ピックアップ
ハノイ中心部で観光を楽しみたい!ハノイ観光おすすめプラン基本コース

ハノイに観光に来たけどどこに行こうかまだ何も決めていないなら、まず旧市街に行きましょう。

旧市街はハノイの観光中心地で様々な魅力的の場所があります。でもしっかりプランを立てておかないと、道に迷って貴重な時間を無駄にしてしまったり、閉まっていて予定していた場所や店に行けなかったりすることになりかねません。

そこで今回は旧市街付近でホテルを借りた人に向けて、ハノイ中心部でで1日楽しめるプランを次のコースで紹介します。

10:00 ホアンキエム湖散策
11:30 ランチ
12:30-15:00

旧市街36番通りを観光、お土産探し

14:00 お茶
15:00 ドンスアン市場
18:00 ディナー
20:00 ナイトマーケット

この記事に書かれているとおりに観光するだけで、ホアンキエム湖周辺の有名な観光地や珍しいお土産、そして美味しいお店を把握することができます。

それぞれの観光地を簡単な歴史とともに解説しますので知らない人とは全く違う視点で観光を楽しめるようになります。

どうぞ最後までお読みください。

なおベトナムの歴史や文化を中心とした観光プランを楽しみたい方は「ベトナムの文化や歴史にふれる!ハノイ観光おすすめプランカルチャーコース」をお読みください。

10:00 ホアンキエム湖散策

ハノイ観光で宿泊をとるなならほとんどの場合、旧市街でとることになるはずです。ベトナムのホテルは三つ星以上のほとんどは朝食が無料でついてきますので、観光プランに朝食は必要ないでしょう。

朝食をゆっくりとったらハノイ観光の中心地であるホアンキエム湖にむかってください。

ホアンキエム湖はアクセスの良い場所にありますので、みなさんがどの場所でホテルをとっていたとしても行きやすいはずです。

ホアンキエム湖の周りは遊歩道になっていて一周約1.8キロありますので、歩いて40〜60分ほどかかります。歩きながらもいろいろな魅力的なスポットやおしゃれな店があり、1時間〜2時間は十分に楽しむことができるでしょう。

ホアンキエム湖南東部からスタート

ホアンキエム湖南東部は、高級百貨店Trang Tien PLAZA(チャンティエンプラザ)とベトナムハノイ1号店のマグドナルドがあります。

もちろんスタート場所はどこでもいいのですが、目印としていい場所なのでどこからスタートするか迷った方はここから始めましょう。

そのまま時計回りに歩くと、遊歩道には音楽を演奏している人や小物を売ってくる人などベトナムならではの雰囲気を味わえます。

見所1 ホアンキエム湖の名前の由来となっている「亀の塔」

ホアンキエム湖を歩くと最初に湖の真ん中に小さな塔を発見するでしょう。その塔は「亀の塔」と呼ばれていて名前の由来は15世紀まで遡ります。

当時ベトナムは中国の明に支配されていましたが、ベトナム人レ・ロイが湖の宝剣を授かり明の駆逐に成功。戦が終わりしばらくすると湖から神の使いである大亀が現れレ・ロイから宝剣を預かりました。大亀はそのまま湖の底に宝剣を持ち帰ったようです。

このような伝説から宝剣を扱った湖はホアンキエム(Hoàn Kiếm還剣)と呼ばれるようになりました。興味深いことにベトナム語は中国から来ていて、現在でもベトナム語の8割は漢字で表記することができます。このように亀の塔はホアンキエム湖の伝説の象徴ともいえる建物なのです。

ちなみにホアンキエム湖には実際 2メートル近い大亀が4匹生息しているのが確認されていましたが 、残念なことに2016年1月に体長 185センチもあった最後の4匹目の死亡が発見されて以来、ホアンキエム湖には大亀がいなくなってしまったようです。

見所 2 写真スポット!「ドンキンギアトゥック広場」

ホアンキエム湖をしばらく歩くとおしゃれなカフェやアイスクリーム屋さんなどがたくさんあります。

そしてホアンキエム湖北西部にあるドンキンギアトゥック広場は観光スポットとして度々雑誌やネットで紹介されている場所です。特にドンキンギアトゥック広場から写した 6階建てのビルの写真はハノイに関心がある方なら誰でも一度は見たことがあるスポットです。

