ピックアップ
ドイツの宿泊事情最新版!長期滞在&短期滞在それぞれご紹介!

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

ドイツへ住む!旅行をする!と決められた方にまず知っておいていただきたいのが、ドイツの宿泊事情です。

ドイツで様々な素敵な体験や経験をするために、できるだけ宿泊費用は抑えたいものですよね。ドイツは、宿泊先や住宅賃貸において日本とは少々異なる場合があります。

時期によるホテルの料金であったり、賃貸形態などなど、ドイツで滞在するために知っておいて損は無い、宿泊事情の最新版を本記事でご紹介して参ります。

ドイツに移住・長期滞在する際の条件

まずドイツで宿泊施設を探すには、誰と何人で何処にどのくらいの期間滞在するかにより、費用は大きく異なります。

一人暮らしをする予定の方、費用はできるだけ抑えたいという方、家族で住める家を探したいという方、宿泊施設を探す第一条件をまずは決めましょう。

ドイツの住居は、日本と同じように街の中心や駅が近い宿泊施設は値段が上がり、やや離れている宿泊施設は値段は抑えられます。

しかしアパートを借りる場合、中にはキッチンが付いていないなど日本とは異なる文化も存在します。

ドイツで宿泊施設を探す前に、まずはドイツの宿泊・住居形態を理解することで、よりご自身にぴったりな滞在先を見つけることができるでしょう。

次の章で、ドイツの宿泊・住居形態とそれぞれのメリットとデメリットをご紹介して参ります。

長期滞在に適している宿泊施設

まずは、3ヶ月以上の長期滞在に適している宿泊施設をご紹介します。

やはり3ヶ月以上であれば、賃貸契約を結び家を借りるのがドイツでは一般的です。

長期アパート賃貸

一番一般的な方法が、賃貸契約を結びアパートを借りる方法です。

ドイツでも日本と同じくインターネットで物件を探す方が多く、大手の不動産会社のウェブサイトなどで希望エリアや部屋数、家賃などを入力して家を探します。また、日本人の交流サイトの掲示板などを利用して探す方も多いようです。

長期アパートを個人で借りる際のメリットは、気兼ね無く自分のペースで生活を送ることができるという点でしょう。長期滞在する場合、多くの方がアパート契約を希望されるかと思います。

しかし、個人でアパート契約を行う場合、細々としたことを全て自身で行わなければいけないというデメリットもあります。例を挙げると、インターネットの契約、電気会社の契約、賃貸契約のやり取りなどです。

また、ドイツと日本の大きな違いは、ドイツの部屋にはキッチンがついていないことです。

そのためキッチンの設置も自身で取り付けるか、業者に発注しなければなりません。ドイツ人は引越しをする場合はコンロや流し台、備え付けの冷蔵庫も家具の一部として全て持って行くので、入居前にキッチンであるはずの部屋に何も無いということがよくあります。

しかし全ての部屋にキッチンがついていないというわけではなく、最近ではキッチン付きのアパートも存在します。その場合は少し家賃が上がりますが、ずっとドイツに永住することが決まっていない場合は、キッチン付きの部屋の方が良いかもしれません。

もう一つ重要なのが、退去時に壁の色を塗り替えなければいけないという点です。

契約内容や部屋の汚れ具合にもよりますが、ドイツでは退去時に壁を白く塗り替えるというルールが一般的です。自身で壁塗りを行わない場合は業者に頼むことも可能ですが、多少の出費を考えておかなければいけません。

