ピックアップ
中華料理とインド料理の融合 フィッシュヘッドカレー

お頭付き白身魚の入ったカレー

魚の頭を丸ごと入れて煮込んだカレー料理です。

白身魚の頭を丸ごといれ、アラのうまみがカレーにタップリと浸透したシーフードカレーです。

魚の頭からコラーゲンがたっぷりとカレーに溶け出しているので、おいしいわけです。

白身魚であるイカンメラー(レッドスナッパーという鯛の一種)やオクラ、ナスなどの野菜がじっくりと煮込まれていて、ピリ辛なのに後を引く伝統のローカルフードです。

南インドのスパイスが効いている

南インドのスパイス、タマリンドの酸味と、フェヌグリークの魚の臭みを消す独特の香りがほどらく効いています。

中華料理とインド料理が融合したテイスト

1960年代にシンガポールのインド料理レストランで創作されました。

中華料理で珍味とされている魚の頭を、南インドのスパイスが利いたカレーに入れたことで大人気を呼び、シンガポールの名物料理にラインナップされることになりました。

フィッシュヘッドカレーが食べられる名店

元祖フィッシュヘッドカレーの店「ムトゥース カリー」(Muthu’s Curry Restaurant)

フィッシュヘッドカレーを昔風に食べる「バナナリーフ アポロ」(The Banana Leaf Apolo)

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。