ビルの最上階の AVALON BBQ gardenのテラス席ではホアンキエム湖を一望できます。お茶だけでも飲むことができますので疲れたらここ休憩してみてください。

またドンキンギアトゥック広場から西側に少し歩くと老舗の喫茶店カフェ・フォー・コーがあります。こちらではベトナムコーヒーやシントーはもちろんですが、おすすめはハノイ発祥のエッグコーヒーです。苦いベトナムコーヒーとふんわり甘い卵のホイップが絶妙です。

最上階は屋上となっていて、ここからもホアンキエム湖を一望することができます。

名称:Cafe Pho Co(カフェ・フォー・コー)

住所:11 Hàng Gai, Hàng Trống, Hoàn Kiếm, Hà Nội

営業時間8:00-23:00 

見所 3 三国志ファン必見?大亀や歴史の偉人が祀られている玉山洞

ホアンキエム湖の北東側まで歩くと、観光名所玉山洞があります。ここはチケット制で1人30,000ドン(約150円)です。朱色鮮やかなフーテック橋を渡った先にある小さな島に建てられているのが玉山洞です。

ここではホアンキエム湖で1968年に捕獲された大亀の剥製(先ほど紹介したレ・ロイの宝剣をあずかったとされる伝説の大亀?)を始めとして、ベトナム人最強の戦士チャン・フン・ダオ(西暦1257年モンゴルの軍を破り追撃するまで大勝した)、文学の神文昌帝君、医学の神呂祖そして三国志の関羽雲長が赤兎馬と共に祀られています。

ちなみになぜ中国の関羽将軍がベトナムで祀られているかというと、関羽は忠義の将軍として道教の神として信仰されているからです。そのベトナムの華僑が信仰していた道教がベトナムにも伝わっています。そんな歴史に想いを馳せなが玉山洞を見学してみてください。

水上人形劇のチケットや電動自動車も

ホアンキエム湖の北東部には有名なタンロン水上人形劇場がありますので、興味がある方はここでチケットを買っておいてください。また旧市街各所を案内してくれる電気自動車もホアンキエム湖の北東部にで予約できる場所があります。

見所 4 道ゆく人を楽しむ

玉山洞を過ぎたら最初の地点ホアンキエム湖南東部までゆっくり歩きましょう。道を歩きながら音楽を演奏している人、似顔絵を描いてくれる人、靴磨きの人、日本語を勉強している学生バックパッカーの欧米人など様々な人に会うことができます。

観光地なのほかと比べて少し値段は高いですが、靴磨きや似顔絵は日本と比べるとありえない安さなので旅の思い出にお願いしてみるのもいいかもしれません。

Sponsored Link

11:30  ランチ

ホアンキエム湖周辺にはベトナムならではのお店がたくさんありますので、そのいくつかを紹介します。

  • ベトナム風つけ麺「ブンチャー」
  • ターメリックで味付けした魚の「チャーカー」
  • ベトナム風うどん「フォー」
  • ベトナム風フランスパンのサンドイッチ「バインミー」
  • ドローカルのベトナム料理ビッフェ「コムビンザン」

ここで紹介する店はどれも旧市街から徒歩で行くことができます。料理や店の場所など詳しい情報は「これだけは行っておきたい!ハノイ旧市街周辺のおすすめランチ・ディナー」で紹介していますのでこちらを参考にしてください。

12:30-15:00 旧市街36番通り

ハノイの旧市街とはホアンキエム湖北側に広がるエリアで、ハノイ市内の最も大きな規模の観光地といえるでしょう。

ザ・ハノイを思う存分味わいたいなら旧市街をおすすめしますが、全てを見たいなら1日、2日では回りきれません。

そこでここでは旧市街の中で日本人に特に好まれる通りを紹介します。後ほど紹介するドンスアン市場までルート順に紹介しますので、特に旧市街のここというところに行きたいのがないのであれば紹介する順番通りに行くことをおすすめします。

ホアンキエム湖西側から教会通り(Duong Nha Tho)

ホアンキエム湖西側からハンチョン通り(Hang Trong)を歩き左を曲がって教会通り(Nha Tho)に進んでください。

ハンチョン通りにはいきなり日本人女子に人気の可愛いお土産屋さんが並んでいますので、早速ここで時間をかけてしまうかもしれません。

また左側にはIntimexというスーパーがありますがここでバラマキ用のお土産を買うことができます。ここで買い過ぎると後で歩くのが大変になりますので、まずどんなものが売っているかをチェックしたり気になる商品と値段を写真にとるようにしてください。

