1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. 独立系アートの拠点 サブステーション(The Substation)シティホールエリア
Sponsored Link

独立系アートの拠点 サブステーション(The Substation)シティホールエリア

シンガポール最先端のコンテンポラリーアートの実践の場となっているのが、「ザサブステーション」です。

Sponsored Link

様々な形態のアートやパフォーマンスを実践する独立系のアートセンター

1990年9月に設立された現代美術の独立系センターです。

演出家で脚本家の郭宝崑(Kuo Pao Kun、クオパオクン)によって創設されました。

舞踊、文学、音楽、演劇、ビジュアルアートなどジャンルを問わず実験的作品やコンテンポラリー作品の制作や上演などに力を入れています。

登場するアーティストも実に多彩です。

国際短編映画祭を始めとして若い詩人や高名なヴィジュアルアーティスト、地元ロックバンドと幅広く門戸を開いています。

Sponsored Link




歴史的保存建造物をリユース

1926年に配電所として建設されたこの建物を、アートセンターとして再利用しています。

「ザサブステーション」という名称もそこに由来しています。

ブラックボックスシアター

ブラックボックスシアターは座席数108席の小劇場です。

ホワイトキューブヴィジュアルアートスペース

ホワイトキューブヴィジュアルアートスペースは、サブステーション・ギャラリーとも呼ばれる113㎡のパフォーマンス空間です。

実験的に館内のさまざまな箇所でもパフォーマンス

コンテンポラリーアートの実践の場だけあって、ここを利用するアーティストたちは2つのスペースに限定されず、ギャラリースペースでのパフォーマンス上演、階段の吹き抜けや屋上などでの展示と既成概念を打ち砕く企画が目白押しです。

アクセス

MRT東西線および南北線が通るシティホール駅下車です。

[施設名]ザサブステーション

[住所]45 Armenian St, シンガポール 179936

[URL]http://www.substation.org/

[マップ]https://goo.gl/maps/FQeek5p2FWr

http://www.substation.org/

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • スーパーマーケットで簡単に買えるシンガポール観光みやげ

  • シンガポールの通貨・為替はこうなっている

  • ベイルートグリル(アラブストリート)レバノン料理がおいしい 

  • シンガポールのミスタービーン(Mr.Bean)は豆乳スイーツが充実!

関連記事

  • シンガポールの場所に関する情報の全て!

  • カニを選べるチリクラブの店 ノーサインボード シーフード(No Signboard Seafood)マリーナベイエリア他

  • シンガポールのお祭り行事

  • シンガポールのB級グルメが目移りするほどあるホーカーズ&フードコート

  • アラブストリートのサルタン モスク(Sultan Mosque)は黄金のドームが美しい 

  • 「12月クリスマスシーズン」に計画するシンガポール観光旅行