ピックアップ
フリーランスがスキルなしでは厳しい現実と未経験から成功するための方法や心構え

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

フリーランスという働き方をするには、「スキルなし」では厳しいのが現実です。

その理由は、

  • スキルがないと単価が低い
  • スキルなし・実務経験なしでは仕事が取りにくい
  • クライアントが求めてぃるのがプロフェショナルな人材
  • 人材を選ぶうえでの判断目安が「スキル=実力」

 

「スキルなし」のフリーランスの案件がないわけではありませんが、単価が低くて量をこなす日々が続く働き方になる可能性もあるのです。

 

「スキルなし」でフリーランスを目指す一番賢い方法は、独立するための準備期間を設けること!

 

なぜそう言えるのかを理解するには、フリーランスの働き方や社会での立ち位置を知る必要があります。

フリーランスの立ち位置が分かれば、「スキルなし」で挑む難しさが理解できるはずです。

そのための情報として、

  • フリーランスが”スキルなし”では難しいことの詳しい理由
  • フリーランスが増えている背景
  • フリーランスと企業とのあり方が変わりつつある現状
  • ”スキルなし”で独立する準備の前に大事なこと
  • 独立するための準備期間で大事なポイント
  • ”スキルなし”でフリーランスを始めやすい仕事もあること
  • スキルなし”からフリーランスになってもやっていける人が持っているものは?

 

その他にも、独立後の注意点や利用できるサービスなど、「スキルなし」でフリーランスを目指す人や初心者の人にとっても、選択肢が増やせる情報をとことんお伝えしていきます。

 

Contents

フリーランスがスキルなしでは難しい理由を正しく理解しておこう

フリーランスは、成果主義の世界。

結果を出さなければ評価されず、次の仕事にも繋がりません。

時代によって価値観は変わって行くものなので、常に成長し続けなければならないともいえます。

そんな舞台でスキルなしの人間が、仕事を獲得できるのでしょうか?

答えは・・・・・・YESでもあり、NOでもあります。

 

スキルなしのフリーランスが案件を得るのは簡単でない

実施には、フリーランスに仕事を紹介してくれるサービスなどを利用しても、スキルがないと案件を紹介してもらいにくいというのが現実です。

プロフェッショナルな人材を活用することは、企業にとっても意義のあることなので、人材を選ぶうえでの判断目安に「スキル=実力」として評価します。

スキルがないからといって、全く仕事がないわけではありませんが、それでも実務経験がない限り、なかなか決まりづらいというのがひとつの理由です。

 

スキルがなくてもできる仕事は単価が低い

実務経験や実績がなければ、期待値が下がる=単価が低い人材になります。

「フリーランスで稼ぐことができる」のは、スキルや実務経験や実績があってこそ!

スキルがなければ、正社員として仕事する以上の時間働いたとしても、低い給料しかもらえず身体を酷使する日々を送る可能性が高いといえます。

スキルがない分、低単価の仕事を処理するしかないので、量をこなさないと生活できるほどの収入が入らないからです。

がむしゃらに働けば、何とか生活できるほどの収入を確保することができますが、休みなしの状態で働き続けることになります。

つまり、自由を求めて選んだ働き方なのに、雇われていた方がよっぽどよかった・・・・という状態になる可能性もあるのです。

 

フリーランスの契約は納品物が完成品と認められて初めて報酬がもらえる

もし、納品物に欠陥があったり、定められた品質を満たしていなかったりした場合、完成とは見なされず報酬がもらえないといったこともあります。

なぜならフリーランスが結ぶ契約は、依頼されたものは完成の形をもって報酬が支払われるといった「請負契約」だからです。

フリーランスのスキルを求めるのが企業でありクライアントで、即戦力と実務経験を期待しているのです。

だからこそ、フリーランスとして生きていくのであれば、スキルを習得して高単価な仕事を目指すことが必要だということです。

 

Sponsored Link

フリーランスが増えている背景を知れば「スキルなし」での立ち位置がわかる

日本人の働き方・働くことに対する意識は、今、大きく変わりつつあります。

“正社員・終身雇用”にとらわれない多様な働き方・生き方を選択する人も増えています。

そのひとつが・・・・・「フリーランス」

近年は、このフリーランスを積極的に活用するという新しい経済の流れができつつあるようです。

 

日本におけるフリーランスは現在、全労働力人口の約17%。

2015年からの4年間で22.6%の成長率を遂げています。(経済規模の成長率は41%)   

「ランサーズ・フリーランス実態調査2018年版」より

 

