ピックアップ
マレーシアでサンダルブランドの代表格はvincci!人気土産のflipperはサイズも豊富で安く買える

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

マレーシアのお土産で、人気アイテムのひとつにサンダルがあります。

マレーシアは古くから手工芸が盛んな国ですが、そのなかでも歴史ある産業のひとつが靴産業です。

それだけに、サンダルをはじめとするシューズ類のクオリティが高くてデザインが豊富!

しかも他のアジア諸国に比べて、同じクオリティのシューズ類が割安で手に入るとい靴天国だということを知っていましたか?

実は、マレーシアには1,000社を超える製造メーカーがあり、マレーシア発のブランドからライセンス品まで幅広いシューズ類が生産されています。

 

サンダルで人気のブランドが、

  • マレーシアのビーチサンダルブランド「Fipper(フィッパー)」
  • マレーシアの伝統工芸品で有名な「ニョニャサンダル」
  • マレーシアでシューズブランドの代名詞vincciのサンダル

 

マレーシアのサンダルは、機能性に優れていて、カラフルなデザインのものが多く揃っていています。

 

そんなマレーシアのサンダル人気の秘密や、おすすめブランドの魅力などマレーシアのサンダルについて詳しく解説していきます。

 

Contents

マレーシア のお土産はサンダルが人気!

マレーシアでは仕事でもプライベートでも、大半の人がサンダルを履いています。

そのためか、マレーシアではお洒落なサンダルを売っているお店が多いのも確かです。

実は、マレーシアのサンダルは機能性に優れていて、カラフルなデザインが多く揃っているので、旅行者の間でも人気のアイテムのひとつでもあります。

 

Sponsored Link

マレーシアのサンダルは値段も安くてかわいいデザインも多い!

マレーシアのサンダル値段の相場は、約RM50〜RM80。

サンダルは値下げされているものだと約RM40くらいから、新作なら約RM60〜RM80くらいの価格帯で購入できます。

 

また、夏と冬に全国規模で開催されるメガセール期間中のほか、ショップごとに定期的なセールもあるので更に安く手に入れることができます。

安さの秘密は、為替や物価水準の差が大きな理由なので、当日のレートのチェックは忘れないようにしましょう。

 

▶レートは常に変動していますので、

現在のリンギット基準レートはYahoo! ファイナンスで確認してください!

 

マレーシアのサンダルはお洒落でかわいいデザインも多く、トレンドのシューズから伝統工芸品のサンダルまで、幅広いシューズ類が生産されています。

他のアジア諸国に比べて、同じクオリティのシューズ類が安いとなると、お土産はもちろん!滞在中のシーンに合わせた足元のお洒落を現地調達で楽しむこともできます。

マレーシアに旅行するなら、サンダルは是非チェックしておきましょう。

 

マレーシアのサイズ表記はブランドによって様々!

マレーシアでの靴のサイズは、生産国によってサイズ表記が異なります。

また同じメーカーの靴であっても、デザインによってサイズは微妙に違ってきます。

靴のサイズの表記で日本のJPN=cm表記は、他の国ではほとんど使用されません。

ヨーロッパ(EU)・アメリカ(US)・イギリス(UK)の、3つのサイズ表記を覚えておけばまず間違いないでしょう。

 

  • US表記⇒アメリカのメーカーの靴・特にスニーカーに多い
  • UK表記⇒イギリスメーカーの靴に多い
  • EU表記⇒イギリス以外のヨーロッパの国の靴に多い

 

▶靴選びに失敗しないためにも海外の靴のサイズ換算表を目安にしましょう。

 

そもそも日本人と欧米の外国人では、足の形が違います。

特に日本人は足の幅が広い人が多いので、長さは合っても幅が窮屈になる場合があります。

各店舗にはサイズ表が置いてありますが、靴屋に行けば必要な足のサイズは測ってくれます。

足幅の数値は、A・B・C・D・E・2E・3E・4E・F・Gに分けられます。

Aに行くほど足の幅が狭く、Gに行くほど広くなります。

(日本人の標準=E~2E ・ 欧米人の標準=B~C

自分の足の幅が広いのであれば、購入する時は試し履きするのが重要です。

 

