ピックアップ
ニャチャンのカムラン空港まとめ!市内までの行き方からラウンジまで徹底解説!

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

中部のビーチリゾートニャチャンに行くなら、カムラン国際空港を利用することになるでしょう。

ニャチャンはダナンに次ぐビーチリゾートとして、中国人や韓国人、またロシア人などから人気がありますが、日本人の間でも知名度が上がりつつあります。

しかし初めて行く空港は何ができて何ができないのか知っておかないと、せっかくの旅行で予想外のハプニングが起きてしまうことにもなりかねません。

そこで今回は次のような質問を中心にニャチャンの空港について全てを解説します。

  • ニャチャンの空港から市内までのアクセス方法
  • ニャチャンの空港で両替する注意点
  • ニャチャンの空港でラウンジがあるか
  • 日本からニャチャンへの行き方

この記事を最後まで読めば空港の利用の仕方からお得なサービスまで全て知ることができます。

どうぞ最後までお読みください。

ニャチャン空港について

ニャチャンに行くために使う空港は、正式にはカムラン国際空港で空港コードは「CXR」です。

ベトナムのカインホア省にはカムラン市とニャチャン市がありますので、ニャチャン空港という名称は間違いですが、この記事ではカムラン国際空港便宜上知名度の高いニャチャンという言葉を使ってニャチャン空港とします。

ニャチャン空港は当初軍用目的で使われていましたが、ニャチャンのビーチリゾートとしての知名度の高まりにより2004年に民間に転用されニャチャン市内への玄関口となり2007年には国際空港になっています。

ニャチャン空港の規模

2011年には年間の利用者が100万人程度だったニャチャン空港ですが、2016年には490万人、2018年には600万人と急速に利用者が増えています。

現時点でニャチャン空港はホーチミンのタンソンニャット空港、ハノイのノイバイ空港、ダナンのダナン空港についでベトナム第四の規模の空港となっています。

残念ながらまだ日本からニャチャンへの直行便はありませんが、中国や香港、韓国、マレーシア、ロシア、そして近年ではタイも直行便がります。

日本からベトナムへの旅行者数も年々高まっていますので、日本からニャチャンへの直行便が出てくるのもそれほど遠い将来ではないかもしれません。

ニャチャン空港から市内まで

ニャチャン空港からニャチャン市内までは約40〜50キロメートルあり、車で40〜50分かかります。

少し距離は遠いですが、ニャチャン空港からニャチャン市内までの道のりは山道を抜け、リゾートホテルや美しいビーチなどが続きますので景色を見ているうちにあっという間に市内につきます。

運転手によっては途中の写真スポットで降ろしてくれることもある、というほど感動的なパノラマが続きます。

ニャチャン空港でゆっくりできるか

フエ空港などベトナムの比較的小さな空港に行ったことがある人ならニャチャンのような小さな町にある空港は寂れた小さな空港というイメージがあるかもしれませんが、意外と充実しています。

以前ニャチャン空港にある軽食堂は評判が悪く、特にあるハンバーガー店は「世界一高いハンバーガー」と揶揄されているほどでした。

しかし現在ではおしゃれなカフェや軽食堂がかなり増えてきて、価格もそれなりです。お馴染みのフォーやバインミー、南国フルーツを使ったシントーなどベトナムフードやスイーツも楽しめます。

お土産屋さんなどはまだ少なく空港で楽しむためにわざわざ時間を取るほどまでではありませんが、空港の発着や友人との待ち合わせに時間を潰したりゆっくりしたりすることができます。

Sponsored Link

ニャチャン空港にはプライオリティーパスが使えるラウンジがある

「プライオリティーパス」や「ラウンジキー」を持っている人にとって気になるのプライオリティーパスが使える空港ラウンジがあるかどうかですが、ニャチャンの空港にはあります。国際線を利用する人も国内線を利用する人も使えますので安心してください。

空港ラウンジとは飛行機を待っている間の特別な待合室で、設備は空港によって違いますが次のようなものがあります。

  • フリーソフトドリンク
  • フリーアルコール(一部)
  • 軽食(一部)
  • アメニティ付シャワールーム(一部)
  • 靴磨きサービス(一部)
  • フリー電源
  • フリーWi-Fi
  • 雑誌・新聞
  • 質のいいソファーとテーブル

