ピックアップ記事 & 世界のニュース
アフターコロナは本物の異文化交流と人との繋がりが魅力のアドベンチャーツアーに行こう!

 

旅の目的やスタイルは様々。

旅の醍醐味は、心を幸せにしてくれることです。

そして旅の思い出は、人と時を繋げてくれるもの。

これからの旅は、「観光する」よりも「体験する」アドベンチャーツアー。

アフターコロナは、現地に密着した体験の旅が主流になってくるでしょう

 

西洋で言うアドベンチャーツアーは、個人にとって文化的・アクティブ的な冒険、アドベンチャーな旅の事を指します。

自然や文化を軸にすれば、エコツーリズムやグリーンツーリズムとの共通項は、地元文化や自然への影響を最小限に抑えた旅ということ。

アドベンチャーツアーは、アクティビティを通じて体験することで、自身の成長と地域経済への貢献を実現することを目的とした新しい旅のあり方です。

地元経営の施設と人を登用する事によって、現地への経済貢献や現地の人との触れ合い、双方にとって人生の変わる体験や一生の思い出作りができるのです。

本物の文化交流に興味のある人や、一人旅の人にはアドベンチャーツアーがおすすめです。

今回はアフターコロナから、より注目されそうなアドベンチャーツアーを紹介していきます。

 

アドベンチャーツアー選びは旅のスタイルで決める

アドベンチャーツアーは従来のツアーと違って、上辺だけの観光旅行ではありません。

自分の目的やスタイルに合わせて参加できるのが、アドベンチャーツアー。

同じような文化交流に興味のある人が集まり、地元に密着した文化体験や未知の世界の体験ができるのが魅力のツアー。

 

一般的なアドベンチャーツアーは現地発着ツアーになります。

ツアー参加中の公用語は英語。

参加者の年齢層は幅が広く10代~70代、独立した人であれば年齢の上限はありません。

自分で車から荷物を部屋まで運んだり、足元の悪い所を歩いたり、長く歩いたりする事もあるので、それが出来れば誰でも参加できます。 

 

参加条件は、各ツアー会社のプログラムによって様々。

  • 年齢制限をしているツアー
  • 年齢制限はなくても年配者向けにしているツアー
  • 18歳以下のお子様のいる家族のみが参加できるツアー
  • 小さいお子様から参加できるツアー
  • ティーンのみ参加できるツアー
  • 一人参加のみに限定したツアー

など、子どもから大人までのツアーがあります。

ツアーを選ぶときは、テーマ・条件・内容・レベルが記載されているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

初めて参加するときは、日本の代理店から相談しながらツアーを選べば不安も少なくなるはずです。

 

アドベンチャーツアーには多くの目的・種類・レベルも豊富

アドベンチャーツアーの多くは、次のような目的をベースにし、アクティビティの難易度でレベルが分けられます。

  • 世界遺産や遺跡・祭り、歴史的な街や美しい自然を訪れる文化交流ツアー
  • 様々な国のジャングルやナショナルパークで特有の動物や鳥を探すツアー
  • 地元の特徴ある料理を食したり、マーケットやコーヒー園、ワイナリーを訪れるフードツアー
  • ヨガや瞑想をしながら観光、文化交流を楽しむ癒しツアー

 

アクティビティで分けると、ソフト、ハード、専門の3つに分けられます。

<ソフトアドベンチャー>  

  • トレッキング
  • ハイキング
  • サイクリング
  •  カヤック
  • カヌー 
  • スキューバダイビング 
  • キャンプ 
  • サファリ 
  • 乗馬 
  • セーリング
  • 文化イベントへの参加 
  • 食文化体験  など

 

      <ハード アドベンチャー>

      • 登山 
      • マウンテンバイク 
      • パラグライダー 
      • スカイダイビング 
      • ケービング 
      • ヘリスキー 
      • カイトサーフィング 
      • スキー 
      • スノーボード 
      • サンドボード 
      • ラぺリング/アブセーリング 
      • ハンドグライダー 
      • ロッククライミング 
      • サーフィン  など

       

      <専門アドベンチャー> 

      • バードウオッチング 
      • 教育旅行 
      • 異文化体験 
      • 探検
      • ボランティアツーリズム
      • ヨガ 
      • マインドフルネス プログラム
      • リトリート  など

       

      アドベンチャーツアーのスタイル

      さらにアドベンチャーツアーは、大きく分けると3つのスタイルがあります。

      スタイルとは、ツアーの快適さやクオリティー・体験の難易度などを表します。

      <ベーシック>

      • 移動は地元の公共交通手段をメインに利用
      • 少人数グループでバックパック旅行の雰囲気
      • 宿泊先はベーシックな1~2星のホテルを2名で1室
      • ホステルやバンガローなら複数で一部屋
      • そのほかにキャンプやホームスティ
      • 観光は少なくオプショナルでアクティブをする自由時間が多い

