ピックアップ
ドイツで就職希望の方は知っておいた方がスムーズ!ドイツの給与水準や日本との働く文化の違い

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

ドイツはヨーロッパの中でも経済が比較的安定しており、たくさんの外国人が働いています。ドイツ現地で仕事してみたい!という希望は、叶えやすいのではないかと筆者は考えます。

しかし就職をする前にさまざまな日本との違いを理解しておくことで、よりクリアにドイツで働くことをイメージできるでしょう。

またドイツで働く場合、やはり職場の同僚、取引先など何らかの形でドイツ人とかかわっていくことになります。

ドイツ人といえば真面目な人が多く、日本人と気質が似ているというイメージを持たれている方が多いかと思います。半分当たっていますが、日本人とドイツ人の考え方はあまり似ていないように感じます。仕事に対する考え方も然りです。

本記事では、ドイツと日本の大きく異なる職場のルール、平均的な給与、ドイツ人の仕事に対する考え方など、ドイツで就職する際に知っておくとプラスになるポイントをお伝え致します。

ドイツ人と日本人の働く文化の違い

ドイツで仕事をしていると、改めて日本とは違うなぁと思うことが本当にたくさんあります。

日本の常識とは大きく異なる部分があるので、ドイツの職場で働き始めると最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば逆にドイツ式の方が良いのではと筆者は感じつつある今日この頃です。

ドイツ人は合理的に物事を考える人が多く、仕事に対しても合理的な考え方をする人が多いように感じます。そのため、ドイツ人思考で仕事に取り組むとストレスが溜まらず楽だ!と気づかれるかもしれません。

プライベートな時間を大事にするドイツ人と仕事に燃える日本人

ドイツ人は家族やパートナー、友人などと過ごすプライベートな時間をとても大切にしています。

そのため会社に長く残って残業をすることを好まず、多くのドイツ人は定時に帰ります。日本のように終電まで仕事をすることは一般的ではありません。

仮に繁忙期などで残業をしたとしても、残業時間分を翌日の勤務時間から減らすという対応をとっている会社もたくさんあります。

また勤務終了時間から、11時間以内に再度就業を開始してはいけないという法律もあるため、夜中まで仕事をし、翌日朝からまた働き始めるということはできません。

なお、会社の飲み会なども日本ほど多くは無く、参加可能であれば参加しようというフリーな雰囲気です。強制参加の頻繁な飲み会はほとんど無いと言って良いでしょう。

仕事は仕事、プライベートはプライベートとしっかり線引きをするのがドイツ人の特徴です。私生活を犠牲にし、仕事をするという考え方はそもそも存在しないのです。

有給はガッツリ取得してもOK

ドイツで有給を消化することは当然の権利であるため、皆有給は全消化が当たり前です。また、自分だけ休んでしまい申し訳ないという後ろめたい雰囲気は全く無く、堂々と休みます。

更に日本と異なるのが、2週間以上連続の有給休暇を取得することが一般的という点です。ホリデーシーズンの夏は長期の休暇を取って隣国にバケーションに行ったり、クリスマスシーズンの12月になると早くから休暇に入る人が多く見られます。

もしドイツで働くことになっても、長期の有給を取得し日本へ一時帰国することも全く問題ありません。

ドイツの法律で定められている有給日数は、週5の勤務で最低年間20日間、最高で30日間です。20日~30日の幅は会社のさじ加減であり、30日間の有給を得ている人はたくさんいます。

そのため、もし就職前に契約書をもらい、20日間と記載されているのであれば少し増やしてもらえないか交渉をしてみても良いでしょう。

病気のときは無理をしない

日本では、病欠をしてしまうと有給休暇から欠勤した日数を引くという会社が多いかと思います。しかしドイツでは、有給休暇から病欠日数をひくことはしません。

日本では健康管理も仕事の内という意識がありますが、ドイツでは突然の病気は誰にでも起こりうることなので個人の責任ではないという考え方が浸透しています。無理をせずしっかり病気を治しましょう。

一つ気をつけなければならないのは、4日以上病欠をする場合です。

ドイツで病気や怪我をし、病院へ行きドクターより仕事を休むべきだと診断されると、労働不能証明書(krankenbescheinigung/クランケンベシャイニグングと言いますが他にも呼び名があります。)を発行してもらうことができます。

4日以上会社を休む場合、病欠者はこの証明書を4日目から会社へ提出する義務があります。

証明書は就労不能という証明書であることはもちろん、従業員が病欠した際に発生した会社の損害の補填金を保険会社が支払う重要な証明書でもあります。

会社側は、証明書があれば保険会社から後日補填金を受け取ることができるので、証明書を病院で必ずもらいましょう。

ちなみに多くの場合は4日から証明書を提出するというルールが一般的ですが、会社によっては1日目から提出が義務付けられている場合もあります。就職前に契約書に記載があるはずなので、しっかり確認しましょう。