ニャチャンの国際線はプライオリティーパスが使えるラウンジが2種類あり、どちらも充実していますが国内線は1種類しかなくこじんまりとしています。それでも軽食やアルコール類があるのは嬉しいところです。

日本行きの便がないのでニャチャン の国際瓶を使う人はほとんどいないと思いますので、ここでは国内線の空港ラウンジをさらに詳しく解説します。

国内線にある空港ラウンジの情報・行き方

名称:THE CHAMP LOUNGE

営業時間:毎日午前4時~午前0時

行き方: 国内線の保安検査を通過した後、ゲート8付近にあります。

利用条件:プライオリティーパス、ラウンジキーをお持ちの方は最長3時間まで滞在可能。 2歳未満のお子様は入室無料。ラウンジないは禁煙。

設備

  • フリーソフトドリンク(コーヒー、紅茶、ジュース、ミネラルウォーター)
  • フリーアルコール(缶ビール、ダラットワイン)
  • 軽食(フォーかラーメン、ご飯、おかず類、果物)
  • フリー電源
  • フリーWi-Fi
  • 雑誌・新聞
  • 質のいいソファーとテーブル

    ベトナムの空港のいいところは軽食が充実しているところですが、ニャチャン空港のラウンジも小規模ですがありますし、ベトナムビールやダラットワインも置いてあります。

    空港で食事を取ると何かとお金がかかってしまいますし、国内線の飛行機の中では料理が出ませんのでラウンジでビールやコーヒーを飲みながら軽食をとりゆっくりソファーでくつろぐことができます。

    ただしニャチャン空港のラウンジにはシャワールームはなく、トイレが公衆トイレのように乱雑としていてあまり清潔ではないのが残念なところです。

    ニャチャン空港で両替する際の注意点

    ニャチャン空港には両替所やATMがありますので、日本円からベトナムドンへと自由に交換することができます。

    ただしニャチャン空港にある両替所のレートは、日本の空港にあるレートよりはいいとはいえ、手数料はそれなりにかかります。

    街中にある銀行で両替してもらうと、手数料は比較的安いのですが、高額になるとパスポートを見せなければならないなど手続きが複雑になり、その際のやり取りは英語かベトナム語になってしまいます。

    それでクレジットカードを使ってATMから引き出し、できるだけ早く返済する(クレジットカードを使ってATMからお金を引き出すのはキャッシング扱いになる)のが最も簡単で手数料が安くすむ方法です。

    しかしニャチャンの空港や市内は、ハノイやホーチミンと比べると機械も古ぼけていますし、ATMの数が少ないのでいざという時になかなか見つかりません。

    それでできればニャチャンに来る前に、ハノイ、ホーチミン、ダナンなどでできるだけ多く両替をしておくことをお勧めします。

    ニャチャン空港の近くにホテルはあるか

    ニャチャン空港の近くにはタクシーで10分以内の場所に5つ星のホテルから手軽に泊まれるホテルまでたくさんありますので、ニャチャンでの最後の1泊は空港の近くに泊まることもできます。

    空港の近くのホテルは近くに美しいビーチがあり、ニャチャン市内と比べて人が少ない穴場ビーチです。5つ星のホテルならプライベートビーチもありますので、最後のニャチャンを空港から近いのでギリギリまでのんびりと過ごすことができます。

    ただし空港の近くには現地の人が食べるようなレストランはあまりなく、ホテルでの食事が中心となるので食事代は少し値段がかかってしまいます。

    ニャチャンのホテルはここがすごい!おすすめのホテルの値段や内容を紹介!」ではおすすめのホテルが場所や目的ごとにわかりやすく紹介されていますのであわせてお読みください。

    ニャチャン空港から市内へ行く方法

    空港からニャチャン市内に行く方法はたくさんありますが、おおまかに次の5種類があります。

    交通手段 難易度 値段 その他
    ホテルからの送迎 最も簡単 意外と高い。人数によっては安い。 一番安全で確実だが、大抵通常のタクシーよりも高い。
    タクシー 簡単 高い。人数によっては安い。 1人で予約すると高いが4〜6人だとバス代と変わらなくなる。ぼったくりには注意。
    Grab(グラブ) やや難しい 高い。人数によっては安い。 1人で予約すると高いが4〜6人だとバス代と変わらなくなる。ぼったくりにあう心配はないが事前にアプリをダウンロードする必要がある。
    空港バス 簡単 最も安い。 値段はかなり安く、たいていの人が泊まるホテルの近くにあるバス停でおろしてくれるがそこから歩かなければならない。
    ネット予約 難しい 安い。人数によっては最も安い 空港タクシーなので値段がかなり安い。通常の4人乗り、7人乗りに加えて16人乗りというのもある。