▶フリーランス事情について詳しくは「日本と海外のフリーランス事情を解説!海外で活躍できる職種や生き残るポイント」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

その背景には、個人の働くことへの意識の変化や、ビジネス構造の変化があげられます。

 

ビジネス構造で拡大する市場で増えるフリーランス

 

近年のシェアリング・エコノミーの広がりにより、”自分の空いた時間やスキルを活かしてお金を稼ぐ”ということができるようになりました。

 

シェアリング・エコノミーとは、

インターネットを通じて、モノや場所・スキルや時間などを共有する経済の形を言います。

シェアリング・エコノミーは、シリコンバレーを起点にグローバルに成長してきた経済の形です。

 

             一般社団法人シェアリングエコノミー協会より引用

”市場規模 推計結果

18年度 市場規模は過去最高の18,874億円 を記録。

30年度ベースシナリオ(現状のペースで成長した場合):57,589億円

30年度課題解決シナリオ(成長の課題が解決した場合):111,275億円”

一般社団法人 シェアリングエコノミー協会 (市場調査結果)より

 

シェアリング・エコノミーといえば今話題の働き方!

 

UberEATS(ウーバーイーツ) ⇒ 有名飲食店の食事を手頃な配達料で届けるサービス

 

月収100万円のUberEats配達員が大切にする「たったひとつのこと」

 

ここ最近では、ビジネス系サービスとして以下のようなものがあります。

 

サーブコープ⇒シェアオフィスの先駆け国内27・海外160以上ある拠点が利用できる(通訳・翻訳の秘書サービスも利用可)

 

ビザスク300種以上に渡る業界・職種の専門家90,000人以上がアドバイザーとして在籍しているスポットビジネスコンサル            

タイムチケット⇒個人の時間を“次のはたらくを作る”をコンセプトに30分単位で売り買いすることができる(会員数17万人)           

 

その他にも国内外で、様々なマッチングサービスが生まれています。

【2020年8月版】シェアリングエコノミー完全比較ランキング350選

 

働く側の意識の変化で増えるフリーランス

今、30代前半の若い世代を中心に、働き方の意識に変化があるようです。

「キャリアを自分で設計して好きな場所・好きな仕事をしたい!」

「オーナーシップを持って働き方や生き方を選択したい!」

というような思いを持った人が、少しづつ増えてきているのです。

 

オーナーシップを持っている従業員は、自分に課せられた課題やミッションの達成に向けて”自分事”として取り組むことができます。

オーナーシップを意識することで、仕事のやりがい・楽しさ・人生の見え方も変わり広がりがでてきます。

 

フリーランスと企業とのあり方が変わりつつある現状

日本は中小企業を中心に、優秀な人材を雇用することが難しくなってきています。

人材不足を解決するためにも、フリーランスの存在が鍵になってきているのです。

日本企業の多くは業務切り分けが得意ではありませんが、高度なスキルを持つ人材であればそれが可能になります。

これからの時代は、高度な知識や経験を要する業務を、フリーランスにも依頼していく必要性が出てきているのは確かです。

 

外部人材活用(フリーランス)の奨励・・・・・他の企業や同僚にお勧めしたいと思う人の割合⇒78.6%

78%以上の企業がフリーランスの活用を進めている理由として、以下のような声があげられています。

 

「優秀なプロの方が多い」

「必要とするスキルを持つ人材を自社で採用~育成しても、期待通りの人材になるのか分からないため」

「専門業務に専念できるようになった」

「業務レベルが向上した」

 

外部人材活用(フリーランス)の活躍職種・・・・・「1位デザイナー:2位エンジニア:3位動画制作」

フリーランスを活用している職種で最も多いのが、クリエイターの職種になっています。

最近は、事務・マーケティング・コンサルティングなども増加傾向にあります。

 

つまり、スキルを求められているのに、スキルがないと仕事が取れないということであり、スキルがあれば仕事を選べるということです。

 

であれば、スキルなしからチャレンジするには、何が必要なのでしょうか?

それは・・・・・・・目指す仕事で通用するスキルを身に付ける時間(準備期間)です。

 

その前に、確認しておきたい大事なことがあります。

 

スキルなしで独立する準備の前に大事なこと

フリーランスになりたいと思うからには、少なくともその理由や、求めるもの・期待するものがあるはずです。

フリーランスは、全てが自己責任の生き方です。

だからこそ準備を始める前に、しっかりと再確認しておくことがあります。

  • フリーランスになりたい理由
  • 今の自分のスキルなど自分自身の客観的な分析
  • やりたくないこと・求めるもの・目標

 

この3つのことは、後にフリーランスを目指すうえで、最も大事な指針になって行くことでもあります。

 

フリーランスになりたい本当の理由って何?

