1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. 中世シンガポール政治の中心地 フォートカニング公園(Fort Canning Park)シティホールエリア
Sponsored Link

中世シンガポール政治の中心地 フォートカニング公園(Fort Canning Park)シティホールエリア

シンガポールの歴史を見つめてきた中心地といえば、ここフォートカニング公園でしょう。

シティホールエリアとオーチャードロードの間に位置する小高い丘陵地帯には、歴史上の重要な決定が下された記憶が残されているのです。

イギリス植民地時代以前のシンガポール

「マレー年代記」によると、ラッフルズ卿がやって来てイギリスが植民地化した14世紀以前、フォートカニングの丘にはパラメシュワラ王の宮殿がありました。

ここは港を見下ろす丘の上で、支配するには絶好の場所だったのでしょう。

当時ここは「ブキ・ラランガン」と呼ばれていました。

マレー語で「禁断の丘」を意味しています。

パラメシュワラ王はインドネシアのマジャパヒト王国からの襲撃を受けてマレー半島のマラッカに逃げたと言われています。

Sponsored Link




イギリス総督の住居

イギリスがシンガポールを植民地化したあとは、ラッフルズ卿をはじめ代々のイギリス総督がここに居を定めて生活していました。

当時はここを「ガバメントヒル」(政府の丘)と呼びならわしていたのです。

イギリス軍の要塞

駐留イギリス軍がここに軍事要塞フォートカニングを建設しました。

白いゲートの向こうに広がるなだらかな上り坂の頂上には、イギリス軍兵舎を改築した「シンガポールピナコテークドパリ」という美術館がありましたが、残念なことに閉業しました。

地下博物館「バトルボックス」にはイギリス軍司令部が再現され、メインゲートの9ポンド大砲やフォートゲートなど、要塞だったころの記憶がここかしこに残っています。

 アクセス

MRT環状線、北西線および東北線が通るドビーゴート駅下車、またはMRT環状線が通るブラスサバ駅下車、あるいはMRT東西線および南北線が通るシティホール駅下車です。

[施設名]フォートカニング公園

[住所]River Valley Rd, シンガポール 179037

[営業時間]24時間

[URL]https://www.nparks.gov.sg/gardens-parks-and-nature/parks-and-nature-reserves/fort-canning-park

[マップ]https://goo.gl/maps/iTavueCkZFq

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールの地下鉄MRT完全ガイド

  • リゾートワールドセントーサ完全ガイド最新版!

  • セントーサ島観光ツアー完全ガイド

  • シンガポールの電圧とプラグについて

関連記事

  • シンガポールの観光シーズンについて

  • シンガポールの夜景を堪能し尽くす ナイトツアー

  • 過去の歴史を振り返る チャンギ博物館(The Changi Museum)チャンギエリア

  • シンガポール人が熱狂するシンガポールのスポーツ事情

  • 鳥と一緒にかごの鳥になれる ジュロンバードパーク(Jurong Bird Park)ジュロンエリア

  • マンダリン オリエンタル シンガポール(Mandarin Oriental, Singapore)マリーナベイエリア