ピックアップ記事 & 世界のニュース
マレーシアのハラール認証は世界でも厳しいことで有名!日本でも注目される理由

 

多国籍マレーシアは、総人口の内イスラム教徒が約6割を占める国です。   

そんなマレーシアにはハラール食品が数多くあることで有名ですが、ハラールはイスラム教の真髄のひとつでもあります。 

イスラーム教徒にとって、ハラールは神の教えに忠実に従うことです。 

マレーシアをより理解するには、ハラールについての知識は必要不可欠です。 

オリンピックの開催も相まって、近年日本でも注目されている分野でもあります。 

 

ハラールは「イスラム教徒が食べられる食品」だと思っていませんか? 

実は、そうではありません。 

イスラム教徒だけではなく、誰にとっても健康的で良いものなのです。 

 

今回は、ハラールとは何か? 

世界でも厳しいといわれるマレーシアのハラール認証システムについて、もう少し詳しく探っていきたいと思います。 

 

ハラールとはそもそも何か? 


まずはハラールについて復習しておきましょう。 

実は、ハラールには2つの意味があります。 

 

1つはイスラム法で合法であること  

ハラールとは、アラビア語で「許されていること」の意味。 

イスラム教徒にとってハラールは、神の教えに忠実に従うことであり信仰そのものです。 

 

 ハラールは食べ物だけでなく、日常生活でも様々なことがあてはまります。 

一言で言えば、神が良いとしているものは全て「ハラール」であるということ。 

 

これに対して、禁じられることはハラームと言います。 

不浄で人間にとって危険なものは、全て「ハラーム」です。 

「Non-Halal」とも言われます。 

 

飲食品でいえば、 

  • 豚や酒 
  • 健康に害のある食べ物 
  • ハラール式で屠殺されていない肉や毒性の物 
  • 生産工程でハラールから分離されずに作られた物 

 

これらの基準となるのが、聖典『クルアン』です。 

実際にはハラームの方が多く記載されているため、ハラームを理解すればハラールのことが分かるようになるはずです。 

  

「ハラール認証」はイスラム教徒への保証 

イスラム教徒に対して、イスラム法に沿った要件を満たした商品・サービスの認定を指します。 

 

 

もう1つは健康的・清潔・安全であること 

イスラムでは常に清潔を保つ事、自分が摂取するのにふさわしい良いものしか他人にも与えません。 

つまりハラールな製品はイスラムにとってのみ良いものなのではなく、誰にとっても健康的で良いものであると言えるでしょう。 

イスラーム教徒のハラール食へのこだわりは、体に良いという意味であり、具体的には健康、安全、栄養、品質という概念を含んでいます。  

つまり多民族社会のなかで、自分たちが安心して食べられるように食べ物を審査して、正式な機関が承認する形をとっているのです。 
 

 

今日本でもオーガニック食品が注目されていますが、それと同じようにハラール認証は、加工食品の原料から製造・販売まで、全てにおいて安全であることを証明するものです。 

つまり、ハラール食品はイスラム教徒だけが食するものではなく、徹底管理されているだけに 誰でも安全に食することができる優良食品だということです。 

 

食や健康への意識が高まってくると、自分の体に何を入れているのかを知りたいという意識が高まり、日々の食事を通して健康、安全、栄養、品質を考え始めるようになります。 

それと同じ意識が、イスラム教徒のハラール食へのこだわりです。 

ハラール は宗教を背景とするため日本人にとって違和感があるでしょうが、イスラム教徒が安心して購入できる食品などの規格に 関する制度だと考えると理解しやすいではずです。 

また、多民族社会 がゆえにマレー人のアイデンティティー を強化するために作り上げて行ったのが、世界にも胸を張れるハラール承認だとも言えるのではないでしょうか。 

逆に言うと、マレーシアが多民族社会でなければ、今のようなハラール産業は確立しなかったとも言えるでしょう。 

 