現状から逃げ出す手段として、フリーランスを夢見ていませんか?

ただ会社勤めが嫌だから・・・・・その思いはどこからくるのでしょう?

嫌だから・・・・・それだけの理由でフリーランスになっても、またそこから逃げたくなる可能性が高いといえるでしょう。

 

フリーランスから見れば、サラリーマンにはフリーランスにはないメリットがたくさんあるのです。

「なぜ独立したいのか?」「考えられるリスクを全て考慮した上での選択か?」

どれだけ本気で独立をしたいのかを、自分の中ではっきりとさせておく必要があります。

 

 

成功を掴むための秘訣は、

あなたが何を選択するにしても、あなたの心が「これをやりたい!」と思うことを選ぶということ!

 

自由さ・効率性・一番稼げる方法などを、頭で考えて判断するのではなく、純粋に「それを本当にやりたいのかどうか」を心に問いかけてみましょう。

 

どんなフリーランスになりたいのか?

フリーランスになるための目標を考えることは、フリーランス活動の軸になる部分ですので、しっかりと考えておきましょう。

目標や求めるもの・やりたくない事が分かれば、自分のスタイルが見えてきます。

 

例えば

  • 理想とする営業時間が決めれる
  • クライアントとの付き合い方=仕事の取り方が決まる
  • どんなスキルが必要かが分かる

など、優先順位を明確にしたルールを決めていけます。

 

ブレない自分の軸を立てることで、様々な選択をする場面で役立ちます。

 

自己分析とスキルの棚卸しをするとより方向性が見えてくる

本来、何らかのスキルを持っていればこそ、フリーランスという選択肢が自然と見えてくるものです。

自分のことが分からずにスタートを切るということは、提供できる商品・サービスもよく分からないままお店を始めるのと同じことです。

まずはしっかりと、あなたが今まで学んで身につけたことや、得意なことなど、他者と比較しての優位性を把握しておきましょう。

自分に何ができて・何に強いのか?

何が足りないのか?

を知ることは、自分自身の今後の成長にも大きくかかわる重要なポイントです。

 

簡単な「自己分析シート」「キャリア整理シート」は、多くの有名転職サイトなどで無料ダウンロードできるので上手に活用しましょう。

 

自分の才能を知るには、世界的にも評価の高い自己発見ツール新版 ストレングス・ファインダー2.0がオススメです。

いざフリーランスを始めると決めたら、すぐに行動を開始しようと考える人もいると思います。

すぐに行動に移せるという姿勢は重要な事でもありますが、まずは考えを整理してからでも遅くはありません。

むしろ事前に考えておくことで、スムーズに物事が運ぶこともたくさんあります。

 

では、自分のことをきちんと理解したところで、準備期間でのポイントをお伝えしていきましょう。

 

Sponsored Link

「スキルなし」からフリーランスを目指すコツは前準備にある

「スキルなし」からフリーランスを目指すのなら、独立するための準備期間を設けるのが一番賢い方法です。

この準備をしっかりしておくことで、安心して案件を獲得して実績を残して行くことができます。

では、独立に向けての準備期間で大事なポイントを4つお伝えします。

ポイントさえ理解しておけば、自分にとっての優先順位や準備に必要なものが見えてくるはずです。

ここでは、あえて準備する順番などは、お伝えするつもりはありません。

フリーランスを目指すのであれば、自分の頭で考えましょう。

 

ポイント①独立するためのフリーランスで目指す職種を決める

フリーランスを目指すのであれば、どの職種で目指すかを決める必要があります。

職種によって収入が大きく変わる可能性もありますので、自分が本当に望んでいるものは何かをよく考え、スキルアップが苦にならない職種を選ぶことがポイントです。

 

▶フリーランスとして高単価を目指せる職種と必要なスキルに関しては、

『フリーランスに必要なスキル・ビジネスの基礎や世界で活躍するための生情報』で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください。  

 

ポイント②フリーランスへの近道は独学より講座やスクールで学ぶこと

スキルを学ぶには様々な方法がありますが、一般的な方法は次の3つです。

    独学・・・・・費用は少ないが時間がかかる

     本や教材を使って個人で勉強して、仕事できるレベルまでもっていきます。

    講座やスクールで学ぶ・・・・・効率よく勉強できるが、それぞれに費用がかかる(高額費用や月会費)

     セミナー・ワークショップ・講座・社会人向けの学校などでは、講師がスキルを教えてくれます。

   仕事をしながら学ぶ・・・・・ 勉強もさせてくれる案件にチャレンジする(単価は安い)

     求人サイトやクラウドソーシングには、スキルを学びながら仕事ができる案件もあります。

 

 

学ぶ方法の違いを分かりやすく言えは、

目的地まで歩いて行く(独学)か?

