ピックアップ
ドイツ滞在・移住のために持ってきてよかったもの!日本人在住者へのお土産として喜ばれるもの!

出張、留学、滞在などドイツ行きが決まった時に、さて何を持って行くべきか?と皆さん疑問に思われるかと思います。持参する荷物はできる限り少なくし、現地で調達したいものですよね。

ドイツは経済的に豊かな国なので、手ぶらで行っても普通に生活を送ることはもちろん可能です。しかし住み慣れた日本を離れた海外生活、ふと日本のアレが恋しいと感じることも出てくるでしょう。

本記事ではドイツ行きにあたり、持ってきて良かった!と思う物を、実際の筆者の経験、周りの知人の声を元にご紹介して参ります。ドイツにいる日本人の知人や友人、同僚に会う予定があり、お土産を何しようか迷われている方も是非本記事をご参照ください。

食べ物編

ドイツに来たばかりの際は、新しい食材や日本では珍しい食べ物にみなさんワクワクするでしょう。しかし日が経つにつれて日本食が恋しい!という日本人の方は非常に多いです。

もちろんドイツの大都市には日本食のレストランもありますが、日本のように手軽に入って食べることができるレストランは非常に少ないです。そのような場合を想定して、日本からいくつか食べ物をドイツへ持っていくことをおすすめします。

日本にいるとあまり意識しないような食べ物ですが、ドイツに持って行ってよかった!と思われること間違い無しな食べ物からご紹介して参ります。

調味料類

料理の基本の「さしすせそ」の砂糖、塩、醤油、酢はドイツの一般的なスーパーで手に入ります。酢はドイツでは種類が非常に多いため、不安な方は持っていかれると良いでしょう。

味噌は日本の食材店で手に入りますが、種類が少なくやや高価なので筆者は一時帰国の際にいつもドイツへ持ち込んでいます。ご自身が日本食を自炊するのに欠かせない!という基本的な調味料は、ドイツへ持っていかれると良いでしょう。

また、昆布等はドイツでは高価なので、「だしの素」はドイツ在住の日本人のキッチンには欠かせません。軽く手軽に日本の味を出すことができるので、持参されることをおすすめします。

みりん、料理酒などは大抵ドイツの日本食材店で購入することができますが、日本の2~3倍ほどの値段で安価ではありません。もしスーツケースに余裕がある方は、持参されても良いでしょう。

お土産であれば、焼肉のタレやお好み焼きソースがおすすめです。必需品では無いけれどあればとても嬉しいという方が多く、きっと喜ばれるでしょう。

麺類

ドイツで手に入る麺類といえばパスタでしょう。ドイツで自炊をするとパスタが食卓に登場することが増えるかと思いますが、そのような時に恋しくなるのが食べ慣れた日本の麺類です。

蕎麦やうどんは乾麺だと日持ちするので、少し重量はありますがドイツに持って行かれることをおすすめします。

また意外と暑いドイツの夏、クーラーが一般の家庭にあることは珍しいので、素麺なども持っていくと涼しい気分になることができるでしょう。

そしてあれば大変助かるのが、インスタントのラーメンです。小腹がすいた時などにさっと作れる日本の味にホッとするでしょう。お土産にもインスタントラーメンは意外と喜ばれます。

缶詰

日本人に欠かせない魚料理、ドイツでも魚を購入することはできますが、日本のようにスーパーに広々とした鮮魚コーナーは無く、カウンターで欲しい分を店員さんへ注文するスタイルです。初めての方はハードルが高く、更に値段も安価ではありません。

魚が食べたくなった時にとても便利なのが、日本の鯖やサンマの缶詰です。水煮や味噌煮などの缶詰は、十分おかずになりますし栄養価も高くおすすめです。

おつまみにもピッタリでしょう。駐在員としてドイツに1人で来ている方へのお土産などにも良いかもしれません。

缶詰は魚以外にも様々なものがありますが、筆者はカレーの缶詰をお土産でもらったことがあります。夕食作りが大変な時などに便利だと感じました。

乾物類

乾物もふとしたときに食べたくなる日本食の一つです。

日本のようなコンビニが無いドイツ、会社勤務の日本人は、お弁当派が実は多数です。ひじきや切干大根は栄養も豊富で、お弁当のおかずにもピッタリ、とても重宝する食材の一つです。

増えるワカメなども、お味噌汁や中華スープを作る際にとても便利です。また、出汁をとるための昆布もドイツの日本食材店で購入することはできますが、種類がやはり少なくやや高めなので持参されることをおすすめします。

