1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポール企業の買収方法
Sponsored Link

シンガポール企業の買収方法

シンガポールで設立された既存の企業を

買収する方法について見ていきましょう。

 

Sponsored Link




株式譲渡による買収

あるシンガポール企業の既存の株主から株式を譲渡される、

もしくは新規に発行される株式を取得することで、

企業の権利を買収することができます。

 

シンガポールでは、第三者に株式を割り当てる場合には

株主総会の普通決議を必要とし、

シンガポール市場に上場している企業の場合には、

上場規制によって株式発行数に制限がある場合もあります。

テイクオーバーコードの規制に該当しないか確認してから、

株式の取得による買収を行うことができます。

 

Sponsored Link




事業譲渡による買収

ある企業の事業に関連する資産や負債等を、他の会社に譲渡することで

譲渡された会社は譲渡した会社からそれぞれの権利や義務も受け継ぎます

全ての事業もしくは資産を他の会社に譲渡する場合は、

株主総会の承認を得て会社法に基づいた手続きを行う必要があります。

全ての事業もしくは資産を譲渡される場合でないときは、

譲渡の対象になる資産や負債を選別することも可能で、

引き継ぎたくない債務を譲渡される対象から排除することもできます

 

シンガポールにおける合併による買収

複数の組織や会社が、法廷の手続きに従い合一化することを

合併すると言い

合併完了後の会社は、合併前の会社の権利や義務をすべて引き継ぎます。

 

合併により新しい会社を設立する「新設合併」と、

ある会社は消滅し、他の会社が吸収する「吸収合併」があります。

どちらも会社法に従って手続きを行うことが必要です。

 

シンガポールにおける事業譲渡とは異なり、

会社の全ての責任を引き受ける行為が「合併」ですので、

資産や負債等を選別して引き継ぐことはできません。

また、シンガポール会社法に基づいて設立された会社は

シンガポール会社法以外により設立された会社とは合併できません。

 

合併に関する会社法上の業務としては、

「合併提案書の作成」「株主や担保権者への通知と広告」

「合併当時会社の株主総会において、

出席した株主の4分の3以上の賛成を得る特別決議」が必要です。

 

また、合併する会社の取締役は、

合併により書く会社が利益を得ることを証明し、

合併後に負債を支払うことが可能で、

合併後の資産が負債を上回っていることを証明する必要があります。

 

スキーム・オブ・アレンジメント

会社法に基づいた手続きを行い、金銭などの財産を対価として

裁判所の認可もしくは株主の承認などにより

対象となる会社の株式をすべて取得することを

スキーム・オブ・アレンジメント」と言います。

 

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールでの株式の「公開買い付け」について

  • シンガポールの会社における「マネージングディレクター」について

  • シンガポールでの企業設立の際の「資金調達方法」

  • シンガポールでの駐在生活 「帰国の際の手続き」について

  • シンガポールへのビジネス進出「現地法人設立までの流れ」

  • シンガポールでの会社の意思決定について