自分の仕事と他人の仕事はキッチリ分ける

ドイツ人は、基本的に他人の仕事と自分の仕事をしっかり分けることが多いです。

この場合、何が起こるかと言うと担当者が休んだ際に代わりの人がいなくなってしまいます。担当者が○月○日に戻ってくるので、その後連絡をしますという対応を取られることが多々あります。

また、何かと問い合わせなどをする際も「私は担当ではないので分からない」という回答を得る場合も多々あります。ドイツでは皆仕事を分業化しているため、このような回答が返ってきてしまうのです。

日本のように懇切丁寧に最初から最後まで、全てのことが上手くいくことがあったらラッキーという考えを持っておくとストレスは溜まりません。

郷に入れば郷に従えという諺はドイツ語にも存在します。そのように対応された場合も、イライラせずにそれがドイツの文化だと理解すると良いでしょう。

しかし、ドイツ人の意識も徐々に変わりつつあると筆者は感じます。つい先日、パートナー会社の担当者が長期休暇を取得する際、あらかじめ他の同僚に業務を引き継いでおり、業務がストップせずに進行することができました。

また職場の同僚も全く異なる業務を担当しているにもかかわらず、手が回らない時は手を貸してくれることもあります。そのような考えのドイツ人ももちろんたくさんいます。

効率性を重視するドイツ人

前述でも少しお伝えしましたが、ドイツ人は合理的な考え方をする人が非常に多いです。

合理的な考え方をすると無駄が無くなり、効率化へ繋がります。自分と他人の仕事をキッチリ分けるということも効率化へ繋げるために行われているのでしょう。

自身に与えられた仕事を時間内に終了させるために無駄を徹底的に省きます。日本では、メールなどでも丁寧に長く書くことが美しいとされていますが、ドイツ人が書くメールは非常に簡素である場合が多いです。

また、メールの回数も少なく電話で済ます人も多いです。

簡素なメールが来たら冷たい人だという印象を受けるかもしれませんが、あまり重要でないメールに時間をかけないという想いが込められているので気にしないようにしましょう。

更に、ルールに固執しないという特徴をドイツ人は持っています。従来のやり方ではミスが多かったり、時間がかかってる場合は、今までのルールに囚われず新しいルールを受け入れる柔軟性があります。

ミスや非効率さを責めるのではなくもっと良い方法があれば変えていこうという意識があるため、もし自身がミスなどをした場合はただ謝るのではなく、ミスの原因と改善策を伝えることがベストでしょう。

意外な所で評価されている個人の能力

残業をしない、有給は完全に消化するということを先ほどお伝えしましたが、日本人とドイツ人の考え方の大きな違いとして、残業をする=タイムマネジメントができない、また時間内に終わらせる能力が無いと判断される場合があります。

繁忙期などもちろん仕事量が多く、残業をすることはドイツ人でもあります。

しかし毎日残業をしていると、毎日遅くまで頑張っているという評価をドイツ人はしなく、むしろマイナスの評価となってしまうのです。

そのため、ドイツではその日中に終わらせないといけない仕事を定時までに終了させるというスタイルで働いた方がプラスの評価になります。

時間内で成果と結果を出すということに重きをおいているのがドイツ人の考え方です。

また有給を消化しない場合も、仕事のタイムマネジメント能力が無く有給を取ることもできないという評価をされてしまうう可能性があるので注意しましょう。

実際、有給消化率が悪い場合は、人事部より上司に何故有給を消化していないのかお達しが来ます。有給を消化できるようなマネジメントが行われていないという上司の評価にも繋がる可能性があるのです。

転職することに対して抵抗があまりない

日本でも転職は一般的なものになりつつありますが、まだまだ永久就職という考え方が根強く残っているという印象を受けます。しかしドイツでは転職することに対して抵抗があまりありません。

ドイツで仕事を新たに始めると、まずは6ヶ月間を試用期間とします。

この6ヶ月の間は、従業員はいつでも退職をすることができます。もし入社した会社が自身がしたかった仕事ではないという判断をした場合、いつでも他の会社へ転職することができます。

そのため入社した会社に自分は合わないと早々に感じた場合は、無理をする必要は無く、次!と気持ちを切り替えても大丈夫です。

しかし注意しなければならないのが、雇用主も試用期間中は従業員をいつでも解雇できるという点です。

そして、ちょっと困ってしまうのが、試用期間中は雇用主は解雇理由を従業員へ伝える必要は無く解雇ができるということが法律で認められています。

そのため、試用期間最終日に明日から来なくてもよいという解雇通告を受ける可能性もあります。入社した会社でしばらくは働きたいと感じたら、しっかり気を抜く事無く働くようにしましょう。

Sponsored Link

ドイツのおおよその給与水準は?