乾物は軽く、日持ちし、またお料理のアレンジもきくので、筆者も日本へ帰国する際は必ず購入しドイツへ持ち込んでいます。

ご飯のお供

ドイツでも日本のように毎日お米を食べることはもちろん可能なので、日本から持ってきてよかった!といつも思うのは、ふりかけ、梅干、お漬物、食べるラー油などのご飯のお供です。

自宅で小腹がすいたときや、お弁当のおかずなどにぴったりでしょう。また日本食が恋しくなった時などに食べるとホッとします。

塩こんぶはご飯のお供になる他、お料理にも幅広く使えるのでお土産としても喜ばれるでしょう。

ちなみに日本人には欠かせない白米は、ドイツで購入することは可能です。アジア食品店で日本の品種のお米は販売されており、またドイツのスーパーでもミルヒライス(Milchreis)というお米が日本のお米に似ており、気軽に購入することが可能です。

スナック類

スナックなどのお菓子はドイツでも美味しいものがたくさんありますが、たまに食べたくなるのが、おかきやお煎餅などお米が原料となったお菓子です。

おかきはたまにドイツのスーパーでも目にしますが、ほとんど中国製のものばかりで、あられのようなタイプです。

またいつも持ち込んでおいて良かった!というスナックは、柿ピーです。ビール大国ドイツ、しかしおつまみはチーズやソーセージなどちょっとお腹にこたえるものばかりです。ちょっとしたおつまみが欲しいなという時に、柿ピーは重宝します。

また柿ピーは意外と外国人の口に合うので、来客時やパーティーのスナックとして出しても喜ばれるでしょう。

その他食品

他にドイツ在住の日本人に人気がある食品は、カレールー、お餅、白玉粉などです。ドイツで人気のあるカレーは、インドカレーかタイカレーであり、スーパーなどでもレトルトのものが販売されています。

しかしたまに食べたくなるのが日本のカレーです。カレールーは、1箱はスーツケースの中に入れておきたい食品です。

お餅は、冬に無性に食べたくなる食べ物の一つです。お正月にお雑煮を作る際以外にも、筆者はよくお汁粉の元とお餅をドイツへ持ち込み、寒いドイツの冬を乗り越えています。

また、ご飯がどうしても無いときや小腹がすいた時などにも、お餅はササッとオーブンで焼いて食べることができます。

更にドイツでは和菓子は販売されていないので手作りをするしかありませんが、白玉粉があれば和風のスイーツを簡単に作ることができるので便利です。

お子さんがいるドイツ在住の日本人の方に白玉粉は人気です。ホームパーティーに日本のお菓子を持参したい時なども、白玉粉があれば日本のスイーツを簡単に作ることができるのでおすすめですよ。

Sponsored Link

衣服編

基本的にドイツ人の衣服類は実用性重視の傾向があります。

日本はその年の流行や様々なファッションスタイルがありますが、ドイツは基本的にシンプルでカジュアルなファッションが主流です。そのため着まわしができそうな、シンプルな衣服を持っていくと良いでしょう。

もちろんドイツにもたくさんのアパレルショップがあるので、現地で購入されてもOKです。しかし、これだけは外せない日本から持っていくべき!というものを次にご紹介して参ります。

スニーカーなどのフラットシューズ

ドイツの道は日本と同じアスファルトが多いですが、街によっては石畳の地面が多いこともあります。

そのため、必ずスニーカーなどのフラットシューズは持って行きましょう。女性であれば、ヒールをよく履く方もいらっしゃるかもしれませんが、ドイツの街の中心などは石畳が多いためすぐにヒールが傷んでしまいます。

ドイツの街中にもシューズショップはたくさんありますが、もしかするとサイズが合わないなど、すぐに購入することができない可能性もあります。

足の小さい女性はピッタリのサイズの靴を探すのは大変なので、スニーカーやバレーシューズは必須です。男性であれば、歩きやすいスニーカーを持参すると良いでしょう。

カッターシャツ類

ドイツで仕事をする予定の方は、カッターシャツを数枚持って行った方が良いかと思います。ドイツでもカッターシャツは販売されていますが、ピッタリのものを探すのが中々大変です。

