1. TOP
  2. シンガポール 生活
  3. シンガポールの銀行口座開設・解約・利用方法について
Sponsored Link

シンガポールの銀行口座開設・解約・利用方法について

「シンガポールで銀行口座を作って利用したいけど、海外で銀行を使ったことがない…」

赴任などでシンガポールに到着したらすぐに必要になるのが銀行口座です。

各種支払いや新規のクレジットカードを作るには銀行口座がないと何も始まりません。

シンガポールでの生活基盤を整えるためにも早急に銀行口座を開設する必要があります。

そこで今回はシンガポールの銀行、また口座やシンガポールにて行われている支払い方法などについてもお伝えしたいと思います。




Sponsored Link

Contents

シンガポールで銀行口座を開設するメリット

シンガポールで生活する人にとって、銀行口座を開設すると様々なメリットがあります。

シンガポールで銀行口座があれば、シンガポールでの生活の質は向上し、お金を効率よく貯めることができ、小切手、NETS、クレジットカードなどを利用することができます。

これらのメリットとは別に、シンガポールで銀行口座を開設することは日本と同様の、あるいは日本にはないメリットさえあります。

Sponsored Link




シンガポールで銀行口座を開設するメリット①オンラインで手続きできる

シンガポールでは銀行の取り引きや、税金、その他の手続きも、日本以上にオンライン化が進んでいます。

ですから、シンガポールに銀行口座を開設しても、開設時のみシンガポールに行けば、後はシンガポールまで出向かずに税金を支払ったり、資金を移動させたりすることが可能です。

また日本ではあまり一般的ではありませんが、ここシンガポールでは小切手払いやキャッシュレスで支払いをするNETSが主流です。

こういったことからも、銀行口座がないことには非常に不便極まりないのです。

治安の良さからかシンガポールの銀行のATMは各MRTの駅には必ずと言っていいほど設置されているのを見かけますし、ショッピングモールや観光施設など、いたるところで利用することができます。

そして24時間年中無休で稼働していますし、日本のように時間外の引き出し手数料がかからないので、気軽に利用することができます。

シンガポールの銀行口座は、日本の銀行口座と同様にオンラインでのバンクシステムがありますので、自宅に居ながらにして支払いや振り込み、残高確認など利用することができます。

IMG_4103

シンガポールで銀行口座を開設するメリット②有名と安全性

シンガポールの銀行の資産規模は、世界でも認められている有数の資産規模なので安全です。

「海外の銀行に預けるのはなんとなく不安…」という人もいらっしゃるかもしれませんが、実はシンガポールの銀行はある意味日本の銀行よりも安全と言えます。

ブルームバーグ社発表の「世界で最強の銀行ランキング」からその点を確証していきましょう。

※資産額が1,000億米ドル(約8兆550億円)超の銀行70行について、中核資本比率/不良債権比率/貸し出しに対する預金準備/経営の効率/ を調査し、健全性を点数化しています。

  1. Hang Seng Bank (Hong Kong)
  2. 農林中央金庫 (Japan)
  3. Oversea-Chinese Banking (Singapore)
  4. National Commercial Bank (Saudi Arabia)
  5. Desjardins Group (Canada)
  6. Capital One Financial (U.S.)
  7. Qatar National Bank (Qatar)
  8. OP Financial Group (Finland)
  9. DBS Group Holdings (Singapore)
  10. United Overseas Bank (Singapore)

このように、TOP 10の中に日本の銀行が1つしかランクインしていないのに対し、シンガポールの銀行は3つもランクインしています。

これはシンガポールの銀行を監督するMAS:シンガポール金融管理庁(中央銀行)が、資産の質、弁済能力、自己資本比率などに関して厳しい基準を設定しているためです。

その設定された基準をクリアした結果、日本の銀行やアメリカの大手銀行よりもより高い安全性を実現しています。

IMG_4003

シンガポールで銀行口座を開設するメリット③金利が高く課税されない

シンガポールの銀行でお金を預ければ利子が3%を超すこともある上に、利子に税金がかかりません。利息はそのまま口座に振り込まれます。

また、シンガポールで開設する銀行口座において、株式の取り引きなどの金融商品を取り扱う場合でも、取り引きにより差益が生じても課税されませんので、利益をそのまま手にすることが可能になります。