総合的に考えると費用と手間はかかるものの、自身で自由な生活ができるのが長期アパート賃貸です。

一戸建て賃貸

ドイツで一戸建ての物件を賃貸することも可能です。家族の人数が多い場合や、騒音が気になる方におすすめです。

筆者の知り合いは一緒に暮らしている犬が少しやんちゃな子であったので、一戸建ての家を賃貸していました。

一戸建て賃貸は、アパートに比べ、より自由度が高い住居形態といえるでしょう。自身で行うべきことは、インターネットや電気会社の契約等、長期アパートの際と同様です。

また、賃貸費用についてもアパートよりも割高です。なお地方に行くと一戸建て賃貸の割合が多い傾向にあります。

ちなみにドイツでは、2つ以上の家がくっついており、壁を共有しているドッペルハオス(Doppelhaus)という形態の家が多く見られます。

一見大きな一軒家に見えるものの、家の中心が壁で区切られていて2つの家族が住めるようになっている面白い造りの一軒家も存在します。

2つ以上の家がくっついて連なっているライエンハオス(Reihenhaus)という一戸建てもあり、このような家を借りることもドイツ生活の楽しい思い出になるかもしれません。

Sponsored Link

短期滞在に適している宿泊施設

留学やワーキングホリデーなど期間が限定されている短期滞在の場合、なるべく家具などの物を増やさず、また入居も退去も簡単に行うことができる住居形態がおすすめです。

ドイツにもそのような滞在方法はもちろんありますので、次の章で詳しくご紹介します。

WG(ルームシェア)

日本でも徐々に浸透してきたルームシェアですが、ドイツではとても一般的な住居形態です。

ドイツではルームシェアのことを、ドイツ語でアルファベット発音し、ヴェーゲー(WG)と呼びます。一人部屋を借り、バスルームとキッチンは共同というパターンがほとんどです。

WGは、ドイツ人と生活を共にすることができるのでよりドイツの生活を身近に感じることができ、またドイツ語を練習するチャンスが増えます。何より複数の人間と住むため、一人で住むよりも家賃を抑えることが可能です。

インターネットや電力会社などもあらかじめ契約されているので、個人で手配する必要も無く、手間もかかりません。

デメリットは、もし生活のリズムが異なる人がルームメイトになった場合です。

睡眠をとりたい時に物音で眠れなかったり、静かに過ごしたい場合にパーティーなどをされた際は、少し疲れてしまうかもしれません。また環境の全く異なる者同士で暮らすので、キッチンの使い方や掃除の方法などで衝突する可能性もあります。

WGをする場合は、予めルームメイトがどのような方かしっかりとリサーチされると良いでしょう。

プライベートに若干の制限はあるものの、初期費用や生活費用を抑えることができるのがWGの大きな魅力です。

ウィークリーマンション賃貸

短期滞在だけれどもホテルでなく自炊をされたい、また一人で自由に住みたいという方にぴったりなのがウィークリーマンション賃貸です。

少し地方に行くとフェーリエンヴォーヌング(Ferienwohnung)という短期滞在者用の住居を目にしますが、都市でもこのような形態のマンションがあります。

家具は完備、キッチンもあるので自炊をすることが可能であり、スーツケース一つで入居することができます。ドイツに来てから家探しをじっくりとしたいという方におすすめです。

ホテルであると。だいたい寝るためのベットと小さい机のみが設置されていますが、ウィークリーマンションはホテルよりも広く、ソファや机、キッチンもあるので、まるでご自身の家のようにゆったりとくつろぐことができます。

賃貸費用は物件により異なりますが、安価な所で1泊約40€~宿泊可能です。

1泊から借りることができ、また賃貸物件によっては部屋を清掃してくれるサービスがついている住居も存在します。デメリットは、部屋の賃貸契約を結ぶよりも費用がかかるという点です。

しかし気軽に入居と退去が可能であり、尚且つ一人でゆっくりとドイツ生活を楽しみたいという方は検討されてみると良いでしょう。

ホテル

あまり部屋で過ごすことはないという短期滞在者の方には、ホテルが宿泊先としてぴったりでしょう。

ご自身の好きな所に好きな時に移動することができ、とても気楽です。また、ホテルにはフロントがあるのでセキュリティが心配という方にも安心といえるでしょう。

部屋を利用するための準備等は行う必要はなく、シャンプーなどの生活必需品も準備しなくても良いので、どの住居形態と比べても一番身軽にドイツ生活を始めることができます。