筆者もドイツに来たばかりの時、どうしてもカッターシャツが必要になってしまいドイツで探し回り、とても大変だった経験があります。

サイズがあまり無く、ピッタリだと思っても袖が長すぎたり体にフィットするものを探すのに一苦労しました。

普通の洋服であればなんとかなりますが、自身のイメージするカッターシャツを購入するのは大変なので、もしドイツで面接を受けることを考えられている方は、カッターシャツは日本から持参するのが正解だと思います。

また、ドイツには形状記憶のシャツなどは販売されていません。毎日シャツを使うというビジネスマンも日本から準備していった方が良いでしょう。

生活用品編

基本的な生活用品も、ドイツに来てからそういえば必要だった!と気がつくことが多々あります。

次に、ドイツでは中々理想のものが見つかりにくい生活必需品をご紹介します。

ドイツで薬を入手する場合、アポテーケ(Apotheke)という薬局で購入します。

中に入るとレジ付近に白衣を着たドイツ人の薬剤師が丁寧に接客してくれます。大抵の方は英語を喋るので、ドイツ語を喋れないと薬が購入できないということはありませんが、最初は少し緊張します。

また細かい症状を説明するのは、少しハードルが高いという方もいらっしゃるかと思います。

購入したのは良いものの、容量や用法が記載された説明書は英語やドイツ語であり、読むのも一苦労です。そのため、常備薬は日本から持参されることをお勧めします。

しかしドイツに薬を持ち込む場合、服用最大3ヶ月分と持ち込む量が決められているので注意しましょう。(2020年4月現在)

化粧品類

女性の方は特にいつも使用している基礎化粧品やメイク用品は大体決まっているかと思いますので、やはり使い慣れている化粧品を日本から持ち込む方が良いと筆者は考えます。

メイク用品は大体ドイツも日本も同じですが、基礎化粧品は少々異なります。日本は基本的に化粧水と乳液という基礎化粧品を利用しますが、ドイツは拭き取り化粧水とローションやクリームを使うのが一般的です。

拭き取りタイプである理由は、ドイツの硬水によるカルキを顔に残らないよう拭き取るためです。

しかしドイツに来たての際は環境の変化によるお肌のストレスも考えられるため、まずはご自身が普段利用されている基礎化粧品を使用し、徐々にドイツ製のものを試すという方法をとられると良いかと考えます。

ドイツの基礎化粧品やメイク用品については、「ドイツのコスメ・化粧品プチプラから優秀なブランドまで徹底解説!お土産にも最適!」にてご紹介していますので、こちらもどうぞご参照ください。

お箸

ドイツではナイフとフォークを使って食事をするのでお箸が無くてももちろん困ることはありませんが、自宅で日本食を食べるときは皆さんお箸を使われますよね。

手になじむ素敵なお箸は、ドイツでは日本のように気軽に購入することは少し難しいです。たまにアジアショップや、日本の雑貨が販売されているお店で購入することはできますが、質の割りに高価であり、購入を躊躇ってしまうこともしばしばです。

そのため、ご自身で使用される自宅用、折れてしまった時の予備用と来客用を持参しておくと良いでしょう。お箸は本当に日本から持参した方が良い生活用品雑貨の一つです。

お弁当箱

意外と盲点なのがお弁当箱です。特に会社で働く予定のある方は、日本で購入したお弁当箱をドイツへ持ってきた方が良いかと思います。

ドイツには日本のようにワンコインでちょっとお昼を食べるよう!とするのであれば、ファーストフードやケバブなどしかありません。

その他だとレストランでの食事となりますが、ドイツのレストランはお昼でも大体一人12€~であり、毎日外食となると少し大変という印象です。

しかも量が多く、残してしまうことも考えられます。そのためドイツで働いている日本人は、お弁当を持参している方が意外と多くいます。

しかしドイツのお弁当箱であるランチボックスは、ずっしり大きめ、お弁当箱というよりはタッパーというイメージです。

タッパーで十分!という方は問題無いと思いますが、曲げわっぱやアルミのお弁当箱、液垂れしにくいお弁当箱などはドイツでは購入できません。お弁当を持参する可能性がある方はドイツに持ち込まれることをおすすめします。

木のお椀

ドイツに来たての際、持ってこれば良かった!と筆者が激しく後悔したのが木のお椀です。

スープ皿やサラダボウルなどはドイツにたくさんありますが、木のお椀は一般的に販売されているものではありません。お味噌汁を飲む際は何だか雰囲気が出ないなと思いながら、サラダボウルでお味噌汁を飲んでいました。

自宅でお味噌汁を作る予定のある方は、是非木のお椀は持参してください。陶器でお味噌汁を飲むよりも、木のお椀で飲む方が日本食をより楽しむことができること間違いなしです。

