ピックアップ
スイソテル スタンフォード シンガポール(Swissotel The Stamford Singapore)シティホールエリア

73階建ての超高層ホテル

1986年に「ウェスティン スタンフォード シンガポール」として世界的建築家I・M・ペイの設計により建てられた超高層ホテルです。

新築当時は世界で最も高いホテルとして話題となりました。

スイスブランドの「スイソテル」

英語の綴り「Swissotel」からわかるように、スイソテルとはスイスに本拠地があるスイスホテル ホテルズアンドリゾーツのブランドです。

現在はフェアモント ラッフルズ ホテルズ インターナショナルの傘下にあり、同じラッフルズシティに併設されているフェアモント シンガポールと同系列別ブランドの関係にあります。

歴史的建造物が立ち並ぶシティホールエリアのど真ん中

ナショナルギャラリーやアートハウス、ビクトリアシアター、ラッフルズホテルといったイギリス植民地時代に建てられたコロニアル建築が立ち並ぶシティホールエリア。

そのど真ん中というぜいたくなロケーションにあるホテルです。

少し北へ行けばアラブストリート、南へいけばマリーナベイとシンガポール観光スポットを巡るには最適な場所です。

ラッフルズシティ内の複合施設

ラッフルズシティというショッピングモールやコンベンションセンターなどがある複合施設の中に、このスイソテル スタンフォード シンガポールおよびフェアモント シンガポールという2軒のホテルが入っています。

Sponsored Link

57階~60階のエグゼクティブルーム

高層階である57階から60階には、ワンランク上のエグゼクティブ向け宿泊ルームが用意されています。

ここに宿泊するゲストは、とっておきのおもてなしがお迎えする「スイスエグゼクティブ ラウンジ」が利用できます。

「スイスエグゼクティブ ルーム」

34平方メートルの広さとシンガポール市街地が見下ろせる宿泊ルームには、落ち着いた空間を演出するアーバンなインテリアと、ゆったりと集中できるワーキングデスクが準備されています。

「スイスエグゼクティブ ハーバービュー ルーム」

34平方メートルの広さとマリーナベイエリアが見下ろせる宿泊ルームには、落ち着いた空間を演出するアーバンなインテリアと、ゆったりと集中できるワーキングデスクが準備されています。

プライベートバルコニーからは、潮風と町の喧騒を感じることができます。

64階~66階のスイートルーム

さらに上の高層階である64階から66階には、極上の設備と細やかなサービスが行き届いたスイートルームが用意されています。

ここに宿泊するゲストは、とっておきのおもてなしがお迎えする「スイスエグゼクティブ ラウンジ」と「リビングルーム」が利用できます。

「スタンフォード クレスト スイート」

マリーナベイエリアのハーバービューを心ゆくまで満喫できる68平方メートルのスイートルームです。

「プレジデンシャル スイート」

ゆったりと訪問客を応対できる広いリビングが付いた最上級のスイートルームです。

MRT駅に直結して利便性が高い

MRTシティホール駅に直結しているため、雨にぬれずに出かけることができ、とても利便性が高いロケーションといえます。

突然のスコールが多い熱帯地方のシンガポールにはありがたい存在です。

アクセス

MRT東西線および南北線が通るシティホール駅に直結しています。

[施設名]スイソテル スタンフォード シンガポール

[住所]2 Stamford Rd, シンガポール 178882

[URL]http://www.swissotel.com/hotels/singapore-stamford/

[マップ]https://goo.gl/maps/ykadW3az1Yk

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。