なお給与については職種、地域になどによって大きく異なりますが、日系企業が集まっている西ドイツのおおよその水準をご説明します。為替レートは、124.39円を1€として換算します。

またドイツは年俸で給与を交渉する場合が多いですが、イメージし易いように月給でご紹介して参ります。

ドイツで数年の経験がある一般事務の月収であれば、約2400€から3000€(298,536円から373,170円)が大体の相場です。

また、同じくドイツで数年の経験がある営業職であると約5000€~6000€(621,950円~746,340円)がおおよその給与となります。

レストランなどの飲食店の社員だと約2000€ほど(248,780円)がおおよその月給となります。

悪くない給与額という印象を受けるかもしれませんが、上記の数値は額面でありここから税金が引かれて実際の手取りとなります。

単身者で3000€の額面とすると、実際手元に入ってくるのは2000€ほど、同じ条件で6000€の額面の場合は約3500€が手元に入ります。結婚していたり、子供がいる家庭の場合はもう少し手取りが増えます。

契約書の給与と手取りに大きな差があるので、あらかじめ税金が差し引かれるということを覚えておきましょう。次の章でなぜ額面と手取りに大きな差があるのかご説明いたします。

ドイツで差し引かれる社会保険

ドイツでは、日本と同じ累進課税制度が導入されています。簡単に言うと、給与が多いほど源泉徴収が増えて手取りが減るという形です。

源泉徴収は給与額面の約15%から45%ほどです。数値に開きがあるのは、次の章でご紹介する所得税クラスによるものです。

更に健康保険、介護保険、年金保険、失業保険の4つの社会保険が強制的に引かれます。介護保険については、ドイツの州により負担額が変わる場合もあるようです。

またドイツ特有の税金として、連帯追加金という西ドイツと東ドイツの統一のための税金を給与の5.5%支払う必要があります。

これら全ての税金が引かれ実際の手取り額となります。日本も源泉徴収と社会保険が給与から差し引かれるのは同じですが、やはりドイツの方が差し引かれるトータル額が多く感じます。

所得税クラスに要注意

ドイツには所得税(源泉徴収)のクラスというものが存在します。

単身で副業を行っていない場合はあまり気にしなくても良いかと思いますが、夫婦共働きの方は所得税クラスについて理解されていた方が良いでしょう。所得税クラスとは、大きく分けて6つのクラスがあります。

  • I(1)独身者、単身(家族がドイツにいなく日本にいる駐在員の方も含まれます)

  • Ⅱ(2)子供がおり片親の場合

  • Ⅲ(3)結婚している場合、また夫や妻の収入と大きく差がある場合

  • Ⅳ(4)結婚しており、夫婦の収入に差があまり無い場合

  • Ⅴ(5)夫もしくは妻の課税クラスがⅢ(3)である場合

  • Ⅵ(6)副業をしている場合

上記の課税クラスは、あまり自由に選べるものではありません。

結婚している夫婦の場合であれば、いくつか選択が可能です。例を挙げると、もし夫の収入が妻よりも多い場合、夫のクラスⅢ(3)で妻がクラスⅤ(5)という選択が可能です。結果、収入が多い夫の税率は低く、妻の税率は高くなりますが夫婦の収入の合算値で考えるとその方が良い場合もあります。

また夫のクラスⅣ(4)、妻のクラスⅣ(4)という選択も可能です。夫婦のそれぞれの収入にそれほど差が無い場合は、こちらを選択する方がとても多いです。

なお、独身の方はクラスⅠ(1)と自動的に決まっています。

これらの所得税クラスにより所得税(源泉徴収)が決まり、給与から自動的に差し引かれます。

会社負担の家賃なども課税対象

日本でよく行われている住宅手当や諸々の手当て、もしドイツで会社が個人へ何らかの手当てを支払った場合、課税対象と見なされます。

つまり何らかの手当てを受け取ると、その額が丸々手元に入るわけではないという結果になってしまうのです。計算方法は、給与に会社が負担した手当てがプラスされ、そこから所得税が計算されます。

もしドイツで就職される場合に、会社より住宅手当などを支給すると言われても、その額が全てもらえるという結果にはならないのでご注意ください。

基本的に会社が給与以外で、個人への利益になる支給を行った場合は全て課税対象となると覚えておかれると良いでしょう。例外もいくつか存在しますが、上限額があったり年何回と決められており非課税枠の支給はとても限られているのが現状です。

ドイツで働くのにドイツ語は必須?

