換プラグとはその名の通り、Aタイプのコンセント端子をCタイプ用のコンセントへ差し込むことができるようにするプラグです。

変換プラグに家電製品のコンセントを差し込むことで、ドイツのコンセントタップを使用することが可能になります。

嬉しいことに日本では100円均一のショップでも変換プラグが販売されているので、あまり頻繁に旅行には行かない方であれば十分かもしれません。

ちなみにドイツで販売されているCタイプの家電製品のコンセントを上から見ると、2本のプラグが内側に向けて少し反っています。

理由は、SEタイプのコンセント(Cタイプよりも大きい)へ差し込む際、外れにくいようひっかける為と予想されます。

一方で日本で販売されているCタイプの2本のプラグは反りが無く、ドイツのSEタイプのコンセントに差し込んだ際、簡単に外れてしまうという問題が起きる場合がある様です。

朝起きて、全く充電できていなかったとがっかりしないためにも、コンセントにしっかりとコンセントプラグが刺さっているかどうか確認された方がよろしいでしょう。

ユニバーサル変換プラグはとっても便利!

よく海外旅行へ行かれる方であれば、単独の変換プラグよりも、ユニバーサルタイプのマルチ変換プラグがおすすめです。

2つのパーツに別れているコンセント端子を組み合わせて使うことで、様々なコンセント端子に対応することができる便利な変換プラグです。

真四角なタイプのマルチ変換プラグもあるので、お好みに合わせて選ばれると良いでしょう。

国ごとに変換プラグを準備するよりも、1つの変換プラグで済ますことができれば紛失する恐れもなく、かさばらないのでとても便利です。

一部の国を除いてほぼ全世界のコンセントに対応しており、一つ持っておけば今後ドイツ以外の国へ行く際も利用することができるでしょう。

ドイツのホテル!コンセントの特徴

ドイツのホテルに滞在される際も、コンセントの形は気になるかと思います。ホテルも、ドイツの一般家庭で使われている上記写真のようなコンセントの型と同様です。

最初は日本とは異なる巨大なコンセントタップに驚かれるかもしません。先ほどご紹介した100均一でも購入できる変換プラグは、ひし形のような平べったい形がほとんどかと思いますが、ドイツの丸いコンセントタップにそのまま差し込んで問題ありません。

しかしホテルによっては、コンセントが1つしかないという場合もあります。そのような場合におすすめなのが、1つのコンセントに対し複数の家電製品を使うことができるマルチコンセントプラグです。

旅先でスマートフォンなどの電子機器を充電する機器は、USBポート式のものが多いかと思います。

マルチコンセントプラグは、USBポートが3つほどついているのでコンセントが一つしかなくても複数の機器を充電することができるのです。

変換プラグを忘れてしまったときの裏技

なおホテルでは変換プラグの貸し出しを行なっている所はほぼありません。

変換プラグを忘れてしまった!という時は、テレビのUSBポートを利用する方法もあります。最近のテレビにはUSBポートがあるものが多いため、こちらに充電器を接続し機器を充電することも可能でしょう。

少なくともUSBケーブルであれば、持参するのを忘れたとしてもドイツで購入することができるので、ホテルのテレビをチェックしてみてください。

ドイツ以外のコンセント形状ヨーロッパ編!他の国を観光する方へ

ドイツ以外の国へ旅行をされる方は、他のヨーロッパの国のコンセントプラグの形も気になるかと思います。

次にヨーロッパの国別のコンセント形状タイプと電圧をご紹介します。周波数はいずれの国も50Hz(ヘルツ)とドイツと同様です。

ドイツと同様Cタイプ

  • イタリア・220ボルト
  • フランス(SEタイプも有り)・220ボルト
  • ベルギー(SEタイプも有り)・220ボルト
  • フィンランド(SEタイプも有り)・220ボルト 、230ボルト
  • オーストリア(SEタイプも有り)・230ボルト
  • オランダ(SEタイプも有り)・230ボルト
  • スイス(SEタイプも有り) ・230ボルト 、240ボルト
  • スペイン(A・SEタイプも有り)・220ボルト
  • スウェーデン(SEタイプも有り) ・230ボルト
  • チェコ(SEタイプも有り)・220ボルト
  • ハンガリー(SEタイプも有り)・220ボルト

上記の通り、ほぼドイツと同様のコンセント形状と電圧である国が多いため、ドイツ用に用意した変換プラグをそのまま利用することができます。

しかしヨーロッパ付近の国で全くコンセントの形状が異なる国があります。

BFタイプ

  • イギリス・240ボルト
  • マルタ・230ボルト

BFタイプとは四角の穴が3つ並んだ面白い形状をしているタイプです。

ドイツからイギリス、もしくはマルタへ行くご予定のある方はBFタイプの変換プラグを持参しましょう。

Sponsored Link

まとめ

以上が、「ドイツのコンセントプラグのタイプや形状は?変圧器の有無など詳しくご紹介!」です。 大切なポイントをもう1度おさらいしましょう。

    null
  • ドイツの電圧は230ボルト・周波数は50Hz
  • 日本の100ボルト対応の家電製品をドイツで使うには変圧器が必要
  • ドイツのコンセント端子とタップはCタイプとSE(F)タイプ
  • iPhoneや一部のパソコンの充電器は変圧器を使わずにドイツで使用可能
  • 100円均一でも購入可能なコンセントプラグはドイツへ持参必須
  • ユニバーサル変換プラグがあれば便利!
  • ホテルのコンセントタップはドイツの一般家庭と同様のサイズ
  • 変換プラグを忘れてしまったときはテレビのUSBポートを利用!
  • ドイツ近隣国の電圧とコンセント形状は一部の国を除き類似している

万が一、変換プラグなどを忘れてしまった!という方は、空港でも販売されていることがあるので日本国内であればまだ間に合います。

しかしパスポートやクレジットカードに継いで変換プラグは大切なものなので、ドイツにいらっしゃる場合は忘れないように注意しましょう。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。