一方日本の銀行は利子が0.01%以下というところもザラで、わずかについたりしにさらに課税されてしまいます。

このようにシンガポールの銀行は、日本の銀行に預けるよりも効率よく資産を増やすことができます。

シンガポールで銀行口座を開設するメリット④世界的規模の銀行が多い

シンガポールの銀行はHSBCなど世界的規模を誇る銀行がたくさんあります。

日本はもちろん世界中に支店がありますので、何かあったときにもシンガポールまでいかなくとも対応ができます。

通貨別のキャッシュカードなどを発行する銀行もあり、日本円で引き出したり入金したりもスムーズに行えます。

さらにシンガポールでは英語が公用語ですので、ネットバンキングも、その他の手続きも全て英語で行うことができます

言葉に不自由や不安を感じないのも、シンガポールに銀行口座を開設するメリットと言えるでしょう。

シンガポールで銀行口座を開設するメリット⑤金融商品が豊富

シンガポール市場には、世界的な水準での豊富な金融商品が集まっていますす。

豊富な金融商品から資産を形成する商品を選択し、キャピタルゲイン課税を気にせずに取り引きを行うことができます。

日本ではキャピタルゲインに関しては最高40%の課税が行われますので、シンガポールに口座を開設することのメリットは大きいと言えます。

Sponsored Link




シンガポールでの銀行口座の開設や解約の仕方

シンガポールの銀行で口座を開設や解約をするときに必要な手順と、必要な書類についてお伝えします。

シンガポールの銀行口座の種類

シンガポールでの銀行口座の種類を選ぶのは、銀行口座の用途が日本とは変わってくると思いますので、メインの口座として選ぶ口座の種類も変わってきます。

「Saving」や「Current(Checking)」といった銀行口座の種類がありますが、シンガポールでは支払いの時に小切手を使うことがありますので、メインの口座は「Current」を選択してください。

「Saving」の口座は第二の口座として持つ程度で十分です。

  • 当座預金(Current Account)

小切手使用の際に使う口座。利子はつかない。

銀行によっては商品として、”利子がつく当座預金口座”も用意している。

  • 普通預金(Saving Account)

利子がつく口座。

  • 定期預金(Fixed Deposit Account)

日本の定期預金とほぼ同じ用途。金利は高いが、一定期間は引き出しができない。

シンガポールで銀行口座を開設するための必要書類

銀行口座を開設する場合は、現地で銀行口座開設するのが原則となります。銀行の支店に出向く必要がある場合と郵送にて口座が開設できる場合があります。

支店に出向いて銀行口座を開設する場合においても郵送にて口座を開設する場合においても必要な書類はほぼ同じです。

      • パスポート
      • Proof of Address(居住証明書)もしくは、Employment Pass(もしくはDPやStudent’s Passなどの長期滞在ビザ)
    • 預金最低金額以上の現金(T/Cも可)

預金最低金額は各銀行や口座の種類によって違うので、必ず各銀行のHPや窓口にて確認してください。

現地でStudent’s Passを申請する人は、申請前に入学許可書とパスポートを持って口座を開いた後にビザ申請をしたほうがいいかもしれません。

シンガポールの銀行口座を開設するには、シンガポールでの居住証明か起業証明がないと開設できません。

オフショア口座であれば開設できる銀行がいくつかあるようですが、現在のシンガポールの法律では本人か代理人が支店に口座開設の申請のため行かなくてはなりません。

また、日本の銀行口座ではあまり聞くことはないかもしれませんが、シンガポールの銀行口座開設時には銀行や口座の種類によって、最低預金金額が不足すると毎月数ドルの口座管理料を取られることがあります。

それぞれの銀行や口座種類により違いがありますが最低預金金額はおおむね$500~$3000です。

シンガポールの銀行口座開設手続きの手順

シンガポールの銀行ならどこでも次のようなステップに従えば、銀行口座を開設することができます。

  1. 各銀行の支店にて新規口座開設の旨を伝える。
  2. 番号札をもらう。
  3. 口座申請書をもらって記入する。(印鑑は必要ありません。サインは慣れたものをお勧めします。)
  4. キャッシュカードの暗証番号を決める(数字5桁、または6桁)。
  5. ATMで1日に引出せる金額の上限を決める。