しかしデメリットは費用面です。ドイツのホテルは1泊70€~であり、また見本市などが大都市で開催されるシーズンは、ホテルの宿泊料金は倍以上になります。

費用面で余裕がある場合に、ホテルを最終宿泊手段として利用される方が良いかもしれません。

また、3ヶ月以上の短期滞在を予定されている方は、ドイツで住民登録をする必要があります。(住民登録については、「ドイツに移住・長期滞在の方必見!条件と手続きを詳しくご紹介」にて記載しておりますのでご参照ください。)

なおホテルが滞在先の場合、住民登録が認められない場合があるので、予め宿泊先のホテルに住民登録先としてホテルを記載することは可能であるのか確認しましょう。

費用はかかるものの、確実に宿泊先を見つけることができ、また気軽にドイツに滞在することができるのがホテルの一番のメリットといえます。

Sponsored Link

大都市と地方都市の宿泊事情の違い

ドイツ国内の大都市とその他の都市の宿泊事情については、やはり差はあると言えます。

後述でも都市別にホテルの費用をランキング別でご紹介しますが、大きな都市になればなるほど家賃やホテルの費用も高価となります。

特に、ドイツを代表する大きな企業が密集する大都市は、売り手市場ということもあり家賃は上昇傾向にあり、現在はドイツ人であっても部屋を見つけることが大変困難な状況です。

また大学があり、学生が集まる都市ではルームシェアであるWGであっても部屋を見つけるのはなかなか大変です。

ホテルについても、見本市が開催されるのはほぼ大都市であるため、時期によっては宿泊費が大変高額になる場合もあるでしょう。

価格をドイツ国内として見ると、東ドイツは西ドイツよりも住宅やホテルなどの宿泊施設は安価である傾向にあります。

理由としては、元々東ドイツと西ドイツでは生活水準や平均収入が異なるため、家賃もそれに応じ東ドイツの方がやや安価になるためです。

しかし、ドイツで日系企業が拠点を置いている地域は西ドイツが圧倒的に多く、日本人在住者も西ドイツに多い傾向にあります。

今後ドイツへ在住する予定のある方は、日本とは少し異なる住宅事情であるということを念頭におかれると良いでしょう。

ドイツ国内の場所によって宿泊費用は異なる?

ドイツ国内のホテルなどの宿泊費用は駅から近いなどの立地やその他条件により異なりますが、場所によって若干の差はあります。

例を挙げて比べてみましょう。6月~7月のシーズンに三ツ星のホテルに大人一名で宿泊する場合、平均的に次のようになります。

  • ノイシュバンシュタイン城などの観光地付近110€前後
  • ミュンヘンやフランクフルトなどの大都市(西ドイツ)100€前後
  • ハイデルベルグなどの地方都市90€前後
  • ベルリン70€~(東ドイツ)のホテルは以外と多い

家賃同様、ホテルの費用も大都市であると差があります。ビジネスの中心である大都市はホテルの需要も大変多く、平均収入も上がるためやはり他の地方都市に比べてやや高価である傾向があります。

またドイツを代表する観光地、ノイシュバンシュタイン城付近はホテル代はグンと跳ね上がります。

絶え間なく観光客が訪れる地域は、必然的に宿泊費もやや高価となると考えておかれると良いでしょう。

ハイデルベルグなど日本人にとってのドイツ観光地は、ドイツ人やその他の外国人にとってはそれほど大規模な観光地ではないため、ホテルの費用はやや下がります。そして東ドイツへいくにつれてややホテル代も安価となります。

都市別ホテル費用ランキング

ドイツの滞在期間を決める際、ホテルの予算はとても重要なことです。次に、都市別にホテルの費用ランキングをご紹介して参ります。

No5 ベルリン(Berlin

基本的にどの国も首都が一番栄えており、ホテルの費用も高いものです。もちろんドイツの首都であるベルリンもとても栄えた街であるといえますが、他の大都市と比べるとホテルの価格はまだ手ごろです。