マレーシア がシューズ天国!・・・・といわれる理由

マレーシアの女性たちは、1年で平均5足の靴を購入するといいます。

実際に、クアラルンプールの主要ショッピングモールで購入した場合、

ミュール・サンダル・ローファー・パンプスなど取り混ぜて、4~5足揃えても総額で約1万ちょっとで購入できるから驚きです。

靴好きや旅行者が、マレーシアのサンダルやシューズを買い求める理由のひとつがここにあるのです。

 

では、そんなマレーシアの靴産業を覗いてみることにしましょう。

 

マレーシアで最も早くから導入された産業のひとつが靴産業

マレーシアは、古くから手工芸が盛んな国です。

実は靴の製造は、マレーシアで最も早くから導入された産業のひとつなのです。

そのため国内には1,000社を超える製造メーカーがあり、マレーシア発のブランドからライセンス品まで幅広いシューズ類が生産されています。

今では世界屈指の高品質な靴の産業国となり、年間7千万足の靴製造能力があるといわれます。

靴業界の売上高は、海外でRM6億・国内でRM5億に達するほどです。

 

マレーシアの豊富な天然資源の天然ゴムは良質

マレーシアは天然資源が豊富な国でもあります。

そのひとつが、天然ゴムです。

マレーシアは、もともと天然ゴム産業が盛んでした。

イギリスの植民地時代に、イギリス資本を基に大規模なプランテーションが数多く開発され、かつて天然ゴム生産量は世界第1位を誇っていました。

マレーシアの天然ゴムは、世界的な品質といわれています。

マレーシアのサンダルは、そんな伝統ある天然ゴム産業から生まれてきた高品質なアイテムなのです。

 

マレーシアの観光大使に世界的に活躍するシューズデザイナーが!

マレーシア出身で世界的に活躍しているのが、ロンドンを拠点にしているシューズデザイナーのジミー・チュウ(Jimmy Choo)氏です。

マレーシアの靴職人であった父親に、幼い頃から靴作りを学び影響を受けたジミーチュウの靴は、「魔法の靴」と呼ばれ英国王室御用達でもあり、世界中のセレブ達を魅了し続けています。

 

またジミー・チュウ氏は、マレーシア政府観光局の観光大使として任命されています。

(マレーシア政府観光局は、あらゆる分野でマレーシアの観光プロモーションを行うことに特化した政府機関)

 

Sponsored Link

マレーシアでシューズブランドの代名詞vincciはサンダルの種類も豊富

マレーシアのシューズブランドの代名詞ともいえる人気ブランドといえば、VINCCI(ヴィンチ)」。

VINCCIはサンダルをはじめ、バッグやアクセサリー類などのアイテムも揃っています。

マレーシア発の人気ブランドで、サンダルもデザイン性が高くリーズナブルな商品で人気があります。

日本未上陸ですが、東南アジアでは大人気のブランドです。

クアラルンプールなど、主要都市のショッピングモールにはほとんど入っています。

 

「VINCCI(ヴィンチ)」

 

低価格でトレンドを取り入れたブランド!

VINCCIはとにかく安い!大人可愛いデザインが豊富で、サイズも幅広く揃えてあるのが人気の秘密です。

サンダルからパンプス、フラットシューズまで様々なタイプの靴が揃い、価格の平均が約RM90とかなりリーズナブル!

シンプルなサンダルなら約RM45~、高くてもRM120程。

 

マレーシアのビーチサンダルブランドといえば flipper(フィッパー)

マレーシア土産で、ビーチサンダルといえばFipper(フィッパー)」です。

Fipperのビーチサンダルは、一足15~75RM程度で予算に合わせて購入できます。

クアラルンプール内には、6店舗あります。

 

Fipper(フィッパー)」

 

良質な天然ゴムを使用したフィット感バツグンのブランド!

Fipperの品質の良さは、何といってもバツグンのフィット感です。

その秘密が天然ゴム!