気になる職場での使用言語、これは職種により大きく異なります。

大きくいえるのは、取引先や顧客がドイツ人中心であればドイツ語が必須となります。逆にヨーロッパの取引先などが中心である場合は英語さえ堪能であれば、ドイツ語が必要でない場合もあります。

レストランや販売の仕事であれば、ある程度のドイツ語は求められるでしょう。また、会社勤めであれば総務や経理のポジションはドイツ人の業者や関係会社が多いのでドイツ語が同じく求められます。

しかし、営業のポジションやIT、クリエイター関連の職種の場合は、ビジネスレベルの英語を話すことができればドイツ語が出来なくても問題ないという場合が多く見受けられます。

ドイツにはたくさんの外国人が働いており、多くの会社勤めのドイツ人は英語がとても堪能です。しかし、ドイツで働くのでもちろんドイツ語ができれば大きなアドバンテージとなるでしょう。

またある程度のドイツ語を話すと周りのドイツ人とも良い関係を築くことが出来ると思います。

Sponsored Link

職場における日本人の立ち位置

ドイツで就職をすると、高い確率でドイツ人と一緒に働くことが予想されます。中には日本人のみの日系企業も存在しますが、取引先など何らかの形でドイツ人とかかわっていくこととなるでしょう。

筆者の個人的な印象ですが、西ドイツにはたくさんの外国人が住んでいるため、あまり自身が外国人だという意識が無くなります。そのため、会社でも他のドイツ人と同じように接してくれるドイツ人が多いように感じます。

また、ドイツで仕事を見つけるのはやはり簡単でありません。採用された職場で皆さん精一杯働らかれるかと思います。

その頑張りが周囲に認められることで、外国人という垣根を越え共に働く大事な仲間という立ち位置に自然になるのではと考えます。

つまり、ドイツ人にとって特に日本人は特別な存在でなくなっていくということです。

しかし、そのためにはやはり自身も「自分は日本人で外国人だから同僚のドイツ人とは違う」という気持ちをいつまでも持つのではなく、同僚は同じ会社に所属している同じ人間であり、仲間だと意識することが大切だと感じます。

現地で働く日本人から見た日本人

ドイツで働く日本人は本当に色々な方がいます。ドイツの大学を卒業して働いている方、日本から駐在員として渡独し働いている方、留学や結婚を期にドイツで働き始めた方などなどバックグラウンドは様々です。

しかし、長くドイツで働いている方に多く見られるのは、自分の意見をしっかり持っていて自己主張をする方が多いのではと感じます。

ドイツで働いていると、ドイツ人や他の国の方とかかわる機会が増えます。基本的にこれらの人達は、しっかりと自分の意見を伝えます。できること、できないこと、できないならば別の方法はあるのか、実にスマートです。

おそらくドイツに長くいると自然と日本人もそのようなコミュニケーションをとるようになるのかもしれません。

最初は慣れないかもしれませんが、しばらくすると曖昧なことを言わなくなったなと自身でも気づかれるかもしれません。

海外で働こうと思っている日本人の方へ伝えたいこと

日本はルールが存在し、ルールを破るとマイナスなイメージを持ってしまいがちです。

ドイツでもルールを守ることは大事ですが、そのルールが間違っていたら根拠や原因を見つけルールを変更することを多くの人が受け入れます。

そのため、決まったルールややり方に改善点があれば自身で進んで変えていくという気持ちで仕事をすると、とてもプラスな印象をドイツでは受けます。

またドイツ人もとてもフレンドリーな人が多いです。月曜日には週末はどうだった?と聞いたり、長期休暇の予定を話すなど、小さい会話を日ごろから行うようにすると会社でもドイツ人の同僚と良好な関係を築くことができるでしょう。

なお、ドイツにもたくさんの日系企業がありますが、まだそこまでドイツ式の考え方が浸透していない会社もたくさんあります。日本での働き方そっくりそのままの会社も存在します。

こればかりは入社してみなくては分からないので、本当に自身の働き方に合っているのかどうか試用期間の間に判断しましょう。

そして就職先と雇用契約を交わす際は、事前に渡される契約書をしっかり読み、少しでも違うなおかしいな、と思ったら必ず質問をしましょう。

まとめ

以上が、「ドイツで就職希望の方は知っておいた方がスムーズ!ドイツの給与水準や日本との働く文化の違い」です。

日本では仕事や職場で相手のことを思いやり、また「和」をとても大切にする傾向があります。一方で、ドイツでは集団というよりも個々の働きを重視しているように思います。

しかしドイツで働くのであれば、私もドイツ式の考え方を持たなければ!と思うのではなく、日本人の良い部分を失わず、ゆっくりとドイツで働く良い部分を自身に取り入れられたらと良いかと感じます。

皆様がドイツで就職する際に本記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。

※本記事でご紹介したドイツの就業ルールは2020年8月時点の情報です。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。