1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポールでの「事業譲渡」と「上場企業買収」
Sponsored Link

シンガポールでの「事業譲渡」と「上場企業買収」

シンガポールで「事業譲渡」により企業買収を行う際に、

いくつかの注意点があります。

どのような場合に「事業譲渡」を行い、何に注意するのか

また「上場企業の買収」について詳しく見ていきましょう。

 

Sponsored Link




シンガポールで事業譲渡する場合には

シンガポールの企業において、事業譲渡を実行する際には、

事業譲渡する会社の譲渡する対象の業務において

取り引き相手方の承諾を得る必要があります。

また、契約上の地位やそれぞれの権利、

また譲渡する義務や資産ごとに必要となる移転手続き等も

不可欠になってきます。

 

個々の事業ではなく、全ての事業に対する権利を譲渡する場合には

株主総会の普通決議によりそれらの手続きを実施することができます。

 

シンガポールの会社法では、

事業の一部が譲渡される場合でも、事業の全てが譲渡される場合でも

それらの事業にかかわる労働者との雇用関係はそのまま譲渡されます。

つまり、合併を理由に当然のようにリストラすることは不可能なのです。

労働者保護の立場に立った、方法と言うことができるでしょう。

 

この場合の労働者とは、

雇用契約を締結している船員や家事労働者、管理職や役員などといった

特定のカテゴリーに含まれない全ての労働者を意味します。

ですが、この雇用法の適用対象外となる労働者に対しても

雇用契約関係を継続させたい場合には、「特定承継原則」に基づき

事業譲渡の選別を行う際に、労働者と個別に合意を得ることで

可能になります。

 

企業が、該当する事業の譲渡を受けて、

その譲渡された事業をシンガポールで展開するためには、

譲渡先の企業もシンガポールの会社法に基づき設立された会社

もしくはシンガポール会計企業規制庁に登録されている外国会社

の支店である必要があります。

 

Sponsored Link




シンガポールで上場企業の買収する場合には

シンガポール市場に上場している企業を買収する場合には、

「会社法」「証券先物法」「特定産業における株式保有規制」等の

規制を受けることがあります。

特に、テイクオーバーコードは留意する必要があります。

 

テイクオーバーコードとは

「テイクオーバーコード」は

証券先物法に基づき通貨金融庁が作成している規則です。

テイクオーバーコードは法令ではありませんが、

市販した場合には証券業評議会により懲戒を受けることがあります。

 

シンガポール証券取引所に上場している企業を買収する場合、

一定の割合以上の株式を取得した場合には、

公開買い付けを行う必要があることが

テイクオーバーコードで定められています

 

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールの会社における「マネージングディレクター」について

  • シンガポールで会社設立「採用後の給与」

  • シンガポールの「企業優遇税制」について

  • シンガポールへのビジネス進出

  • シンガポールの会社における「少数株主権」について

  • シンガポール駐在員に対する「所得税の優遇措置」について