しかしベルリンは地区によってはとても危険な場所もあります。宿泊費がとても安い!と思ったらとても危険な地区に位置するホテルだったということもありますので、そのようなポイントもふまえてホテルを探す際はご注意ください。

No4 デュッセルドルフ・ハンブルグ(Düsseldorf・Hamburg

ドイツ国内でも日本人在住者が一番多いデュッセルドルフ、ドイツの港町ハンブルグもホテルの費用は高価ですが、他の都市と比べるとNo4に位置します。

化学工業に関連する企業が集中する都市デュッセルドルフ、ドイツのロジスティック企業が拠点を置くハンブルグは、旅行者ももちろんいますが、特に大きなイベントや観光スポットは他の都市に比べて少ないため、比較的ホテル料金の変動が大きくない地域といえます。

No3 フランクフルト・ケルン(Frankfurt am Main・Köln

金融の街フランクフルト、大聖堂が有名な文化都市ケルンも、それぞれビジネス目的や旅行者が多く訪れる都市です。双方の都市共に見本市に力を入れているので、年に数度同都市にて見本市が開催されています。

後述でもご紹介しますが、見本市の際はホテルの価格が上がるため見本市が開かれることが多いフランクフルトとケルンは、滞在の際に見本市と滞在日が重ならないよう注意しましょう。

No2 シュトゥットガルト(Stuttgart

ポルシェやベンツ、ダイムラーが本社を構える工業の街シュトゥットガルト、美しいソリテュード宮殿やベンツ博物館、ポルシェの美術館があり観光者にも人気のある都市です。

また、シュトゥットガルトのクリスマスマーケットも毎年たくさんの人が訪れることで有名です。

ミュンヘン以外の他の都市と、ホテルの料金はあまり差は無いものの、観光地とビジネスにおいてより人の行き来が多いため、No2にランクインです。

No1 ミュンヘン(München

ドイツ国内でホテル代が一番高いのはミュンヘンです。

BMW、シーメンス、アリアンツなどドイツ国内の大企業の本社が最も集中しているだけではく、付近にはアルプス山脈が広がり登山やハイキングスポットが多々あるため、外国人やドイツ人に人気のある地域です。

ドイツで一番商業基盤が築かれている地域のため、ビジネスマン、旅行者共に人の行き来は多くホテル費用はドイツトップです。

Sponsored Link

シーズンによって宿泊費用は異なる?

ドイツの宿泊費用はシーズンによって異なるか、答えはイエスです。

日本もゴールデンウィークやお正月などにホテル代が上がるのと同様、ドイツも時期によりホテル代は上昇します。日本では馴染みのない時期の行楽シーズンや行事がドイツにはあるので、ホテルの予約時期は注意しましょう。

見本市シーズン(年中)

ドイツで最もホテルの価格が上がる時期であり、場合によっては3倍~5倍の価格になるので驚きです。

見本市が開催されるのは年中ですが、年の初めにはどこでどのような規模の見本市が開催されるのか予めチェックすることができます。

例えば、フランクフルトであれば2019年までは毎年9月に非常な大規模の車のオートメッセが開催されていました(2020年度以降は未定)。そのような時期は確実にホテル代は上がるので、別の都市に宿泊するべきでしょう。

このように訪れる都市に大規模な見本市が無いか確認しておくと、滞在の予定が立てやすくなります。

イースター(3、4月)

ドイツのみならずヨーロッパ全体の行楽シーズンであるイースターの時期は、ホテル代は上がります。

見本市シーズンのように高額にはなりませんが、どこのホテルも全体的に価格は上昇します。日本では祝日ではないので、あまり3月や4月にドイツに旅行をされる方は少ないかもしれませんが、もしご自身の滞在日程と重なった際は注意してください。

