1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. 現代アートの啓蒙拠点 シンガポールアートミュージアム(Singapore Art Museum)シティホールエリア
Sponsored Link

現代アートの啓蒙拠点 シンガポールアートミュージアム(Singapore Art Museum)シティホールエリア

シンガポールや東南アジア諸国の現代アートを中心に展示しているのが、「シンガポールアートミュージアム」です。

Sponsored Link

2つの美術館が道を挟んで対峙

本館ともいえる「シンガポールアートミュージアム」と、別館ともいえる「SAM at 8Q」はクィーンズストリートを挟んで向かい合わせに建っています。

Sponsored Link




本館は歴史的建造物を美術館にリニューアル

1855年イギリス植民地時代にカトリック系男子校であるセントジョゼフ学院の校舎として建築された建物を、1996年に美術館としてリニューアルオープンしました。

この建物は、国の記念建造物として指定されています。

学校そのものは別の場所に移転しており、現在でも名門の男子校としてシンガポール大統領であるトニータンほか生徒を輩出しています。

青いドームの上にある十字架がその当時の面影を残しています。

正面の真っ白な漆喰仕上げや屋根の緑青、床のタイルといった当時のままの建材があちこちに残されており、古い建築好きな人にも楽しめるでしょう。

大きな「sam」のロゴが印象的

厳かな建物の雰囲気とはうらはらに、敷地前面に設置された真っ赤で大きな「sam」のロゴが際立っています。

そのアンバランスさは、見た目だけでなく内部の展示でも同じとなっています。

別館「SAM at 8Q」は旧公教中学の校舎を活用

向かいにある「SAM at 8Q」も同じく元学校校舎が使われています。

こちらは保存指定建築物となっており、やはり貴重な建築文化財です。

コンテンポラリーアートの展示

シンガポールや東南アジア諸国の現代アートが展示されています。

常設展示はなく、数か月ごとに展示物の入れ替えが行なわれています。

Sponsored Link




発展的なキュレーションが特徴

ここでは、海外の美術館とのコラボレーションによって最先端の展覧会を開催しています。

また、現代アートの啓発にとどまらず、アーティストの支援活動や雇用など多彩な活動を行なって、発展的なキュレーションを展開しています。

入場チケット

大人S$10、学生・シニアS$5となっています。

アクセス

MRT東西線および南北線が通るシティホール駅下車、またMRT東西線およびダウンタウン線が通るブギス駅下車です。

[施設名]シンガポールアートミュージアム

[住所]71 Bras Basah Rd, シンガポール 189555

[営業時間]平日10:00-19:00、金曜日10:00-21:00

[URL]https://www.singaporeartmuseum.sg/

[マップ]https://goo.gl/maps/7pGGHQmc6z22

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • スーパーマーケットで簡単に買えるシンガポール観光みやげ

  • シンガポールの通貨・為替はこうなっている

  • ベイルートグリル(アラブストリート)レバノン料理がおいしい 

  • シンガポールのミスタービーン(Mr.Bean)は豆乳スイーツが充実!

関連記事

  • シンガポールのB級グルメが目移りするほどあるホーカーズ&フードコート

  • 元修道院のレストラン街チャイムス(Chijmes)シティホールエリア

  • シンガポールのスポーツの粋を集めた シンガポールスポーツハブ(Hab Sukan Singapura)イーストコーストパーク

  • グッドウッド パーク ホテル(Goodwood Park Hotel)オーチャードロード

  • シンガポールでのSIMカード購入案内最新情報!

  • 近代化の父が胸を張るラッフルズ上陸記念の地(Raffles Landing Site)シティホールエリア