殆どの場合、即日キャッシュカードを受け取ることができます。また小切手は2,3週間後に郵送にて送られてきます。

シンガポールでの銀行口座解約時について

シンガポールで銀行口座を開設したなら、口座を解約するときもやってきます。

銀行口座の解約手続きについては、各銀行によっても変わってくると思いますが、所定の口座解約申請書を提出し、口座を解約することとなります。

残高については、様々な対処方法があります。日本の銀行口座を指定すれば送金してもらうこともできます。

その場合は、送金依頼書もあわせて提出する必要があります。

法人としてシンガポールで銀行口座を開設する方法

シンガポールで会社を設立し事業を展開していく場合に、シンガポール国内に銀行口座開設を行うことは、まず最初にしなくてはならない業務の一つと言えるでしょう。

シンガポールで法人として、以下の3つの形態の銀行口座開設を行う方法について解説します。

      • 独立した会社として口座開設する
    • シンガポール支店として開設する
    • 駐在員事務所として口座開設する

独立した会社として口座開設をする

シンガポールに独立した会社を設立しシンガポール国内に銀行口座開設を行う場合には、次のような書類が必要となります。

    • 会社の定款の写しと会社の設立証明書の写し
      • 取締役がシンガポールの法律に従うことを宣誓した書類の写し
    • 取締役会の議事録
    • シンガポールに銀行口座開設をした場合の小切手を利用する際の署名の権限を有する取締役のパスポートの写し

シンガポールではビジネスの際に取り引き会社などと小切手で金銭の授受を行うことが多いので、小切手を使用する際の署名を定めておく必要があります。

この権限を有するのは主に取締役などの役員に限られますが日本在住の役員に指定してしまうと、金銭の授受の度に日本に小切手を郵送して署名するという作業が必要になり、ビジネスに支障をきたすことになりかねません。

シンガポールに設立する会社に在籍する取締役の署名を登録しておく必要があると言えるでしょう。

シンガポール支店として口座開設をする

シンガポール支店としてシンガポール国内に銀行口座開設をする場合には、次のような書類が必要となります。

    • 日本の本社の定款と登記簿謄本
    • 上記の英訳された文書
      • シンガポール支店の支店長に対する業務の委任状
    • シンガポール支店の支店登録証明書の写し
    • 日本の本社の取締役の一覧表の写し

この中でもシンガポール支店の支店登録証はシンガポール支店を開設した後にシンガポール企業会計規制庁から交付されますので、支店開設前には銀行側に渡すことはできません。

駐在員事務所として口座開設をする

シンガポールに駐在員事務所として法人を設立した場合、次のような書類が必要となります。

    • 日本の本社の定款と登記簿謄本
    • 上記の英訳された文書
      • シンガポールの駐在員に対する日本本社からの委任状
    • シンガポール国際企業庁の設立許可証
    • 日本の本社の取締役の一覧の写し

シンガポールの現地の銀行に口座を開設する場合にも、日系銀行のシンガポール支店に銀行口座を開設する場合にも、グローバルバンクに銀行口座開設する場合でも必要な書類はほぼ同様です。

シンガポールでの銀行口座開設した後

シンガポールの銀行口座の開設手続きが完了すると、ほとんどの場合が即日開設となります。

口座キャッシュカードの暗証番号を設定し、インターネットバンキングのトークン(小さい電卓型のようなもの)を受け取り完了となります。

月間の平均残高が最低預金金額を下回ってしまうと、口座管理手数料を取られてしまいます。

預け入れは預け入れ専用のATMがあります。

IMG_1789

シンガポールのATMについて

シンガポールのATMが非常に便利な理由は、24時間稼動していて引き下ろすときに時間外手数料などがかからないこと、そして現金を引き下ろす時と預け入れる時ではATMの機械の種類が違うところです。