飛行機で行く(講座やスクールで学ぶ)か?  

だけのこと・・・・・。

自己投資には、お金がかかるものなので、自分に合わせた方法を選ぶことになるでしょう。

 

ただ、歩いて行くことを選択すれば時間もかかり、道に迷うこともあるでしょう。

ひょっとして、面白そうな気がするだけのモノの方に脱線するかもしれない・・・・・。

飛行機で行けば、最短距離で効率よく目的のスキルが身に付けられるでしょう。

でも、それだけに費用がかかるし、ファーストクラスであればサービスの質も高いですが、誰もが乗れるわけではありません。

 

つまり、時間や情報の質は、価値としてお金で交換できるということです。

時間は、誰にとっても平等ですが有限です。

時間管理』のスキルが、目標を達成するには重要なスキルというのは、効率性という価値を生み出すスキルだからです。

 

正しい情報やお得な情報を掴めるのは、情報リテラシーのスキルの中でも『情報収集術』

このスキルが高ければ、先行者利益・人が知らない情報などを自分の手で手に入れることができます。

情報収集のスキルが人生の格差を広げると言われているのは、選択肢を広げムダのない質の高い生き方ができるスキルだからです。

 

こういった能力が高い低いかで、目標とする結果に大きな差が出てきます。

能力やスキルが結果に直結している・・・・・まさにこれがフリーランスの世界です。

 

技術的なスキルだけあれば、上手く生きれるほどビジネスは甘くありません。

スキルや能力は、自分を強くしてくれます。

ビジネスの基礎能力+技術的なスキル といった総合的な能力をバランスよく持つことを目指しましょう。

 

フリーランスを始めるにあたってのスキル習得は、無理のない自分に合った学び方を選んで進めていくことをおススメします。

※高額費用のかかる講座やスクール・セミナーは、今の自分にとって正しい知識と方向性を教えてくれるかを、しっかり調べて決めることをおすすめします。

 

ポイント③フリーランスを目指すための転職で実績を作るのが賢明

スキルは使うことで身にきます。

それには、希望職種で働ける企業に就職・転職するのが得策です。

そうすることで、安定収入を得ながら実務経験も積めて、スキルを磨くことができます。

「スキルと経験」を手に入れる目的があれば、会社での業務に真剣に取り組めるはずです。

また、業界の人脈を作っておくことで、独立した時に相談できたり、仕事を紹介してもらう可能性も広がります。

 

ポイント④まずは副業でフリーランスの仕事を受注するのが賢い最初の第一歩

フリーランスの実態調査で、悩みのトップが「収入の不安定」です。

フリーランスを諦めてしまう人のほとんどが、生活が苦しいから・・・・・。

そうならないためにも、まずは副業から始めてみることです。

安定的に月2030万以上生み出せるようになれば、独立への道のりがより具体的に見えてくるはずです。

 

Sponsored Link

実はスキルなしでフリーランスを始めやすい仕事もある

お伝えしてきているのは「スキルがなくても準備期間があればフリーランスが目指せる」ということです。

その一方で、フリーランスを始めるにあたって「未経験でも始めやすい仕事がある」という選択肢もあることも知っておいてください。

ただし、誰でもできることは、すぐに望む成果を出せるものでないことも確かです。

ここでは、フリーランスのなかでも「始めやすさ」で人気の仕事についてご紹介します。

 

ライター

ライターは、雑誌やWeb上などに掲載する記事を書く仕事です。

フリーランスの仕事の中では比較的始めやすいとされる職種ですが、稼げる人・稼げない人の差が激しい職種でもあります。

ライターの場合、初めてでも基礎を学びながらトライできる案件が比較的多くあります。

ただし、その場合単価が低いので生活できる収入には至らないでしょう。

シンプルな仕事とはいえ、高単価を目指すなら、やはりスキルが必要です。

 

ブロガー(アフィリエイト)

