1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. シンガポールへ深夜発早朝着で行く観光旅行ツアー
Sponsored Link

シンガポールへ深夜発早朝着で行く観光旅行ツアー

数年前より、日本を深夜に発ってシンガポールに早朝着くという深夜発早朝着フライト便が選べるようになりました。

復路にもやはりシンガポールを深夜に発って日本に早朝着くという深夜発早朝着フライト便があります。このフライトを使用したツアーであれば、スケジュールの忙しい方でも時間を無駄にしないでシンガポール観光旅行を楽しむことができます。

Sponsored Link




深夜発早朝着便が利用できる羽田と関空

シンガポール観光旅行ツアーを深夜発早朝着で計画できるのは、羽田空港と関西国際空港です。

関西国際空港は海の上の人工島に作られた空港なので、近隣住民のことを気にせずに24時間離発着することが可能です。また、羽田空港は2010年10月から24時間国際空港として生まれ変わりました。

シンガポール便は通常であれば約7時間のフライト時間が必要です。午前9時に出発すれば時差の関係で午後3時に到着します。
これなら夕方の観光が楽しめます。

しかし、関空や羽田までのアクセスを考えて正午前後の出発便にしてしまうと、到着するのが午後6時となりその日は夕食を食べてその日が終わりになります。

これは復路も同じことで、空港から自宅までのアクセスを考えて午後6時に到着したいとなれば、時差の関係で午前10時にはシンガポールを出発しなければなりません。最終日はチェックアウトとお土産を買ったらすぐに飛行機に乗らないといけません。

Sponsored Link




時間を有効に活用できる深夜発早朝着便のメリット

ところが、前日の午後12時に関空や羽田を出発する深夜発フライトであれば、午前5時にはチャンギ国際空港に着いておりその日丸一日観光に回れます。

復路も同様で、関空や羽田に午前5時に到着したいとなれば、シンガポールを午後9時出発すればよく、最終日のほとんどを楽しめることができます。

東京で仕事をしている方なら、勤務が終わってから羽田深夜発のフライトに乗り、翌朝にはチャンギ国際空港に着いて動き始めることができます。

数日間の小さなスーツケースなら職場に持っていき、直接空港へアクセスすることもできます。また、地方空港からの乗り継ぎ便利用の方も羽田泊をすることなく翌朝にはシンガポールに自分の足で立っていることが可能になります。

仕事の休みを連続して3日しか取れなくても、その3日間をフルにシンガポールで過ごすことができます。これはすべて「深夜発早朝着」フライトができ「機中泊」が可能になったからです。

この「深夜発早朝着」ツアーは時間を有効に使えるというだけでなく、ツアー料金の節約にもつながります。

シンガポールはホテルの宿泊代金が高い傾向にあるため、機中泊でホテル宿泊日数を減らすとそれだけツアー料金も安く抑えられます。

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • スーパーマーケットで簡単に買えるシンガポール観光みやげ

  • シンガポールの通貨・為替はこうなっている

  • ベイルートグリル(アラブストリート)レバノン料理がおいしい 

  • シンガポールのミスタービーン(Mr.Bean)は豆乳スイーツが充実!

関連記事

  • 好きなだけ乗り放題のシンガポール ツーリストパス(Singapore Tourist Pass)

  • 現代アートの啓蒙拠点 シンガポールアートミュージアム(Singapore Art Museum)シティホールエリア

  • プラナカン博物館(シティホールエリア)の魅力

  • シンガポールのクーラー対策は重要課題

  • うらやましい?シンガポールの高水準教育

  • ピリ辛ソースでいただくスリランカクラブ チリクラブ(Chilli Crab )