預け入れ用の機械は引き下ろし用のATMよりも設置数が少ないです。設置されている場所を把握しておくと便利です。

画面は英語表示ですが、暗証番号、金額を入力するだけなので、日本のATMとさほど違いはないので難しくありません。

銀行によっても違うのですが、ATMで現金を引き出した時に出てくるのは$50札や$10札が主流です。

これらのお札のほうが使い勝手いいのも確かです。

シンガポールにて銀行口座を開設する際に、一日に引き出せる上限金額を決めるかと思いますが、これを超える金額の物を購入するためには数日間に分けて現金を引き出す必要が出てきます。

こういった場合はクレジットカードを使って購入する必要がでてきます。

これらの理由を背景にキャッシュレスでの支払いシステム「NETS」が進んでいるように思います。

シンガポールでのキャッシュレス支払い「NETS」について

シンガポールではキャッシュカードを使ったキャッシュレス支払いシステムで買い物の支払いを済ませることができます。それが「NETS」です。

日本ではデビットカードというと利用勝手がお分かりいただけると思います。

シンガポールでのほとんどのお店で利用することができるこの「NETS」。

シンガポールのお店で支払いを済ませるときに店員さんに「NETS」で支払いをしたい旨を伝えます。

その後キャッシュカードを渡し、暗証番号を入力すれば支払いは完了です。

支払う金額はリアルタイムで銀行口座から引き落としされるシステムとなっています。

また、銀行口座開設時に設定した一日に引出せる上限金額を超える買い物をする際は、クレジットカードを併用する必要があります。

GIRO(口座自動引落し)