       

      <スタンダード>

      • 移動は公共の交通手段とプライベート車利用(国によってはプライベート車利用のみ)
      • 宿泊先はスタンダードで3星前後のホテル
      • ツアーによってはキャンプやホームスティなども含まれる
      • 観光と自由時間のバランスが取れている

       

      <コンフォート>

      • 移動はプライベート車利用
      • ツアーによっては移動が長い日は飛行機で時間短縮
      • 宿泊先は3.5~4星のホテル
      • ハイライト的にテントやホームスティが含まれたり、4.5星程のユニークな宿に泊まる
      • 観光やアクティブも多くなる

       

      ※どのスタイルも、宿泊先は地元経営の施設なので大型ホテルは利用しません。

      現地の文化や生活に深く触れ合うのが目的なので、より自由に地元に密着した旅をしたい人にオススメです。

      そのため一人旅の人にも人気があり、グループ内の交流も楽しみに参加される人が多いようです。

       

      世界をもっと楽しめるアドベンチャーツアー会社を紹介

      世界中を旅するだけじゃなく、いろんな体験がしたと思ったら現地発着のツアーに参加してみよう。

      参考までに、世界で人気のアドベンチャーツアー会社をいくつか紹介します。

       

      学生に人気 :Trek America (トレックアメリカ)

      トレック・アメリカは、18歳~38歳までの少人数がアメリカ大陸を巡るキャンプツアーを主催しています。

      参加者で食品の買いだし、料理、片付け、テント張りなども実施する参加型スタイル。

      夏休みはヨーロッパやオセアニアからの参加者が多く、冬は比較的アジアからの参加者が増えます。 

      ほとんどのツアーは、5~9月の夏の期間がメインです。 

       

      社会人に人気:G Adventures (G・アドベンチャーズ)

      G・アドベンチャーズでは、世界中の若者と南米に広がる絶景や遺跡を巡り、南米を深く味わう旅を体験できます。

      現在も世界各国から参加者が増え続けていて、参加者の国籍に幅が広い世界1の多国籍ツアー会社

       

      G・アドベンチャーズの創業者兼社長ブルース・プーン ティプさんは、若くして成功したカナダではカリスマ的存在の人物。

      自由は大胆さの中にある

      幸福の秘訣は自由であり、自由の秘訣は勇気である

      やってる事が好きなのは幸福で、好きな事をしているのは自由だ!

      自由と幸福をそう語る彼のファンは多い。

      1990年より始めたこの会社は、今では世界各国にオフィスを広げお客様満足度が99%。

      トラベルグループに属してないにも関わらず、世界一大きい単独アドベンチャーツアー会社となりました。

       

       G Advetures の目的の一つは、 幸福とコミュニティーを作る事!

      旅人も訪れる国の人達の人生も変え、人との触れ合いを大切にする・・・そんな人達の集まりがGアドベンチャーズ。

      だから、旅がスペシャルになるのだ。

       

      ファミリーに人気:イントレピッド

      イントレピッド・トラベルは、テーマのあるツアーに力を入れサステナブル(持続可能)な現地体験を世界各地で展開。

      オーストラリア・メルボルンに本拠を置くツアー会社で、2018年に「B コープ認証」を取得しました。

      持続可能な観光産業への取り組みには定評があり、世界中の人々から、大きな支持を受けています。

      年齢や予算に関係なく訪問先の人々と交流し、文化・食・土地に直接触れられる体験ができます。

      18~29歳限定とファミリーツアー以外は年齢制限がないので、40代以上でもキャンプ旅行に参加できるのも人気の一つ。

      多くのツアーは15歳から参加ができるので、高校生のお子様との家族旅行にも国際交流体験になります。

      小さいお子様や子様同士の交流を求めるなら、ファミリーツアーがおすすめです。

       

      オーバーランド・ツアーは改造トラックでキャンプをしながらの長期間の旅

      オーバーランド・ツアーは、改造トラックにキャンプに必要なモノを一式積み込み、キャンプをしながら長期間旅をします。

      若者の一人参加だけでなく、親子や40代,50代など様々な年代の人が参加していることも特徴。

       

      世界でも有名な大型バスツアーContiki(コンチキ)

      コンチキツアーは、国際的に有名な18~35歳限定の大型バスツアーです。

      1961年、ヨーロッパを一人で旅していた若者が1台のミニバンを借り、一緒に旅行したい人を募集してヨーロッパ諸国を旅したのが始まり。

      ヨーロッパをはじめ、アメリカ、オーストラリア、アジアなど日数やツアー内容も様々で、世界中の旅好きと賑やかな旅が楽しめます。

      ツアーでの宿泊先はエコノミータイプのホテルが基本なので、キャンプが苦手な人におすすめです。

      ツアーによっては、古城、ロッジ、キャビンなど、宿泊スタイルもバラエティ豊か!