ブロガーは、自身のブログに広告を載せて収入を得る仕事です。

代表的な広告といえば、下記の2つがあります。

  • 広告のクリック数で報酬が発生する「クリック型広告」
  • 自身のブログを通じて商品が購入されると報酬が発生する「アフィリエイト広告」

 

高収入を目指すのであれば、マーケティング・SEO対策・コピーライティングを身につけるとようでしょう。

さらに、自己商品を開発して、ブログ自体を資産として構築すれば自動で収入を手にすることができます。

(※ブロガーで億単位の収入を得ている人は、ブログを資産構築しています。)

 

スキルなしで独立するために一番必要なこと

「チャレンジ」とは、まだ知らない領域に足を踏み入れることです、

だから、知らないことだらけなのは当然です。

 

たとえどんなに事前に情報を仕入れ、準備して挑んだとしても、

 あなたが本当に知りたい重要な事は、実際に足を踏み入れてみないと分からないのです。

独立するために一番必要なことは、ただひとつ「諦めない心」を持つことです。

疲れたら休んで、また歩き出せばいいのです。

諦める心さえ失くさなければ、必ず望みは叶います。

 

スキルなし”からフリーランスになってもやっていける人が持っているものは?

「スキルなし」で飛び込んだとしても、「スキルに変わるモノ」を持って望めば大丈夫・・・・・。

それが「覚悟」と「行動」!

そして「準備」は‟スキルなし”を支えてくれる助けになります。

 

リスクを負ってもチャレンジしたいと思える程の“価値ある場所”に続く道には、

楽な道など一つもありません。

だからこそ、その先には自分が夢に描く世界が待っているのです。

自分がやると決めたことを“純粋に信じきって続ける”ことが成功への鍵です。

 

フリーランスで独立後の仕事獲得方法・スキルに不安でも利用できるサービス

独立後は、継続的に案件を受けることが大切になります。

フリーランスが仕事を獲得する方法で、最も多いのが紹介で全体の75%を占めています。

 

その他の主な案件獲得方法は、以下の通りです。

 

クラウドソーシングの利用

クラウドソーシングは、企業がWeb上で不特定多数の人に業務委託するサービスです。

スキルがそれほどない人でも実績を作れるのが、クラウドソーシングでもあります。

ブログ記事の執筆・データ入力・webデザイン・プログラムなど、多様な職種の人に活用されています。

登録後は、自分のスキルレベルに合った案件に申し込み、同意が得られれば作業を開始します。

登録~契約成立~報酬の回収まで代行してくれるのが、クラウドソーシングの利点です。

まずは簡単で安い案件から経験していけば、フリーランスになるための基礎や自信が身につけられます。

 

【代表的なクラウドソーシング】

 

クラウドソーシングは、初心者にとっては自分の実力をが計れて、経験を積んで自信をつける目的で、フリーランスの入り口として利用するにはピッタリです。

ただし単価が安いので、量をこなして行くことになるため、疲れ切る前に早く卒業することがポイントです!

その理由は、スキルアップするには難しく、継続するのが難しくなるから・・・・・。

一定の経験を積めば直接契約の仕事をしていく方が、スキルアップのスピードが高いと言えます。

そのためにも、直接契約に有利なスキルの基礎をつける時間だけは確保して、少しでもレベルアップしましょう。

直接契約となると、全てが自分に返ってくるのでリスクも高くなります。

守りを固めるためにも、スモールビジネスをいくつか持ってチャレンジすることをオススメします。

 

エージェントの利用

エージェントは、フリーランスに代わって営業を行い、本人の希望に合う案件を提案するサービスですが、実務経験が必須となる案件がほとんどです。

 

クラウドソーシングと比べて単価が高く、継続案件が多いのがエージェントのメリットです。

スキルと実務経験を持っている人であれば、エージェントを活用する選択肢もあります。

エージェントは、ITエンジニア系の仕事が多くなります。

 

利用できる地域や案件の種類などを考慮して総合的に利用しやすいエージェント

  クラウドワークスが運営しているだけあって、案件が多く働き方の種類も多い

  エンジニアのエージェントとしては老舗

 

エージェントを利用しながら実力と実績をつけて、自分の信用を作っていきましょう。

 

シェアリング・エコノミーの利用

フリーランスは、技術的なスキルで独立している人ばかりではありません。

先に紹介したように、シェアリング・エコノミーには様々なサービスがあります。

国が力を入れている施策でもあり、最近では人材やスキルをシェアするものも増えてきています。

空いた時間にプロとしてスキルを有効利用すれば、収入も得ることができるフリーランスの新しいスタイルだともいえます。

また、上手くビジネスに取り入れて起業する人も増加していて、個人が独立する時に利用しやすいというというメリットもあります。

上手くビジネスに取り入れている人の共通点は、「マーケティング」「ロジカルシンキング」などを含めたビジネススキルが高い人たちが多いと言えます。

 