教会通りにもお土産屋さんはたくさんあります。またスターバックスをはじめとしておしゃれなカフェもたくさんあります。

そして正面には大教会(聖ヨセフ大聖堂)があります。この教会はベトナムがフランスの植民地下にあった19世紀に建設された歴史ある建物。ここだけを見るとまるでヨーロッパにいるかのような不思議な気持ちになりますが、それほど荘厳な建物です。

ベトナムは仏教国、あるいは無宗教の国として知られていますが、実は東南アジアの中ではフィリピンに次いでキリスト教徒が多い国なんですが、この教会を見れば皆さんもそれも納得されるかと思います。

ニャーチュン通りからリーコック通り(Duong Nha Chung -Duong Ly Quoc Su)

聖ヨセフ大聖堂についたらニャーチュン通り( Nha Chung)を左に曲がって、Ajisai(アジサイ)という店に入りその後Uターンしてリーコックスー通り(Ly Quoc Su)へ進んでください。

Ajisaiとは日本人向けのおみやげ屋さんでベトナム中のお土産を日本人の好みに合わせて提供されています。お土産の中には次のようなものがあります。

  • ベトナムの伝統工芸品バッチャン焼き
  • ベトナム素材の高級石鹸AZIAL
  • 世界が認めたmarouチョコレート
  • おしゃれなバックやポーチ
  • おしゃれなパッケージのお菓子やコーヒー

また2階にはコーヒー緑茶、にんじんウーロン茶など20種類以上あるベトナムのお茶試飲コーナーがあります。日本語堪能のスタッフがそれぞれのお茶の最適な温度でその場で淹れてくれますのでびっくりするほど美味しくいただけます。試飲だけでも歓迎されますので気軽にご利用ください。

3階はツアーラウンジとなっていて各種ツアーの予約や相談からスパ、シクロ、お食事の予約など幅広いサービスがあります。またベトナムの伝統衣装アオザイのレンタル(有料)もできますので、これからの旧市街観光をアオザイでしてみるのもおすすめです。

Ajisaiのスタッフは皆日本語が堪能ですので、旅の骨休みにもぜひおすすめです。

名称: Ajisai(アジサイ)ハノイ大教会前店

住所:8 Nhà Chung, Hàng Trống, Hoàn Kiếm, Hà Nội

営業時間:9:00-20:00

HP(日本語):http://www.ajisai.vn/

ハンガイ通りからドンスアン通り(Duong Han Gai -Duong Don Xuan)

シルク製品や民族雑貨のお店が並ぶハンガイ通り(Han Gai)からトーテック通り(To Tich)を通ったら、後ほど紹介する南国フルーツとかき氷のホアクアザムの店がいくつかありますのでここで休憩してください。

トーテック通り(To Tich)を抜けると別名「ハンコ通り」のハンクアット通り(Hang Quat)です。ここではハンコを手作りで作ってくれますので、日本人旅行客に人気です。スタッフには日本語が喋れる人もたくさんいます。好みのサイズやデザイン、材料を選んだらその場で作ってくれます。

ハンクアット通り(Hang Quat)を抜けると別名「アオザイ通り」のルオンバンカン通り(Luong Van Can)です。ここではアオザイをオーダーメイドできますので、気になる方は帰国前に受け取れるよう旅行の早いうちに予約をしておいてください。ルオンバンカン通り(Luong Van Can)を抜けたらそのままドンスアン通り(Dong Xuan)を目指してください。

14:00 お茶

旧市街には外国人に人気のおしゃれなカフェや歴史を感じる老舗のカフェ、またベトナムならではの小さなプラスチックの椅子でお茶を飲む路上カフェなど非常にたくさんあります。

その中でもぜひ行って欲しいのがホアクアザムの店Trang Tri(チャンチー)です。ホアクアザムとはハノイ名物でコンデンスミルクの上にマンゴーやドリアン、ドラゴンフルーツなど日本では珍しい新鮮な南国フルーツ、そしてかき氷が入ったベトナムスイーツです。

東南アジアでかき氷と聞くと少し心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、ベトナムは観光地では水や氷はミネラルウォーターを使っていますので心配要りませんが、氷は別で提供されますので気になる方は氷を入れないでフルーツだけを楽しんでください。

名称:Trang Tri(チャンチー)

