1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. 歴史的建造物が近代的なホールに ビクトリアシアター&コンサートホール(Victoria Theatre & Concert Hall)シティホールエリア
Sponsored Link

歴史的建造物が近代的なホールに ビクトリアシアター&コンサートホール(Victoria Theatre & Concert Hall)シティホールエリア

高く白い塔が印象的なビクトリア朝の歴史的建造物です。

塔の左側が「ビクトリアシアター」であり、塔の右側が「コンサートホール」になっています。

最初はシンガポール市庁舎だった

最初に市庁舎として建設された当時は、高い塔もなく、建物も現在の左側半分だけでした。

建設されたのが1862年です。

イギリス人の建築家ジョンバーネットによる設計でした。

Sponsored Link




ビクトリア女王の記念として増設される

その後1901年のこと、逝去したビクトリア女王を追悼する意味を込めてメモリアルホールの建設が決定されました。

市庁舎の右側に54メートルもの高いパラディオ様式の時計塔、そしてさらに右側にビクトリアメモリアルホールが建設されたのです。

第二次大戦中の旧日本軍占領時代は、負傷兵収容の病院、日本軍のための劇場、戦後は軍事裁判と目まぐるしく役割を変えてきました。

独立前の1950年代はシンガポール自治政府設立の公聴会や国連の経済会議、人民行動党の結党の集会と政治色が濃い時代を経てきたのです。

ビクトリアコンサートホールへ名称が変更

右側のビクトリアメモリアルホールは、1979年に全面改修の後ビクトリアコンサートホールに名称変更されました。

地元のシンフォニーオーケストラであるシンガポール交響楽団がここに本拠地を移しています。

2014年に最新技術を駆使してリニューアル

ここは2010年から4年の大改造に入り、2014年に再リニューアルされました。

ビクトリアシアターは900席あった座席数を614席に減らしゆったりと観覧できるようになり、舞台やオーケストラのピットも拡張されました。

コンサートホールは2階バルコニー席が縮小され、舞台上の天井に音響板が設置されるなど、音響改善のために手が加えられました。

日本のゼネコン、佐藤工業がこのリノベーションをてがけ、最新の音響設備を有する劇場・コンサートホールとしてよみがえらせました。

Sponsored Link




本家ラッフルズ像

ここの前庭には、シンガポール近代化の父であるラッフルズ卿の銅像が立っています。

このブロンズ製の黒いラッフルズ像は、ビクトリア女王在位50周年記念として1887年にイギリス人彫刻家トーマスウォルナーによって製作され、セントアンドリューズ教会の前のパダン中央に高さ8フィートの記念碑として設置されました。

その後、ラッフルズ卿の上陸100周年を記念して1919年に現在置かれているビクトリアメモリアルホール前に移設されました。

これが、オリジナル黒ラッフルズ像です。

ラッフルズ上陸記念地点の白いラッフルズ像は、この元祖ブロンズ像のレプリカとなっています。

アクセス

MRT東西線および南北線が通るシティホール駅、またはラッフルズプレイス駅下車となります。

[施設名]ビクトリアシアター&コンサートホール

[住所]9 Empress Pl, シンガポール 179556

[URL]http://www.vtvch.com/

[マップ]https://goo.gl/maps/PW9RstCWdUn

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールの地下鉄MRT完全ガイド

  • リゾートワールドセントーサ完全ガイド最新版!

  • セントーサ島観光ツアー完全ガイド

  • シンガポールの電圧とプラグについて

関連記事

  • 全日空 日本航空 で行くシンガポール観光旅行

  • うらやましい?シンガポールの高水準教育

  • シンガポールのタバコ事情と電子タバコ(アイコス)やタバコの持ち込みについて

  • ロコと混じってのんびりホリディ パシールリスパーク(Pasir Ris Park)チャンギエリア

  • シンガポールの表の歴史がわかる シンガポール国立博物館(National Museum of Singapore)シティホールエリア

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド