1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. 「タックスヘイブン対策税制」のシンガポール企業への適用
Sponsored Link

「タックスヘイブン対策税制」のシンガポール企業への適用

日本に親会社がある場合のシンガポールの子会社に、

日本の税制「タックスヘイブン対策税制」は適用できるのでしょうか。

 

Sponsored Link




タックスヘイブンとは?

タックスヘイブン(Tax Haven)とは、租税回避地を意味します。

租税回避地とは、法人の所得や法人の特定種類の所得に対する税金が

非常に低い地域や国を指しています。

そのようなタックスヘイブンに子会社を設立することで、

国際的な経済活動を行い、課税が少ない国としてのメリットを生かします。

 

ですが、親会社のある国での課税を回避もしくは軽減させる、

つまりマネーロンダリングの可能性が指摘されていますので、

経済協力開発機構などからも注意が促されています

 

タックスヘイブン対策税制とは?

日本では「タックスヘイブン対策税制」があり、

所得に対する課税が低い国や地域を利用して、

日本本国での税負担を不当に軽減したり回避したりする行為を

防止しています。

 

具体的には、所得に対する課税が低い国や地域にある法人で、

日本の法人や日本居住者が

株式の所有や出資を通して支配していると考えうる場合、

それらの外国にある法人の所得も、日本の法人や個人の持ち分に応じて

日本の法人もしくは個人の所得に合算して課税する制度です。

 

タックスヘイブン対策税制が成立した当初は、

タックスヘイブンであると考えられる国や地域を個別に指定し、

タックスヘイブン対策税制を適用してきました。

ですが、1992年以降は、法人税率が25%以下の国や地域に対して、

一律にタックスヘイブン対策税制を適用するようになりました。

 

2010年には、タックスヘイブン対策税制の見直しが図られ、

法人税率が20%以下の国や地域に対して適用することになりました。

シンガポールの法人税率は2014年3月現在17%ですので、

シンガポールに法人を設置している場合には、

この「タックスヘイブン対策税制」の適用がなされます。

 

タックスヘイブン対策税制の適用除外

次に示すいくつかの条件に当てはまる企業は、

タックスヘイブン対策税制が除外されますので、

シンガポールの低い法人税率の恩恵を受けることができます

 

①株式を保有するだけなどの一定の事業ではない会社

②会社の本体となる施設がある、実態のある会社

③事業の官吏や運営などを自発的に行っている会社

④事業年度ごとに、関連者以外との取引が会社全体の収入の

 50%より大きい会社

⑤事業年度ごとの会社の活動を包括的に見た場合、

 会社の所在地がある国の中で事業を主に行っている会社

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールの会社における「マネージングディレクター」について

  • シンガポールへのビジネス進出「支店設立までの流れ」

  • シンガポールでオフィスを構える「IT企業と飲食店の場合」

  • シンガポールの税務 「物品・サービス税(GST)」

  • シンガポールの地域統括会社が「成功するための対策」

  • シンガポールの会社における「会計監査人」について