クッション性が高く柔らかいので、足にフィットして歩きやすいのです。

Fipperのビーチサンダルは、強度も保証する質と履き心地にこだわっているので、現地でも多くのマレーシア人が愛用しています。

ちなみに日本では沖縄に直営店がありネットで購入も可能ですが、価格はマレーシア現地価格の約3倍の値段になります。

 

子供から大人サイズ・メンズも多様なデザインとカラーが揃う

Fipperは子供サイズから大人サイズが揃い、日本にはない豊富なデザインとカラーが多くあります。

Fipperの特徴はカラーだけでなく、鼻緒の形や底の厚さなどの種類も豊富で、選択肢の幅が広いところです。

どんな年齢層であろうと性別に関係なく、選ぶのに迷うほどのバリエーションがあるのも人気の理由です。

 

Fipperサンダルのサイズは全てUK表示

UKというのは、イギリス表記を意味しています。

(靴のサイズ表記については、この記事の最初に紹介していますので参考にしてください。)

お店にもサイズ換算表は用意されているので、自分の日本のサイズと照らし合わせながらサイズ選びをしましょう。

デザインやシリーズなどにより、サイズは微妙に違ってきます。

 

▶フィッパー ビーチサンダル 公式オンラインショップ  

定番・Newカラー・新シリーズなど、公式サイトならではの豊富な品揃え!

 

マレーシアの伝統工芸品で有名なニョニャサンダルも人気

マレーシアには、世代を超えて愛され続ける伝統的なサンダルがあります。

 

それがプラナカン文化の結晶ともいえる「ニョニャサンダル」です。

 “プラナカン”とは、マレーシアに移住して来た中国人男性が、マレーの女性と結婚して生まれてきた混血の子孫がプラナカンと呼ばれています。

ニョニャサンダルの“ニョニャ”とは、プラナカン民族のうち女性を指す言葉です。

 

ニョニャたちは中国文化とマレー文化だけでなく、ヨーロッパや近隣諸国のエッセンスを巧みに取り入れながら、プラナカン独自の美しいファッションを生み出しました。

プラナカン文化の伝統衣装ニョニャ・クバヤは“着る宝石”と称されていますが、足元を彩るサンダルにもこだわりがあります。

ニョニャサンダルは世代を超えて愛され続ける逸品といわれ、プラナカン文化発祥の地であるマラッカやペナン島には、今なお伝統的な手仕事を受け継ぐ工房やショップがあります。

 

マレーシアの足元のアート“ニョニャサンダル”は一生もののシューズ

プラナカンの女性にとって。ニョニャサンダルは母から娘へ受け継がれ、さらにその娘へと修理しながら何代も大切に使われてきたものです。

かつてはニョニャサンダルのビーズは、ヨーロッパから取り寄せたガラスビーズが使用されていました。

今では入手が困難なため希少価値が高くなり、アンティークとされる価値のサンダルもあるようです。

 

ニョニャサンダルの特徴は、何といっても鮮やかな色とパステルカラーを融合させた色使いです。

繊細なビーズ細工は細かいほど高級とされ、直径1ミリ以下の細かいビーズを使ったものでは4カ月かかる物もあります。

 

簡単な物でさえニョニャサンダルは、1足仕上げるのに2ヶ月かかるといわれる逸品なだけに、ニョニャサンダルを購入するなら発祥の地マラッカがおすすめです。

 

直径1ミリ以下の細かいビーズを使った伝統工芸品だと1足MR200~、高いものではRM600もする一生もののサンダルもあります。

 

マレーシアでは自分好みのビーチサンダルも作れる!

マレーシアには、自分好みのオリジナルビーチサンダルが作れるお店もあります。

 

BAIA BAIA (バイアバイア)フランスのビーチサンダルブランド

カラーバリエーションが豊富なビーチサンダルのパーツが揃っていて、自分だけのオリジナルのサンダルが作れるお店です。

レディースだけでなくメンズ向けもあり、チャーム(飾り)の種類もカラーも豊富で、選ぶ時間も楽しく旅の思い出の一品に!