公共料金や家賃などの毎月支払いが必要なものは、銀行でGIROを申請すれば大丈夫です。

手続き自体も簡単です。

申請書に記入して提出するか、もしくは郵送すると、2~4週間程度で引き落としが開始されます。

シンガポールでは小切手の利用頻度が多い

公共料金や日々の買い物、学費の支払いなど、さまざまな支払いの際に非常によく使われる支払い方法です。

シンガポールで小切手用の銀行口座を開設した場合は、後日、郵送にて小切手帳が送られてきます。この小切手帳については大切に管理してください。

日本人は小切手による支払いに慣れていないので最初はとまどいますが、宛名、金額、日付、サインを書くだけです。

なお、金額は数字のみではなく英語の大文字アルファベットでも記入する必要があります。日付は、月/日/年 の順番で書きます。

書き損ねた場合は、訂正線を入れてサイン(訂正印のようなもの)をするだけで大丈夫です。

しかし、金額の訂正はできません。金額を書き損ねたときには、その小切手に大きく”VOID”と記しておく必要があります。

小切手の盗難防止策

シンガポールでは、小切手を利用した犯罪も増えていますので、次の二つの対策をしておきましょう。

一つ目は小切手の左上に斜めの二本線を引く。こうすることにより現金化ができなくなり、口座振り込みによる換金方法が選択肢と残されます。

もう一つ対策としては、小切手のBearer(持参人)の文字を線を引いて削除することにより、Payee(名宛人)のみが受け取ることができるようになります。

この二つの対策をすることにより、小切手の額面の金額が名宛人の口座に振り込みされることになります。

シンガポールで小切手を受け取った場合

日本で小切手を受け取る機会はあまりないことだと思いますが、ここシンガポールでは現金ではなく小切手を受け取ることがあります。

この受け取った小切手は換金する必要があります。

こういった場合は、自分の口座がある銀行やATMの脇にある小切手専用のBOXに小切手を入れるだけ。

でもその前に小切手の裏側に口座番号、名前、携帯番号を記入してサインをすることをお忘れなく。

もちろん銀行の支店の窓口においても換金することが可能です。

その場合は身分証明書などの提示が必要になったり、口座振り込みのみ指定している小切手の換金はできませんので注意が必要です。

IMG_3991

シンガポールのクレジットカード

キャッシュレス市場のシンガポール。NETSもかなり普及していますが、クレジットカードの普及も素晴らしいです。

街角のフルーツスタンドなどではさすがに使えませんが、ショッピングモールに入っている店舗など、たいていの店舗でクレジットカードによる支払いが可能です。

コーヒー一杯もクレジットカードで支払いできます。

各銀行で様々なプロモーションをしていたり、航空会社のマイルなどのポイント特典などと提携しているクレジットカードがあります。

それぞれのクレジットカードで審査基準が変わってきますので、それぞれの用途と審査基準に合ったクレジットカードを選んで下さい。

このクレジットカードの利用金額の支払い方法については、GIROを申し込んでいる場合は自動引き落としされます。

GIROの申し込みをしていないようであれば、インターネットバンキングにて振り込みの必要があります。

3 governent house

 シンガポールの預金通帳について

シンガポールの銀行口座の預金通帳は、日本とは違って発行されません。毎月一回、口座の明細書が郵送されてきます。

一年に一度税務申告がありますが、12月の年間利子が記入されている明細が必要になりますので保管しておくことをお勧めします。会社より提出を求められることがあります。

シンガポールのインターネット・バンキングについて

預金通帳がないため、インターネットバンキングを上手に利用すると便利です。口座開設時に受け取ったトークンを使いログインします。

口座残高の確認だけでなく、公共料金の支払い、振り込み、送金などすることができます。




シンガポールの銀行の種類と手数料について

シンガポールの主な各銀行についてお伝えします。詳細については各銀行のHPなどで確認してください。

UOB: United Overseas Bank 大華銀行】

http://www.uob.com.sg/assets/pdf/deposits/fees_and_charges.pdf

UOBはシンガポール市場から海外に進出した銀行で、アジアを中心とした19カ国で展開中しています。

シンガポールでかなりメジャーな銀行です。

概要はDBSと概ね同じですが、EPやSPassを持っていると優遇されるようです。PR保持者の口座最低貯蓄額は$500となっています。

ただDBSに比べるとATMの数が少ないようです。口座のプランによっては口座維持費用がかからないものもあります。

口座最低貯蓄額: a) シンガポール人及び PR保持者: S$ 500

                             b) その他: S$ 1,000

月々の口座維持手数料:S$ 2 (平均残高が S$500 に満たない場合)

振込手数料:銀行での支払い、インターネットバンキングともに無料 (同一銀行、別銀行問わず)

振込最低金額:なし

DBS: Development Bank of Singapore シンガポール開発銀行】

https://www.dbs.com.sg/iwov-resources/pdf/deposits/DBS_deposit_guide.pdf

DBSは政府系投資会社のテマセクが親会社です。

シンガポール国内で最大の規模を誇るこちらの銀行は、同時に東南アジアを始めとするアジア全体に経営展開をしている巨大銀行でもあります。

支店、ATMの台数ともにシンガポールでNo.1。このDBSのATMはほんとうによく見かけます。使い勝手も良く、利率も日本とは比べ物にならないほど良いと評判です。

銀行口座の開設にあたっては、シンガポールでの住所証明書等が必要になり、年齢制限はともかく口座残高が日割り計算で最低$3,000ないと口座維持費用(月額$5)がかかりますので注意が必要です。

その他多くのバンキングプランがありますので自分に合った口座はどれになるのかHPでチェックしてみて下さい。

口座最低貯蓄額:なし

口座維持手数料:S$ 5 (平均残高が S$3,000 未満の場合)

振込手数料: a) 銀行での支払い

                                – 同一銀行: 無料

                                 – 別銀行: S$ 20

                   b) インターネットバンキング (同一銀行、別銀行問わず) : 無料

振込最低金額:なし

POSBPost Office Saving Bank 元郵便貯金銀行】

http://www.posb.com.sg/personal/default.page

1998年にDBSにより買収されました。

DBS銀行が提供する消費者向け銀行サービスのブランドとして郵貯時代を引き継ぎ、低料金で必要最小限の銀行サービスを提供しています。

特徴としては、子供、21歳以下の学生、兵役中の軍人からは銀行手数料を免除しています。

キャッシュカードはDBSのATMと共通で使用できるので便利です。

OCBC: Overseas Chinese Bank Corporation  華僑銀行】

https://www.ocbc.com/assets/pdf/cfsfeecharges1apr.pdf

OCBCはブルームバーグ社発行のマーケッツ誌で2年連続「世界一安全な銀行」と評価された銀行です。

DBS程ではありませんがかなり大きな銀行で、多くのバンキングプランを設けています。銀行側の対応も信頼のおけるもので信用度が高いです。ATMの設置数も多いです。

口座最低貯蓄額:S$1,000

口座維持手数料:S$ 2 (平均残高が S$3,000 未満の場合)

