1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポールで外国企業として登録する
Sponsored Link

シンガポールで外国企業として登録する

シンガポールの会社法は、

外国の企業に関しては一部を除き適用されません。

どのような場合に、会社法が適用されるのでしょうか。

 

Sponsored Link




現地法人を設立しない場合の会社登録

外国の企業がシンガポールにおいて事業活動を行いながらも

シンガポール現地法人を設立しない場合は、

シンガポールの会計企業規制庁に対して書類を提出して

正式に登録する必要があります。

 

この場合の、シンガポールにおける事業活動とは、

シンガポールに所有する財産を管理する行為とも言い換えられます。

ですが、2014年に議会を通過した「改正後会社法」においては

シンガポールに所有する財産を管理する行為以外にも

「営利活動」「事業活動」とみなされる行為が指定されています。

 

改正後会社法における事業活動の定義

何を持って事業活動としているとみなすかは、

非常に難しい問題でもあります。

ですが、次の行為においては改正後会社法においても

事業活動の定義の中には入りません

 

・シンガポールにおいて、株主総会や取締役会などを開催する行為

・シンガポールにおいて、銀行や証券の口座を開設する行為

・シンガポールにおいて、裁判の当事者になったり、

 仲裁者として関わったりする行為

・シンガポールにある業者を通して、販売等にかかわる行為

・シンガポール国外で拘束力のある契約を、

 シンガポール国内で締結する行為

・シンガポールにある不動産や動産を担保として設定する行為

・シンガポールにおいて、債務と関わる書類や証拠を作成する行為

・シンガポールにおいて、担保権を実行する行為

・シンガポールにおいて、債権を回収する行為

・シンガポールにおいて31日以内に

 全てが完結する反復されない取り引きをする行為

・シンガポールに投資行為を行うこと

・シンガポールに財産保有をする行為

・シンガポールに株式を移転させる事務所を設立する行為

・シンガポールに株式の名簿にかかわる事務所を設立する行為

・シンガポールの通貨監督局の承認を受けた関連会社を通して

 取り引きをする行為

 

上記の行為に当てはまらない事業活動を行った場合には、

会社や会社の役員に対して1000シンガポールドル以下の

罰金等が科せられます。

 

Sponsored Link




現地代表者を選任する

外国の企業としてシンガポール国内で事業活動を行う場合は、

現地の代表者を選ぶ必要があります。

現地代表者は改正後会社法においては1人以上必要で、

シンガポールに居住する人であるべきです。

 

事務所を設置する

外国の企業がシンガポールで事業活動を行う場合、

シンガポール国内に事務所を設置する必要があります。

この事務はだれでも営業日の9時から15時の間、

アクセス可能であることが条件として課せられます。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールの会社における「会計監査人」について

  • シンガポールの会社における「少数株主権」について

  • シンガポールにおける法律について

  • シンガポールでの取締役会について

  • シンガポールでの銀行口座開設について

  • シンガポールの「駐在員事務所の機能」について