1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. アジアのメルティポットを理解できる アジア文明博物館(Asian Civilisation Museum)シティホールエリア
Sponsored Link

アジアのメルティポットを理解できる アジア文明博物館(Asian Civilisation Museum)シティホールエリア

アジアのさまざまな人種や文化のるつぼであるシンガポール。

その多種多様な遺産を展示しているのが、このアジア文明博物館

Sponsored Link

過去2世紀にわたって移住してきた人々

シンガポールには過去2世紀の間、中国、東南アジア、南アジア、西アジアといった幅広い地域から移民が集まり、住み着いてきました。

Sponsored Link




由緒ある歴史的建造物エンプレスプレイスビル(empress place building)を再利用

この博物館の建物は、1865年にシンガポール川の河口、ラッフルズ卿上陸記念の地に裁判所として建設された歴史的建造物エンプレスプレイスです。

コロニアル建築の堂々とした風格と、プラカナン建築の色鮮やかなデザインが融合した美しい建物です。

ここには、出生・死亡登記所とシンガポールミント(シンガポール造幣局)も同居していました。

のちに移民局として活躍した時期もあります。

1890年にはビクトリア女王の統治を記念して「エンプレスプレイスビル」と改名されました。

その後、1989年にエンプレスプレイス博物館としてよみがえったのち、2003年からアジア文明博物館として親しまれ、2015年にはリニューアルオープンしています。

そのためこの場所を今でもエンプレスプレイスと表現したり、住所がそうなっていたりするのです。

「ACM」のロゴが印象的

Asian Civilisation Museumのイニシャルである「ACM」のロゴが、博物館各所で使われており、とても印象的です。

6つのテーマにカテゴライズされた展示室

館内は6つのテーマにカテゴリーされています。

1)東南アジア(Southeast Asia)

2)古代の宗教(Ancient Religions)

インド発祥の古代信仰と仏教の伝播がわかります。

3)南アジアとイスラム世界(South Asia and Islamic W

orld)

4)唐の時代の難破船(Tang Shipwreck Gallery)

9世紀に難破して沈んだ唐の沈没船から引き揚げられた品々から、当時の文化をうかがい知ることができます。

5)中国の文人(The Scholar in Chinese Culture Gallery)

6)東南アジアの現代美術(Contemporary Project Gallery)

特別展示が期間限定で開催

特別展示がそれぞれのテーマごとに期間限定で開催されています。

Sponsored Link




ガイドツアーでよりマニアックに浸る

ボランティア案内者による無料のガイドツアーに参加することで、より深く詳しくアジア文明に浸ることができます。

日本語ガイドの時間もあるので、ぜひ活用してみましょう。

そのほかに英語ガイドツアー、中国語ガイドツアー、韓国語ガイドツアー、スペイン語ガイドツアーがあります。

入場チケット

大人S$15、子ども・学生・シニアS$10、家族チケット(5人分)S$45となっています。

アクセス

MRT東西線および南北線が通るラッフルズプレイス駅を降り、フラトンホテル脇を抜けて歩行者専用橋のカベナ橋を渡るとあります。

[施設名]アジア文明博物館エンプレス・プレイス

[住所]1 Empress Pl, シンガポール 179555

[営業時間]土曜日~木曜日10:00-19:00、金曜日10:00-21:00

[URL]http://acm.org.sg/

[マップ]https://goo.gl/maps/n9azDmo2LqQ2

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • スーパーマーケットで簡単に買えるシンガポール観光みやげ

  • シンガポールの通貨・為替はこうなっている

  • ベイルートグリル(アラブストリート)レバノン料理がおいしい 

  • シンガポールのミスタービーン(Mr.Bean)は豆乳スイーツが充実!

関連記事

  • シンガポールの香水が大人気!お土産、オリジナル香水の作れるところ、持ち込み方法など

  • マレー系ショッピングモール ゲイランセライ マーケット(Geylang Serai Market)ゲイランエリア

  • アラブストリートのアミラーズグリルレストラン&カフェ(Amirah’s Grill Restaurant & Cafe – Mediterranean Food)絶妙なスパイスのムルタバ

  • シンガポール人が熱狂するシンガポールのスポーツ事情

  • シンガポールブギス観光ガイド

  • シンガポールへ成田発着で行く観光旅行ツアー