マレーシアから始まった世界のハラール承認書の発行 

  

実は世界でハラール承認書を発行したのは、中東の国が発祥ではありません。 

ハラール承認書を発行した国々は、多くを輸入に頼りイスラム教徒が多く住んでいる多民族社会の国々なのです。 

   

 

マレーシアでのハラール承認 

そもそもイスラム教徒が多数を占める社会では、食卓に並ぶのはすべてハラールであったはず。 

昔は加工食品がほどんどなく、自分たちが食べるものがどこでどう作られていたのか分かっていました。  

近代化が進み複雑化する飲食物の生産で、誰がどこで何を混ぜて作っているのかを見極めるために、1970年代以降マレーシアではハラール認証が盛んになってきた経緯があります。 

マレーシアのハラール承認書は、 スランゴール州イスラム宗教局が1965年に承認書の発行を始めましたが、「ハラルラベル」 を不正に使用する事例が行為が多発。 

不正対策のために連邦政府はハラール産業の育成と市場拡大に力を入れ 、2011年 JAKIM に発行権限をもたせ2012年 に一括管理のシステムを作り上げました。   

これ以降から現在に至るまで、マレー人が安心して食べられるようにと 厳しいハラール承認が実施されていきます。 

 

 

 

オーストラリア 

1964年 に連邦イスラム協議会が発足 。

ハラール承認を正式に始めたのは1974年です。 

オーストラリアに、イスラム教徒の移民数が増えた時期になります。 

  

シンガポール 

1968年シンガポールイスラム協議会(MUIS)が設立 。

1972年からハラール・サービスを開始。 

1978年にハラール承認書の発行を始めました。 

 

アメリカ 

イスラーム団体「アメリカ・イスラムサービス」もハラール承認サービスを始めています。 

 

その他の国:インドネシア・タイ  ・フィリピン・ドバイ・南アフリカ 

 

ハラール認証は食品だけではない!  

実はハラールの認証の対象は,食品だけではありません。   

食品添加物・サプリメント、食品を提供する場 (レストランなど)にも及びます。

近年では、化粧品・医薬品・トイ レタリー製品・革製品など、その対象は拡大しつつあります。

さらには、金融(銀行業務、保険業務)にもハラールの概念が応用 され始めています。

 

ハラール物流のパイオニアー日本通運ー 

物流・倉庫・ホテルなどのサービス関連や施設なども対象になります。 

ハラール商品を取り扱うには、商品を運ぶのにも認証が必要になります。 

日系物流企業として、初めてJAKIMの認証を受けたのが日本通運です。 

 

マレーシアでは国際向けの物流会社に対する基準が揃っていなくて、双方が協力しながら認証までに1年かかったようです。 

( JAKIMが物流分野で認証を開始したのが2013年:国内輸送向けが対象) 

日通はハラール認証を得たことで、ハラール物流のパイオニア気存在になり、新しい価値観を創ったことで、イスラム視野会に大きく貢献しています。 

 

 

🔶JAKIMのハラール認証を取得している代表的な日系企業 

🔶日本ハラール協会 ハラール認証取得企業一覧 (公表企業のみ)【五十音順】 

 

ハラール認証の手続きと気を付けること 

近年、日系企業におけるハラール関連の問い合わせは、年々増加している傾向にあるようです。 

日本人が誤解しがちなのが、マレーシア市場に参入するにはハラール認証の取得が不可欠であるということです。 

マレーシアでは「ハラール認証」の取得が義務付けられているワケではありません。 

あくまでハラール認証は、マレーシアで6割のイスラム教徒を対象にする商品だということです。

マレーシアには、イスラム教徒以外の人種も生活しているので、どの民族マーケットに焦点をあてるかによって「ハラール認証」が必要かどうかということです。 

 

ではハラール認証の取得が必要な場合な場合の手順と注意点を、簡単にまとめてお伝えしておきましょう。 

 