しかし運が良ければ、日本の雑貨を取り扱っている場合があるようなので、お椀を購入することができるかもしれません。

歯ブラシ

ドイツ在住の日本人が、日本から持ってきてよかったと口をそろえて言う生活用品は、歯ブラシです。その理由は、ドイツの歯ブラシの大きさと硬さが、日本人の歯に合わないという点です。

ドイツの歯ブラシはヘッドの部分が大きく、初めて目する方は少々驚いてしまうかもしれません。

普段ヘッドがスリムな日本の歯ブラシに慣れているため、ドイツの歯ブラシを使うと上手く磨けなく、えずいてしまって苦しいという話をよく耳にします。

しかもドイツの歯ブラシはとても硬いので、最初は力加減が難しく歯茎を傷つけてしまう恐れもあります。

忘れてしまった場合は子供用の歯ブラシを購入するという手がありますが、やはり磨きやすいのは日本の歯ブラシだと思います。歯ブラシは軽くかさばらないので、是非日本からドイツへ持ってきましょう。

娯楽品編

ドイツは日本に比べると娯楽の施設は少ないように感じます。ドイツにはテーマパークなどの娯楽施設はあまり無く、ドイツ人は公園へのピクニックやサイクリングなど自然を満喫することを娯楽としているように思います。

そのため、様々な娯楽施設がある日本に慣れてしまっている方は最初は少々物足りないかもしません。そのような場合に、ちょっとした娯楽品を日本より持ち込まれることをおすすめします。

ドイツでは、なかなか日本の書籍を手に入れるのは難しいです。日本のコミュニティセンター、もしくはドイツの図書館で借りる、もしくはドイツの日本人が多く住んでいる都市まで足を運び購入する、などなど方法はありますが努力が必要です。

そのため、日本からいくつか本を持って来られることをおすすめします。

前述でもご紹介した通り、ドイツには緑いっぱいの公園がたくさんあります。お天気の良い日に、ランチとドリンクを片手に公園でゆっくりと読書というのも気持ちの良いものです。

そのようなドイツ流の休日を経験するために、いくつかの本を日本から持ってこられると良いでしょう。

Kindle

本好きな方にとってもおすすめなのが、Amazonより発売されているKindleです。

日本のアカウントを使ってドイツで電子書籍を購入することはもちろん可能なので、日本の活字に恋しくなった時にとってもおすすめです。

まだまだ電子書籍よりも紙の本が良い!という方はたくさんいらっしゃるかと思います。もちろん読書好きの方であれば、断然本そのものの方が良いかと思われるでしょう。しかし、Kindleには本とは異なる利点がたくさんあります。

日本から持って来た本を収納するための場所を確保する必要が無い、好きな本をドイツからいつでも購入可能、軽いので持ち運びが楽など、日本とは環境が異なったドイツで生活するということを念頭において考えると、Kindleにも良い点が見えてくると思います。

本か電子書籍か、ご自身にぴったりな方を選んでください。

Sponsored Link

勉強道具

ドイツで生活するのであれば、ドイツ語を多少なりともできた方がスムーズであり、また楽しいです。

ドイツは英語を話す方も比較的多いように思いますが、小規模の街に行くと英語はあまり通じないこともあります。またスーパーなども英語を話さない方もたくさんいます。

簡単なものでも日常会話のドイツ語を勉強すると、よりドイツの生活をエンジョイすることができるはずです。そのため、ドイツ語を勉強するための勉強道具も日本から持ち込まれることをおすすめします。

ドイツ語文法書(日本語)

日本語で解説されているドイツ語の文法書は日本でしか購入することができないため、持って来られた方が良いでしょう。

ドイツで購入できるドイツ語の文法書は、英語かドイツ語の解説です。外国語で文法書を勉強するともちろん力はつくので大変結構ですが、細かい文法のニュアンスなどを確認したい際は、日本語で解説されている文法書の方が理解が深まります。

また、ある程度ドイツ語が上達しても、あれ?あの文法は何だったっけ?と疑問に思うこともあり、確認用としても日本語解説の文法書は役に立ちます。

基本的且つ、初心者向けの文法書は1冊持っているととても役に立つので、日本から持って行かれると良いでしょう。

電子辞書

今は、翻訳アプリなどが多数あり、スマートフォンがあれば辞書はいらないと考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、やはりドイツ語を勉強するのであれば、電子辞書が一番です。ドイツ語は、日本語にくらべて文法が複雑であり、また日本語とは異なる表現も多々ある上、日本語では訳し方が異なる動詞も多いです。