       

      その他の現地発着のツアー会社

      Grand American Adventures ( グランドアメリカンアドベンチャー )

      トレックアメリカの年齢制限のないツアーになります。 

      キャンプツアーやロッジツアー、ハイキングを始めアクティブなツアーも豊富。 

      小さいお子様も参加できるファミリーツアーがあり、4~7日から2~4週間の長いツアーまであります。

       

      Dragoman ( ドラゴマン )

      オーバーランドツアー専門のツアー会社。

      参加型ツアーで南極・北極以外は、国境を越えて大陸を掛けめぐります。 

      オーバーランドの老舗で人気があるため、1年前から予約が入り人気の場所だと半年前には売り切れるほど。  

      ベーシックだけれども参加年齢層の幅が広い。 

       

      Exodus ( エクソドス )

      35~50代に人気があるイギリスのアドベンチャーツアーの老舗。 

      1週間程のヨーロッパアクティブツアーが豊富なので、地域を絞ってじっくり楽しみたい方におすすめです。

      おすすめは、中近東、ハイキング、サイクリングツアー、冬のアクティブツアー。

       

      EXPLORE ( エクスプローラー )

      40代以上の社会人に人気があるイギリスのアドベンチャーツアーの老舗。

      イギリスのドキュメンタリー番組「Long way Down  (ロング・ウエイ・ダウン)」で、スター・ウォーズで有名な俳優 ユワン・マクレガーのバイクでの大陸縦断の撮影に協力したツアー会社です。

       

      Tucan Travel ( ツーカントラベル )

      時間がなくて早いペースで多くの場所を廻りたい人におすすめの会社。

      若者限定ツアーや18~65歳対象のツアーもあります。(65歳以上でも健康なら参加可能な場合が多い)

       

      Drifters ( ドリフターズ )

      南アフリカ、ナミビア、ボツワナ、ザンビア、ジンバブエのバジェットサファリのツアーに強い南アフリカの会社。

      サファリツアーはガイドの良し悪しで、ベストシーンが見れる確率が大きく変わるものです。 

      サファリツアーなら、サファリガイドの資格を持つ現地ガイドを抱えるこの会社が一番のおすすめ。 

       

      Kiboko Adventures ( キボコ アドベンチャー )

      40代以上が対象のアフリカサファリツアー会社。 

      3~4つ星ホテルを利用するツアーもあるので、キャンプのサファリに抵抗ある人におすすめ。

       

      Oceanwide Expeditions (オーシャンワイド・エクスペディション)

      26年の歴史を持つオランダのエクスペディション、極東クリーズオペレーター。 

      20~114人乗りの小さいボートを利用したエクスペディションや、広めの部屋を備えた100人乗りボートもある。 

      さらに魅力は、極東ダイビング、スキー、スノーシューイング、カイヤック、キャンプ、ハイキングとアクティビィティーも豊富。 

       

      Abercrombie & Kent (アバクロンビー&ケント A & K )

      プライベートが多いアメリカの豪華アドベンチャーツアー会社。 

      地元の有名な人をガイドにしたり、閉館後の美術館でのんびり閲覧したり、普段行けない場所に行けて貴重な体験が出来る。 

      ホテルも豪華でワンランク上の一歩上を行くアドベンチャーツアー。

      クルーズやプライベートジェットでの世界一周ツアーもある。  

       

       

      旅は旅人自身の成長と地域で出逢った人々の生活や人生も変える

        ツーリズムはヒューマンビジネス

        旅行業は世界の10%の経済を支え、8%の労働の供給しています。

        そして旅行業以外の業種もサポートしているという事実は、ツーリズムがいかに世界経済に影響があるのかということです。

        アドベンチャーツアーは、地元の文化や自然を守り経済を維持させ、長い目で見た支援であり地球を守る事に繋がるもの。

        参加者自身にとっても、たくさんのメリットがあります。

        • 参加者との交流を通じて英語でのコミュニケーション力がアップする
        • 初対面の人とも話ができる積極性が身に付く
        • 体験を通じて自己の価値観の変化や自己成長に繋がる
        • 今までにないユニークな体験ができる
        • その土地でしか体験できない本物の体験を楽しめる

        英語力が心配でも、興味が同じ人と交流すれば英語は手段の一つ。

        日本に居ながら英語を勉強するより、英語力が延びるのは間違いありません。

        楽しむ事が出来れば、基本の英語で通用するものです。

        まずは、始めの一歩を踏み出す度胸!

         

        ”私が変わる” ”地域が変わる”  そして・・・ ”みんなが変わる”
        アドベンチャーツアーは自分も楽しめて、私たちが未来のためにできることのひとつです。

        何よりも新しい出会いと感動を分かち合う仲間ができる・・・そんな、いい旅ができるきっかけになれば幸いです。