    オーソドックスの方法からマイナーな裏技まで紹介しますが、それぞれメリットデメリットがあります。ベトナムに行くのが初めての人でもわかるようにそれぞれを詳しく解説していきます。

    ホテルからの送迎

    ホテルからの送迎を頼む場合の料金は500,000ドン〜700,000ドン(2,500円〜3,500円)です。

    ニャチャンのホテルではほとんど空港の送迎をしています。必要ならネットでホテルの予約をするときにあわせて予約しておきましょう。

    ただしベトナムのホテルの空港までの送迎は日本のように無料で行ってくれることはまずありません。むしろ一般のタクシーよりも高い場合がほとんどです。

    その代わりホテルの送迎なら遠回りされたりぼったくりすることは絶対にありませんし、空港ですぐにわかるように待機してくれますので安心してホテルまで行くことができます。

    高いといっても極端に高いわけではありませんのでタクシーでぼったくりにあうのが怖い人や、そもそもその判別に無駄なエネルギーを使いたくない人にお勧めです。

    タクシー

    タクシーで市内のホテルまで行く場合の料金は4人乗りで500,000ドン〜600,000ドン(2,500円〜3,000円)7人乗りで600,000ドン〜700,000ドン(3,000円〜3,500円)です。

    空港にはタクシーがたくさん止まっていますので、荷物を持って空港の外に出ればすぐにタクシーに呼び止められるでしょう。

    ベトナム大手のタクシー会社であるマイリン(MAI LINH)やビナサン(VINASUN)またニャチャン市内でよく見かけるTaxi Quốc Tế(国際タクシー)はほとんどの場合ぼったくりをすることはありません。

    それでもたまに多少遠回りをしたりベトナムでは必要のないチップを請求してくることはありますので油断は禁物です。

    Google マップを見て道を把握しているということを表現したり、運転手の写真がついている部分を写真で撮ったりしておけば悪さをしなくなりますので心配な方は試してみてください。

    事前予約も必要なくすぐに乗れるので一番手軽な方法ですが、運転手は日本語はもちろん英語もほとんど喋れない人がいます。地図を読めない人も多いので行き先の住所を運転手に文字で伝えておきましょう。

    また出発する時は必ずメーターが回っていること、リセットされていることを確認してください。

    Grab(グラブ)

    グラブで市内のホテルまで行く場合の料金はタクシーより少し安いですがほとんど同じで、4人乗りなら500,000ドン〜600,000ドン(2,500円〜3,000円)7人乗りなら600,000ドン〜700,000ドン(3,000円〜3,500円)です。

    グラブとはベトナムで最も人気のある乗車アプリのひとつでで一般人が登録して自分の自家用車をタクシーがわりにしています。

    グラブのいいところはアプリ上で目的地を決め値段も決まりますので、ぼったくりにあう心配が全くなく安心して乗ることができます。

    空港から市内はもちろんですが、市内でもグラブはたくさん走っていますのでアプリを使えばGPSで今いる場所に迎えにきてくれ目的地まで運んでくれます。

    毎回の乗車を評価することになっていますので悪さをすることは滅多になく、普通のタクシーなら返してくれないような細かなお金まできっちりと返してくれます。

    ただし空港のどこで待ち合わせをするかは現地の言葉でやり取りする必要がああります。チャットでめぼしい目印を送れば大抵はわかりますが到着までに少し時間がかかることがさります。

    また運転手はあくまで一般人の素人です。そもそもベトナムには日本のように2種免許はなく誰でもタクシーは出来ますので、ある意味誰もが無資格の素人ですがやはりグラブの方が運転手の腕に少しばらつきがあります。

    ちなみにネットではニャチャンにグラブが走っていないという書き込みをちらほら見かけますが、たくさん走っていますので安心してください。

    空港バス

    空港バスで市内のホテルまで行く場合の料金は1人あたり60,000ドン(300円)です。

    1人や2人で行くなら最も費用を節約できます。本数は30分に1回ありますのでほとんど待つことなく利用することができます。

    バス停は決まった場所にありピンポイントで送り届けてくるわけではありませんが、ニャチャン市内で行く場所はそれほど多くありませんので大抵は目的地の近くまで連れて行ってくれます。