【ハラール認証の手続き】 

JAKIMの認証プロセスは3段階 

①オンライン登録申請 

② JAKIMによる監査 ・・・申請内容確認のため監査員が現場を訪問 (通常2~3カ月) 

③ JAKIMによる承認 

 

【ハラール認証後の義務】 

①ハラール認証は期限付き・・・2年毎の更新が必要で毎回手数料が必要 

②ハラールの認定申請は1回あたり4品目 ・・・1申請あたり数百リンギ必要

③社内にハラール委員会の設置が必要 ・・・ハラール製品の管理やメンテナンスが目的(イスラム教徒限定) 

④ハラール認定商品の生産施設内にハラームの持ち込みは厳禁 

 JAKIMの抜き打ち検査がある 

 

【ハラール商品の販売の仕方】 

  • 認証商品には承認ロゴを添付する 
  • ハラーム商品と同じ陳列棚で販売してはならない 

 

 

🔶飲食店におけるムスリム対応ガイドライン(NPO法人 日本ハラール協会)

 

🔶JETROマレーシア基準・認証、規制、ルール:海外ビジネス情報 

🔶ジェトロ・クアルランプール事務所発行『マレーシアにおける日本食市場の概況と新たな流れ  

イスラム市場は魅力ある巨大マーケット 

イスラム教は世界三大宗教のひとつで、世界で 2 番目に多い 信者数をもつ。 

イスラム教の人口増加は、世界人口の平均成長率より 2 倍近いスピー ドで増えています。

2050 年までには、世界人口の 3 割に至るという予測がされる調査結果があります。 

 

現在世界には 16 億人以上のムスリムがいるといわれ、その多くはアジア・太平 洋圏と中東・北アフリカ圏に住んでいます。 

イスラム圏の経済発展は著しく、ハラル食品市場(イスラム市場)は 5,800 億 ドルといわれています。 

 

ハラール認証の具体的な基準は、国や地域、認証 機関によって異なっています。 

今だ世界で統一されたハラール認証制度は存在 していないため、イスラム諸国 が加盟するイスラム協力機構 (Organisation of Islamic Cooperation: OIC) などが中心となってハラールの世界統一規格の検討が行われています。 

 

現在は、輸出先国の認証機関に「公 認」された機関からハラール認証を取得すれば、輸出先国においてもハラール認証を取得していると認知されることができます。 

 

 

【マレーシアのJAKIMの場合】 

🔶JAKIMが公認をしている団体の一覧(2016年2月時点) 

2016年2月時点で36カ国58のハラール認 証機関を公認しています。 

(“The Recognized Foreign Halal Certification Bodies & Authorities” としてリストを公開) 

 

🔶JAKIMのハラール認証を取得している世界的企業 

JAKIMの認証企業は2016年11月時点で4,692社。 

食品に限らずさまざまな分野でのハラール認証取得が 進んでいます。 

 

マレーシアは世界展開を目指すハラール製品の製造拠点 

グローバルなビジネス展開を企図する企業に とって、ハラール対応は「当たり前」と言われるようになりつつあります 

今後ハラール対応を避ける続けることは、大きな市場をみすみす逃すことになるからです。 

中東をはじめ多くのイスラム 教国の巨大な市場を獲得するためには、ハラール認証を取得する必要があります。 

 

マレーシアは、自由主義の 近代国家でもありアジアの国です。 

イスラム教国 から一目を置かれているマレーシアに工場を設置し、ハラール認証を取得するのは合理的な方法だといえるでしょう。 

現に、マクドナルド・ネスレなどの世界的な食品企業は、マレーシアでハラールを取得しています。 

また、味の素のような日本を代表する食品企業も、マレーシアでハラールを取得しています 

今や国産 農産物・食品の輸出促進は、日本の重要な国策となっています。 

自社の発展と日本経済のためにも多くの食品企業が、 ハラール制度に関心を持ち世界展開を目指すきっかけになれば幸いです。