 

ソール・鼻緒・チャームを選び、その場で自分のサイズに合った型に抜いて、各パーツを付けると完成です。

値段:RM13~RM60以上(チャームによって値段も変わる)

 

マレーシアのお土産にサンダルを!特に人気の高いお店を紹介

マレーシアでは大型ショッピングモールが主流で、その中に個別ショップが軒を連ねています。

VINCCI やfipperの他に、人気の高いお店をいくつか紹介します。

 

Jimmychooジミー・チュウ)・・・女性たちの憧れ的存在の世界的ブランド

マレーシア出身のデザイナー、ジミC・チュウ氏が手がけるインターナショナル・ブランド。ドレッシーなサンダルは女性たちの憧れ的存在です。

スリアKLCCのGレベルにショップが入っています。

 

noseノーズ)・・・マレーシアを代表する人気シューズブランドのひとつ

ヴィンチと並んでマレーシアを代表する人気シューズブランド。流行をおさえたサンダル、ミュール、フラットシューズなどが揃うほか、バッグや小物も充実しています。

 

Boniaボニア)・・・イタリア仕込のデザインと縫製で知られるブランド

1963年創業の老舗で、シューズ&バッグ・ブランド。他のカジュアルブランドとは一線を画す上質感があり、日本を含む海外へも展開しています。

ボニアの妹ブランドのSembonia (センボニア)は、幅広い年代に向けた使い勝手のよいシューズが揃っています。

 

Carlo Rino ( カルロ・リノ)・・・かわいいデザインで若い女性に人気のブランド

ファッショナブルなデザインや色使いで、若い女性層から支持を集めるブランド。トレンドをおさえたカルロ・リノのシューズは現在、日本を含めアジア、北欧、南アにまで拡大中です。

 

クアラルンプール(KL)なら、

●パビリオン

●スリアKLCC

●ミッドバレー・メガモール

デザイン性豊かでカラフルなものが多く、多彩なシューズショップが入っています。

 

Sponsored Link

マレーシアで年に一度の国際シューズフェスティバルは見逃せない!

マレーシアでは毎年1回、国内外からシューズブランドが集められ国際シューズフェスティバルが開催され、6万人以上もの来場者が集まります。

 

靴好きやファッションを楽しむ人にとって大注目のイベント!

“マレーシアで国際シューズフェスティバル”

このイベントで、国内外からシューズブランドがマレーシアに集結します。

期間中はシューズブランドがブースを出展し、華やかなシューズ類が会場を埋め尽くします。

3日間の開催期間中は、新作シューズの披露や職人による靴作りのデモンストレーションなども催されます。

一般の参加者がセール価格でシューズを購入することが可能なので、このタイミングに合わせてマレーシアに行く女性も多いとか・・・・・。

 

Malaysia International Shoe Festival

※毎年、日時・場所・料金が異なるため、サイトにて詳細を確認してください。

 

まとめ:マレーシア土産に迷ったら安い・高品質・デザイン豊かなサンダルは必見!

東南アジアの中でもマレーシアは、知る人ぞ知る!リーズナブルでお洒落なシューズ類が手に入る国です。

実は、世界的なシューデザイナー「ジミー・チュウ」もマレーシア出身。

 

マレーシアには、伝統工芸品のニョニャサンダルだけでなく、マレーシアンブランドからライセンス品まで幅広いシューズ類が揃っています。

特にマレーシアのサンダルは、安いのに高品質でカラーやデザインのバリエーションが豊富です。

 

マレーシで観光客の間でも人気のサンダルブランドは、

  • マレーシア発!ビーチサンダルブランド「Fipper(フィッパー)」
  • マレーシアの伝統工芸品「ニョニャサンダル」
  • 日本未上陸!マレーシア発シューズブランドの代名詞「vincci

 

 

トレンドのシューズは、クアラルンプールのなかでもトレンドが一堂に揃うショッピングモール「パビリオン」へ。

伝統工芸のニョニャサンダルなら、マラッカのジョンカーストリートへ。

Fipper(フィッパー)」なら、クアラルンプール内に6店舗あり日本の約1/3の価格。

 

またマレーシアでは、夏と冬に全国規模で開催されるメガセールのほか、ショップごとに定期的なセールもあるので、セールなら・・・・よりお得に!

 

さらには毎年、国内外からシューズブランドが集結する“国際シューズ・フェスティバル”も開催されるだけに、マレーシアのシューズ業界からは目が離せません。

 

マレーシアを訪れるなら、サンダルのお土産も喜ばれますが、滞在中のシーンに合わせた足元のお洒落も現地調達で楽しんでみてください。

 

 

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。