    1. 空港を出てすぐの場所にあるチケット売り場でチケットを買う
    2. バスに乗る
    3. 出発したら車掌さんが行き先を訪ねてくるので伝える
    4. 目的地に近づいたら車掌さんが教えてくれる

    多かれ少なかれ歩かなければならなくなりますので、荷物が多い人にはおすすめできませんが、とにかく値段が安いし意外と簡単に利用できますので節約したい人におすすめです。

    ネット予約

    タクシーで市内のホテルまで行く場合の料金は4人乗りで180,000ドン〜200,000ドン(900円〜1,000円)7人乗りで200,000ドン〜220,000ドン(1,000円〜1,100円)16人乗りで350,000ドン〜400,000ドン(1,700円〜2,000円)です。

    ネットでは空港タクシーを予約することができ、定額料金でかなり安く行くことができます。ネットはベトナム語の他に英語もありますので意外と簡単に予約できます。

    タクシーの半値以下の値段で利用できますし、16人乗りのバンもありますので特に大人数で旅行する予定があるなら絶対におすすめです。

    通常のタクシーと同様荷物を運ぶのを手伝ってくれますし、目的地までピンポイントで行ってくれます。

    下記のサイトから出発地と目的地、日付と時間、人数を入力して検索をすれば車の種類と値段が表示されます。よほどのシーズンピークでない限り当日に予約しても見つかりますが、不安の方はhやめに予約しておいてください。

    https://m.dichungtaxi.com/en

    Sponsored Link

    日本からニャチャンに行く方法

    日本からニャチャンへの直行便はありません。ベトナム国内経由でニャチャンに行く方法は主に次の方法があります。

    • 日本→ホーチミン→ニャチャン(およそ1時間)
    • 日本→ホーチミンからバスでニャチャン(およそ8時間30分)
    • 日本→ダナン→ニャチャン(およそ1時間30分)
    • 日本→ハノイ→ニャチャン(およそ2時間)

    ホーチミンからバスで行く場合、かなり長距離になりますが寝台バスで意外と快適です。値段は200,000ドン〜300,000ドン(1,000円〜1,500円)です。

    またニャチャンの空港は国際空港なので中国を中心にいろいろな場所から行けます。アジアのいろいろなスポットを回りたい人は海外から直行便で行くという方法もあります。

    • 中国の各地(上海/浦東、成都、昆明、寧波、南寧、済南、天津、貴陽、杭州、長沙、貴陽、南昌、重慶、広州、成都、重慶、西寧)
    • 香港
    • マレーシアのクアラルンプール
    • 韓国のソウル/仁川
    • ロシアのウラジオストク
    • タイのバンコク

    ベトナムに行くのがニャチャンだけが目的なら他の国を経由して行くのも面白いかもしれません。

    ニャチャンの空港カムラン国際空港 まとめ

    今回はニャチャンの空港カムラン国際空港について解説しましたがいかがだったでしょうか。

    • ニャチャンの空港から市内までのアクセス方法は空港バスやネット予約をするとかなり安く行けます
    • ニャチャンでは両替する場所が少ないので、できるだけハノイやホーチミンでしておきましょう
    • ニャチャンの空港ではプライオリティーパスやラウンジーキーが使えるラウンジがあ理、軽食やアルコール類があります
    • 日本からニャチャンへの直行便はありませんので、他の主要都市を経由するか中国、韓国、タイなどから経由していきましょう

    ニャチャンは美しいビーチリゾート、豊富なマリンアクティビティ、豪華な5つ星ホテルがベトナム値段で楽しめます。

    空港から市内の行き方についてもそうですが、いろいろなサービスはちょっとした情報があるとかなりお得に利用できますので、このサイトを活用して事前に準備しておきましょう。

    なお「ニャチャンのツアーなら現地で探そう!おすすめのツアーやお店を紹介!」ではニャチャンで信じられない値段で楽しめる本格ツアーについて場所やスケジュールなど詳しく解説されています。

    また「ニャチャンの海は透明度が高い!知られざるビーチの魅力やベストシーズン」ではおすすめのビーチやその魅力について解説しています。

    海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

    当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

    少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。