ピックアップ
シンガポールへ深夜発早朝着で行く観光旅行ツアー

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

数年前より、日本を深夜に発ってシンガポールに早朝着くという深夜発早朝着フライト便が選べるようになりました。

復路にもやはりシンガポールを深夜に発って日本に早朝着くという深夜発早朝着フライト便があります。このフライトを使用したツアーであれば、スケジュールの忙しい方でも時間を無駄にしないでシンガポール観光旅行を楽しむことができます。

深夜発早朝着便が利用できる羽田と関空

シンガポール観光旅行ツアーを深夜発早朝着で計画できるのは、羽田空港と関西国際空港です。

関西国際空港は海の上の人工島に作られた空港なので、近隣住民のことを気にせずに24時間離発着することが可能です。また、羽田空港は2010年10月から24時間国際空港として生まれ変わりました。

シンガポール便は通常であれば約7時間のフライト時間が必要です。午前9時に出発すれば時差の関係で午後3時に到着します。
これなら夕方の観光が楽しめます。

しかし、関空や羽田までのアクセスを考えて正午前後の出発便にしてしまうと、到着するのが午後6時となりその日は夕食を食べてその日が終わりになります。

これは復路も同じことで、空港から自宅までのアクセスを考えて午後6時に到着したいとなれば、時差の関係で午前10時にはシンガポールを出発しなければなりません。最終日はチェックアウトとお土産を買ったらすぐに飛行機に乗らないといけません。

Sponsored Link

時間を有効に活用できる深夜発早朝着便のメリット

ところが、前日の午後12時に関空や羽田を出発する深夜発フライトであれば、午前5時にはチャンギ国際空港に着いておりその日丸一日観光に回れます。

復路も同様で、関空や羽田に午前5時に到着したいとなれば、シンガポールを午後9時出発すればよく、最終日のほとんどを楽しめることができます。

東京で仕事をしている方なら、勤務が終わってから羽田深夜発のフライトに乗り、翌朝にはチャンギ国際空港に着いて動き始めることができます。

数日間の小さなスーツケースなら職場に持っていき、直接空港へアクセスすることもできます。また、地方空港からの乗り継ぎ便利用の方も羽田泊をすることなく翌朝にはシンガポールに自分の足で立っていることが可能になります。

仕事の休みを連続して3日しか取れなくても、その3日間をフルにシンガポールで過ごすことができます。これはすべて「深夜発早朝着」フライトができ「機中泊」が可能になったからです。

この「深夜発早朝着」ツアーは時間を有効に使えるというだけでなく、ツアー料金の節約にもつながります。

シンガポールはホテルの宿泊代金が高い傾向にあるため、機中泊でホテル宿泊日数を減らすとそれだけツアー料金も安く抑えられます。

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。