1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポールビジネスの税務「配当に対する課税について」
Sponsored Link

シンガポールビジネスの税務「配当に対する課税について」

シンガポールで配当を得た場合の課税について見てみましょう。

 

Sponsored Link




シンガポールでの受け取り配当の課税

シンガポール会社法に基づき設立された法人が、

外国の法人から配当を受領した場合は、

以下の条件を満たすなら国外源泉所得の免除対象となり、課税されません。

 

①該当する所得がシンガポールに送金された国において

 最高法人税率が15%を超える場合

②該当する所得が、その国において課税されている場合

③課税対象外にすることで、

 シンガポール国内にある企業が恩恵を受ける場合です。

 

日本を含む大多数の国では法人税率は15%以上ですので、

これにより多くの国際的企業の配当が課税対象外となり、

企業側は大きな免税を受けることが可能になります

 

シンガポールでの支払い配当の課税

シンガポールの所得税法では、

企業が法人税を支払った時点で、最終的な課税が終了したとみなしますので、

株主側に企業が支払う配当に対しては課税されません。

 

かつては、シンガポールビジネスにおいては

法人税は個人が支払う税金の前過程とみなしていましたので、

企業側が法人税を支払った後にも、

個人が配当を受ける際には税金を支払う必要がありました。

ですが、2008年1月に、

現行の「企業の法人税支払いで、税金に対する処理はすべて完了する」

という判断方法に変化しました。

 

Sponsored Link




日本の免税制度

日本の親会社が、シンガポールにある子会社から配当を受け取る場合には

シンガポールでビジネスを行う際には

源泉税が課せられないというメリットに加え、

日本での法人税法23条の2にある、

外国にある子会社の配当益金不算入制度の適用が認められれば、

税金に対する負担が少ないまま資金を日本に送ることができます。

 

節税となるシンガポール地域統括会社

日本の親会社がアジア諸国の子会社の株式を直接保有して管理し

その配当などを受領する場合と、

日本の親会社がシンガポールにビジネス上の地域統括会社を置いて、

地域統括会社を経由することで配当などを受領する場合を比較すると、

明らかに後者の形態で会社の運営を行う方が、

不利益が生じにくいことが分かります。

 

これはひとえにシンガポールの税法上に、企業保護の精神がいきわたり

課税に関する適用も例外を多く設けて、不利益が生じないように設定し

外国企業がシンガポールに会社を設立することで

大きなメリットを得られるようにしているからということができます。

 

法律上のトラブルを避け、税金に対しても負担が少なく、

立地もアジア諸国への移動に適し、国内外の人材が集まり、

ビジネスインフラなどの整備も優れたシンガポールは、

企業が目指すべき場所とも言えるでしょう。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールの企業を「再編成する場合」の税制について

  • シンガポールの会社における「名簿の管理と作成」について

  • シンガポールの税金「印紙税」について

  • シンガポールの税金「固定資産税」について

  • シンガポールでの「事業譲渡」と「上場企業買収」

  • 国際仲裁センターの比較 シンガポールと国際商工会議所