ちなみにイースターの日程は、毎年変動します。基本的には、春分の次の満月から最初の日曜日となりますが、インターネットで滞在年のイースター日程を調べておかれると良いでしょう。

オクトーバーフェスト(9月下旬)

毎年9月下旬に開催されるビールの祭典オクトーバーフェストは、ミュンヘンで開催されます(2020年度はコロナウイルスの感染拡大のため中止)。この時期はホテルはどこも価格が上がります。

ホテル代が上昇する上にどこのホテルも満室となるため、オクトーバーフェストがお目当てで無い方は、この時期はミュンヘン滞在を避けることをおすすめします。

どうしてもオクトーバーフェストの日付近にミュンヘン地方を訪れたい方は、付近のアウクスブルク(Augsburg)、インゴルシュタット(Ingolstadt)、ローゼンハイム(Rosenheim)などの街のホテルを探してみましょう。

ミュンヘン中心地に比べてホテルに空きがある可能性があります。

クリスマスマーケット(11月下旬~12月下旬)  

ドイツの冬の風物詩、クリスマスマーケットは世界各地から観光客が訪れます。

そのためホテル代も上昇する時期です。クリスマスマーケットは11月の下旬からクリスマスまでの時期に開催されますが、特に有名なニュルンベルク(Nürnberg)、シュトゥットガルト(Stuttgart)、ドレスデン(Dresden)のホテルは高価となります。

クリスマスマーケットは夜に行かれる方が多いかと思いますが、この時期のドイツはとても寒いので、あまり会場から離れたホテルをとることはおすすめしません。

ホテルの価格が上昇することは避けられませんが、せめてお目当てのホテルが満室となる前に、ドイツのクリスマスマーケットへ行く!と決められた方はできるだけ早くホテルを予約するようにしましょう。

ドイツで家は見つけやすい?注意すべき点

ドイツでの家探し、もう感の良い方はお分かりかと思いますが、正直楽ではありません。

何より、日本人はドイツでは外国人であり言葉の壁もあるため、少々ハードです。何より探している人に比べて物件自体が少ないため、良さそうな部屋を見つけてもすぐに借り手が決まってしまうことが多いです。

部屋を見つけるコツは、やはり小まめにインターネットのサイトをチェックし、すぐにオーナーや不動産屋とコンタクトをとるということです。言語はドイツ語がベターです。そして日本と同じく、仕事をしていて一定の収入が毎月あり、家賃を滞納する可能性が低い方が有利です。

部屋を探す際は、返事が来なかったり断られたりすることは当たり前と思い、駄目だった際も次がある!と前向きに探しましょう。

きっと粘り強く探すことで良い部屋を見つけることができると信じてがんばってください。なお、最近では家の賃貸契約において、敷金の詐欺なども多発していますので気をつけましょう。

もしドイツ語に不安のある方は、日本のエージェントを利用するという方法もあります。

紹介料をいくらか支払う必要がありますが、日本語や通じる上にドイツの家の取り扱い方についても丁寧に説明してくれるため、安心感があります。

まとめ

以上が、「ドイツの宿泊事情最新版!長期滞在&短期滞在の場合それぞれご紹介!」です。

長期滞在する住居、ホテルなどドイツの宿泊事情は日本と異なる場合が多いことがお分かりいただけたかと思います。

ドイツは、食べ物や物の値段は地域によりあまり差はありませんが、家賃は地域により最も差が出ます。長期滞在をされる予定であり滞在先を選ぶことできる方は、本記事でご紹介した住宅事情も考慮されると良いでしょう。

短期滞在としてホテルに宿泊される方は、ドイツの行楽シーズンや滞在先の見本市やイベントの有無で値段が変動することを覚えておかれると良いかと思います。

皆様のドイツ滞在に本記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

※宿泊費用や住居家賃は、ドイツの消費物価指数により毎年変動します。本記事でご紹介しているデータは2020年6月現在のものになりますので、今後平均的な宿泊費用や住居家賃は変動する可能性があります。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。