そのため詳しく解説されている電子辞書がとても役に立ちます。

電子辞書であれば、基本的な言葉や動詞の意味、例文などが記載されてるのはもちろんですが、学習機能が非常に充実しています。

ネイティブの発音が聞ける機能や、自身の発音とネイティブの発音を聞き比べる学習コンテンツ、文法書なども収録されています。

筆者が使っている電子辞書はCASIO EX-wordのXD-U7100ですが、外国語はドイツ語の他、英和と和英も収録されているのでとても便利です。

文房具

最小限の文房具は日本から持って来られると、ドイツに来たての際、後々困りません。

ドイツにも質の良い文房具はたくさんありますが、デパートや文房具専門店に足を運ばなければならず、日本のように気軽に質の良い文房具を購入することは少々難しいです。

日本の100円ショップのようなお店はドイツにもありますが、質があまり良くなく、おすすめしません。

購入するのであれば、ドイツの名のあるブランドの物がおすすめですが、ドイツに来たての際は、わざわざ文房具を探しに歩き回るのはちょっと大変かと思います。

そのため、ペンやノート、メモ帳など使うことが予想される文房具は少し日本から持って行きましょう。

文房具については、「ドイツの文房具!お土産やおすすめ特集!」にてご紹介していますので、こちらもご参考ください。

Sponsored Link

その他

今までご紹介した物の他に、持ってきてよかったと感じたものを次にご紹介します。

こちらを忘れてしまうと少々ドイツでの生活が大変になりますので、是非持参されることをおすすめします。また、持ち込む際の注意点もお伝えします。

変換プラグ

ドイツのコンセントは、日本のコンセントと形状が異なります。

最近では、変圧器を通さずにそのままドイツで利用できる日本製の家電製品も増えていますが、そのままではコンセントの形状が違うため利用することができません。変換プラグが必要です。

特にスマートフォンやパソコンは、よくドイツに持ち込まれることが多い機器ですが変圧器は基本的に必要ありません。

そのまま使うことができて良かった良かった!とドイツ来て、コンセントに差し込もうとすると使えない!という状況になりがちです。充電器やパソコンのアダプタをドイツで購入することはできますが、すぐに使用できないと困りますよね。

そのため、変換プラグは必ず日本で購入して持参するようにしましょう。

変換プラグについては、「ドイツのコンセントプラグのタイプや形状は?変圧器の有無など詳しくご紹介!」にて詳しく記載していますので、よろしければご確認ください。

SIMフリースマホ

ドイツを始めとする海外でとっても便利なスマートフォン、現地の地図や情報を簡単に調べることができるので、スマートフォンを日本でもし利用されているのであれば、持参された方が良いでしょう。


ドイツではSIMフリーのスマートフォンが主流のため、どこの会社のSIMカードを購入しても基本的にすぐに使うことができます。日本のスマートフォンをそのまま利用することができるので、大変便利です。

しかし一つだけ気をつけなければいけないのは、ご自身のスマートフォンがSIMロックされていないかどうかです。

SIMロックとは、例えばdocomoで購入したスマートフォンを、Softbankなど他社のSIMカードを差し込んで使用することが出来ないようロックされることを指します。

日本のスマートフォンは、SIMロックがかかっている可能性が大いにあります。

ご自身が利用されているスマートフォンがSIMロックされていることを知らずにドイツへ持ち込み、利用しようとしても使えない場合がありますので、事前に利用されているスマートフォンがSIMフリーかどうかを確認しましょう。

SIMフリースマホについては次の記事で詳しく解説しています。

まとめ

以上が「ドイツ滞在・移住のために持ってきてよかったもの!日本人在住者へのお土産として喜ばれるもの!」です。

普段の日本の生活で当たり前に使っているけれど、無いと困る!という物はドイツに来てから初めて気がつくものです。また、日本では簡単に手に入ってもドイツでは中々手に入りにくいものもあります。

まずは、ドイツでご自身がどのような生活を行うかイメージされると良いでしょう。自炊をする機会が増えそうな場合は何か必要になるのか、会社や学校に毎日行く時にご自身がいつも使うものは何があるかなど、具体的に必要なものが浮かんでくるはずです。

皆さんのドイツ生活がよりよいものになるよう、本記事がお役に立てると幸いです。