爆増する「スキル」のシェアリング 実は日本企業の処方箋に

シェアリングエコノミーの最新トレンドが分かる記事6選

 

経済産業省|シェアリングエコノミービジネスについて

大きな変化が押し寄せてきているなか、国も自分の事を守るのが精一杯です。

これからは今までのように国が、国民一人ひとりを守って行けなくなりました。

だから、国民1人ひとりに自立を求めています。

国はひとつの新しい経済の形に光を求めて、フリーランスやシェアリング・エコノミーを守る法律も作ろうとしています。

 

スキルなしでフリーランスになった後も長く活動を続ける秘訣

スタートをきった後も、フリーランスとして活動して行くには秘訣があります。

注意するポイントや心得をお伝えします。

 

仕事と休みのメリハリを!

自宅で仕事をする人は、仕事と休みのメリハリをしっかりとつけて働くことが大切です。

寝る間も惜しんで働くことは、体調不良や生産性低下に繋がるというのがその理由です。

効率的な時間の使い方など、時間管理能力はフリーランスにとって必要不可欠なスキルです。

 

複数の収入源とスモールビジネスで安定を目指す!

契約先が1カ所の場合、取引終了後に収入が途絶えてしまいます。

長期的にフリーランスとして活動するには、クライアントを複数持つことがリスク回避の方法です。

また、安定的に高収入を確保しているフリーランスの人は、いくつかのスモールビジネスを持っています。

複数のスモールビジネスを持つことで、安定とより自由な生き方が実現できます。

 

長く活動して行く秘訣は自己投資!

フリーランス活動を始めた後も、常にスキルアップを怠らないようにすることが、長く活動して行く秘訣です。

特にITWEB系は技術の進歩が速いため、最新の情報・技術を積極的に学ぶ姿勢が欠かせません。

また、技術的なスキルだけではビジネスはできませんので、一生使えて人生で役に立つスキルを持つことをオススメします。

それが、

  • 情報リテラシー
  • 時間管理術
  • マーケティング
  • コピーライティング
  • パブリックスピーキング
  • ロジカルシンキング

 

これらのスキルに加えて、スモールビジネスを作る方法さえ知っていれば、鬼に金棒!

後は、コミュニケーションが取れるだけの英会話のスキルさえあれば、世界中とこへ行っても生きて行けます。

 

新しい技術を学び、知識やビジネススキルを得る方法は、書籍・セミナー・勉強会に参加するなどがあります。

 

まとめ:後悔するよりやりたいことをやればいい

企業に属さずクライアントとも対等な交渉力を持って渡り合えるフリーランスは、今後増えたとしても日本の労働人口の12割程度だと言われています。

一方、副業や兼業にチャレンジする人は、今よりもっと増えていくはずです。

さらには、定年後のシニア・主婦の人にも、業務委託で仕事をするチャンスが広がってきています。

何も企業ばかりがクライアントではありません。

一商店であっても立派な個人事業主の経営者です。

Webを通じての情報発信が必要不可欠になってきた今、コンサルや仕組みを構築するスキルを持った人材が足りていない状態です。

視点を変えれば、活躍できる場所はたくさんあります。

「人が悩んでいること」「人が困っていること」を助けることからビジネスは生まれます。

そういう目線さえ持てば、あらゆる分野で”人生で学んだこと”や”経験”を、スキルに変えていくことができるはずです。

自由な生き方・自由な発想、それがフリーランスたる由縁です。

 

たとえ、フリーランスをいう働き方を選択しなくても、私たちがこれから向かう時代は、与えられた仕事をするのではなく、自分ならではの仕事や付加価値をどう生み出せるかが問われていきます。

それは、自分の価値や経験が資産となって、人との繋がりや幸せを生み出していく時代になっていくことを意味します。

だからこそ、誰もが自立してキャリアを築ける世の中を、一人ひとりが創って行く必要があるのです。

 

自分の頭で考える先にこそ未来がある・・・・・”思考力を取り戻そう!”

自分の生きたい道を選ぶ選択肢があることを、どうか忘れないでください。

やりたい!と思ったことをやる・・・・・それが成功の大きな鍵を握っています。

 

 

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。