振込手数料:a) 銀行での支払い (同一銀行、別銀行問わず): S$ 20

                     b) インターネットバンキング (同一銀行、別銀行問わず)

                           – GIRO (2 to 3 business days): 無料

                           – FAST (Fast and Secure Transfers): 無料

振込最低金額:なし

HSBC: The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited  香港上海銀行】

https://www.hsbc.com.sg/1/2/miscellaneous/tariff/2011/personal-deposits

HSBCは世界最大級のメガバンクHSBCホールディングス傘下の銀行。現在は、同グループのアジア太平洋における中核子会社となっています。

香港において、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行 (香港)とともに、香港ドルの発券銀行の1つとして機能しています。

口座最低貯蓄額:S$1,000

口座維持手数料:S$ 5 (平均残高が S$ 2,000 未満の場合)

振込手数料:a) 銀行での支払い (同一銀行、別銀行問わず): S$ 30

                  b) インターネットバンキング (同一銀行、別銀行問わず)

                             – MEPS (MAS Electronic Payment System): S$ 10

                             – GIRO (2 to 3 business days): 無料

                             – FAST (Fast and Secure Transfers): 無料

振込最低金額:S$ 10

郵送での口座開設が可能

citibank: シティバンク】

http://www.citibank.com.sg/global_docs/pdf/banking_fees.pdf

Citibankは日本でもご存知の方も多いと思いますが、アメリカに本店を置く銀行。こちらの銀行のATMは$100単位で現金を引き出す時に$50や$10札の単位ではなく$100札で出てくることが多いです。

$100札では使い勝手が悪いようなら、こまめに$100以下の金額で引き下ろすことをお勧めします。

口座最低貯蓄額:S$ 2,000

口座維持手数料:S$ 10 (月末時点での平均残高 が S$5,000 に満たない場合)

振込手数料:a) 銀行での支払い: S$ 20 (同一銀行、別銀行問わず)

                  b) オンラインバンキング (同一銀行、別銀行問わず)

                            – MEPS (MAS Electronic Payment System): S$5

                            – GIRO (2 to 3 business days): 無料

                            – FAST (Fast and Secure Transfers): 無料

振込最低金額:なし

IMG_4399

シンガポールの銀行についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。

シンガポールの生活になくてはならない、シンガポールの銀行口座。

お給料の振り込みから各種支払いまで口座がない生活なんて考えられません。

多額の現金を持ち歩くなんてこのご時世考えられないことですから、銀行口座を持つということは、生活には切っても切り離せないものであります。

日本の利子に比べてシンガポールの利子が高いことや、税金などの関係でシンガポールに口座を開きたいと思っている方もいるかと思います。

しかし第一に現地で生活をするためのものです。

事実、シンガポールに居住していないと銀行口座の開設はかなり難しいです。

シンガポールでのお住い、ご勤務の環境で使い勝手の良い銀行を選んで、口座開設をされることをお勧めします。

実際にシンガポールを離れる際には、口座をそのまま残すのか、利用しないものなら解約するのか、よく検討することも必要です。

シンガポールの銀行は世界有数の銀行です。

ぜひ、快適な生活を送るためにシンガポールの銀行を有効に活用してください。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • ベトナムは雑貨がおすすめ!それぞれの魅力やベトナムの人気雑貨店も紹介!

  • ホーチミンのスーパーについて徹底解説!おすすめ・場所・注意点など

  • ハノイのスーパーはなんでもそろう!食材、コーヒー、お土産まで!

  • ベトナムのスーパーは魅力がいっぱい!お土産を買うなら絶対おすすめ!

関連記事

  • シンガポールのスマホ・携帯電話事情最新版!

  • シンガポールのビールについて

  • シンガポールでガムは禁止?なぜ?

  • シンガポールの教育制度や費用に関する最新情報!

  • シンガポールではショッピングがおすすめ!

  • シンガポールの生活費について