住所:46 Hàng Gài, Hoàn Kiếm, Hà Nội

営業時間:10:00-22:00

値段:1杯20,000ドンから40,000ドン(100円〜200円)

おすすめ商品:フルーツの種類を選ぶことができますが、おすすめは 約 10種類のトロピカルフルーツが入ったタップカム(Tạp Cảm)です。

ベトナム風ぜんざいのチェーが食べたいなら下記がおすすめです。

名称:Che Bon Mua(チェー ボンムア)

住所:46 Hàng Cân, Hàng Bồ , Hoàn Kiếm, Hà Nội

営業時間:9:00-18:00

値段:1杯20,000ドンから40,000ドン(100円〜200円)

おすすめ商品:チェーも混ぜこぜのタップカム(Tạp Cảm)があります。

15:00 ドンスアン市場 

ドンスアン通りを通れば、ハノイの台所ドンスアン市場です。ここではベトナムの生活雑貨、衣類、食料品などベトナム人の生活を支えるものがなんでも売っていますが、お土産として買えるベトナム雑貨やナッツ類も充実しています。

敷地内だけでなく周りの路上も興味深いお店がたくさんあります。ドンスアン市場の裏側も忘れずに行ってみてください。とにかく広い敷地なので迷わないよう十分注意してください。

ドンスアン市場はネットや旅行雑誌では 18:00までと紹介されていますが、実際は 17:00にはほとんどの店が閉めています。また 12:00〜 14:00は昼ごはんを食べたりお昼寝したりしていますので、ゆっくり観光したい方は午前中か午後 15:00までに来てください。

市場では値札はほとんどついていませんので交渉制となります。外国人だとわかると高音をふっかけてくることがありますが、値下げ交渉もまた旅のいい思い出となります。

Sponsored Link

18:00 ディナー

旧市街にはおしゃれなディナーを食べられるところがたくさんあります。ランチで紹介した店に行ってもいいのですが、ここでは旧市街周辺で食べられる少しゆっくりできるレストランを紹介します。

  • 上品なベトナム料理を食べたいなら Duong’s Restaurant(ドゥンズ レストラン)
  • ベトナム全国の料理を食べたいならQuan An Ngon(クアンアンゴン)
  • ベトナム料理に飽きたら  Pizza 4P's(ピザフォーピース)
  • ハノイ風居酒屋Bia Hoi(ビアホイ)

それぞれの店にはそれぞれの良さがあります。料理や店の場所など詳しい情報は「これだけは行っておきたい!ハノイ旧市街周辺のおすすめランチ・ディナー」で紹介していますのでこちらを参考にしてください。

19:30  ナイトマーケット

夕飯を食べた後、金〜日の3日間なら19:00ー21:00くらいまでナイトマーケットがありますのでぜひ顔を出してみてください。

ハノイのナイトマーケットは、ハンダオ通り(Hàng Đào)がからドンスアン市場くらいまでの約1km続いていて、この期間は数百もの屋台が並ぶ歩行者天国となっています。

お土産として買えるベトナムTシャツ、カゴバック、サンダル、靴などが所狭しと並んでいます。全部を回り切るといくら時間があっても足りないと感じるかもしれませんが大体似たような商品が並んでいますので、30分もあれば十分でしょう。

いろんな意味でベトナムらしさを味わえるのがこのハノイのナイトマーケットです。

旅の疲れにマッサージもおすすめ

せっかくベトナムに来たならマッサージも忘れないで体験してください。ベトナムのマッサージはコスパが高くクオリティも高いので、満足されること間違いなしです。

ベトナムのマッサージ店やスパについての詳しい情報は、「旅の疲れを癒そう!ハノイで絶対行きたいスパ・マッサージ店5選」で紹介していますので、あわせてお読みください。

ハノイの観光おすすめプラン基本コース まとめ

今回はハノイの観光おすすめプラン基本コースとして、ホアンキエム湖散策からナイトマーケットのプランを紹介しました。

旧市街は1000年の歴史を持つ由緒ある町です。ただ観光するだけでも十分楽しめますが、簡単でもこの街の歴史を知りしっかりとしたプランを立てておけばハノイ観光を120%楽しむことができます。

この記事が皆さんの観光に役立てることを心より願っております。

  • ハノイ郊外のバッチャン村観光については「ハノイ観光半日プランならバッチャン村のバッチャン焼きがおすすめ!

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。